Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『彼らは生きていた』感想とレビュー評価。ピータージャクソンが第一次大戦の記録を映像マジックで綴る|だからドキュメンタリー映画は面白い34

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第34回

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が綴る戦争の記録。

今回取り上げるのは、2020年1月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開の『彼らは生きていた』。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(2001~2003)のピーター・ジャクソン監督が、第一次世界大戦の記録フィルムを元に、新たな驚異の映像を生みました。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『彼らは生きていた』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(イギリス・ニュージーランド合作映画)

【原題】
They shall not grow old

【監督】
ピーター・ジャクソン

【製作】
ピーター・ジャクソン、クレア・オルセン

【製作総指揮】
ケン・カミンズ、テッサ・ロス、ジェニー・ウォルドマン

【編集】
ジャベツ・オルセン

【音楽】
デビッド・ドナルドソン、ジャネット・ロディック

【作品概要】
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督による、戦争ドキュメンタリー。

第一次世界大戦の終戦から100年を記念し、イギリスで行われた芸術プログラム「14-18NOW」にもとづき、イギリス帝国戦争博物館と放送局BBCの共同制作で、同博物館に保存されている記録映像を、4年の歳月をかけて再構築。

自身の祖父が第一次大戦の兵士だったというジャクソン監督は、祖父が体験したことを学べる絶好の機会だとして、本作の制作に専念しました。

映画『彼らは生きていた』のあらすじ

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

1914年に開戦した、人類史上初の世界戦争となる第一次世界大戦。

同年8月、イギリス各地で募兵を呼びかけるポスターが多数提出され、若者たちが続々と入隊します。

6週間ほどの基礎訓練を経て、青年から兵士となった彼らは、ついに西部戦線へと派遣。

フランス入りした彼らが見たものは、腸が飛び出た馬や、頭を打たれたり、有刺鉄線に引っかかった兵士の死体。

そんな凄惨な場にいながらも、彼らは粗雑な寝床で仮眠を取り、リラックスした表情で食事や会話をするなど、つかの間の休息を楽しむことも忘れません。

そしてついに訪れた突撃の日を迎え、塹壕を飛び出してドイツ軍の陣地へと向かうことに。

勝利を確実視していた彼らを待ち受けていたものとは…。

スポンサーリンク

100年前の戦争の記録を最新デジタル技術で復元

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作『彼らは生きていた』は、イギリス帝国戦争博物館が所蔵する2200時間以上ある第一次世界大戦の記録映像から100時間を抜粋し、映像の修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストが実施し制作。

音声に関しては、イギリスの放送局BBCが所蔵の、600時間にも及ぶ退役軍人200名のインタビュー素材をナレーションとして使用するかたわら、訛りのあるイギリス英語を話せる人間からセリフを新録し、戦争当時の兵士たちの声として再現。

さらに、毎秒13や14、中には15や18など、スピードがバラバラだった元のフレームを統一するために、前後のフレームを推定して新たなフレームを作成するなど、まさに現代の最新デジタル技術の粋を集めた作品となっています。

作品序盤での、募兵を呼びかけるイギリスの街並みを映したカクカクと動く画質の粗いモノクロ映像から、兵士たちが戦地に赴いた途端に、滑らかに動くカラー映像へと変貌していく。

100年前の遠い過去の記録が、手の届くような新しい記憶になっていくその行程に、驚嘆すること間違いなしでしょう。

確実に生きていた「彼ら」

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作で印象的なのは、機関銃の冷却水を使って紅茶を淹れたり、ビール飲み場に殺到したり、前を歩く仲間の頭をこづいたり、音楽を奏でたり、綱引きをする兵士たちの姿です。

彼らの中には、入隊資格の規定年齢を偽ってまで愛国心で志願した者以外に、「日常の退屈な生活から逃れるため」、「周りが志願していたから何となく」といった理由で兵役した者も。

「戦争は時として滑稽なものだ」と退役軍人が語るように、見敵必殺の場にいるはずなのに、仲間とじゃれあったり、笑顔を見せる彼らは、観る者に親近感を与えていきます。

やがてそんな彼らにも、敵陣に銃剣で突撃する命令が下ります。

スポンサーリンク

文明人としての皮が剥げ落ちていく

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

退役軍人が「理性を失うほどの生き地獄」と述懐するように、突撃をする彼らを待ち受けていたのは、ドイツ軍の凄まじい銃撃と、強烈な爆撃でした。

思わず目を背けたくなるような禍々しい惨状をも、余すところなくカラー映像化したピーター・ジャクソン監督は、以下のようなコメントを残しています。

この映画は、ひとつの章にしかすぎない。これはあくまで西部戦線のイギリス人歩兵たちで、他にも多くの映画が作れる。僕は、自分たちがこの戦争のドキュメンタリーへのドアを開くことができればいいと思っている。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

数秒前まで会話していた仲間が、動かぬ死体と化していく戦況に、「文明人としての皮が剥げ落ちる」彼ら。

捕虜にしたドイツ兵と自分たちイギリス兵の境遇や兵役志願理由に、そう大差がなかったという皮肉。

そして、戦いを終えて帰還した彼らを待つのは、祝福と労いの言葉が上辺にしか感じられない、厳しい現実。

時代は変わっても、戦争がもたらす代償は、いつの世も変わらないのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

韓国映画『アワ・ボディ』あらすじと感想レビュー。キャストのチェ・ヒソが全身で表現するヒロインの共感力|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録4

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第4回 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で14回目となります。 2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に渡ってアジア全域 …

連載コラム

映画『フォーハンズ』ネタバレあらすじと感想。結末まで叙述トリックで騙される楽しみとは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録53

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第53回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はドイツ発の、驚愕のサイコスリラー映画を紹 …

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と結末の考察。想像力はホラーに通じる|SF恐怖映画という名の観覧車18

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile018 前回のコラムの次回予告では、今週はゾンビ映画を題材としたコラムを執筆する予定でした。 しかし、一足先に鑑賞した映画がとても興味深い映画で …

連載コラム

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

写真:倉田爽 これまで、映画やドラマといった関する深掘り考察を行ってきたCinemarcheでは、今後、専門的な連載コラムをスタートさせる運びとなりました。 第1弾として、映画随筆家の森田悠介による連 …

連載コラム

映画『長いお別れ』あらすじと感想。中野量太監督の描く認知症と向き合う家族の「つながり」|シニンは映画に生かされて8

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第8回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第8回でご紹介する作品は、映画『湯を沸かすほどの熱い愛 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP