Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/23
Update

映画『朝が来る』育ての母と産みの母をテーマに河瀬直美自身が感じた“希望の光と生き方”|映画という星空を知るひとよ31

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第31回

映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーされます。

世界で高い評価を受け、東京2020オリンピック競技大会の公式映画監督にも就任した河瀨直美監督が、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月のヒューマンミステリー『朝が来る』を映画化しました。

実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった母を繋ぐ「特別養子縁組」という制度によって、新たに芽生えた家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描いています。

永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子ら実力派俳優が、人間の真実に踏み込む演技を披露。家族とは何かに迫りながらも、最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマ。

2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出されました。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『朝が来る』のあらすじ

(c)2020「朝が来る」Film Partners

いつもと変わらない朝。主婦の栗原佐都子(永作博美)は夫清和(井浦新)と一緒に、息子の朝斗(佐藤令旺)を幼稚園に送り出していました。朝斗は幼稚園年長組。新年度になれば小学校にあがります。

幼稚園での朝斗の友人関係のトラブルの中で、佐都子はふとこれまでの6年間を思い出していました。

社内恋愛で結婚した栗原清和と佐都子。仲睦まじい2人でしたが、悩みの種は子どもが出来ないこと。病院で検査をしてもらったところ、夫の清和の方に問題があることが分かります。

それでも子どもを諦めきれない2人は、北海道の病院にまで通い、不妊治療にあたりますが上手くいきません。

子どもを持つことを諦めかけた時、テレビ番組で「特別養子縁組」を取り上げていました。そして、養子縁組の手助けをしている「ベビーバトン」という会社があることを知ります。

栗原夫妻は、さっそくその会社の説明会に行き、代表者の浅見(浅田美代子)から詳しい話を聞きます。

「ベビーバトン」は、子どもが欲しくてもできない夫婦と様々な理由から子どもを産んでも育てられない母親とを繋ぐ役割をしていたのです。

清和と佐都子は「特別養子縁組」をすることにしました。

やがて浅見から連絡があり、夫妻は産まれた男の子を迎えに行きました。男の子の母親は14歳の中学生でした。本当なら面会はできないのですが、佐都子はその少女に会います。

終始うつむいていたその少女片倉ひかり(蒔田彩珠)は、別れるときに佐都子に一通の手紙を渡しました。佐都子は少女の手を握り、子どもを大切に育てることを約束します。

それから6年、栗原夫妻は朝斗と名付けた息子の成長を見守る日々が続きます。毎朝のように幼稚園に朝斗を送り出し、当たり前のようにお迎えをして過ごす毎日は幸せそのものでした。

ある日、朝斗の産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子どもを返して欲しいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってきました。

「お金もだめなら、子どもが養子だということをばらしますよ」と脅迫まがいのことまで、電話の主は言います。

6年前に会ったひかりは見るからに純朴そうな中学生。このようなことを言うとは思えません。

電話をかけて来たのは一体誰? 何のために?

渦巻く疑問を抱えたまま栗原夫妻は、‟片倉ひかり”と名乗る女性と会うことにしました。

映画『朝が来る』の感想と評価

(c)2020「朝が来る」Film Partners

辻村深月の同名小説を映画化した『朝が来る』。前半で「特別養子縁組」制度で朝斗を迎えた栗原夫妻の話を描き、後半は朝斗を産んだ少女・ひかりの出産後の話が盛り込まれています。

不妊治療で悩んだ末に朝斗を迎え入れた育ての母・佐都子と、初恋で出産し朝斗を手離さなければならなかった産みの母・ひかり。子どもを挟んでのそれぞれの立場が痛いほど伝わってきます。

幼稚園での子ども同士のトラブルがあって、朝斗の親としての立場を自覚し、彼を信じることのできた佐都子。血は繋がらなくても朝斗を信じることができた立派な母親です。

一方のひかりは若くして出産し、我が子を手放したことで、人生の歯車が狂ってしまいました。彼氏とも自然に別れ、自分の家族にも心を開くことができず、殻に閉じこもります。

不妊治療をしても子どもに恵まれず、やっと特別養子縁組で得た子どもを慈しんで幸せな毎日を送る佐都子と、子どもを出産し手放したことで社会のレールから落ちていくひかり。

朝斗という子どもを間において、あまりにも違いすぎる2人の母の人生は驚くべきものです。

妊娠・出産という女性ならではの問題は、もしかすると自分の近辺にも起こるかも知れない出来事と言えます。自分ならどうするかと考えざるを得ません。

ですが、親目線で見るストーリーの一方、一番に考えるべきことは“子どもの幸せ”ではないかと思えます。

朝斗は育ての親である佐都子から実母の存在を聞かされていました。彼にとって、育ててくれた人も産んでくれた人も、両方が”母”なのです。

河瀬直美監督自身、出産前に離婚した産みの母によって、生まれてすぐ子どもがいない大伯母に預けられたという過去を持っているそうです。

養母によって裕福ではないにしろ愛情を注がれて育った河瀬直美監督だから、この作品の養子の子どもの気持ちを伝えたかったのでしょう。

それは、河瀬直美監督が映画製作で特にこだわった“朝斗のまなざし”によく表れています。

監督が思い描く“朝斗のまなざし”を取り入れることで、養子の境遇にある子供の気持ちに寄り添った作品になり、美しい親子の絆がひしひしと伝わってきました。

スポンサーリンク

まとめ

(c)2020「朝が来る」Film Partners

映画『朝が来る』の監督は、河瀬直美。劇映画デビュー作となる『萌の朱雀』(1997)でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞しました。

以降、『殯(もがり)の森』(2007)がグランプリに輝くなどし、最近では『光』(2017)や『あん』(2015)も出品。カンヌ国際映画祭とは縁が深い監督です。

そんな監督が、辻村深月の同名小説を読んで感銘を受けて手掛けたのが『朝が来る』です。

自身の体験も踏まえ、養子である小さな子どもが何を見て、何を感じているのかに重点をおいてこの映画を作ったそうです。

作中では、朝斗と育ての親との平和で幸せな6年間と産みの親の壮絶な人生ドラマが展開。社会的問題も多く含む本作において、監督の描きたかったことは的を得ています。

育ての母と産みの母。2人で子どもの親権を取り合うのではなく、あくまで子どもの幸せを考えて慎重な行動をとれば、母たちと子どものその後の人生も変わることでしょう。

生まれてくる全ての生命を大切にしたいという監督の優しい思いが込められた映画『朝が来る』。

映画のタイトルからは、困難の先には明るい希望が待っているということがさりげなく伝わり、温かな気持ちにさせてくれます。

映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『TELL ME ~hideと見た景色』あらすじ感想と解説評価。キャストの今井翼がファンに贈る‟兄の遺した音楽”|映画という星空を知るひとよ104

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第104回 「X JAPAN」のギタリスト、またソロアーティストとして、その名を馳せたロック界のカリスマhide。1998年5月の彼の急逝を惜しむ声が後を絶ちま …

連載コラム

映画『無限ファンデーション』あらすじと感想レビュー。全編“即興”で作り上げられた青春の姿|銀幕の月光遊戯 39

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第39回 『お盆の弟』の大崎章監督と若い俳優陣、ミュージシャンたちが即興で作り上げた驚くべき青春映画! 映画『無限ファンデーション』が、2019年8月24日(土)より、K’ …

連載コラム

映画『暁闇』感想と評価。阿部はりか監督が仕掛けた音楽と建築が結ぶ絶望感の刻限|銀幕の月光遊戯 37

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第37回 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞を受賞した映画『暁闇』が、2019年 …

連載コラム

映画『レ・ミゼラブル(2012)』あらすじと感想レビュー。バルジャンとジャベールの対立とキャストの歌声は一見の価値あり|蟹江まりの映画ともしび研究部1

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第1回 はじめまして、蟹江まりです。 歌と演技が大好きで、女優を目指して特訓中の大学生です!愛してやまない映画の面白さと素晴らしさを、少しでも分かりやすく伝え …

連載コラム

『ゾンビーバー』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。コメディ映画おすすめの笑いはニューヨーカー好みのハイセンス|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー5

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第5回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学