Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

  • Writer :
  • 中村綾子

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました!

2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。

スポンサーリンク

映画『jam』の初日舞台挨拶

©2018「jam」製作委員会

劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『jam』が2018年12月1日(土)初日を迎え、新宿バルト9にて満員の客席を前に、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団 EXILE9名全員とメガホンをとったSABU監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。

場末の演歌歌手を演じた青柳翔は、現場でのエピソードをこう語りました。

監督が撮影中に『鈴木くん、よかったよ』『町田くんよかったんだよなぁ』と他の現場のことをぼそっというんです。たきつけられてその気になる。そんなふうにテンション上げてもらいました

他人をほめて出演者をたきつけるのはSABU監督流の演出方法なんですかね?!

一途すぎる男を演じた町田啓太は、その爽やかな風貌から想像もつかないエピソードを披露しました。

拾ったブラジャーを振るシーンや (寝たきりの彼女に)ハンドクリームを塗るシーンも監督から「いやらしくおねがいします」と言われて。カットがかかったとたん現場の女性スタッフから『イヤー!!キモーい!!』て言われて(笑)ありがたかったですね

「いやらしく」と演出するSABU監督の意図やいかに?町田啓太の爽やかさが全くかき消されているようですね。

またヤクザに復讐を仕掛ける男を演じた鈴木伸之はセリフが一切なかったので、アクションに集中することになったそうです。

舞台挨拶上で鈴木伸之は「小野塚、小澤さん、秋山さんと一緒でしたね。…あ、将康さんもか」と言い出すと、八木将康「おい!一番からみが多かったのに!」とメンバーと仲の良さを伺える掛け合いを見せていました。

どうやら鈴木伸之がターゲットにしている劇団EXILEのいじられキャラは小澤雄太のようで、「池に入って芝居をするところ、とても緊張してしまって4回もリテイクを出してしまった」という話から始まり、鈴木伸之は「衣装ベルサーチでしょう?」とチャチャを入れます。

すると小澤雄太は「ペレペレだよ!」「今日髪型決まってますね」「●●●●(髪型にこだわりのある芸能人)風だよ!!」などと言い出します。

今度は鈴木伸之が「テーマがあったみたいです(笑)」と生き生きといじっていました

舞台上の会話からも、普段から仲のいいのがわかりますね。

また、突然MCからメッセージが届いたようです、と伝えられるとスクリーンに映し出されたのはエグゼクティブ・プロデューサーでもあるEXILE HIRO!

場内からも驚きの声が上がりました。

HIROから劇団EXILEの新たな表現の場として「jam2」の制作と「jam プロジェクト」の立ち上げが宣言され、さっそく小澤雄太は「監督!お歳暮は何がいいですか!?」とごまをする1場面もありました。

「僕が『jam』で1シーンの登場だったのはこの伏線だったんですね!」と佐藤寛太が語るとSABU監督は「次も1シーンだったら面白いね」と切り返して劇団メンバーは「やたらと売り込むのもあぶないぞ!」と戦々恐々としていました。

最後に青柳翔は観客に次のようなメッセージを送りました。

初日をメンバー全員と監督、そして観客の皆さんと迎えられて幸せです。HIROさんのサプライズもありましたが、jamプロジェクトをみんなで盛り上げていけるように、楽しみにしていてください

映画『jam』の成功はもちろんですが、今から『jam2』の公開が待ち遠しいですね。

映画『jam』の作品情報

©2018「jam」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
SABU

【エグゼクティブプロデューサー】
EXILE HIRO

【キャスト】
青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、清水くるみ、筒井真理子

【作品概要】
『天の茶助』『Mr.Long ミスター・ロン』など、アジアはもとより、ヨーロッパでもその名が知られているSABU監督の最新作。

キャストには映画『たたら侍』の青柳翔、NHK大河『西郷どん』の町田啓太、ドラマ『あなたのことはそれほど』の鈴木伸之をはじめ、特撮『ウルトラマンジード』の小澤雄太、『仮面ライダーエグゼイド』の小野塚勇人、映画『恋と嘘』の佐藤寛太、『ドクムシ』の秋山真太郎、『愛の病』の八木将康、“SWAY”こと野替愁平らが顔をそろえ、劇団EXILEメンバーが総結集しました。

スポンサーリンク

映画『jam』のあらすじ

©2018「jam」製作委員会

熟女たちから熱狂的な支持を受けているローカル演歌歌手の横山田ヒロシは、ステージでは華やかに輝いているものの、常に心の中に空虚感を抱いていました。

コンサート後ファンの雅子からの付きまといに遭ったヒロシは、雅子の暴挙により監禁されてしまいます。

©2018「jam」製作委員会

タケルは瀕死の重傷を負い意識が戻らない恋人の回復を祈り続けていました。

「善いこと貯金」をすれば彼女の意識が戻るのではないかと信じ、日々善行に励んでいます。

©2018「jam」製作委員会

その一方で、刑期を終えたばかりのテツオは、自分を刑務所に送ったやくざ達に復讐を仕掛けるために、やくざの事務所に単身殴り込みをかけに行きます。

全く違う生活を送る3人でしたが、ひょんなことから対峙していくことになります。

男たちのそれぞれの物語が、同じ街の同じ時間に交差し、彼らの人生の因果応報が巡り巡っていくのです…。

まとめ

劇団EXILEのメンバーが総出演となるSABU監督の最新作映画『jam』

全く違う人生を歩んできた3人の男たちの物語が、絡み合い時間が進んでいくエンターテイメント・ムービーです。

主演の3人それぞれの魅力が引き出されている演技にも注目ですが、新しく始動した「jamプロジェクト」も今後要チェックですね。

映画『jam』は2018年12月1日より新宿バルト9ほか全国公開中!

ぜひ、お見逃しなく!

©2018「jam」製作委員会

関連記事

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

新作映画ニュース

映画『カスリコ』あらすじとキャスト。監督高瀨將嗣が全編モノクロで賭場の人間模様を描く

裏社会で生きる人びとの姿を描く人情ドラマ。 (C)2018 珠出版 昭和40年代の土佐、究極のギャンブル“手本引き”に翻弄される人々、人生の哀歓を描いた映画『カスリコ』が2019年6月22日(土)渋谷 …

新作映画ニュース

時代を動かした感動の実話を映画化!『ビリーブ 未来への大逆転』強い信頼関係が現れる劇中ショット解禁

『博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズ主演 映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、3月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー! 男女差別が色濃く残る1970年代のアメ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

新作映画ニュース

金子大地&石川瑠華『猿楽町で会いましょう』あらすじとキャスト。未完成映画予告編大賞作品がクランクイン!

金子大地×石川瑠華のビタースイートな恋愛ストーリー 第2回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」にてグランプリを受賞し、映画の製作も決定された児山隆監督の『猿楽町で会いましょう』。 この度、金子大地と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学