Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ラプソディオブcolors』あらすじ/公開日/上映館。“マイノリティ”をバリアフリー社会人サークルから見つめ直すドキュメンタリー

  • Writer :
  • 大塚まき

〈障害〉と〈健常〉のあいだ すべての人がマイノリティ。

障害がある人、ない人、グレーな人たちの十人十色な《生》がほとばしるバリアフリー社会人サークルcolorsの500 日をきりとった”人間まるだし” スーパーカラフルドキュメンタリー『ラプソディ オブ colors』。


(c)office + studio T.P.S

映画『ラプソディ オブ colors』 が、2021年5月29日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開することが決定しました。

あわせて、キービジュアル、予告編、出演者、監督コメントが到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ラプソディ オブ colors』について


(c)office + studio T.P.S

障害がある人、ない人、グレーな人たちが集まるバリアフリー社会人サークルcolors。毎月10本ものイベント開催に年間800人が来場しています。

大学教授の講義や音楽フェス、いい加減な飲み会など。発達障害、身体障害、音楽家、写真家、ただの呑んべえ、食いしん坊ほかカラフルな参加者たちの《生》がほとばしります。

「感動の物語」の一言では片付かない!問答無用、人間まるだしの日々の記録。2018年から始まったcolorsの撮影は予定を遥かに超過、しかしカメラは止まりませんでした。

本作は、誰もが複雑なグラデーションの中にいることに気付かされます。

監督は、『kapiwとapappo~アイヌの姉妹の物語~』(2016)で民族の中の個人を瑞々しく描いた佐藤隆之

佐藤隆之監督は本作の製作を通して「私の見ていた世界の狭さとコミュニケーション能力不足に愕然!」「障害や福祉のレクチャーではない"人間まるだし"な映画にしたかった」と振り返っています。

colors代表・石川悧々さんは、頚椎損傷と脳の血腫による障害者であり、DET(障害平等研修)のトップファシリテーターとして活躍。強烈な個性で聖女とも魔女とも称されています。

もう一人の強烈なキャラクター、中村和利さんは、地域の障害福祉の立役者でNPO法人理事長。服はヨレヨレ、だらしなさ満載。そんな2人の発言や関係からも目が離せません。

出演:石川悧々(イシカワ リリ)のコメント


(c)office + studio T.P.S

本作の公開に先駆け、出演した石川悧々は以下のようなコメントを寄せています。

「生きてる意味はなんだろう?」と、誰しも一度は自問するだろうが、それは障害者の場合には自問だけではなく、赤の他人から言われたりもする。
健常者も障害者も「colors」の中で一緒になってゴチャゴチャと遊び、そして、その人たちの生活までも撮ったこの映画は、輝きと強さと、同時に非情な残酷さがあふれ出している。
「障害者を応援しよう」という映画を見慣れた皆さんには大変ショッキングな内容だが、それも含めて全部が現実だ。
そんな丸裸のリアルを目の当たりにしたら、皆さんの心は必ず震える。そしたら「生きてる意味」の謎がちょっとは解け、障害者にその問いかけをするってことが何なのか、解るかもしれない。
自分を楽しむことの天才と、生きてることへの意味付けの天才が、この映画の中に何人も出てくる。
それは思うよりも楽で簡単に出来ることなんだと、この映画を観て感じてもらえたならば、私も映画の中で全てを丸裸にされた甲斐がある。

スポンサーリンク

製作/監督:佐藤隆之 (サトウ タカユキ)のコメント

本作の公開にあたり、佐藤隆之監督は以下のようなコメントを寄せています。

撮影開始当初の旗印は【アンチ感動ポルノ】だった。障害当事者や深く関わる人達は皆それに賛同してくれた。ほとんどの人たちがいわゆる【感動物語】に仕立て上げられることに抵抗感を感じていたのだ。
しかし、撮影を進めるうちにそんな旗印は私の中で次第に薄らいできた。眼の前の現実があまりに面白く、また予想以上の展開になって、そして私自身がその波に飲み込まれていったから。
2年弱の撮影と約1年の編集作業は平坦な道のりではなかった。ある出演者は編集後になって出演を拒絶し連絡がとれなくなった。またある聾の人には意図や計画をうまく伝えることができず、悔しさと自責に苛まれた。完成した作品も劇場公開が決まるまでには紆余曲折があった。意図せぬままにすべてがあるがままに流れ、その波に乗れたのは幸運としか言いようがない。その幸運はこの映画を観る人にもきっと繋がっていくと思う。

映画『ラプソディ オブ colors』の予告編

この度解禁された予告編では、バリアフリー社会人サークルcolorsで開催されたイベントの様子が切り取られています。

また、colorsが入居する建物が取り壊される場面も収められ、今は無きコミュニティの記録の断片が映し出されます。

障害と健常に境はあるのか?人間まるだしのラプソディ(狂騒曲)が響きます。

スポンサーリンク

映画『ラプソディ オブ colors』の作品情報


(c)office + studio T.P.S

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
佐藤隆之

【キャスト】
石川悧々、中村和利、新井寿明、上田繁、Mayumi

映画『ラプソディ オブ colors』のあらすじ


(c)office + studio T.P.S

2018年から始まったcolorsの撮影は予定を遥かに超過、しかしカメラは止まりませんでした。「感動の物語」の一言では片付かない!問答無用、人間まるだしの日々の記録。

大学教授の講義や音楽フェス、いい加減な飲み会など。発達障害、身体障害、音楽家、写真家、ただの呑んべえ、食いしん坊ほかカラフルな参加者たちの《生》がほとばしります。

色々な人物や色々な出来事が次から次へと現れます。難病の百人一首シンガーの野望、脳性麻痺の元デリヘル嬢が悩むエッチと介助。実録・ガイドヘルパー物語と…。

さらには、colorsが入居する建物の突然の取り壊しが決まり、まさかの閉鎖へ。colors代表と参加者たちの日々は、色々な人たちの色々な世界は…何色に染まるのか!?

まとめ


(c)office + studio T.P.S

問答無用、人間まるだしのラプソディ(狂騒曲)。現役タクシードライバー監督がアクセル全開!500日のスーパーカラフルドキュメンタリーの幕開けです。

監督も含めて 出演者はみなグレーゾーン!十人十色なラプソディがスクリーンに鳴り響きます。

映画『ラプソディ オブ colors』 は、2021年5月29日よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングがヴェネチア主演女優賞受賞。ポスタービジュアル解禁

2017年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門において主演女優賞を受賞した、シャーロット・ランプリング主演映画『ともしび』。 人生の終盤、積み上げてきたものを失った一人の女の“生き直し”の物語です …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。林田沙希絵はスナックの女性ママ・安達真奈美役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

オダギリジョーとクリストファー・ドイルがハグ!?映画『ある船頭の話』場面写真とメイキング公開

ヴェネチア映画祭ヴェニス・デイズ部門出品作。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 このたび、本作の場面写真とメイキング …

新作映画ニュース

【MOOSIC LAB2019受賞結果】映画監督の金子由里奈『眠る⾍』で長編部門グランプリの快挙!

MOOSIC LAB2019の受賞作品紹介 2019年11月23日~12月21日にK’s cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB201 …

新作映画ニュース

映画『パリのどこかで、あなたと』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。セドリック・クラピッシュ新作のラブストーリーとは?

セドリック・クラピッシュ監督の最新作で、 アナ・ジラルド&フランソワ・シヴィルが共演。 『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学