Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/20
Update

【シッチェス映画祭2021】上映作品とイベント情報。10月より全国開催でホラーなど全6作品も発表!

  • Writer :
  • 大塚まき

最古で最大のファンタスティック映画の祭典
“シッチェス映画祭2021”8回目の開催。

1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭

SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画に特化した「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つであるとともに、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であるため世界でも権威のある国際映画祭です。


上映作品『BECKY ベッキー』(C)2020 BECKY THE MOVIE, LLC

そして、2021年も『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2021』の開催が決定しました。

2021年で8回目を迎え、東京:ヒューマントラストシネマ渋谷、名古屋:シネマスコーレ、大阪:シネ・リーブル梅田、さらに京都:アップリンク京都にて、10月より全国開催します。

今年も観客を恐怖の奈落へと引きずり込む、強力なラインナップが日本上陸!指折りの全6作を本映画祭でプレミア上映します。

各作品の個性が凝縮された6作のキービジュアルも完成しましたので、映画祭の情報とあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2021』の開催概要

上映作品『スリープレス・ビューティー』

【場所と会期】
・東京…ヒューマントラストシネマ渋谷:10月29日(金)~11月11日(木)
・名古屋…シネマスコーレ:11月より
・大阪…シネ・リーブル梅田:10月29日(金)~11月18日(木)
・京都…アップリンク京都:11月19日(金)より

【料金】
当日一般:1600円
専門・大学生、シニア:1200円
高校生以下:1000円

【上映作品】
『BECKY ベッキー』『呪術召喚/カンディシャ』『ゾンビ・プレジデント』『キラー・ジーンズ』『スリープレス・ビューティー 戦慄の美女監禁実験』『ロスト・ボディ ~消失~』

※詳細につきましては、公式サイトをご覧ください。

上映作品①『BECKY ベッキー』


(C)2020 BECKY THE MOVIE, LLC

13歳の少女がネオナチ脱獄犯への復讐に挑む! 全米興行No.1のヒット作。

映画『BECKY ベッキー』の作品情報


(C)2020 BECKY THE MOVIE, LLC

【製作】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
BECKY

【監督】
ジョナサン・ミロ、カリー・マーニオン

【キャスト】
ルル・ウィルソン、ケヴィン・ジェームズ、ジョエル・マクヘイル

【作品概要】
ブッシュウィック 武装都市』『ゾンビスクール!』の監督コンビが描く、13歳の少女VSネオナチ脱獄犯の壮絶バトル!『アナベル 死霊人形の誕生』の子役ルル・ウィルソンが繰り出すバイオレンスが痛快&戦慄。全米興行では2週連続1位となったヒット作。

【あらすじ】
母親を亡くした少女ベッキーは、父の再婚相手を紹介されて滞在中の別荘を飛び出してしまいます。ところが脱走した凶悪犯4人組が押し入り、ベッキー以外は人質にされてしまいました。恐るべきスキルを駆使するベッキーの反撃が始まり…。

スポンサーリンク

上映作品②『呪術召喚/カンディシャ』


(C)2020 – Esprits Frappeurs -WY Productions – SND

魔物を呼び覚ました少女たちの運命やいかに…。妖女伝説がモチーフの超常ホラー。

映画『呪術召喚/カンディシャ』の作品情報


(C)2020 – Esprits Frappeurs -WY Productions – SND

【製作】
2020年(フランス映画)

【原題】
KANDISHA

【監督】
ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ

【キャスト】
マティルド・ラ・ミュス、サマルカンド・サアディ、スージー・ベンバ

【作品概要】
屋敷女』『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』の監督コンビが、モロッコでは知らぬ者がいないという妖女伝説をモチーフに贈る超常ホラー。

【あらすじ】
ティーンエイジャーのアメリは幼なじみの親友ふたりと怖い話で盛り上がり、復讐に燃える邪悪な存在カンディシャの物語を耳にする。元カレに暴力を振るわれたアメリは思わずカンディシャを召喚してしまい、翌日には元カレが死体で発見される。アメリたち3人は封印を解かれた魔物の暴走を止められるか?

映画『ゾンビ・プレジデント』


(C)2020 Third Man Entertainment Co., Ltd. / Sky Films Entertainment Co., Ltd. / Lots Home Entertainment Co., Ltd. / Uni Connect Broadcast Production Co., Ltd. / Greener Grass Culture Co., Ltd. / Across Films Inc. / Kaohsiung Film Fund All Rights Reserved (C)Greener Grass Production Co., Ltd.

国会を舞台にゾンビパニック勃発! コメディテイストでアクションも満載。

上映作品③『ゾンビ・プレジデント』の作品情報


(C)2020 Third Man Entertainment Co., Ltd. / Sky Films Entertainment Co., Ltd. / Lots Home Entertainment Co., Ltd. / Uni Connect Broadcast Production Co., Ltd. / Greener Grass Culture Co., Ltd. / Across Films Inc. / Kaohsiung Film Fund All Rights Reserved (C)Greener Grass Production Co., Ltd.

【製作】
2020年(台湾映画)

【原題】
Get the Hell Out

【監督】
ワン・イーファン

【キャスト】
ハー・ハオチェン、メーガン・ライ、フランチェスカ・カオ、トゥオ・ツォンホア

【作品概要】
台湾の国会、立法院で政治家が次々とゾンビ化していく珍事を描いたホラーコメディ。プロレス技を取り入れたハイテンションなアクション描写が見もの。

【あらすじ】
化学工場の建設をめぐって反対派と賛成派の審議が紛糾する中、壇上に立った台湾総統が突然ゾンビ化してしまいます。たちまちゾンビウイルスが増殖し、議場は阿鼻叫喚の地獄絵図に。武術使いの女性立法委員のインインと、彼女に片思い中の新米委員ヨウウェイは、この地獄から脱出できるのか?

スポンサーリンク

上映作品④『キラー・ジーンズ』


(C)10619248 CANADA INC. / EMAFILMS 2019

新作ジーンズが人間を襲撃…!? 圧巻の殺人手法に舌を巻くホラーコメディ。

映画『キラー・ジーンズ』の作品情報


(C)10619248 CANADA INC. / EMAFILMS 2019

【製作】
2020年(カナダ映画)

【原題】
SLAXX

【監督】
エルザ・ケプハート

【キャスト】
ロマーヌ・ドゥニ、ブレット・ドナヒュー、セハル・ボジャーニ、スティーブン・ボガート

【作品概要】
“人食いジーンズ”というワンアイデア、ワンシチュエーションで押し切るホラーコメディ。スプラッター度高め、アイデア豊富な殺しのバリエーションが見ものだが、ファストファッションや消費文化の弊害をテーマに据えるなど、思いのほか社会派な怪作。

【あらすじ】
とあるアパレルメーカーが、誰にでもフィットする最新のジーンズを開発。従業員が発売前夜にキャンペーンの準備に追われる中、ジーンズが勝手に動き出して人間たちを血祭りに上げていく…。

上映作品⑤『スリープレス・ビューティー 戦慄の美女監禁実験』

絶対に眠ってはいけない――。極限状態が観る者すべてを不安に陥れる大問題作!

映画『スリープレス・ビューティー 戦慄の美女監禁実験』の作品情報

【製作】
2020年(ロシア映画)

【原題】
SLEEPLESS BEAUTY

【監督】
パウル・ファリーフ

【キャスト】
ポリーナ・ダヴィドワ、エヴゲーニイ・ガガーリン、セルゲイ・トプコフ、アンドレイ・テレシェンコ

【作品概要】
EDMのミュージシャンとしても活躍するロシア人監督パウル・ファリーフの長編4作目は「ソウ」シリーズと似たシチュエーションをさらに捻ったサイコスリラー。容赦ない描写で観客をとことん不安にさせる大問題作。

【あらすじ】
若い女性ミラは謎の組織に拉致され、絶対に眠ってはいけないというルールの実験に強制参加させられる。身体的な虐待や次々と命じられる奇妙なミッション、VRゴーグルで見せられる暴力的なイメージによって精神は崩壊寸前。

上映作品⑥『ロスト・ボディ ~消失~』


(C)2020. SÁBADO PELÍCULAS, BARRY FILMS, THE PROJECT

シッチェス映画祭受賞監督がカムバック!悪夢のようなサイコサスペンスミステリー。

映画『ロスト・ボディ ~消失~』の作品情報


(C)2020. SÁBADO PELÍCULAS, BARRY FILMS, THE PROJECT

【製作】
2020年(スペイン、ドイツ、フランス合作映画)

【原題】
A PERFECT ENEMY

【監督】
キケ・マイーヨ

【キャスト】
トマシュ・コット、アシーナ・ストラテス、マルタ・ニエト、ドミニク・ピノン

【作品概要】
2011年シッチェス映画祭のオープニング作品『EVA〈エヴァ〉』でゴヤ賞の新人監督賞に輝いたキケ・マイーヨが、アメリ・ノートンのベストセラー小説を映画化。衝撃のエンディングが待ち受けるスパニッシュ・スリラー。

【あらすじ】
成功した建築家が、飛行機に乗り遅れて自ら設計した空港で立ち往生します。そこで見知らぬ若い女性に声をかけられ、殺人や犯罪にまつわる奇妙な話を聞かされます。彼女の不穏な打ち明け話は、やがて建築家自身の秘密を暴き出していき…。

まとめ


上映作品『ロスト・ボディ ~消失~』(C)2020. SÁBADO PELÍCULAS, BARRY FILMS, THE PROJECT

今年も選りすぐりの新作洋画をプレミア上映!

13歳の少女によるネオナチ脱獄犯への復讐劇『BECKY ベッキー』や、魔物を呼び覚ました少女たちの運命を描く超常ホラー『呪術召喚/カンディシャ』。

国会を舞台のアクション満載パニックムービー『ゾンビ・プレジデント』、新作ジーンズがあらゆる手法で人間たちを襲撃するスプラッターコメディ『キラー・ジーンズ』。

眠ったら最後…極限状態が観る者すべてを不安と狂気に陥れる大問題作『スリープレス・ビューティー 戦慄の美女監禁実験』、空港で出会った男女の悪夢のようなサイコサスペンスミステリー『ロスト・ボディ ~消失~』まで、見逃し厳禁のフレッシュな注目作が集結しました。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

『シッチェス映画祭2021』は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、名古屋・シネマスコーレ、大阪・シネ・リーブル梅田にて、2021年10月より順次開催です。






関連記事

新作映画ニュース

スパイダーマン:スパイダーバース|映画シリーズ初の快挙!オスカー前哨戦へ本格始動

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー! アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を …

新作映画ニュース

夏休み映画公開おすすめの作品は?今週末に4DX上映の迫力を満喫するならコレ

夏休みシーズンも真っ盛り!今週末、4DX映画を観るならどっち? 最強で無敵な“テーマパークVIBE”4DX版『ジュラシック・ワールド/炎の王国』VS迫力勝負!“4DXエクストリーム版”『ミッション:イ …

新作映画ニュース

『サイレントトーキョー』映画原作ネタバレ感想と犯人の正体。結末ラストの真相を解説

映画『サイレント・トーキョー』は 2020年12月4日(金)より公開。 「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子が執筆した小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』。 本 …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』あらすじ/キャスト。異色のドキュメンタリーで弾き語りトラックメイカーアイドルに迫る

「MOOSIC LAB2019」観客賞・審査員特別賞・ベストミュージシャン賞・女優賞の4冠受賞作品。 型破りな個性で人気を博し、「ゴッドタン」などのバラエティ番組で即興ソングが話題となるなど今最も勢い …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学