Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/21
Update

【グリーンイメージ国際環境映像祭2020】開催日は2月21日から3日間で日比谷図書文化館コンベンションホールにて上映!

  • Writer :
  • 石井夏子

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭は2020年2月21日(金)~23日(日)開催。

2020年2月21日(金)~23日(日)開催の第7回グリーンイメージ国際環境映像祭

環境をキーワードに、アニメーションからドキュメンタリーまで、ジャンルを越えた世界の優れた映像作品を上映する、年に1度のフェスティバルです。

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭には、世界58の国と地域から238作品が応募されました。

本映像祭では、その中から2度の審査を通して選ばれたグリーンイメージ賞受賞14作品を上映し、最終日にはグリーンイメージ大賞が決まります

受賞作品はイギリス、イラン、カナダ、シンガポール、台湾、ドイツ、日本、ネパール、ベルギー、ロシアで製作されたドキュメンタリーとアニメーションです。

スポンサーリンク

グリーンイメージ国際環境映像祭とは?

グリーンイメージ国際環境映像祭は国内外の環境映像を毎年募集し、優れた作品を選び、年に一度開催する国際的な環境映像祭です。

アニメーションからドキュメンタリー、ドラマまで環境をキーワードとする作品が世界から集まります。

普段テレビや劇場では見ることのできない世界の環境の今をスクリーンで知る・学ぶ・楽しむ祭典です。

年に一度の開催期間は、国内および世界各地で制作された映像作品を募集、審査で選ばれた優れた作品を入賞作品として制作者を招き上映

作品の背景や変わりゆく環境の最前線、地域での取り組みを共に知り、考え、制作者と各地の実践者、観客との対話、交流の場を作ります。

また、国内外の国際映画祭との連携、世界最大の国際環境映像祭のネットワーク「グリーンフィルムネットワーク」に参加している世界各地の国際環境映像祭との情報交換と連携によって、世界の優れた環境映像を日本へ、日本の優れた環境映像を世界へ紹介します。

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭について

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭にて2度の審査を通して選ばれたグリーンイメージ賞受賞14作品は、イギリス、イラン、カナダ、シンガポール、台湾、ドイツ、日本、ネパール、ベルギー、ロシアで製作されたドキュメンタリーとアニメーションです。

それぞれの作品の題材は多岐にわたっています。

急激な気候変動の中、溶けゆく氷に脅かされる北極、変わる各地の食糧生産の現場、身近な森林の価値の問い直し、変わりゆく倫理と変わらない欲望。

都市の中の小さな干潟に息づく生きもの、極地に躍動する生きものの姿、生きものと人との関係とその問いかけ。

開発と発展のなか、世界各地で深刻化する大気汚染、広がる都市と地域、社会の中の格差先住民が生きる森林・土地の環境汚染や破壊と伝統的文化と生活の新たな可能性。

など、それぞれの視点から環境について描き出しています。

スポンサーリンク

第7回グリーンイメージ国際環境映像祭の開催概要

【開催日】
2020年2月21日(金)・22日(土)・23日(日)

【会場】
日比谷図書文化館コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4地下1階)

【アクセス】
東京メトロ
丸ノ内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分

都営地下鉄
三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分

JR
「新橋駅」日比谷口より徒歩約10分

【協力費】
協力費1日1,500円 学生協力費1日1,000円 3日間通し券3,000円 
中学生以下無料・事前予約不要

※プログラムの詳細やチケットのお申し込みにつきましては公式サイトにてご確認ください。

【主催】
グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会

【助成】
芸術文化振興基金

【協賛】
日能研、株式会社ティーアンドエス、株式会社モンベル、小学館、株式会社新越ワークス、株式会社さいかい産業、株式会社NTTぷらら、株式会社ファーストキャビン、Passo Passo Ltd.、株式会社香彩堂、studio.JAMANDFIX、環境省、農林水産省、内閣府、文化庁、東京都、公益社団法人日本青年会議所

【協力】
Green Film Network Ecomove International、公益社団法人日本環境教育フォーラム、公益財団法人三菱UFJ環境財団、NPO法人新宿環境活動ネット、NPO法人みんなの未来研究所、ひと・環境計画、NPO法人エコロジーオンライン、株式会社グループ現代、バンザイデザイン株式会社、REALROCKDESIGN、株式会社サスティナライフ森の家、株式会社ウェスタ、NPO法人しんりん、日本植物燃料株式会社、NPO法人青森バイオマスエネルギー推進協議会、一般社団法人奏林舎、一般社団法人村楽、一般社団法人馬搬振興会、木曽馬保存会、公益財団法人松山記念館、ケイツーラボゆざわ、サムワンズガーデン

まとめ

本映像祭では上映と監督トークに加えて、都市と開発をテーマとした制作者を交えたトークセッションと食と栄養をテーマとした特別プログラムもあります。

世界の優れた環境「映像のまなざし」を通して、地球のいまが見える日本と世界の環境と「ここから向かう未来」を考える3日間です。

2020年2月21日(金)~23日(日)に日比谷図書文化館コンベンションホールにて開催の第7回グリーンイメージ国際環境映像祭、ぜひお運びください。

関連記事

新作映画ニュース

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇! 一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。 2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く …

新作映画ニュース

深田晃司監督がビー・ガン作品の“ワンシーン・ワンショット”について『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』を語る【深田晃司監督トークナイト2DAYS in尾道】

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』は全国順次ロードショー。 映画監督の深田晃司が8月21日(金)、24日(月)の二日にわたり広島・シネマ尾道に登場、映画にまつわる思いなどを語るトークショ …

新作映画ニュース

深田晃司監督特集が東京国際映画祭2020のJapanNow部門で開催!最新作や代表作まで上映決定

第33回東京国際映画祭特集企画第1弾決定。 カンヌ選出、ミニシアターエイド、今年を代表する映画監督「深田晃司監督」特集開催! 2020年10月31日から11月9日まで開催される第33回東京国際映画祭。 …

新作映画ニュース

ジーンの力が暴走する予告解禁!映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章となるのか⁈

史上最強のヒーロー“ダーク・フェニックス”はいかにして生まれたのか? ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 世界を危機に陥れる強大な敵とミュータント …

新作映画ニュース

映画『燃えよ剣』キャストの山田涼介は沖田総司役!演技力の評価とプロフィール

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開 国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。 『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学