Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/12
Update

ピーター・ジャクソン映画『彼らは生きていた』あらすじ。公開日は2020年1月25日のドキュメンタリーとは

  • Writer :
  • 松平光冬

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が贈る戦争の記録。

100年前の戦場の真実が、色鮮やかによみがえります。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの名匠ピーター・ジャクソン監督によるドキュメンタリー映画『彼らは生きていた』が、2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルがお披露目となりました。

スポンサーリンク

映画『彼らは生きていた』について

参考:「14-18 NOW」公式ツイッター

本作は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるピーター・ジャクソン監督による、戦争ドキュメンタリーです。

第一次世界大戦の終戦から100年を迎え、イギリスで行われたプログラム「14-18NOW」にもとづき、帝国戦争博物館とBBC放送局の共同制作で、同博物館に保存されている記録映像を再構築することで制作されました。

100年前の記録映像を、現代の最新デジタル技術で修復


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作は、2200時間以上あるモノクロ、無音、経年劣化が激しく不鮮明だった100年前の記録映像に、修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストを動員し実施

その修復作業には、バラバラのスピードで撮影されていた古い映像を現代の24フレームに修正するために、足りないフレームを新たに作成するなど、今までにない最新のデジタル技術が施されています。

つまり、昔の18フレームのカクカクした動きが、デジタル技術でなめらかに見やすくなっているのです。

また、大戦当時は録音技術がなかったため、BBCが所有していた600時間以上ある退役軍人たちのインタビュー音声や、兵士たちが話す口の動きを、読唇術のプロが解析した言葉や効果音まで追加されています。

まさに“現代の魔術師”ジャクソン監督による魔法が、驚異の映像を生みました。

スポンサーリンク

映画『彼らは生きていた』のティザービジュアル


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

このほど解禁となったティザービジュアルは、「これぞ、映画の力!」というキャッチコピーが示す通り、古い記録映像の一部をカラーリングを施したデザインを全面にフィーチャリング。

軍隊の列の中で、1人振り向く兵士の部分のみをカラーリングしており、その表情からも、戦場の過酷な状況下がよく表れたビジュアルに仕上がっていおり、期待値が高まる内容となっています。

映画『彼らは生きていた』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(イギリス ・ニュージーランド合作映画)

【原題】
They shall not grow old

【監督】
ピーター・ジャクソン

【製作】
ピーター・ジャクソン クレア・オルセン

【製作総指揮】
ケン・カミンズ テッサ・ロス ジェニー・ウォルドマン

【編集】
ジャベツ・オルセン

【音楽】
デビッド・ドナルドソン ジャネット・ロディック

スポンサーリンク

映画『彼らは生きていた』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

1914年から18年まで繰り広げられた第一次世界大戦を記録した映像を、ピーター・ジャクソン監督が現代のデジタル最新技術で復元しました。

そこに映し出されるのは、戦車の突撃、爆撃の迫力、塹壕から飛び出す歩兵たちなど、過酷な戦場風景ばかりでなく、リラックスした表情で食事や休息を取る日常の様子など、徹底的に兵士の日々に寄り添い、死と隣り合わせの状況でも笑顔を見せる兵士の姿。

もちろん、戦争ゆえに凄惨な場面もありますが、ジャクソン監督はそういった点からも目を背けることなく、ありのままを残すことに尽力しました。

これまで、遠い過去の話としてしかとらえていなかった第一次世界大戦の戦場が、生々しくスクリーンに蘇り、普通の青年たちが見た戦場に観客を連れて行く、奇跡のようなドキュメンタリーとなっています。

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ジャクソン監督は、完成作を自身で観て以下のようなコメントを残しています。

「フィルム上の人々の人間性に心が打たれた。復元は、実際にそこにいた人たちの人間性を引き出すんだ。この映画がこの人々を再び僕たちの生活の中に連れ戻すと実感したんだ」

これぞまさに映画の力と言うべき、画期的な傑作ドキュメンタリーを、ぜひともご自身の目で確かめてください。

緊迫感あふれる戦争映画『彼らは生きていた』は、2020年1月25日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中善次郎役は佐藤浩市【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの笹沢コウタ役は古舘佑太郎。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの …

新作映画ニュース

オダギリジョーとクリストファー・ドイルがハグ!?映画『ある船頭の話』場面写真とメイキング公開

ヴェネチア映画祭ヴェニス・デイズ部門出品作。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 このたび、本作の場面写真とメイキング …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストのSUMIREは茨木童子役に挑む。演技力の評価とプロフィール!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学