Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/25
Update

映画『ソン・ランの響き』あらすじとキャスト。公開日は2月22日のベトナム産ボーイ・ミーツ・ボーイ作品とは

  • Writer :
  • 石井夏子

出会うはずの無かったふたり 孤独な魂が触れ合う運命の3日間。

第31回東京国際映画祭ジェムストーン賞(新人俳優賞)、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞した『ソン・ランの響き』。


(C)STUDIO68

孤独な二人の男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開されることが決定、ポスタービジュアルと場面写真が解禁となりました。

同時に特報予告編も到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ソン・ランの響き』について


(C)STUDIO68

ベトナムの伝統芸能・カイルオンを主題に、孤独なふたりの刹那的な出会いを描き、世界中の映画祭で話題を呼んだ本作

出会うはずの無かったふたりの魂が触れ合う運命の3日間を映し出したボーイ・ミーツ・ボーイの物語です。

ユン役のリエン・ビン・ファットは本作がデビュー作ながら粗暴な中に繊細さを隠し持つ孤独な男を演じきり、見事第31回東京国際映画祭にてジェムストーン賞(新人俳優賞)を受賞

リン・フン役のアイザックは、元ベトナムのアイドルグループ365dabandのメンバー。本作では伝統歌劇の花形役者を艶やかな歌と踊りで見事に演じ、その中性的な魅力を余すところなく発揮しています。


(C)STUDIO68

監督のレオン・レは少年期に家族とともに米国に渡りその後ベトナムへ帰国。本作で長編監督デビューを果たし、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞しました。

また、ハリウッドで女優として成功する傍ら、起業家としても活躍するゴ・タイン・バンがプロデューサーを務めています。

ソン・ランとは?


(C)STUDIO68

ソン・ランはベトナムの民族楽器で、楽曲の最初と最後に奏でられます。

直径約7センチほどの中空の木の胴と、弾性のある曲がった金属部品と、その先に取り付けられた木の玉からなる打楽器で、伝統的な室内楽の拍を打つのに用いられます。

演奏者、役者双方にとってリズムの基礎となり、ベトナムの現代大衆歌舞劇「カイルアン」の音楽の魂であり、公演には欠かせません。

なお、「ソン・ラン」とは「二人の(Song)」「男(Lang)」との意味もあります。

スポンサーリンク

カイルオンとは?


(C)STUDIO68

カイルオンとは、20世紀初頭のベトナム南部で誕生し、1930年代のフランス植民地下、中産階級の劇場で花開いたベトナム南部の大衆歌舞劇の一つであり、いわばベトナム版オペラです。

特に60年代のベトナム南部で人気がありました。

ベトナムの民謡、古典音楽、現代演劇の集約です。

映画『ソン・ランの響き』のポスタービジュアル


(C)STUDIO68

解禁されたポスタービジュアルには、ベトナム情緒溢れる部屋の窓辺で肩を寄せ合う二人の姿が。

孤独な二人のひとときの安らぎを感じさせながらも、どこか物悲しさを伺わせる仕上がりとなっています。

楽器を演奏するユンを見つめるリン・フンや、共に屋上で夜空を見上げる姿など、二人の微妙な距離感が切り取られた場面写真も解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ソン・ランの響き』の特報予告


さらに特報予告編も同時公開。

運命的に出会った二人が互いの孤独を埋めるように徐々に距離を縮めてゆく様子が哀愁漂う音楽に乗せて綴られ、二人の美しくも悲しい物語を予感させます。

映画『ソン・ランの響き』の作品情報


(C)STUDIO68

【日本公開】
2020年(ベトナム映画)

【原題】
The Tap Box[Song Lang]

【監督】
レオン・レ

【キャスト】
リエン・ビン・ファット、アイザック、スアン・ヒエップ

映画『ソン・ランの響き』のあらすじ


(C)STUDIO68

80年代のサイゴン(現・ホーチミン市)。

借金の取り立て屋ユンは、ベトナムの伝統歌舞劇<カイルオン>の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たします。

初めは反発し合っていたふたりでしたが、停電の夜にリン・フンがユンの家に泊まったことをきっかけに心を通わせていくように。

実はユンはかつて<カイルオン>には欠かせない民族楽器<ソン・ラン>の奏者を志した事があり、楽器を大切に持っていたのです。

一見対照的ですが共に悲しい過去を持つふたりは、孤独を埋めるように響き合い、結ばれます。

やがてこれまで感じたことの無い気持ちを抱き始めたふたりは、翌日の再会を約束し別れました。

しかし、ユンが過去に犯したある出来事をきっかけに、ふたりの物語は悲劇的な結末へと突き進んでいき…。

まとめ


(C)STUDIO68

ベトナムの伝統芸能・カイルオンの響きに乗せて、孤独なふたりの魂がひととき交差します。

美しく切ない物語は世界を魅了し、国内外で37もの賞を受賞した本作がついにロードショー決定。

映画『ソン・ランの響き』は2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

『宇宙人の画家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カナザワ映画祭2020グランプリ受賞の新鋭・保谷聖耀が描く新世代ミュータント

映画『宇宙人の画家』は2022年7月2日(土)新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺にてロードショー!以降全国順次公開 『クールなお兄さんはなぜ公園で泥山を作らないのか』がカナザワ映画祭2020 …

新作映画ニュース

【尾道映画祭2020】新型コロナウィルス感染拡大で中止決定!一部上映及び企画を実施をシネマ尾道にて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に伴う対応について 2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭が、24日に中止することが決定しました。 但し協議の結 …

新作映画ニュース

タイ映画『ハッピー・オールド・イヤー』劇場公開日/上映館。大阪アジアン映画祭グランプリの断捨離ムービーとは?

第15回大阪アジアン映画祭グランプリ受賞!! 2018年に公開されサプライズヒットとなった『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作スタジオGDH559と主演のチュティモン・ジョンジャルーンスックジ …

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャストの橘優馬役は斎藤工。演技評価とプロフィール!

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー 白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。 『凶悪 …

新作映画ニュース

金子大地&石川瑠華『猿楽町で会いましょう』あらすじとキャスト。未完成映画予告編大賞作品がクランクイン!

金子大地×石川瑠華のビタースイートな恋愛ストーリー 第2回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」にてグランプリを受賞し、映画の製作も決定された児山隆監督の『猿楽町で会いましょう』。 この度、金子大地と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学