Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/03
Update

韓国映画『8番目の男』あらすじ。キャストのヒョンシクが法廷で戦う予告編とポスタービジュアルが解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

2008年に韓国で初めて導入された国民参与裁判。
陪審員に選ばれた8人、事件は証拠も証言も揃っていたはずでした。

大人気若手俳優パク・ヒョンシクが華麗に長編スクリーンデビューを飾り、ベテラン女優ムン・ソリ共演で贈るリーガル・サスペンス・ストーリーがまもなく開廷です。

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

原題『陪審員たち(原題) 』改め、『8番目の男』が2019年11月1日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開されます。

この度、予告編とポスタービジュアルが届きましたので、ご紹介致します。

映画『8番目の男』について

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

2008年に韓国に初めて導入された国民参与裁判の実際の事件に基づく本作

監督・脚本を務めたホン・スンワン自身が数人の判事に直接会って綿密なリサーチを行ったほか、50件もの類似した事件や、判決が交錯した裁判の判決文540件余りを参考にし、手に汗握るサスペンスフルな脚本を書き上げました。

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

主演を務めるのはK-POPグループZE:Aのメンバーである一方、日本でも連続ドラマ化され大きな話題を呼んだ『SUITS/スーツ〜運命の選択〜』のほか、『花郎<ファラン>』『』力の強い女 ト・ボンスン』などTVドラマで次々と主演を飾り、アイドルから演技派俳優へと見事に変身を遂げたパク・ヒョンシク

粘り強く事件の問題提起をし続ける陪審員8号役として本作で華麗な長編スクリーンデビューを飾りました。

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

一方、初めての国民参与裁判を担当し、論理と原則に基づき強い信念で行動する裁判官キム・ジュンギョム役にはムン・ソリ

イ・チャンドン監督の『ペパーミント・キャンディー』(2000)で鮮烈なスクリーンデビューを飾り、続いて出演した『オアシス』(2002)で重度脳性麻痺の障がい者を演じ、ベネチア国際映画祭、青龍映画賞など国内外有数の映画祭の新人賞を総なめにした韓国映画界を代表する名女優です。

映画『8番目の男』の予告映像

今回到着した予告映像は、初の国民参与裁判でパク・ヒョンシク演じるナムをはじめとした8人が陪審員に選ばれ、戸惑い緊張しながら入廷するところから始まります。

刑を量定するだけのはずが、被告人の否認により急きょ有罪無罪の決断を迫られることになった陪審員たち。

迅速に進めたいムン・ソリ演じる裁判長ジュンギョムの意に反して、ナムは「有罪だという確信が持てません」と粘り強く問題提起をし続け、事件の真相に迫っていきます。

裁判の判決が気になる予告映像をぜひご覧ください!

映画『8番目の男』のポスタービジュアル

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

そして、併せて解禁となったポスタービジュアルでは、8人の陪審員たちが事件の真相を探るような眼差しでこちらを見つめています。

その男が、“真実”を覆す――」というキャッチコピーから、波乱を呼ぶ裁判を予感させます。

映画『8番目の男』の作品情報


©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
배심원들(英題:Juror 8)

【監督・脚本】
ホン・スンワン

【キャスト】
パク・ヒョンシク、ムン・ソリ、ペク・スジャン、キム・ミギョン、ユン・ギョンホ、ソ・ジョンヨン、チョ・ハンチョル、キム・ホンパ

映画『8番目の男』のあらすじ


©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

国民が参加する裁判が歴史上初めて開かれる日。

全国民が注目する中、年齢も職業も異なる8名の普通の人々が陪審員団に選定されました。

大韓民国初の陪審員になった彼らの前に置かれた事件は、証拠・証言・自白までそろった明白な殺害事件。

刑を量定するだけのはずが、被告人がいきなり嫌疑を否認したため、陪審員たちは急きょ有罪無罪の決断を迫られることになりました。

誰もが困惑する中、原則主義者の裁判長ジュンギョムは正確かつ迅速に裁判を進めようとします。

ですが質問と問題提起を繰り返す8番陪審員ナムをはじめとする陪審員たちの突発的な行動により、裁判は予期せぬ方向に進んでいき…。

まとめ

©2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

『12人の怒れる男』『陪審員』『ニューオーリンズ・トライアル』『12人の優しい日本人』など陪審裁判映画にハズレなし!

本作は裁判員制度導入10年を迎えた日本にてこの秋公開されます。

映画『8番目の男』は2019年11月1日(金)より シネマート新宿、シネマート心斎橋にて開廷です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ラプソディオブcolors』あらすじ/公開日/上映館。“マイノリティ”をバリアフリー社会人サークルから見つめ直すドキュメンタリー

〈障害〉と〈健常〉のあいだ すべての人がマイノリティ。 障害がある人、ない人、グレーな人たちの十人十色な《生》がほとばしるバリアフリー社会人サークルcolorsの500 日をきりとった”人間まるだし” …

新作映画ニュース

蒼井優と竹内結子ら女優の演技力の秘密は!?中野量太監督の映画『長いお別れ』メイキング映像解禁

現場で紡いだ家族の姿 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』。 本作は201 …

新作映画ニュース

映画『へんしんっ!』あらすじ/劇場公開日/上映館/予告動画。PFFアワードグランプリ受賞の石田智哉監督の話題作がロードショー決定

第42回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2020グランプリ受賞作品。 驚きの、歓びの、ドキュメンタリー。 第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」グランプリに輝いた石田智哉 …

新作映画ニュース

映画『子供はわかってあげない』もじくん役は細田佳央太(かなた)。演技評価とプロフィール!

映画『子供はわかってあげない』は2021年8月20日より全国ロードショー 数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作コミックを原作とした映画『子供はわかってあげない』が2021年8月20日より全国公開、テア …

新作映画ニュース

窪田正孝のペンギン姿も!映画『ファンシー』 メインビジュアルと場面写真紹介

生々しく心にまとわりついてくる独創的なエンターテインメントが誕生。 『あさってDANCE』『BLUE』『ありがとう』などで熱狂的なファンを獲得し、連合赤軍をモデルにした「レッド」で文化庁メディア芸術祭 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学