Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/16
Update

映画『パリのどこかで、あなたと』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。セドリック・クラピッシュ新作のラブストーリーとは?

  • Writer :
  • 石井夏子

セドリック・クラピッシュ監督の最新作で、
アナ・ジラルド&フランソワ・シヴィルが共演。

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』(2013)からなる“⻘春三部作”や、『おかえり、ブルゴーニュへ』(2017)など、都会や田舎を舞台にごくありふれた人々とその日常を映し出してきた、セドリック・クラピッシュ監督。

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

クラピッシュ監督の最新作『Deux Moi(原題)』が、『パリのどこかで、あなたと』という邦題で、2020年12月11日(金)より公開することが決定しました。

特報映像や、ポスタービジュアル、場面写真とともに本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『パリのどこかで、あなたと』について

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

本作は、SNSでは埋められない孤独や、仕事に対する不安を抱える男女が、葛藤しながらも過去を受け入れ前進する姿を描いた物語

“都会に暮らす大人”たちが抱える悩みや寂しさを、30歳という人生の節目の年齢を迎えた男女を通して丁寧に映し出しています。

現代フランス映画界を代表するセドリック・クラピッシュ監督が、監督と共同脚本を兼任

主演を務めるのは、フランスの映画・テレビ・演劇界で活躍するアナ・ジラルド。がんの免疫治療の研究者として働く傍ら、プライベートではマッチングアプリで一夜限りの恋を繰り返すも、ありのままの自分をさらけ出すことができずに悩む女性メラニーを繊細に表現しました。

さらに、第72回カンヌ国際映画祭で将来の活躍が期待される若手俳優に贈られるショパール・トロフィーを受賞し、フランスでいま人気急上昇中のフランソワ・シヴィルが、仕事に悩みやストレスを抱えながらも前向きに生きようともがくひたむきな男性レミーを演じています。

アナ・ジラルドとフランソワ・シヴィルは、『おかえり、ブルゴーニュへ』に続き、クラピッシュ監督作品にて共演します。

映画『パリのどこかで、あなたと』の特報映像


特報映像では、隣り合うアパートメントで暮らしながらもまだ巡り合っていない2人のシーンから始まります。

過去の恋愛を引きずり心の穴を埋められないメラニーと、内気で恋愛に不器用なレミー。

それぞれが、マッチングアプリを使ってみたり、気になる同僚とデートしてみたりと、悩みながらも“人との繋がり”を求め、きっとそばにある運命の出会いを期待させる内容になっています。

スポンサーリンク

セドリック・クラピッシュ監督のプロフィール

参考動画:『おかえり、ブルゴーニュへ』(2017)

本作で監督と脚本を務めたセドリック・クラピッシュ(Cédric KLAPISCH)は、1961年9月4日、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身

ニューヨーク大学で映画制作を学びました。1985年にフランスに戻り、レオス・カラックスの作品のスタッフなどを務めます。

1992年、初めての長編映画『百貨店大百科』でセザール賞にノミネートされ、注目を集めます。

その後、『猫が行方不明』(1996)ではベルリン国際映画祭の映画批評家協会賞を受賞

そのほかの代表作に、『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』(2013)からなる〝青春三部作″や、『PARIS』(2008) 、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』 (2013)、『おかえり、ブルゴーニュへ』(2017)などがあります。

映画『パリのどこかで、あなたと』の作品情報

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Deux Moi

【英題】
Someone, Somewhere

【監督】
セドリック・クラピッシュ

【脚本】
セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ

【キャスト】
アナ・ジラルド、フランソワ・シヴィル ほか

スポンサーリンク

映画『パリのどこかで、あなたと』のあらすじ

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA
パリの隣り合うアパートメントでひとり暮らしをしている30歳のメラニーとレミー。

がんの免疫治療の研究者として働くメラニーは、元恋人との恋愛を引きずりながらも仕事に追われる日々を過ごしていました。

一方、倉庫で働くレミーは、同僚が解雇されるも自分だけ昇進することへの罪悪感とストレスを抱えています。

その影響から、メラニーはいくら寝ても寝足りない過眠症に、レミーは眠れない不眠症に苦しむ日々が続き、2人はそれぞれセラピーに通い始めることに。

そんな中、友人からマッチングアプリを勧められたメラニーは、出会った男性たちと一夜限りの関係を繰り返していましたが、過去の失恋で空いた心の穴を埋められずに思い悩みます。

かたや、元同僚への罪悪感を抱えながら孤独な日々を送るレミーは、職場で出会った女性とデートをするも、うまく距離を縮めることができません。

都会の喧騒の中で、同じ電車に乗り、同じ店で買い物をして、同じように孤独を埋められない2人は、道ですれ違うことはあっても知り合うことはなく…。

まとめ

世界で最も美しい街・パリに住む2人の人生が交わることはあるんでしょうか?

そして、その出会いは2人の人生を変えるものとなるんでしょうか?

パリに暮らす不器用な男女の出会いを描くフレンチ・ラブストーリーが日本上陸です。

映画『パリのどこかで、あなたと』は、2020年12月11日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma横浜みなとみらいほか全国順次ロードショー




関連記事

新作映画ニュース

【フランス映画祭2020情報】開催日/会場/上映作品(最新作)ラインナップ。会期6月25日より4日間で横浜みなとみらい21地区を中心に開催!

フランス映画祭2020の開催概要とキービジュアル解禁! フランス映画祭の季節がやってきました!今年もフランスから話題の新作が続々最速上映します。 (C)unifrance films 1993年に始ま …

新作映画ニュース

【4DX映画『天気の子』劇場情報】上映は9月27日より公開!体感する気象現象の内容はオリジナル効果⁈

劇場に、雨、雪、そして太陽の光が降り注ぐ⁉︎ 気象現象の表現に最適な4DXが果たす最高のコラボレーション。 2019年7月19日に公開され、早くも興行収入120億円を突破し、第92回アカ …

新作映画ニュース

映画『リチャード・ジュエル』アカデミー賞2020年の最有力候補。イーストウッド監督最新作の劇中の場面写真解禁

2020年1月、私たちは衝撃の真実を知る。 イーストウッドの第40作、勇敢な警備員の身に起きた実話を描くサスペンスドラマ『リチャード・ジュエル』。 全世界待望、クリント・イーストウッドが放つ衝撃作『リ …

新作映画ニュース

《動画で見るしじみインタビュー》映画『横須賀綺譚』大塚監督の自由なロケ現場に参加して感じた“女優としての思い”

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

新作映画ニュース

「スター・トレック」ファン限定!映画『500ページの夢の束』 試写会レポート

ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー! 本作の主人公は、『スター・トレック』が大好きで、その知識は誰にも負けないウェンディ。 本作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学