Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/13
Update

映画『息子のままで、女子になる』キャスト/公開日/上映館/内容解説。トランスジェンダーアイコンのサリー楓をドキュメンタリーで映し出す

  • Writer :
  • 大塚まき

新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン
“サリー楓”が誕生する瞬間を捉えた現在進行形のドキュメンタリー

新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、“女性”として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』。


(c)2021「息子のままで、女子になる」

映画『息子のままで、女子になる』(英題:You decide.)が、2021年6月19日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開することが決定しました。

また、メインビジュアルと、サリー楓、杉岡監督、エグゼクティブプロデューサーのスティーブン・ヘインズからコメントが到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『息子のままで、女子になる』について


(c)2021「息子のままで、女子になる」

監督は、ニューヨークで映画製作を学び、三宅洋平の選挙活動を撮った『選挙フェス!』(2015)が話題になった、新進気鋭の監督・杉岡太樹

杉岡監督が捉えるのは、新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓。

慶應義塾大学で建築を学び、大手建設会社に内定し、8歳からの夢だった建築家としての未来を歩み始めた楓

男性として入学し、女性として卒業し、社会に出ていく中で、彼女は世間にある“トランスジェンダー”という既成概念に疑問を抱きます。

そして自らのビューティーコンテスト出場、LGBT就職支援活動、講演活動などを通し、これまでのステレオタイプとは違う、新しいリアルな“一個人”としてのトランスジェンダー女性像を打ち出そうとします。

しかしそんな中で楓の心には、父親の期待に応えられなかった息子としてのセルフイメージが残っていました。

新しい自分、本当の自分として世界に出た時に、家族はそれをどう受け止めるのか。その対話にもカメラは同行します。

さらに楓は日本の“トランスジェンダー”を代表する存在である、はるな愛との対話を通し、世間の求めるレッテルに抗うがあまり、いつの間にか自分もがんじがらめになって「闘い過ぎている」ことに気づかされます。

何かを志し、何かを変えようとしたことがある人であれば、誰もが経験するだろう挫折、葛藤。そこには、“自分らしく”生きるためにもがき苦しむ、青春の1ぺージがありました。

世界トップ5のビューティーコンテストのディレクターで、今秋に日本で初開催するプラスサイズ女性のビューティーコンテスト「Today’s Woman」を主催するスティーブン・ヘインズがエグゼクティブプロデューサーを務めました。

サリー楓と共にLGBT就職支援活動を行う株式会社JobRainbow代表の星賢人・星真梨子日本アカデミー賞2冠に輝いた映画『ミッドナイトスワン』の脚本監修を務め、女の子になりたい男性を応援する「乙女塾」を主宰する西原さつき浄土宗の僧侶でミス・ユニバース世界大会のメイクを担当し、Netflixの人気番組『クィア・アイ』日本シリーズに出演した西村宏堂など、新時代の旗手たちが登場するのも見逃せません。

また、本作のサウンドトラックには、エレクトロニクスと生楽器を調和させ、力強さと繊細さを自然体で同居させるtickles。あいみょん「愛を伝えたいだとか」のリミックス、BAD HOPへの楽曲提供で知られるLil’Yukichi

さらには、yutaka hirasakaやAlly Mobbsなど国内外の評価が高く多様なバックグラウンドを持つアーティスト陣によってオリジナル楽曲提供が行われています。

本作は、日本映画史上初、ロサンゼルス・ダイバシティ・フィルムフェスティバルでドキュメンタリー賞を受賞し、数多くの海外映画祭にて評価・注目されています。

サリー楓のコメント


(c)2021「息子のままで、女子になる」

この度、サリー楓から以下のようなコメントが到着しました。

2018年の夏、プロデューサーのスティーブンから「Could we film your documentary?(君のドキュメンタリーを撮らないか?)」と言われた。LGBTドキュメンタリーって嫌いなんだよな……と、心の中でつぶやいた。
私にとって、LGBT当事者だということは、数あるアイデンティティの一つにすぎないからだ。私は20年以上の男子生活をコンプレックスに感じているが、誰しもコンプレックスの一つや二つはあるだろう。
LGBTを取り巻くステレオタイプな主張は、「嫌い」を通り超えて、虚しいとすら感じる。私のLGBTっぽい部分だけが取り上げられ、あたかもそれが私の全てであるかのように見せられるのは御免だ……。
とにかく、私は、矛盾を抱えたままドキュメンタリーの撮影を承諾した。
しかし、ここに、すべての人たちに観てほしいドキュメンタリー映画が生まれた。
特に、「自分は“すべての人たち”に入らない」と思っている、すべての”あなた”に観てほしい。
世の中は私たちをステレオタイプに捉え、知っているカテゴリーに分類する。カテゴリーがあることで得られる理解もあれば、カテゴリーがあることで受ける苦痛もある。だから、やっぱり、私はLGBTドキュメンタリーが嫌いだ。
ところで、あなたに質問したいことがある。
「この映画は、LGBTドキュメンタリーだっただろうか」
You Decide.

スポンサーリンク

エグゼクティブプロデューサーのスティーブン・ヘインズのコメント


(c)2021「息子のままで、女子になる」

この度、本作のエグゼクティブプロデューサーであるスティーブン・ヘインズから以下のようなコメントが到着しました。

私は楓に出会ったその時、彼女に尋ねました。
「あなたは自分が美しいと思いますか?」
彼女の答えはこうでした。
「あなたが決めてください」
私は、この映画が私たちの人生に必要な会話のきっかけになることを心から願っています。憎しみは無関心から始まるのですから、一緒に学んでいきましょう。この映画の核心は、LGBTQの人間が、安全に、自由に、幸せに世界を生きたいと願う人生を描いていることです。
……..それは求めすぎなことですか?
だからこそ、若い人と心の若さを保つ人々が立ち上がり、声を上げ、日本がただ黙っている国ではなく、過去を振り返りながらも、私たちが自身を尊重しながら前進していることを世界に示さなければならないのだと思います。太陽が沈む前に、日本の良心と愛をみんなに感じてもらいましょう。

杉岡太樹監督のコメント


(C)Shinichiro Oroku

この度、本作の監督を務めた杉岡太樹(すぎおか・たいき)から以下のようなコメントが到着しました。

この映画は、楓とスティーブンと僕、考え方も目的も違う三人が中心になって、様々なバックグラウンドを持つ出演者や制作陣と共に作りました。たくさんの衝突や苦境を乗り越えて、ついに本作の公開を迎えることができるという事実こそが、多様性の結晶にほかならないと自負しています。
一方で、近年目にすることが増えてきた「多様性」や「ダイバーシティー」という言葉の使われ方には、どこか排他的な空気を感じます。画一的なポリティカル・コレクトネスに沿った「多様性」を包摂できない人は、まるで存在してはいけないかのように扱われていないでしょうか。
男性に生まれた楓が女性として生きようとする意志も、その息子の決断に戸惑う楓の父親の感情も、誰にも蹂躙されるべきではないと思います。より多くの選択肢が認められる自由な社会を目指したい。だからといって、今はまだその選択肢を認められない人を第三者が悪者として非難する必要もないはずです。
多様性を含む社会では、理解できないことを理解できないまま受け入れ、共存する必要があるはずで、それは表面的には白黒はっきりせず、一筋縄ではいかないでしょう。そして、忍耐力が必要です。そのような「厄介でめんどくさいコミュニケーション」を尊ぶことが、本当の自分を恐れずに生きていく唯一の保証になる。そう信じてこの映画を作りました。

スポンサーリンク

映画『息子のままで、女子になる』の作品情報


(c)2021「息子のままで、女子になる」

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
You decide

【監督】
杉岡太樹

【キャスト】
サリー楓、Steven Haynes、西村宏堂、JobRainbow、小林博人、西原さつき、はるな愛

映画『息子のままで、女子になる』のあらすじ


(c)2021「息子のままで、女子になる」

男性として生きることに違和感を持ち続けてきた楓は、就職を目前に、これから始まる長い社会人生活を女性としてやっていこうと決断します。

幼い頃から夢見ていた建築業界への就職も決まり、卒業までに残された数か月のモラトリアム期間に、楓は女性としての実力を試そうとするかのように動き始めました。

ビューティーコンテストへの出場や講演活動などを通して、楓は少しずつ注目を集めるようになります。

メディアに対しては、自身が活躍することでセクシャルマイノリティの可能性を押し広げたいと語る楓ですが、その胸中には、父親の期待を受け止めきれなかった息子というセルフイメージが根強く残っていました。

社会的な評価を手にしたい野心的なトランスジェンダー女性と、父親との関係に自信を取り戻したいとひそかに願う息子。

この二つの間を揺れながら、楓はどんな未来をつくり上げていくのでしょう。

まとめ


(c)2021「息子のままで、女子になる」

新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン、サリー楓に密着したドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』。

本作は、社会の常識という壁に挑みながら、自分だけの人生のあり方を模索する新しい人生のストーリーは、観る人の心を揺さぶることでしょう。

ドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』は、2021年6月19日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショーです。

また、劇場公開を全国に拡げるための配給・宣伝費用のクラウドファンディングが開始されました。ぜひご支援ください。

詳しくは『息子のままで、女子になる』クラウドファンディングサイトをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

ギャスパーノエの人生ベスト5映画『アングスト/不安』。ヤバイ最高のカルト作品のひとつと語る応援メッセージ!

ファン代表! ギャスパー・ノエ監督から異例のメッセージ動画到着。 2020年7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開される実録スリラー映画『アングスト/不安』。 本作は、『ヘンリー』『セブ …

新作映画ニュース

イラン映画『少女は夜明けに夢をみる』あらすじ。上映公開日が11月2日に決定した少女更生施設のドキュメンタリー

無垢な魂は、悲しみの羽をもつ。 残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。 イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちの物語に光をあて、第66回ベルリン …

新作映画ニュース

《動画で見る松林うららインタビュー》映画女優から撮影現場を動かすプロデューサーに至った経緯とその裏舞台【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る松林うららインタビュー取材 松林うらら出演・プロデュースを務める連作長編映画『蒲田前奏曲』は、中川龍太郎監督、穐山茉由監督、安川有果監督、渡辺紘文監督による連作スタイルの長編映 …

新作映画ニュース

松本穂香・奈緒らが映画『みをつくし料理帖』会見に登壇。角川春樹監督は二人を“大女優になる”と大絶賛!

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー! 名将・角川春樹が最後の監督作品として作り上げた、作家・高田郁のベストセラー小説の映画化作品『みをつくし料理帖』。 この …

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学