Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/11/23
Update

映画『決戦は日曜日』キャストの内田慈(ちか)は田中菜々役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー

『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の『決戦は日曜日』が、2022年1月7日(金)に公開されます。

ことなかれ主義の議員秘書と熱意が空回りしてばかりの新人候補者の選挙活動をシニカルに描いた社会派コメディです。

主演の窪田正孝、宮沢りえに加え、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎らが顔を揃えます。

この記事では田中菜々役の内田慈(ちか)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『決戦は日曜日』の作品情報


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
坂下雄一郎

【キャスト】
窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真

【作品情報】

『東京ウィンドオーケストラ』や『ピンカートンに会いにいく』など、コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎監督によるシニカルな社会派コメディ『決戦は日曜日』。

病に倒れた議員の父親に代わって立候補した娘を当選させるために、秘書が奮闘する様をコミカルに描きます。

5年以上の歳月をかけて生み出されたオリジナル脚本に惚れ込み出演を快諾した窪田正孝が、主人公の議員秘書・谷村勉を演じます。

彼を振り回す無知な二世候補の川島有美役に扮するのは、本格コメディ初挑戦となる宮沢りえ。

有美の秘書軍団には、人気急上昇中の赤楚衛二をはじめ、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真ら実力派が集結しています。

映画『決戦は日曜日』のあらすじ


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

とある地方都市。地域に強い地盤を持つ衆議院議員・川島昌平の事務所で私設秘書として働く谷村勉。

秘書として中堅となり、川島のサポートに徹する仕事に満足していました。

ところが、衆議院解散のタイミングで川島が病に倒れてしまいます。

次の選挙で川島の地盤を引き継いで出馬することになったのは、川島の娘・有美でした。

自由奔放で世間知らずながら、謎の熱意だけはある有美に振り回される谷村。

父の川島の盤石な地盤があるため、よほどのことがない限り当選は確実と思われましたが…。

スポンサーリンク

映画『決戦は日曜日』田中菜々役は内田慈(ちか)

参考映像:『ピンカートンに会いにいく』(2018)

映画『決戦は日曜日』で田中菜々役を演じる内田慈(ちか)は1983年3月12日生まれの女優。横浜市出身。

日本大学芸術学部を中退後、演劇活動を開始しました。

さまざまな劇団での舞台に出演した後、2008年橋口亮輔作品『ぐるりのこと。』で映画デビュー。

事務所に所属せず、フリーで活動する実力派です。

本作の坂下雄一郎監督作品『ピンカートンに会いにいく』や『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で主演を務めています。

そのほかNHK連続テレビ小説『まれ』、ドラマ『全裸監督』『半沢直樹』など出演多数。

NHKのEテレ『みいつけた!』では声優を10年担当しています。

映画『決戦は日曜日』田中菜々はどんな役?


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

内田慈(ちか)演じる田中菜々は、宮沢りえ演じる無知な二世候補・川島有美のクセモノ揃いの秘書軍団の一人。

スポンサーリンク

内田慈(ちか)の演技力の評価は

参考映像:『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(2010)

事務所に所属しないフリーランスとして、オーディションを受けて役を勝ち取ってきた実力派・内田慈。

舞台で培った演技力が高く評価され、数多くの作品に出演を重ねてきました。

2010年には映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』のヒロインを好演し、注目を集めました。

2010年からはEテレ子供向け番組『みいつけた!』の人気コーナー・いすのまちコッシーに出てくる「ノビー・デテコ・フーフー」の声を1人で10年もの間担当しています。

2018年、本作の監督・坂下雄一郎作品『ピンカートンに会いにいく』で映画初主演を果たしました。人生半ばで迷走中のこじらせ女子を演じ、シニカルな笑いを交えながら観客に勇気と感動を与えています。

本作『決戦は日曜日』では、宮沢りえ演じる無知な二世候補を当選させるべく奮闘する、個性的な秘書軍団の一人・田中菜々をコミカルに演じます。

内田慈(ちか)の公式SNSの紹介

内田慈(ちか)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

新時代を担うコメディの名手・坂下雄一郎が監督・脚本を務める映画『決戦は日曜日』。

主人公の議員秘書・谷村をNHK朝ドラ『エール』主演を務めた実力派・窪田正孝、彼を振り回す困り者の二世候補・川島有美役をアカデミー最優秀賞を3度受賞する名女優・宮沢りえが演じます。

ブレイク中の若手俳優・赤楚衛二をはじめ、小市慢太郎、音尾琢真ら豪華実力派が共演。

フリーランスで活躍し、坂下作品『ピンカートンに会いにいく』で主演を務めた経験を持つ内田慈が、秘書軍団の一人・田中菜々を演じます。

注目の映画『決戦は日曜日』は、2022年1月7日(金)より全国公開です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『不実な女と官能詩人』あらすじとキャスト。公開日が11月1日の実話を基にした大人向け伝記ドラマ

彼女が恋に落ちたのは、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人でした。 この度、原題『CURIOSA』が邦題『不実な女と官能詩人』として2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ …

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』公開日決定!谷光章監督が幸せな介護を描く

老老介護のリアルな姿を描いたほのぼのドキュメンタリー 認知症を患う99歳の母と自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー『99歳 母と暮らせば』が6月8日(土) …

新作映画ニュース

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

この夏、彼らが日本中を奮起させる 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム …

新作映画ニュース

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。いまおかしんじ最新作は切ないタイムスリップラブストーリー

死んでもタイムスリップして“あの子”とヤリたい! SF×エロス×青春×ラブロマンスの傑作が誕生。 『UNDERWATER LOVE おんなの河童』『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンル …

新作映画ニュース

映画『ぼくのこわれないコンパス』作品紹介。児童養護施設のドキュメンタリーがクラウドファンディング開始!

児童養護施設の子ども達が直面している問題とは。 現在日本では、生みの親と暮らせない、児童養護施設に暮らす2歳から18歳の子どもたちが約25,000人いるといわれています。 里親家庭や乳児院などのその他 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学