Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング|あらすじとキャスト。本編映像も解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

世界25ヶ国で大ヒットを記録した、新たなプリティ旋風が日本に上陸しました!

全米NO.1コメディエンヌ、エイミー・シューマーの最新作『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』は2018年12月28日(金)新宿ピカデリーほかで全国ロードショー!

自分に自信が持てず、悶々とした毎日を過ごしているOL、レネー。

少しでも理想の自分に近づくために通い始めたジムで、トレーニング中に頭を打って気を失い、目が覚めたら絶世の美女に変身していた・・・!?(―でも、そう見えているのはレネーだけ!)

そんなあり得ないハプニングに巻き込まれた主人公レネーを、全米人気No.1を誇るコメディエンヌのエイミー・シューマーが演じた『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』。

12月28日の全国公開に先駆けて、本編映像が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』の本編映像解禁

今回解禁された本編映像は、ミシェル・ウィリアムズが演じる大手コスメ会社CEOのエイヴリー・ルクレアに注目!

彼女が自身のコンプレックスを打ち明ける場面です。

一流大卒の弁護士で世界的一流企業のCEOでもあるエイヴリーは、多くの女性の憧れの存在だが、自分の甲高い声について「声がバカっぽい」と強いコンプレックスを持っているという役どころです。

エイヴリーの打ち明け話を真剣に聞いているレネーの表情が、とても魅力的です。

ミシェルの演技のポイントは、飼い犬の声?!

Motion Picture Artwork ©2018 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. © MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

ミシェルは「家で飼っている犬のラッキーがこんな声を出すのよ」と告白し、次のような役作りの裏側を明かしてくれました。

「脚本を読んだ時に、私に声のレパートリーはないし、面白くもないしどうしよう!と思ったわ。でも犬の声なら出来る。それ以来、家族の間ではラッキーが映画出演を果たしたとよく話しているの」

偶然にも、犬のデザインがあしらわれたワンピースを着こなすミシェルにも注目です。

また、他のキャストたちの前では本番までこの「エイヴリーの声」を秘密にしていたミシェル。

「ミシェルがこんなに面白い人だとは思わなかったよ。あの声を聞いた時は面白すぎて演技を忘れた」

エイブリーの弟役を演じたトム・フーパーも驚いた様子でした。

アカデミー賞に4度もノミネートされ、ゴールデングローブ賞も受賞している実力派女優ミシェル・ウィリアムズが、コメディエンヌとして開花した瞬間かもしれませんね!

映画『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』作品情報

Motion Picture Artwork ©2018 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. © MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
I FEEL PRETTY

【監督】
マーク・シルヴァースタイン、アビー・コーン

【キャスト】
エイミー・シューマー、ミシェル・ウィリアムズ、ロリー・スコヴェル、 エミリー・ラタコウスキー、エイディ・ブライアント、ビジー・フィリップス

【作品概要】

等身大の親しみ易さで絶大な人気を誇るとともに、新時代の女性像の象徴的な存在となっている、全米NO.1の人気を誇るコメディエンヌ、エイミー・シューマー。

今作で彼女は、ハプニングで超絶ポジティブになったヒロインを好演しています。

頭を打つ前後で見た目はまったく変わっていませんが、目つきや口元などの細かい表情、体の動きなどでその“変身ぶり”を伝えることで、エイミーは見事にレネーのビフォー&アフターを表現しました。

共演のミシェル・ウィリアムズは、誰もが憧れる美人CEOを演じました。

ゴールデングローブ賞受賞歴のある実力派女優の彼女が、トレードマークのショートヘアーを伸ばし、バッチリメイク、さらには“レアな声”でコメディエンヌさながらのコミカルな演技を発揮しています。

そのほか、“神ボティ”とも名高いモデルのエミリー・ラタコウスキーが、自分に自信がない美女役、コスメ会社CFOにナオミ・キャンベル、エイヴリーの祖母、リリー役に大御所ローレン・ハットンなど、豪華なキャストが脇を固めています。

監督と脚本は、『ワタシが私を見つけるまで』『そんな彼なら捨てちゃえば?』『25年目のキス』などの脚本を手掛けたアビー・コーンとマーク・シルヴァースタインのコンビ。

今回が初の監督作品で、これまで女性を元気づけてきたキュートな映画の名手が新たな代表作を増やしました。

スポンサーリンク

映画『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』のあらすじ


Motion Picture Artwork ©2018 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. © MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

自分の容姿にコンプレックスがあり、自分に自信が持てないレネー(エイミー・シューマー)。

高級コスメ会社に勤めてはいるものの、美しい社員のいる華やかな本社ではない場所での勤務においやられ、サエない日々を過ごしていました。

ある日、自分を変えようと通いはじめたジムでトレーニング中にバイクから転落するというハプニングに見舞われました。

頭を打って気を失っていたレネが目覚めると、絶世の美女に変身していました!
Motion Picture Artwork ©2018 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. © MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

しかし、それはレネーの思い込みで、実際は何一つ変わっていません。

見た目はそのままなのに、美女になったと思い込み、超絶ポジティブな性格に生まれ変わったレネー。

自分に自信に満ち溢れ、仕事も恋もすべてが絶好調のはずでした…。

まとめ

Motion Picture Artwork ©2018 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. © MMXVIII Voltage Pictures, LLC. All rights Reserved.

レネーだけでなく、エイヴリーやマロリー、リリーなど、完璧に見える女性たちもコンプレックスや悩みをそれぞれ抱えています。

自分に自信を持つことで人生を変えていったレネーの姿はもちろん、「そのままの自分の体型が好き」と公言し「VOGUE」の表紙を飾るエイミー・シューマー本人のように、ありのままの自分を愛し、自分に自信を持つことの大切さを教えてくれる作品です。

女性なら誰もが共感できる思いをコメディタッチで描き、心温まる展開も見せるこの作品は、観た後に勇気をもらえて自分を好きになれそうです。

映画『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』は2018年12月28日(金)より新宿ピカデリーほかで全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』あらすじ/劇場公開日/上映館。カルト的ブームのB級トンデモ作品がスクリーンにやってくる!

悪を砕く拳はガーナからやって来る。 前代未聞のポリティカル・カンフー・アクション! ネットを中心にカルト的ブームを巻き起こしていた映画『アフリカン・カンフー・ナチス』。 課金制で限定配信されたAmaz …

新作映画ニュース

【なら国際映画祭2020情報】 学生映画部門のコンペティション作品応募受付は5月15日まで延長!

NARA-wave2020/なら国際映画祭 ~学生映画・映像作品募集期間延長のお知らせ~ (c)なら国際映画祭 2020年9月18日(金)~22日(祝)に開催すべく準備中の「なら国際映画祭 2020」 …

新作映画ニュース

映画『ある人質 生還までの398日』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にIS人質から生還した写真家を描く

奇跡的に生還した写真家ダニエル・リューの398日間を追った衝撃の実話 2013年から2014年の398日間にわたってIS(“イスラム国”)の人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リュ …

新作映画ニュース

西島秀俊×佐々木蔵之介映画『空母いぶき』あらすじとキャスト。かわぐちかいじ原作を実写化

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 一体、日本に何が起ころうとしているのか…。 かわぐちかいじの原作を壮大なスケールで初映画化する超話題作! 映画『空母いぶき』は20 …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】インド映画『パドマーワト 女神の誕生』5月23日開催。10組20名をご招待!

インド映画『パドマーワト 女神の誕生』は、6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー!。 500年の時を超え、インド映画史上最大級の製作費を掛け、究極の映像美で描かれた映画『パドマーワト …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学