Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/18
Update

ミミ・レダー監督が映画への想いを語る。『ビリーブ 未来への大逆転』インタビュー映像解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

ミミ・レダーが監督オファーに身震い

2019年3月22日(金)にOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『ビリーブ 未来への大逆転』。

本作で描かれるのは、85歳の今なお、現役の米最高裁判事として活躍する女性、ルース・ギンズバーグの若かりし弁護士時代の物語

『ディープ・インパクト』(1998)で映画界の新時代を築いたミミ・レダー監督が、時代を変えた女性ルース・ギンズバーグの物語を描きました。

ミミ・レダー監督が本作への、そしてルース・ギンズバーグへの想いを語ったインタビュー動画が届きましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』ミミ・レダー監督インタビュー映像

本作の監督を努めたミミ・レダーは、人気ドラマ「ER/緊急救命室」など、数々の人気TVドラマを手がけ、過去にはエミー賞も獲得している実力派。

数々の実績を認められ、1998年に監督に抜擢された映画『ディープ・インパクト』が世界的に大ヒット

女性に与えられるチャンスが少なかった時代、ハリウッドの中でも希少な女性映画監督としてのキャリアをスタートさせた、先駆者的存在です。

しかし、実は、ルース同様に「女性だから」という理由で苦境に立たされた経験が多いのだとか。

そんな彼女が本作を撮るのはまさに運命でした。


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

解禁されたインタビューでは、オファーが来た時のことを「あまりの感激で一瞬身がすくんだ。まるで夢のような話よ。それほど身近なテーマだったのよ。」と振り返っています。

脚本を読んだ際には、逆境の中でも自分の夢を実現させると同時に、男女平等や女性の人権運動のために戦う強い女性の物語を伝えなければ、と心を動かされ、ルースの物語に強く共感したのだとか。

「ルースは現代女性の先駆者よ。1950年代に23歳で法律家の道を歩み始めた。娘と夫がいるハーバード法科大学院生なんて当時は前代未聞よ。」とルース本人について語ります。

ルースが挑んだ男女平等裁判に対して、「性差別が初めて違憲とされた裁判よ。面白いことに女性ではなく独身男性が原告だった。この裁判に勝訴して多くの法律が変わった。世界が変わったのよ。あの闘いのおかげで現在の私たちがいる。」と明かすなど、世界に影響を与え続けた一人の女性ルース・ギンズバーグを心から尊敬していることが感じられます。


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

自分が監督になれたのもルースのおかげ、と断言するレダー監督。

本作が公開されることで「自分にもできると観客に思ってほしい。どんな小さなことでもいい。この世界をよくするために、ルースを見習いたいものね。」と明かし、「ルースは後世のために闘った。トランプ政権によって彼女の功績が脅かされている。だから…今だからこそ必要とされる映画よ。」と強く訴えました。

ルース同様、女性として、母親として、妻としての顔を持ちながら、映画監督としての道を歩み続けてきたレダー監督。

女性であることで苦い経験をしてきた逆境をもバネにして、未来を信じ、今を変えようと立ち上がった女性ルース・ギンズバーグの勇気溢れる姿を力強く描き出しています。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の作品情報


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
ON THE BASIS OF SEX

【監督】
ミミ・レダー

【キャスト】
フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ

【主題歌】
KESHA『Here Comes The Change』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

【作品概要】

『博士と彼女のセオリー』(2015)でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)で主演を務めた、フェリシティ・ジョーンズが正義と平等のために戦い続ける不屈の精神を持った女性・ルース・ギンズバーグを熱演。

そして、全女性の“理想のパートナー”と言っても過言ではない、最高の旦那・マーティンをアーミー・ハマーが演じたほか、オスカー女優キャシー・ベイツも伝説の弁護士役として登場します。

監督は『ディープ・インパクト』(1998)のミミ・レダーが務めました。

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじ


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ。

「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学します。

1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらありませんでした。

家事も育児も分担する夫のマーティンの協力のもと首席で卒業しますが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はありません。


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

やむなく大学教授になったルースは、1970年代になってさらに男女平等の講義に力を入れます。

それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティンがある訴訟の記録を見せました。

ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出ますが…。

まとめ

2019年3月22日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『ビリーブ 未来への大逆転』。

ミミ・レダー監督が「彼女のおかげで映画監督になれた」と語るルース・ギンズバーグとはどのような人物なのか、その人生と戦いを描きました。

フェリシティ・ジョーンズが演じるルースと、アーミー・ハマーが演じる夫のマーティン、ふたりの仲睦まじさにも注目です。

ルースと、レダー監督が織りなす、今こそ必要な映画『ビリーブ 未来への大逆転』を、ぜひ劇場でご覧下さい。

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのモニカ・桜井ユリ役は小西桜子【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)

累計400万部突破!『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。 出演者に西島秀俊、佐々木蔵之介、髙嶋政宏、玉木宏、中井貴一、そして佐藤浩市といった、日本映 …

新作映画ニュース

映画『青い、森』あらすじ/公開日/予告動画。キャストは清水尋也らで主題歌はクラムボン原田郁子が提供!

主演に清水尋也ほか若き才能が結集。 未完成映画予告編大賞から生まれた映画『青い、森』の劇場公開が決定しました。 本作は、2018年に「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」において …

新作映画ニュース

深田晃司・福永朱梨とドラマ『本気のしるし』無料イッキ見上映会!8月22日にアテネフランセで開催【ちば映画祭2020情報】

ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年8月22日(土)に、アテネ・フランセ文化センター(東京都千 …

新作映画ニュース

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開! 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学