Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

  • Writer :
  • 中村綾子

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました!

2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。

スポンサーリンク

映画『jam』の初日舞台挨拶

©2018「jam」製作委員会

劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『jam』が2018年12月1日(土)初日を迎え、新宿バルト9にて満員の客席を前に、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団 EXILE9名全員とメガホンをとったSABU監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。

場末の演歌歌手を演じた青柳翔は、現場でのエピソードをこう語りました。

監督が撮影中に『鈴木くん、よかったよ』『町田くんよかったんだよなぁ』と他の現場のことをぼそっというんです。たきつけられてその気になる。そんなふうにテンション上げてもらいました

他人をほめて出演者をたきつけるのはSABU監督流の演出方法なんですかね?!

一途すぎる男を演じた町田啓太は、その爽やかな風貌から想像もつかないエピソードを披露しました。

拾ったブラジャーを振るシーンや (寝たきりの彼女に)ハンドクリームを塗るシーンも監督から「いやらしくおねがいします」と言われて。カットがかかったとたん現場の女性スタッフから『イヤー!!キモーい!!』て言われて(笑)ありがたかったですね

「いやらしく」と演出するSABU監督の意図やいかに?町田啓太の爽やかさが全くかき消されているようですね。

またヤクザに復讐を仕掛ける男を演じた鈴木伸之はセリフが一切なかったので、アクションに集中することになったそうです。

舞台挨拶上で鈴木伸之は「小野塚、小澤さん、秋山さんと一緒でしたね。…あ、将康さんもか」と言い出すと、八木将康「おい!一番からみが多かったのに!」とメンバーと仲の良さを伺える掛け合いを見せていました。

どうやら鈴木伸之がターゲットにしている劇団EXILEのいじられキャラは小澤雄太のようで、「池に入って芝居をするところ、とても緊張してしまって4回もリテイクを出してしまった」という話から始まり、鈴木伸之は「衣装ベルサーチでしょう?」とチャチャを入れます。

すると小澤雄太は「ペレペレだよ!」「今日髪型決まってますね」「●●●●(髪型にこだわりのある芸能人)風だよ!!」などと言い出します。

今度は鈴木伸之が「テーマがあったみたいです(笑)」と生き生きといじっていました

舞台上の会話からも、普段から仲のいいのがわかりますね。

また、突然MCからメッセージが届いたようです、と伝えられるとスクリーンに映し出されたのはエグゼクティブ・プロデューサーでもあるEXILE HIRO!

場内からも驚きの声が上がりました。

HIROから劇団EXILEの新たな表現の場として「jam2」の制作と「jam プロジェクト」の立ち上げが宣言され、さっそく小澤雄太は「監督!お歳暮は何がいいですか!?」とごまをする1場面もありました。

「僕が『jam』で1シーンの登場だったのはこの伏線だったんですね!」と佐藤寛太が語るとSABU監督は「次も1シーンだったら面白いね」と切り返して劇団メンバーは「やたらと売り込むのもあぶないぞ!」と戦々恐々としていました。

最後に青柳翔は観客に次のようなメッセージを送りました。

初日をメンバー全員と監督、そして観客の皆さんと迎えられて幸せです。HIROさんのサプライズもありましたが、jamプロジェクトをみんなで盛り上げていけるように、楽しみにしていてください

映画『jam』の成功はもちろんですが、今から『jam2』の公開が待ち遠しいですね。

映画『jam』の作品情報

©2018「jam」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
SABU

【エグゼクティブプロデューサー】
EXILE HIRO

【キャスト】
青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、清水くるみ、筒井真理子

【作品概要】
『天の茶助』『Mr.Long ミスター・ロン』など、アジアはもとより、ヨーロッパでもその名が知られているSABU監督の最新作。

キャストには映画『たたら侍』の青柳翔、NHK大河『西郷どん』の町田啓太、ドラマ『あなたのことはそれほど』の鈴木伸之をはじめ、特撮『ウルトラマンジード』の小澤雄太、『仮面ライダーエグゼイド』の小野塚勇人、映画『恋と嘘』の佐藤寛太、『ドクムシ』の秋山真太郎、『愛の病』の八木将康、“SWAY”こと野替愁平らが顔をそろえ、劇団EXILEメンバーが総結集しました。

スポンサーリンク

映画『jam』のあらすじ

©2018「jam」製作委員会

熟女たちから熱狂的な支持を受けているローカル演歌歌手の横山田ヒロシは、ステージでは華やかに輝いているものの、常に心の中に空虚感を抱いていました。

コンサート後ファンの雅子からの付きまといに遭ったヒロシは、雅子の暴挙により監禁されてしまいます。

©2018「jam」製作委員会

タケルは瀕死の重傷を負い意識が戻らない恋人の回復を祈り続けていました。

「善いこと貯金」をすれば彼女の意識が戻るのではないかと信じ、日々善行に励んでいます。

©2018「jam」製作委員会

その一方で、刑期を終えたばかりのテツオは、自分を刑務所に送ったやくざ達に復讐を仕掛けるために、やくざの事務所に単身殴り込みをかけに行きます。

全く違う生活を送る3人でしたが、ひょんなことから対峙していくことになります。

男たちのそれぞれの物語が、同じ街の同じ時間に交差し、彼らの人生の因果応報が巡り巡っていくのです…。

まとめ

劇団EXILEのメンバーが総出演となるSABU監督の最新作映画『jam』

全く違う人生を歩んできた3人の男たちの物語が、絡み合い時間が進んでいくエンターテイメント・ムービーです。

主演の3人それぞれの魅力が引き出されている演技にも注目ですが、新しく始動した「jamプロジェクト」も今後要チェックですね。

映画『jam』は2018年12月1日より新宿バルト9ほか全国公開中!

ぜひ、お見逃しなく!

©2018「jam」製作委員会

関連記事

新作映画ニュース

高円寺シアターバッカスにて佃尚能監督の特集上映開催!映画『万置き姉弟』が劇場初公開

佃尚能監督の特集上映 2019年3月23日(土)・24日(日)の2日間、高円寺シアターバッカスリニューアルオープンを記念して、佃尚能監督の無料特集上映が開催されます。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映 …

新作映画ニュース

イーストウッド出演映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじ。日本公開日と上映館情報も

STAR CHANNEL MOVIES作品『Sad Hill Unearthed(英題)』日本公開&邦題決定! 2017年東京国際映画祭で話題沸騰、強烈な爪痕を残した ドキュメンタリー映画『Sad H …

新作映画ニュース

英国ファンにはたまらない!『ヴィクトリア女王 最後の秘密』を皮切りに英国王室に映画で浸る3カ月

主演ジュディ・デンチ×スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー。 (C)2018 Focus Fe …

新作映画ニュース

映画『マダムのおかしな晩餐会』あらすじとキャスト。トークイベント報告紹介

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテ ほか全国公開。 マダムが開く豪華ディナーに正体を隠したメイドが出席し、客の紳士が彼女に一目惚れしたことから巻き起 …

新作映画ニュース

フレデリック・ワイズマン映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』予告編解禁

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今。 巨匠フレデリック・ワイズマンの“町ドキュメンタリー”の傑作。 映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』は、10月中旬、シアター …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP