Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/10
Update

高橋一生×蒼井優映画『ロマンスドール』あらすじとキャスト。特報予告編とティザービジュアル紹介!

  • Writer :
  • 石井夏子

高橋一生×蒼井優18年ぶり共演、初の夫婦役に挑む。
惹かれ合い、愛し合った先にある、夫の“嘘”と妻の“秘密”とは―。

一人のラブドール職人と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻との日々を描いたタナダユキの小説『ロマンスドール』。

©2019「ロマンスドール」製作委員会

その傑作小説が、原作者であるタナダユキ自ら脚本・監督を手掛け映画化し、2020年1月24日(金)に公開されます。

映画『ロマンスドール』の詳細情報と合わせて、ティザービジュアルと特報予告をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ロマンスドール』について


©2019「ロマンスドール」製作委員会

型破りな設定と衝撃的な展開の中で、男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いたタナダユキの小説『ロマンスドール』は、2008年に雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼びました。

自身初のオリジナル小説を、タナダユキ自らが脚本・監督を務めたのが本作『ロマンスドール』です。

主演をつとめるのは、2019年9月現在放送中のTBSドラマ『凪のお暇』での好演も話題の高橋一生。美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で働き始め、次第にその魅力にのめり込んでいく主人公・北村哲雄を演じます。

哲雄の妻・園子を演じるのは、『リリィ・シュシュのすべて』(2001)以来高橋一生と18年ぶりに共演を果たす、蒼井優。『百万円と苦虫女』(2008)より、映画としては11年ぶりのタナダ組参加となる蒼井は、優しさの中に強さをもった、芯のある大人の女性を繊細に演じます。

さらに二人をとりまく共演陣に、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら個性豊かな実力派俳優陣が集結しました。

映画『ロマンスドール』のティザービジュアル


©2019「ロマンスドール」製作委員会

第一弾ビジュアルとなる、上記のティザービジュアル。

今回夫婦役初共演となる高橋&蒼井が魅せる、愛し合う美しい男女の姿が披露されました。

タナダ監督が映画のキーカラーとした「スモーキーブルー」の世界観に包まれた、主人公の哲雄(高橋)とその妻・園子(蒼井)は、ドキッとするほど美しく、幸せそうに見えます。

しかし、こちらを見つめる眼差しはどこか物憂げで、二人の間に何かを感じさせます。

それぞれの目線から、対照的に添えられた「妻を愛して“嘘”をついた。」「夫を愛して“秘密”を持った。」というキャッチコピーが象徴的なビジュアルになりました。。

スポンサーリンク

映画『ロマンスドール』の特報映像

そしてついに初・映像解禁となる特報映像が到着しました。

18年ぶり2度目の共演となる高橋と蒼井。本作では初の夫婦役に挑み、解禁となった特報映像では、高橋演じる哲雄と、蒼井演じる妻・園子がベッドで見つめ合い、ドキッとするほど美しく儚げなキスシーンで魅了してくれます。

愛し合う中で交わされる、「どういう夫婦になりたかった?私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」「なにが言いたいの…?」という物憂げな会話。

そしてそれぞれの目線から 対照的に添えられた 、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った 」 という印象的なメッセージ。

その先に、果たしてどのような展開が待ち受けるのか、期待が高まりますね。

映画『ロマンスドール』の作品情報

©2019「ロマンスドール」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
タナダユキ『ロマンスドール』(KADOKAWA刊)

【脚本・監督】
タナダユキ

【キャスト】
高橋一生、蒼井優、浜野謙太、三浦透子、大倉孝ニ、ピエール瀧、きたろう、渡辺えり

スポンサーリンク

映画『ロマンスドール』のあらすじ

美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。

平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていました。

いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明け…。

まとめ

参考:映画『ロマンスドール』の公式ツイッター

10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。

変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリーです。

今後の展開に期待と注目が集まる本作『ロマンスドール』は2020年1月24日より(金)全国ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

エミール・クストリッツァ新作映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』劇場公開!ドキュメンタリーで波乱万丈な人生に密着

『アンダーグラウンド』のエミール・クストリッツァ監督の最新ドキュメンタリー “世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ。 (C)CAPITAL INTELECTUAL S …

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストは永作博美と井浦新。2020年初夏に公開の感動ミステリー!

“主要キャスト解禁” 日本映画史に新たに刻まれる傑作の布陣が明らかに! 実の子を授かることが叶わず、特別養子縁組により、男の子を家族に迎えた夫婦。中学生で妊娠し、断腸の思いで子どもを手放すことになった …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

新作映画ニュース

【第14回大阪アジアン映画祭2019】ロイ・チウが『先に愛した人』の演技で受賞!トークイベント開催

ロイ・チウが【オーサカ Asia スター★アワード】受賞決定! 優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP