Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『世界は僕らに気づかない』あらすじ/キャスト/2023年明けの冬公開。飯塚花笑監督の最新作の場面写真が解禁に!

  • Writer :
  • 星野しげみ

飯塚花笑監督の『世界は僕らに気づかない』が、2023年年明けの冬公開決定!

2022年にはトランスジェンダーとシスジェンダーの10年間を描いた『フタリノセカイ』(坂東龍汰/片山友希)が全国公開された飯塚花笑監督の『世界は僕らに気づかない』が、この冬公開となりました。


(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

飯塚花笑監督は、トランスジェンダーである自らの経験を元に、大学在学中に制作した『僕らの未来』が「ぴあフェスティバル」審査員特別賞受賞、「バンクーバー国際映画祭」ノミネート、『トイレ、どっちに入る?』が「第20回東京フィルメックス(2019)」新人監督賞準グランプリなど国内外で高い評価を得ています。

監督が丁寧な準備と挑戦的な制作体制で臨んだ『世界は僕らに気づかない』は、異なる⽂化を持った⺟親への息⼦の眼差しであり、“愛の問題”についての物語です。

この度、今冬公開決定の情報と場面写真が解禁となりましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『世界は僕らに気づかない』について


(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

2022年にトランスジェンダーとシスジェンダーの10年間を描いた『フタリノセカイ』(坂東龍汰/片山友希)が全国公開された飯塚花笑監督が、丁寧な準備と挑戦的な制作体制で臨んだ最新作『世界は僕らに気づかない』。

フィリピン人の⺟親との「家族の問題」、同級生の優助との「恋愛の問題」、これからの自分の「人生の問題」など、様々な問題に直面して不安定な感情を発露する高校3年生の純悟を主人公にしてストーリーは展開します。

監督はもともとは、主役の高校3年生・純悟と同級生の優助、二人の“BL”をメインとした「恋愛」をテーマにして書き進めていたそうですが、8年間でLGBTQへの認識や社会状況が変わってきたこと、自身が歳を重ねたことをきっかけに、「⺟親と息⼦」にフォーカスした物語に脚本を変更しました。

映画『世界は僕らに気づかない』の作品情報

【日本公開】
2023年(日本映画)

【英題】
『Angry Son』

【脚本・監督】
飯塚花笑

【キャスト】
堀家一希、GOW、篠原雅史、村山朋果、岡田信浩、宮前隆行、田村菜穂、藤田あまね、鈴木咲莉、加藤亮佑、高野恭⼦、橘芳美、佐田佑慈、竹下かおり、小野孝弘、関幸治、岩谷健司

スポンサーリンク

映画『世界は僕らに気づかない』のあらすじ


(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

群馬県太田市に住む高校生の純悟(18)は、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の⺟親を持っています。

⽗親のことは⺟親から何も聞かされておらず、ただ毎⽉振り込まれる養育費だけが⽗親との繋がりでした。

純悟には恋人の優助(18)がいますが、優助からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自分の生い立ちが引け目となり、なかなか決断に踏み込めずにいました。

そんなある日、⺟親のレイナ(41)が再婚したいと、恋人を家に連れて来ます。見知らぬ男と一緒に暮らすことを嫌がった純悟は、実の⽗親を探すことにしたのですが…。

飯塚花笑監督のコメント

この世界の片隅で、ある種の生きづらさを抱える人たちの存在がどうしても気になってしまう。おそらくトランスジェンダーであ
る自分自身のアイデンティティがそうさせて来たのだろう。今回の映画の主人公は、フィリピン人の⺟と日本人の⽗親を持つ⻘年
だ。意外にも知られていないがこの国には、出稼ぎでやって来た沢山のフィリピン人女性が、日常に溶け込んで暮らしている。そ
してその⼦どもたちもまた、この国の中で暮らしている。この映画で描くのは、異なる⽂化を持った⺟親への息⼦の眼差しであり、
“愛の問題”についての物語である。この映画を観て、身近にあった愛に気づく人がいるならば・・・そんな願いを込めてこの映画
を贈ります。

スポンサーリンク

まとめ


(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

芸能事務所であるレプロエンタテインメントが主催する映画製作プロジェクト『感動シネマアワード』で、グランプリに輝いた企画を映像化した映画『世界は僕らに気づかない』の今冬の劇場公開が決定しました。

『世界は僕らに気づかない』は、「世界に気づかれず」一人で悩みと怒りを抱える高校生の純悟が、一人ぼっちだと思っていた世界で心の底から渇望していた愛に出会うまでの物語です。

トランスジェンダーである自らの経験を持つ飯塚花笑監督の『世界は僕らに気づかない』は、2023年年明けの冬公開されます。

関連記事

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2018】音楽をテーマとした東南アジア特集を解説。プレゼント情報も

10月25日(木)~11月3日(土)に開催となる、第31回東京国際映画祭におきまして、アジア映画特集シリーズ『国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA』の第5弾が『ラララ …

新作映画ニュース

山口情報芸術センターYCAM【ビデオ・プリゼント】障害のある参加者に届けた映像制作技術がつまった作品をウェブサイトで公開!

障害のある参加者に映像制作技術を届けるプログラム「ビデオ・プリゼント」 参加者が作成した短編映像作品を公開! 山口情報芸術センター[YCAM]では、障害のある参加者とその保護者や支援者へ、映像制作の技 …

新作映画ニュース

窪塚洋介映画『全員切腹』あらすじ/キャスト/プレミア上映情報。豊田利晃最新作は 完結編

映画『全員切腹』完成発表。 ワールドプレミア上映&ライブ決定! 豊田利晃監督が制作を続けてきた短編作品、『狼煙が呼ぶ』(2019)、『破壊の日』(2020)。   そしてこの度、2021年5月末の緊急 …

新作映画ニュース

菅田将暉ら登場キャラクターたちを一挙紹介!映画『タロウのバカ』追加キャスト発表

大森監督が15年温めてきた脚本が映画化 (c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会 大森立嗣監督のオリジナル脚本による映画『タロウのバカ』が2019年秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。 本作 …

新作映画ニュース

海外ドラマ『Halo』など動画配信が充実!U-NEXTとViacomCBSが独占ライセンスパートナー契約を締結

アメリカプレミアムチャンネルSHOWTIMEの最新作『Halo』『Your Honor』『City on a Hill』など6作品を続々、日本初独占配信へ U-NEXTは、ViacomCBSグローバル …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学