Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/26
Update

【インディーズ映画支援事業】若き映像作家のSF・ホラー・特撮ジャンル映画をシネマルシェがサポート!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

Cinemarche【インディーズ映画支援事業】
若きクリエーターのホップ・ステップ・ジャンプ!


*注:画像はフリー素材の写真です、映画本編ではありません。

【趣旨】
映画情報サイト「Cinemarche」は、メジャー映画では作ることができない、インディーズ作品ならではの個性に溢れる、アクティブなジャンル映画を支援します。

【目的】
インディーズの映画作家の発掘と育成。

【募集動機】
近年の日本映画の制作において、目立つようになったのがクラウドファンデングでの映画製作。また大学や専門学校での卒業制作というスタイルも、若き作家のデビューを支える大きな特徴となっています。

これらの映画製作が一般化されていくなか、そこに属さない作品や才能ある作家は、まだまだ育成される場が限られているのも事実です。

しかし一方で、毎年のように多くの新人監督や有望な作家が迷いながらも、手探りで自己表現を追求し、コツコツと自力で映画を作り続けている状況も存在し続けています。

“かつての自主映画”という挑戦と破天荒の精神は、時代とともに減衰し、ついに過渡期を迎えてはいないだろうか?

そんな疑問から、ただ自主映画やインディーズ映画を懐古主義的に謳うのではなく、率直に、ズバリ!娯楽映画(SF・ホラー・特撮作品)を作りたい若手映画作家を、登竜門へと後ろ支えしていくことを決めました。

Cinemarcheでは、日夜映画作りに奮闘する自主映画・インディーズ映画作家たちの作品を短編・長編問わず広く公募。

メジャーではあり得ない独自表現を掘りおこすとともに、自主映画・インディーズ映画らしさに満ち溢れた“《独立精神》の狼煙を掲げる作家”に重点をおいて作品を募集いたします。

スポンサーリンク

インディーズ映画監督の支援内容

【CIGP インディ・グランプリ賞(長編)】

・受賞者:1名
・賞金:50万円
・副賞:劇場公開に向けた配給宣伝への支援体制。

【CISS インディ短編作品賞】

・受賞者:複数名
・賞金:10万円
・副賞:入選作品群を「オムニバス作品集」として再構成した上での、劇場公開に向けた配給宣伝への支援体制。
※ショート作品の秀作が揃わない場合、次年度募集の作品と共にレーベルします。

【募集期間】
第一次募集:2020年2月1日~2020年6月30日。
※第二次募集も予定。

【応募規定】
ジャンルは「SF映画」「ホラー映画」「特撮映画」に限定。
*長編:80分以上
*短編:20分以上

【審査員】
Cinemarche所属の映画ライター、Cinemarche編集部ほか、映画監督陣による審査を予定。

応募方法

インディーズ支援事業の詳細は、2020年2月初旬に発表。当サイトにて追って掲載いたします!

関連記事

新作映画ニュース

高円寺シアターバッカスにて佃尚能監督の特集上映開催!映画『万置き姉弟』が劇場初公開

佃尚能監督の特集上映 2019年3月23日(土)・24日(日)の2日間、高円寺シアターバッカスリニューアルオープンを記念して、佃尚能監督の無料特集上映が開催されます。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映 …

新作映画ニュース

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。 肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。 葬儀 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの極道 加瀬役は染谷将太【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの音楽主題歌は斉藤和義。プロフィールと過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

山田裕貴が始球式登板の画像!父は元プロ野球選手。映画『あの頃、君を追いかけた』

10月5日(金)から全国ロードショーされる映画『あの頃、君を追いかけた』の主演を務める山田裕貴が、本日8月10日にナゴヤドームで行われた中日・ヤクルト戦の始球式に登板しました。 以前から夢だったという …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP