Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

「スター・トレック」ファン限定!映画『500ページの夢の束』 試写会レポート

  • Writer :
  • かりごめあき

ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

本作の主人公は、『スター・トレック』が大好きで、その知識は誰にも負けないウェンディ。

本作の公開を記念して、SFシリーズ「スター・トレック」を愛するファンのためのトリビアトーク付き試写会が開催されました。

今回は、8月25日(土)に行われた試写会の模様をお届けします。

スポンサーリンク

『スター・トレック』ファン限定の試写会開催


(C)2016 PSB Film LLC

8月25日(土)に、本作の主人公ウェンディと同じように「スター・トレック」シリーズを愛するファンのための試写会が開催されました。

ゲストに岸川靖さん(映像研究家・編集者(「スター・トレック オフィシャルガイド」「スター・トレック ビギンズ」著者)をお招きした“トリビアトーク付き試写会”の模様をお届けします。

『スター・トレック』ファンの本作への反応

映画上映直後の興奮冷めやらぬ中登壇したMCの沢海陽子さん(『新スタートレック』ターシャ・ヤ―、セラ役/『スタートレック:ヴォイジャー』セブン・オブ・ナイン役)が作品の感想を聞くと、場内からは温かい拍手が起りました。

しかし、「(劇中のクイズシーンで)主人公ウェンディが挑んだ『スター・トレック』トリビアクイズの答えが分かった方?」との問いへの答えは皆無でした。

ウェンディの『スター・トレック』知識が並大抵ではないことが分かったところで、ゲストの岸下靖さんが登場しました。

岸下靖さんの本作への感想

本作の感想を問われたゲストの岸下靖さんは、次のようにコメントしました。

「そもそもこの映画が日本で公開されるとは思っていなかった。

海外ドラマや映画でも『スター・トレック』ファンが登場することは多いが、だいたいがヤバイキャラクターで、笑いの対象になることが多い。

でも本作は、まじめにファンを扱ってくれているのが良かった」

『スター・トレック』ファンならではの感想が飛び出しました。

『500ページの夢の束』トリビアクイズ大会

その後、『500ページの夢の束』のトリビアクイズ大会が開催されました。

全10問を正解した方には豪華グッズが当たるとあり、会場の盛り上がりもヒートアップ!

各質問ごとに岸川さんによる解説が付き、場内からは「え~!」「なるほど」と感嘆の声が漏れます。

1問、2問と順調に進めていきますが、クイズの中には登壇した岸川さんですら『500ページの夢の束』本編を1度観ただけではとても分からないような難題もありました。

8問もの正解を出す強者が登場するも、残念ながら全問正解者は現れませんでした。

「全問正解者がいたら、僕の仕事の後継者に任命したい」と岸川さんに言わしめるほどの難題続きのクイズ大会となりました。

岸下靖さんの本作で1番おもしろかった場面

「僕は『スター・トレック』が好きなので、本番中に一番愉快だったのは『スター・トレック』と『スター・ウォーズ』を間違えたトニ・コレット演じるソーシャルワーカーを、息子がツッコむシーン。

『スター・トレック』好きな人が本作を観ると、きっと好意的に見てくれるが、そうでない人がこの映画を観たときに、どれだけ楽しめるのか期待している。

『スター・トレック』ファンはダメだよねと言われないよう、今後も『スター・トレック』にまつわる作品が日本で公開されるよう貢献したい」

改めて『スター・トレック』への想いを語った岸川さん。

最後には『スター・トレック』に登場するバルカン星人の挨拶<長寿と繁栄を>のポーズでフォトセッションが行われました。


(C)2016 PSB Film LLC

映画『500ページの夢の束』の作品情報


(C)2016 PSB Film LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
PLEASE STAND BY

【監督】
ベン・リューイン

【キャスト】
ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ

【作品概要】
『セッションズ』で知られるベン・リューイン監督が、スタート・レック好きのウェンディ役に、『I am Sam アイ・アム・サム』などの子役時代を経て活躍する女優ダコタ・ファニング迎え、人生をあきらめないためのハートフル・ストーリー。

共演に『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが脇を固めます。

スポンサーリンク

映画『500ページの夢の束』のあらすじ


(C)2016 PSB Film LLC

ウェンディの大好きなものは、不滅のSFドラマとして知られる『スター・トレック』。

彼女は好き過ぎ、その知識なら誰にも負けないことを自負しています。

そんなウェンディの趣味といえば、自分なりにカーク船長やスポックが活躍する『スター・トレック』の脚本を書くことでした。

しかし、自閉症を抱える彼女は、ある理由があることから、唯一の肉親である姉と離れて暮らしていました。

ある日、ウェンディにとって最も良い知らせが舞い込みます。

それは大好きな『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知ったのです。

ウェンディは渾身の作品を書き上げましたが、もう、郵送では締切に間に合わないと気付きます。

そこで脚本コンテストの開かれるハリウッドまで、愛犬ピートとともに数百キロの旅に出ることを決意します。

ウェンディは書き上げた500ページにも及ぶ脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて…。

まとめ


(C)2016 PSB Film LLC

本作『500ページの夢の束』は、『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディが、“500ページの脚本を届ける”という人生初の大きな目標のために、つまずきながらも目的地へと近づいていくウェンディとその家族たちを愛とユーモアを込めて描いた感動作です。

今回は、ウェンディのように『スター・トレック』を愛するファンのために開催された試写会の模様をお届けしました。

強者揃いのファンでも、ウェンディの圧倒的な知識量には敵わなかったようですね!

ダコタ・ファニング主演最新作、人生をあきらめないあなたを応援するハートフル・ストーリー!

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

安蘭けい×古舘佑太郎映画『とってもゴースト』あらすじとキャスト。2月15日公開のミュージカルの舞台挨拶付きプレミアム上映会情報も!

「生まれ変わっても もう⼀度あなたと恋をする」 ロマンチックな王道ミュージカル映画が日本に誕生。 俳優・監督の角川裕明が「ミュージカルをもっと日本に広めたい」という情熱のもとクラウドファンディングを⽴ …

新作映画ニュース

映画祭MOOSIC LAB2019情報!齊藤工や今泉力哉監督作品など上映プログラム紹介

時代を打ち鳴らす音楽×映画の祭典!「MOOSIC LAB 2019」 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」。 …

新作映画ニュース

感動的で泣ける恋愛を描いた中国映画『芳華(ほうか)Youth』の本編映像解禁。ヒロインが涙する理由は?

逆境にも負けなかった彼女の涙のワケは ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。 文革、毛沢東の死、中越戦争など国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の70年代、そ …

新作映画ニュース

『ファーストラヴ』原作小説ネタバレと感想。結末の解説と事件の真相も調査

映画『ファーストラヴ』は 2021年2月11日(木・祝)ロードショー。 第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説『ファーストラブ』が映画化。2021年2月11日(木・祝)にロードショーされます。 …

新作映画ニュース

映画『ばるぼら』劇場公開日/上映館。キャストの稲垣吾郎×二階堂ふみが手塚治虫の狂気の世界を体現!

数々の海外映画祭で好評、ついに日本に凱旋!! 手塚治虫が1970年代に『ビッグコミック』(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP