Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『エス』俳優・矢柴俊博ら絶賛コメント×予告編が到着!アップリンク吉祥寺でスピンオフ短編の同時上映も決定

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

太田真博監督の長編劇場デビュー作『エス』は2024年1月19日(金)よりアップリンク吉祥寺にて劇場公開!

太田真博監督が自らの「逮捕」の経験から着想して完成させた長編劇場デビュー作『エス』。

新鋭の若手映画監督「S」の逮捕を知らされた周囲の人々の会話劇によって映し出す、“再会と断絶”のストーリーです。

このたび映画『エス』の予告編が解禁!あわせて俳優・矢柴俊博ら著名人からのコメントが到着しました。

さらに、『エス』公開を記念して開催された演技ワークショップ内の実習作品として制作された、太田真博監督による『エス』スピンオフ短編が完成。アップリンク吉祥寺公開期間中の『エス』とスピンオフ短編の同時上映が決定されました。

映画『エス』とは?


(C)2023 上原商店

脚本・監督を務める太田真博が、自身の逮捕から着想した物語『エス』

2011年に不正アクセス禁止違反容疑などで逮捕された太田監督は、この経験をもとにして映画『エス』を作り上げました。

逮捕された頃の太田監督は、演劇的手法を大胆に取り入れた独特の会話劇を撮る新進気鋭の監督として注目を集めていました。逮捕の前年に国際的な映画祭でグランプリも受賞しており、まさにこれからメジャーに進出して活躍する矢先のことでした。

逮捕経験を活かして生み出された映画『エス』のタイトルロール・染田も、新鋭の若手として注目されていながら、自らが犯した罪により、映画監督としての未来、そしてそれまで築いてきた人間関係の多くを失います

映画『エス』では、事件報道から始まる友人との再会と断絶のストーリーが展開されていきます。

苦楽を共にしてきたはずの盟友までもが「これからは、ずっと笑わないで生きていけばいい」と染田に言い放つ中、映画監督“エス”こと染田は、果たして二度と笑わずに生き続けるべきなのでしょうか。

スピンオフ短編『人間として正しいかどうかで判断する』の作品情報

太田真博監督長編劇場デビュー作『エス』の上映を記念し、2023年末に開催されたワークショップ参加者14名と『エス』キャストとが共演する完全新作スピンオフ短編。

【脚本・監督】
太田真博

【キャスト】
高野ゆらこ、柳瀬すみれ、正田良輔、林大樹、前田優輝、丸林孝太郎、長尾拓海、いとおまゆ、薬師寺文、古谷実愛、西留翼、久保圭一、堤和悠樹、徳倉マドカ、安部康二郎(特別出演)、向有美(特別出演)、松下倖子(特別出演)

【あらすじ】
学生劇団の特別公演『人間として正しいかどうかで判断する』本番2日目の劇場。

仰々しいタイトルのくせにそもそも人間があまり登場しないホンに、いまさらウダウダ言い出す客演俳優。青いモロモロの重圧と静かに格闘する演出家。彼女たちの近くで揺れる劇団員、撮影業者、観客ら。

映画『エス』応援コメント(順不同・敬称略)


(C)2023 上原商店

矢柴俊博(俳優)

『太田式口語体演技』に魅せられた。類型的な演技を拒否し、かと言ってボソボソ声のナチュラリズムに陥らず、心理的な“間”にも安易に寄りかからず、絶え間ないおしゃべりが続いていく。“間”の代わりに、「え?なに?」という最小単位の言葉が速射砲のように多用される。キャスト全員に、その太田式口語体とも言うべきメソッドが共有されている。その徹底ぶりは驚異的だ。決して強要されたわけじゃないだろう。だってその証拠に、俳優たちの顔が皆、眩しいくらいに生き生きしてるじゃないか! 

根本卓也(音楽家)

太田真博監督《エス》に寄せて普通の人間が、「異物」となったある男を巡って、ごく当たり前の反応を繰り広げる。そんな、何のドラマもなさそうな設定なのに、ちっとも淡々としていない。生々しいというのとも違う。でも、すごく「リアル」だ。平々凡々とした日常を、予期せぬ出来事で崩された人々が、それを取り戻そうとするために、どれだけ残酷になるか。「トモダチ」ですら、彼(エス)を案じているかのように語りながら、自分のことばかり考えている。監督は、それを責めない。赦すでも、冷笑するでもなく、「そのようなものとして(as it is)」描きだす。映画を観る、あなたの写し鏡として。

廣末哲万(演者)

今後の私の人生で、忘れる自信がないシーンがありました。心熱く涙目になりながら、止められない吹き出し笑いはちょっと経験がありません。ちょっと、ございません。

万城目純(映像作家/身体表現/アーチスト)

日常が演劇なのか?演劇で日常が構成されているのか?深刻な現実は繰り返す人との関わり合いによって喜劇にも昇華される。この奇跡的な無駄話の連続はやがて、これが優れた映画であるという確信を見る人に与える事になる。Sを信じるか?それは映画を信じる事と同義である!

村田唯(俳優・監督)

ほんの一秒一コマの人間の表情、感情、言葉が目まぐるしく突き刺さる。追いつけない…、みんななに考えてるの?怖い….。それは現代社会を生きる私の心のスピードだと気づかされる。絆、疑い、勘違い、可笑しさ、面倒くささ、愛…人間関係の多様な面を見つめ見つめ人間の力を信じ続けてる人じゃないと撮れない映画だと思います。「エス」と、“エス”を巡り生きる俳優の皆さんにぎゅうっと背中を押していただきました。太田監督、今度どんな演出されているのか教えてください。ラストシーンのあそこたまらなく好きです!

映画『エス』の作品情報


(C)2023 上原商店

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
太田真博

【プロデューサー】
上原拓治

【撮影監督】
芳賀俊

【キャスト】
松下倖子、青野竜平、後藤龍馬、安部康二郎、向有美、はしもとめい、大網亜矢乃、辻川幸代、坂口辰平、淡路優花、石神リョウ、篠原幸子、中尾みち雄、ノブイシイ、岡山甫、高村明裕、太田真博、松永直子、河相我聞

映画『エス』のあらすじ


(C)2023 上原商店

若手映画監督・染田真一が不正アクセスの罪で逮捕されました。染田の大学時代の演劇仲間たちは、染田の嘆願書を書く目的で久しぶりに再会します。

染田の新作に主役として出演する話が立ち消えとなり、恨みがましい思いを抱いている崖っぷち俳優の高野。自称“染田との絆が最も深い”先輩のお調子者・鈴村。そして染田への想いをこじらせ散らかした挙句、別の男性と結婚したばかりの千穂。

それぞれが、染田への複雑な思いを抱えていました。

「染田の力になってあげたい」という想いで集まったはずだったのですが……。

まとめ


(C)2023 上原商店

今回は解禁された『エス』の予告編にあわせて、俳優・矢柴俊博ら著名人からの推薦コメントをご紹介しました。

太田真博監督が自らの逮捕経験を活かして着想された映画『エス』。映画タイトルの「エス」とは、不正アクセスの罪で逮捕された若手映画監督・染田真一のイニシャル。

染田の友人たちが集結して彼の嘆願書を書こうとするのですが、果たして順調にことは運ぶのでしょうか。「染田の力になってやりたい」と動く、彼らの思いは届くのでしょうか。

太田真博監督の初の長編劇場デビュー作『エス』は、2024年1月19日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開です。





関連記事

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲』あらすじとキャスト。踊らないブラックコメディ!

予測不能な展開に全インドが喝采! 盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセ者揃いの登場人物が大騒動を繰り広げる予測不能なインドのブラックコメディ「Andhadhun」。 踊らない …

新作映画ニュース

西島秀俊×佐々木蔵之介映画『空母いぶき』あらすじとキャスト。かわぐちかいじ原作を実写化

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 一体、日本に何が起ころうとしているのか…。 かわぐちかいじの原作を壮大なスケールで初映画化する超話題作! 映画『空母いぶき』は20 …

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

TAKAHIROが俳優として新境地! 寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。 (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中紀子役は石橋静河【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学