Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ルネ・クレール監督映画『巴里祭』『リラの門』が4Kデジタル・リマスター版で蘇る!

  • Writer :
  • 石井夏子

巨匠ルネ・クレール監督 生誕120周年記念

優しい笑いで人々を包み込み、映像と音楽の素晴らしい調和を生み出した巨匠ルネ・クレール監督

チャップリン、小津安二郎など、世界の映画作家にも多大な影響を与えたルネ・クレールの生誕120周年を記念し、映画の原点とも言える名作『巴里祭』『リラの門』が4Kデジタル・リマスター版で美しくよみがえります

4Kデジタル・リマスター版は2019年6月22日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開されます。

スポンサーリンク

ルネ・クレール監督について

参考映像:『巴里の屋根の下』

ルネ・クレール(René Clair, 本名:ルネ=ルシアン・ショメット(René-Lucien Chomette)) は、フランスの映画監督・脚本家・映画プロデューサー。

「詩的レアリスム」(ジョルジュ・サドゥール)の監督といわれ、トーキー映画の道を開拓した重要な人物でもあります。

1898年11月11日にパリで生まれ、中央卸売市場のあったレ・アル地区で育ちました。

第一次世界大戦では衛生兵として参加し、戦後はジャーナリストや俳優として活動したのち、1923年に『眠るパリ』で監督としてデビュー。

1930年のトーキー映画『巴里の屋根の下』は独創的な音の使用で話題となり、、1932年『巴里祭』で国際的名声を獲得します。

その後製作資金を求めて英国やハリウッドで創作活動をし、第二次大戦後帰国して1952年に『夜ごとの美女』、1957年『リラの門』などの名作を発表。

1981年3月15日、ヌイイ=シュル=セーヌにて82歳で死去しました。

ルネ・クレール監督が詩情豊かに描くフランスの風景は愛に溢れ、いまなお映画ファンの心をつかんで離しません。

映画『巴里祭』の作品情報

【4K版日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
Quatorze Juillet (英題:July 14th)

【監督・脚本・台詞】
ルネ・クレール

【音楽】
モーリス・ジョベール

【美術】
ラザール・メールソン

【キャスト】
アナベラ、ジョルジュ・リゴー、レーモン・コルディ、ポール・オリヴィエ、ポーラ・イレリ

【作品概要】
『巴里の屋根の下』(1930)『ル・ミリオン』(1931)『自由を我等に』(1931)次ぐルネ・クレールの第4回トーキー作品。

主演は『ル・ミリオン』『掻払いの一夜』(1930)のアナベラと新進のジョルジュ・リゴーのふたり。

『巴里の屋根の下』のポーラ・イレリー、『ル・ミリオン』『自由を我等に』のポール・オリヴィエ、『ヴェルダン 歴史の幻想』(1928)のトミー・ブールデル、レイモン・エーモスらが脇を固めます。

映画『巴里祭』のあらすじ

アパルトマンの向かいに住み、ひそかに惹かれ合っていたタクシー運転手ジャンと花売り娘のアンナ。

フランス革命記念日“巴里祭”の前日7月13日、にわか雨をきっかけに、ふたりは心を通い合わせます。

翌日に踊りに行く約束をしますが、思いがけない出来事がふたりを引き裂き…。

映画『巴里祭』のみどころ

戦前に公開された『巴里祭』は、パリ下町が舞台の、フランス革命記念日”巴里祭”の前日に心を通い合わせた男女のすれ違いの恋物語が、モーリス・ジョベールの名曲に乗せてロマンティックに描かれます。

主演のアナベラは、その可憐な美しさから<翼をなくした天使>と称えられ、日本でも大ヒットを記録した初期の代表作。

この度解禁されたポスタービジュアルでは、窓辺に寄りかかりうっとりとしたアナベラが美しく印象的です。

また“いくつもの運命の中で、ひとつの恋の夢が花開く”という本編でも流れる曲の歌詞より引用されたコピーからは、彼女が直面する様々なドラマを想像せずにはいられません。

スポンサーリンク

映画『リラの門』の作品情報

【4K版日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
PORTE DES LILAS(英題:GATES OF PARIS)

【監督・脚本・台詞】
ルネ・クレール

【原作】
ルネ・ファレ

【音楽】
ジャック・メテアン、ジョルジュ・ブラッサンス

【キャスト】
ピエール・ブラッスール、ジョルジュ・ブラッサンス、アンリ・ヴィダル、ダニー・カレル

【作品概要】
1950年、ポピュリスト賞を受けたルネ・ファレの『ラ・グランド・サンチュール』(パリ市の外郭の意)を原作に、ルネ・クレールが脚色、潤色、台詞を担当、自ら監督した作品。

音楽はシャンソン界の異彩ジョルジュ・ブラッサンスが自作の歌を自らギターを手にして出演、歌っています。

主演は『天井桟敷の人々』(1945)のピエール・ブラッスールにブラッサンス、『奥様ご用心』(1958)のダニイ・カレル、『気分を出してもう一度』(1959)のアンリ・ヴィダル。ほかに『幸福への招待』(1956)のレイモン・ビュシェール、『居酒屋』(1956)のアメデなど。

映画『リラの門』のあらすじ

仕事もせずに、酒におぼれるジュジュ。

ある日、近所に住む音楽家の友人の家へ、警官殺しのピエールが逃げ込んできます。

ふたりはピエールを追い出そうとしますが、負傷していることに気がつき匿うことに。

しかし、ジュジュが密かに想いを寄せるマリアが、ピエールに夢中になり…。

映画『リラの門』のみどころ

戦後に公開された『リラの門』は、ルネ・クレール監督、円熟期の最高傑作

警官殺しを匿うことになったお人よしの主人公の、可笑しくて切ない人情喜劇です。

ろくでなしだが憎めない主人公を名優ピエール・ブラッスールが熱演

自らも出演し演奏する伝説的シャンソン歌手ジョルジュ・ブラッサンスの音楽が心を揺さぶります。

ポスタービジュアルはピエール・ブラッスールが、片思いするマリア役のダニー・カレルへ隠し事をして、気まずそうな表情を浮かべているのがなんともおかしいですね。

またダニー・カレルのレトロ可愛いフレンチスタイルも魅力的です。

まとめ

美しく詩情あふれるルネ・クレール監督作

ルネ・クレールの生誕120周年を記念し、4Kデジタルリマスター版での公開が決定した『巴里祭』と『リラの門』。

音楽と映像が共生し、映画ならではの魔法をかけてくれます。

映画『巴里祭』『リラの門』4Kデジタルリマスター版は、6月22日(土) YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェシカ』あらすじ。キャストのアオミ・ムヨックが女戦士を演じた近未来SFアクション【未体験ゾーンの映画たち2020】

謎に満ちたニューヒロインが降臨する近未来SFアクション。 ベルリン映画祭短編部門金熊賞受賞のキャロリーヌ・ポギ&ジョナタン・ヴィネル監督長編デビュー作『ジェシカ』。 (C) 2018 Ecce fil …

新作映画ニュース

映画『大海原のソングライン』劇場公開日は2020年8月1日!音楽ドキュメンタリーの特報予告編紹介

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー 5000年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった――。 (C)Small Island Big Song 音楽ドキュ …

新作映画ニュース

『ミッドナイトスワン』映画上映館/予告編動画。草なぎ剛が原作なしのラブストーリーで演技力を発揮!

初!映像解禁! 世界で一番美しいラブストーリーの予告編が誕生。 草彅剛主演、内田英治監督オリジナル脚本映画『ミッドナイトスワン』が2020年年9月25日(金)より公開されます。 動画:『ミッドナイトス …

新作映画ニュース

実写映画『喝 風太郎!!』あらすじとキャスト。主題歌提供のMY FIRST STORYが市原隼人を光らせる!

『サラリーマン金太郎』の本宮ひろ志原作待望の映画化。 悩み迷う人々に喝を入れる修行エンタテイメント。 『サラリーマン金太郎』『俺の空』等の人気漫画家本宮ひろ志の伝説の傑作漫画の映画化『喝 風太郎!!』 …

新作映画ニュース

奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』チャド・マレーン&佐伯日菜子が登壇!特別試写会レポート

映画『僕はイエス様が嫌い』は 2019年5月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー! スペイン・サンセバスチャン国際映画祭にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞し …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学