Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

夏帆×シム・ウンギョン映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がドイツや台湾の映画祭で上映決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

世界各国の映画祭で上映決定!

箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開致します!

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、現地で絶賛の嵐だった本作。

この度、ドイツにて開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」、第21回台北映画祭への出品が決定致しました。

スポンサーリンク

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』について


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

中江和仁監督作『嘘を愛する女』(2018)、片桐健滋監督作『ルームロンダリング』(2018)など新進気鋭の若手映像作家を生み出したプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にて2016年審査員特別賞に輝き、CM界で活躍する箱田優子の初監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

砂田を演じるのは、『天然コケッコー』(2007)『海街diary』(2015)『友罪』(2018)など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。「一番やりたかった役にやっと巡り合えた」と言う夏帆は、本作でこれまでのイメージを一新させる演技で魅せます。

親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』(2011)『怪しい彼女』(2014)など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では初主演作『新聞記者』(2019年)の公開を控え、映画・舞台などで今大注目のシム・ウンギョンが扮しました

ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めています。

世界各国の映画祭へ出品決定


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、満員御礼、観た人から絶賛の声が絶えなかった本作。

日本公開前から海外で注目集めている本作が、この度5月28日よりドイツ、フランクフルトで開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」の出品が決定しました。

世界最大の日本映画祭と言われる同映画祭では、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、世界から多大な注目を集めた『寝ても覚めても』(2018)や、第75回ヴェネチア国際映画祭出品『斬、』(2018)、第69回ベルリン映画祭出品『きみの鳥はうたえる』(2018)なども上映される予定です。

世界各国を賑わせた日本映画が参加する中、新人監督の箱田優子の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がニッポン・ビジョン部門での上映が決定し、同映画祭がヨーロッパプレミアとなります。


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

さらに6月27日から台北で開催する第21回台北映画祭の国際ニュータレントコンペティション部門への出品も決定しました。

毎年約160作品が上映され、約10万人の映画ファンが参加する台北最大の映画祭。2007年より「国際ニュータレントコンペティション部門」が設けられ、国際審査員によって「最優秀映画」および「特別審査員賞」が選出されます。

新人監督の発掘に力を入れている同映画祭へ、箱田監督が『ブルーアワーにぶっ飛ばす』を引っさげ参加する予定となっています。

スポンサーリンク

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の作品情報


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
箱田優子

【音楽】
松崎ナオ

【キャスト】
夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知 、黒田大輔、上杉美風、小野敦子、嶋田久作、伊藤沙莉、高山のえみ、ユースケ・サンタマリア、でんでん、南果歩

【作品概要】
主演は『友罪』(2018)『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018)など、清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆。何者にもなれない自分や大嫌いな田舎にコンプレックスを抱きながらも奮闘する、主人公の砂田を熱演しています。

共演は、映画『サニー 永遠の仲間たち』(2011)『怪しい彼女』(2014)など韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョン。本作では日本語の台詞に挑戦しており、明るく自由奔放な女性・清浦を演じています。

ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩の出演が脇を固めました。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のあらすじ


©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会

30歳のCMディレクター砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている…ように見えますが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっていました。

そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な“秘密の友達” 清浦(シム・ウンギョン)と共に大嫌いな地元・茨城へ帰ることに。

いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人でしたが、実は清浦がついてくるのには理由があり…。

スポンサーリンク

まとめ

箱田優子の初監督作品にして続々と世界各国の映画祭への出品が決まる『ブルーアワーぶっ飛ばす』。

日本での公開にますます期待が高まるばかりです。

夏帆とシム・ウンギョンという日韓人気実力派女優の共演も楽しみでなりませんね。

映画『ブルーアワーぶっ飛ばす』は10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー!

続報をお楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020はオンライン配信!コンペティション部門のみ実施も充実の内容で開催

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 オンライン開催決定のお知らせ。 2004年より埼玉県川口市で開催されてきた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。 (c)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭201 …

新作映画ニュース

【2019年3月4DXシアター上映作品情報】おすすめの新たな映画体験のラインアップ発表

2019年3月の4DXシアター上映作品ラインナップ情報 4DXシアターは2019年の新春に、日常から離れ様々な世界観を見出した最強の3月新作映画をお届けします。 スポンサーリンク CONTENTS4D …

新作映画ニュース

松本動映画『パレット』あらすじ/キャスト/超特報動画。『2020年 東京。12人の役者たち』の劇中短編を映像化!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後、いち早く映画制作を再開。 松本動監督の撮影現場、メイキング映像を解禁!! コロナ禍の中でも撮影が続けられて来た長編映画という事で話題となっている、松本動監督 …

新作映画ニュース

ミッドサマーや爆裂魔神少女が公開!東京国際ファンタスティック映画祭「シン・ファンタ」情報

あの伝説の映画祭が、14年ぶりに復活!? 1夜限りのこのフィルム・フェスティバルに参加しない手はない。 この度、今年第32回を迎える東京国際映画祭にて、全世界のジャンル映画を愛してやまないあの伝説の映 …

新作映画ニュース

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。 本日はビーチにて海外メディアや動画撮影などの取材を受けています。#カンヌ映画祭 #Tenzo pic.twitter.com/io823g6aeE &mdas …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP