Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/14
Update

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

「こんばんは、マダム」。
殺人鬼はすぐ隣にいる…。

第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』


(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathé Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2020年2月14日(金)バレンタインデーより、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。

この度、ビジュアルと予告編が解禁となりましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』について

参考動画:『女は二度決断する』予告編

あの男はいつも片隅に座っていた…。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は、1970年代ドイツハンブルクで実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカの物語です。

30代で世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞の快挙を成し遂げ、前作『女は二度決断する』(2017)でゴールデングローブ賞外国語映画賞と主演のダイアン・クルーガーにカンヌで主演女優賞をもたらしたドイツのファティ・アキン監督が実在の殺人鬼の裏側に挑みました。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のポスタービジュアル


(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathé Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH

今回解禁されたポスタービジュアルは、フリッツ・ホンカの顔がでかでかと写されています。

曲がった鼻、ボロボロの歯、そして見開いた瞳が見つめる先には…。

挑戦的で、生々しく、リアルで、残忍だ。ホンカは本物だ。これこそが本当の恐怖だ」という海外評には、センセーショナルで新しい“殺人鬼映画”への期待が膨らみます。

スポンサーリンク

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の予告編

予告編は、フリッツが「ドン、ドン」と鈍い音を響かせながら、何か“物体”を運ぶシーンから始まります。

場面は変わって、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”。

フリッツはカウンターに座る女たちに声をかけても、「不細工すぎて勘弁」と、相手にしてもらえません。

心を開いてくれた女には空回りな行動をしてしまうフリッツ。

そんな、一見“無害”そうに見える彼だが、“ゴールデン・グローブ”にやってくる年増の娼婦を次々と家に招き入れては“ある行為”をしていたんです。

部屋の異臭に戸惑う女が屋根裏で目にしたものは…。

70年代ドイツを彩るヒット曲の陽気なテンポが、逆に不気味な雰囲気をかもし出します。

そして、街中で見かけた金髪の美少女に心を奪われるフリッツ。

生肉を食いちぎり、切り刻む美少女…フリッツの妄想が膨らんでいきます。

最後、カメラ目線で「こんばんは、マダム」と、観客に語りかけるフリッツ。

知性溢れる天才犯罪者でも、何かに取り憑かれた狂人でもない、「ごく普通の殺人鬼」という、かつて味わったことのない“すぐ隣にいるかもしれない恐怖”に誰もが戦慄することでしょう。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報

【日本公開】
2020年(ドイツ映画)

【原題】
Der Goldene Handschuh (英題: The Golden Glove)

【監督・脚本】
ファティ・アキン

【キャスト】
ヨナス・ダスラー、マルガレーテ・ティーゼル、ハーク・ボーム

スポンサーリンク

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ

敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。

安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”で酒をあおっていました。

彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。

一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいませんでした…。

まとめ

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式ツイッター

“愛されるすべを持たない、男の心に宿った狂気”とは…?

これは1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語です。

ファティ・アキン監督作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2020年2月14日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー



関連記事

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019開催!斎藤工や今泉力哉の特集上映など全プログラム紹介【10月12日から3日間】

第11回のテーマは、「SPARK FILM -きっとハジケル3日間-」。 ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを …

新作映画ニュース

柄本佑×石橋静河×染谷将太映画『きみの鳥はうたえる』特報予告とティザービジュアル解禁

シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』のティザービジュアル・特報解禁! 函館の映画館シネマアイリスの開館20周年を記念し製作された、原作を佐藤泰志、三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『横須賀綺譚』の感想紹介。見どころと内容をシネマダイバー糸魚川悟が紹介!

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

新作映画ニュース

映画『復讐者たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話が基のサスペンスでホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる計画を描く

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画とは。 これまで映画化されてこなかった知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画を描く衝撃のサスペンス『 …

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

TAKAHIROが俳優として新境地! 寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。 (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学