Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/02
Update

ビー・ガン監督の映画がNetflix独占配信!10月1日より『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』が先行配信

  • Writer :
  • 石井夏子

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』
ビー・ガン監督の2作、10月1日よりNetflixで先行独占配信へ。

今年、2020年2月28日に公開され、その後Covid-19の影響をダイレクトに受けて公開の中止が相次いだ『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』。

そして、当初4月に公開を予定しながら、二度に渡る公開を余儀なくされ、6月に漸く公開に漕ぎ着けた『凱里ブルース』。

規制緩和後、両作は現在もなお全国で劇場公開が継続されており、いずれも満席の回も出るなど、じわじわと質実ともに評価が高まってきています

(C)2018 Dangmai Films Co., LTD – Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD / ReallyLikeFilms LCC.
(C) Blackfin (Beijing) Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures (Beijing) The Movie Co.Ltd, Edward DING – BI Gan /ReallyLikeFilms

そのビー・ガン監督の2作が、早くも2020年10月1日よりNetflixで先行独占配信される事が決まりました。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』は、ある女の幻影を追って、夢とも記憶とも現実ともつかない旅に出た男の物語。映画の後半60分だけが3D・カットなしのワンシークエンスショット映像ということでも評判となりました。

『凱里ブルース』は、ビー・ガン監督2015年製作のデビュー作で、『ロングデイズ〜』同様、刑務所帰りの男が、知人から託された品を彼女のかつての恋人に届けるため、また行方不明の甥を探すために旅に出、たどり着いた村で、時制と記憶の渦の中で過去にあったかもしれない人々と出会うこととなります。

どちらもカンヌやロカルノなど海外の映画祭で大きな評価を獲得した作品です。

映画『凱里ブルース』の作品情報

【製作】
2015年(中国映画)

【原題】
路边野餐

【監督・脚本】
ビー・ガン

【キャスト】
チェン・ヨンゾン、ヅァオ・ダクィン、ルオ・フェイヤン、シエ・リクサン、ルナ・クオック

【作品概要】
ビー・ガン監督の長編デビュー作『凱里ブルース』は2015年に発表。

低予算での製作で出演者のほとんどが監督の家族や親戚、友人であり、故郷である凱里でロケを行った同作は、瞬く間に各国の映画祭で評判を呼び、スイスのロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映されると新進監督賞と特別賞を受賞し、各国のメディアやジャーナリストから驚きと称賛を持って向かえ入れられました。

その時の興奮を、後に新華社通信は、「過去五年で一番優れた中国国産映画」「中国映画を五十年進歩させる」と絶賛されたと伝えています。

その後もフランス・ナント三大陸映画祭で中国人としては、ホウ・シャオシェン監督の『恋恋風塵』(1986年)以来となる黄金の熱気球賞〔グランプリ〕を受賞、さらに中華圏のアカデミー賞とされる金馬奨では最優秀新人監督賞とFIPRESCI賞に輝くなど、その圧倒的な才能を世界に見せつけた傑作です。

映画『凱里ブルース』のあらすじ

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

凱里の小さな診療室に身を置いて、老齢の女医と幽霊のように暮らすシェン。

刑期を終えてこの地に帰還したときには、彼の帰りを待っていたはずの妻はこの世になく、しばらくして可愛がっていた甥も弟の策略でどこかへ連れ去られてしまいました。

シェンは甥を連れ戻すために旅に出ます。そして辿り着いたのは、ダンマイという名の、過去の記憶と現実と夢が混在する不思議な街でした…。

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』の作品情報

【製作】
2018年(中国・フランス合作映画)

【原題】
Long Day‘s Journey into Night(地球最后的夜晩)

【監督・脚本】
ビー・ガン

【キャスト】
ファン・ジエ、タン・ウェイ、シルヴィア・チャン

【作品概要】
長編初監督作『凱里ブルース』によって映画界で衝撃的なデビュー飾った中国映画・新時代の旗手ビー・ガン監督の長編第2作。

2018年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で初上映後、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭など、世界の名だたる映画祭で絶賛され、「中華圏映画のアカデミー賞」とされる金馬奨でも撮影・音楽・音響の3部門を受賞しています。

中国本土での興行では、近年のアート系映画の成功例と言われたジャ・ジャンクー監督の『帰れない二人』の10億円を遥かに凌ぐ41億円の大ヒットを記録。さらにアメリカでも、2019年公開の中国映画としては異例のロングランヒットを達成。

更に作品後半部に仕掛けられた“映画史上初”ともいえる「上映途中から展開される、3D映像によるワンシークエンスショット」という演出は、ビー・ガン監督独自の詩的で美しい映像表現と深く結びつき、これまでの3D映画とは一味異なる、未知の映像体験が待ち受けています。

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』のあらすじ

(C)2018 Dangmai Films Co., LTD – Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD / ReallyLikeFilms LCC.

父の死を機に、ルオ・ホンウは12年ぶりに故郷・凱里(かいり)へと戻りました。

何年もの間距離を置いてきた故郷で、若くしてマフィアに殺されてしまった幼馴染の“白猫”、幼かった自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちしてしまった母親など、自らの過去を追憶しながら彷徨い続けるルオ。

やがて彼は、長きにわたって彼の心を惑わし続けてきたある女のイメージへと辿り着きます。

自らの名前を、香港の有名女優と同じ「ワン・チーウェン」と名乗った女。

ルオはその女の面影を追い、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出て……。

まとめ

画像:インタビューでのビー・ガン監督

(C)Cinemarche

作品のプロモーションのために来日したビー・ガン監督には取材が殺到し、GQ誌にて坂本龍一氏と対談、キネマ旬報も表紙を含めて大々的に彼の特集を組むなど、日本でも大きな話題を集めました。

また本作を配給しているリアリーライクフィルムズでは、3Dブルーレイディスクを含む特典映像満載のコレクターズポックスの製作の準備にも入っており、近日中にこちらも情報を公開する予定とのこと。

現在全国で順次公開中の、ビー・ガン監督2作『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』は、2020年10月1日よりNetflixで先行独占配信です。







関連記事

新作映画ニュース

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在のパントマイムの神様マルセル・マルソーをジェシー・アイゼンバーグが熱演

命を繋ぐこと―それが真のレジスタンス。 “パントマイムの神様”マルセル・マルソーは、若かりし頃、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていました。 …

新作映画ニュース

【大林宣彦監督の訃報】最新作の映画公開を前に逝去『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦氏が、2020年4月10日に82歳で死去。 肺がんのため東京都世田谷区の自宅で4月10日(金)19時23分に、息を引き取りました。 葬儀 …

新作映画ニュース

映画『片袖の魚』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トランスジェンダーモデル・イシヅカユウが新たな一歩を踏み出す女性を演じた東海林毅最新作

文月悠光(原案)×東海林毅(監督)×イシヅカユウ(主演) いましなやかに泳ぎ出す。 ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、 …

新作映画ニュース

映画『空白』メイキング動画で古田新太の怪演の秘密を探る!見どころは「真相を暴くサスペンスではない」!?

古田新太、ヒステリーで不器用な男を怪演。 『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。 公開に先立ち、撮影現場 …

新作映画ニュース

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』初日舞台挨拶。池袋シネマロサに小島彩乃/サトウヒロキらキャストが登壇!

映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』は2021年7月31日(土)より、池袋シネマ・ロサほかにて全国順次公開! 『光関係』(2016)で瀬々敬久・真利子哲也らにその才能を高く評価され、国内各地の映画 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学