Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『彼らは生きていた』感想とレビュー評価。ピータージャクソンが第一次大戦の記録を映像マジックで綴る|だからドキュメンタリー映画は面白い34

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第34回

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が綴る戦争の記録。

今回取り上げるのは、2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開の『彼らは生きていた』。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(2001~2003)のピーター・ジャクソン監督が、第一次世界大戦の記録フィルムを元に、新たな驚異の映像を生みました。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『彼らは生きていた』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(イギリス・ニュージーランド合作映画)

【原題】
They shall not grow old

【監督】
ピーター・ジャクソン

【製作】
ピーター・ジャクソン、クレア・オルセン

【製作総指揮】
ケン・カミンズ、テッサ・ロス、ジェニー・ウォルドマン

【編集】
ジャベツ・オルセン

【音楽】
デビッド・ドナルドソン、ジャネット・ロディック

【作品概要】
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督による、戦争ドキュメンタリー。

第一次世界大戦の終戦から100年を記念し、イギリスで行われた芸術プログラム「14-18NOW」にもとづき、イギリス帝国戦争博物館と放送局BBCの共同制作で、同博物館に保存されている記録映像を、4年の歳月をかけて再構築。

自身の祖父が第一次大戦の兵士だったというジャクソン監督は、祖父が体験したことを学べる絶好の機会だとして、本作の制作に専念しました。

映画『彼らは生きていた』のあらすじ

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

1914年に開戦した、人類史上初の世界戦争となる第一次世界大戦。

同年8月、イギリス各地で募兵を呼びかけるポスターが多数提出され、若者たちが続々と入隊します。

6週間ほどの基礎訓練を経て、青年から兵士となった彼らは、ついに西部戦線へと派遣。

フランス入りした彼らが見たものは、腸が飛び出た馬や、頭を打たれたり、有刺鉄線に引っかかった兵士の死体。

そんな凄惨な場にいながらも、彼らは粗雑な寝床で仮眠を取り、リラックスした表情で食事や会話をするなど、つかの間の休息を楽しむことも忘れません。

そしてついに訪れた突撃の日を迎え、塹壕を飛び出してドイツ軍の陣地へと向かうことに。

勝利を確実視していた彼らを待ち受けていたものとは…。

スポンサーリンク

100年前の戦争の記録を最新デジタル技術で復元

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作『彼らは生きていた』は、イギリス帝国戦争博物館が所蔵する2200時間以上ある第一次世界大戦の記録映像から100時間を抜粋し、映像の修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストが実施し制作。

音声に関しては、イギリスの放送局BBCが所蔵の、600時間にも及ぶ退役軍人200名のインタビュー素材をナレーションとして使用するかたわら、訛りのあるイギリス英語を話せる人間からセリフを新録し、戦争当時の兵士たちの声として再現。

さらに、毎秒13や14、中には15や18など、スピードがバラバラだった元のフレームを統一するために、前後のフレームを推定して新たなフレームを作成するなど、まさに現代の最新デジタル技術の粋を集めた作品となっています。

作品序盤での、募兵を呼びかけるイギリスの街並みを映したカクカクと動く画質の粗いモノクロ映像から、兵士たちが戦地に赴いた途端に、滑らかに動くカラー映像へと変貌していく。

100年前の遠い過去の記録が、手の届くような新しい記憶になっていくその行程に、驚嘆すること間違いなしでしょう。

確実に生きていた「彼ら」

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作で印象的なのは、機関銃の冷却水を使って紅茶を淹れたり、ビール飲み場に殺到したり、前を歩く仲間の頭をこづいたり、音楽を奏でたり、綱引きをする兵士たちの姿です。

彼らの中には、入隊資格の規定年齢を偽ってまで愛国心で志願した者以外に、「日常の退屈な生活から逃れるため」、「周りが志願していたから何となく」といった理由で兵役した者も。

「戦争は時として滑稽なものだ」と退役軍人が語るように、見敵必殺の場にいるはずなのに、仲間とじゃれあったり、笑顔を見せる彼らは、観る者に親近感を与えていきます。

やがてそんな彼らにも、敵陣に銃剣で突撃する命令が下ります。

スポンサーリンク

文明人としての皮が剥げ落ちていく

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

退役軍人が「理性を失うほどの生き地獄」と述懐するように、突撃をする彼らを待ち受けていたのは、ドイツ軍の凄まじい銃撃と、強烈な爆撃でした。

思わず目を背けたくなるような禍々しい惨状をも、余すところなくカラー映像化したピーター・ジャクソン監督は、以下のようなコメントを残しています。

この映画は、ひとつの章にしかすぎない。これはあくまで西部戦線のイギリス人歩兵たちで、他にも多くの映画が作れる。僕は、自分たちがこの戦争のドキュメンタリーへのドアを開くことができればいいと思っている。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

数秒前まで会話していた仲間が、動かぬ死体と化していく戦況に、「文明人としての皮が剥げ落ちる」彼ら。

捕虜にしたドイツ兵と自分たちイギリス兵の境遇や兵役志願理由に、そう大差がなかったという皮肉。

そして、戦いを終えて帰還した彼らを待つのは、祝福と労いの言葉が上辺にしか感じられない、厳しい現実。

時代は変わっても、戦争がもたらす代償は、いつの世も変わらないのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『Out Stealing Horses』キャスト【ステラン・スカルスガルドのインタビュー:スキャンダラスな話】FILMINK-vol.21

FILMINK-vol.21「Stellan Skarsgård: Scandilous」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の …

連載コラム

映画『よこがお』ネタバレ解説と考察。深田晃司は“真のカタルシス”をどのように描いて見せたか|シニンは映画に生かされて12

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第12回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第12回にてご紹介する作品は、『ほとりの朔子』『淵に …

連載コラム

映画『水と砂糖のように』感想とレビュー評価。撮影監督カルロ・ディ・パルマの仕事術に迫る|だからドキュメンタリー映画は面白い30

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第30回 “最もエレガントな撮影監督”カルロ・ディ・パルマの映画人生とは――。 今回取り上げるのは、2019年11月30日(土)より東京都写真美術館ほか …

連載コラム

Netflixドラマ『アンビリーバブル』ネタバレ感想。実話・実際の事件を第1〜3話まであらすじ解説|海外ドラマ絞りたて10

連載コラム 海外ドラマ絞りたて 『アンビリーバブル たった1つの真実』第10回 本コラムは、たくさんあるドラマの中で、何を見ようか迷っている読者に参考にして頂こうと企画されました。 今回は、Netfl …

連載コラム

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじと感想レビュー。スノーマンで知られるレイモンド・ブリッグズが両親を描いた心温まるストーリー|銀幕の月光遊戯 40

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第40回 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開されます。 『スノーマン』、『風が吹くとき』などの名作が世 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP