Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『バグダッド・スキャンダル』キャストのベン・キングズレーが見せた演技力!国連職員に激怒する本編映像

  • Writer :
  • かりごめあき


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

実話に基づくベストセラー小説を映画化!

200億ドル(約2兆2000億円)が消えた史上最悪の汚職事件を描いたポリティカル・サスペンス。

映画『バグダッド・スキャンダル』は11月3日(土)シネマカリテほか全国順次公開です。

汚職事件の鍵を握る役どころを演じたオスカー俳優ベン・キングズレーが激怒する圧巻の本編映像をお届けします。

スポンサーリンク

映画『バグダッド・スキャンダル』とは


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、元国連職員のマイケル・スーサンが自身の体験を基に書き起こした2008年のベストセラー小説「Backstabbing for Beginners」の映画化作品です。

困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油・食料交換計画」の裏で行われていた国連史上最悪の政治スキャンダルを描いています。

「石油・食料交換計画」とは、国連がイラクの石油を管理し、その販売金でイラク国民に配給するという支援計画。

しかし、総額640億ドル(約7兆1千億)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し2003年に終了しました。

当時の国連事務次長のベノン・セバン自身(本作での役名はコスタ・パサリス、通称:パシャ)の関与が疑われましたが、国連は調査協力を拒否したため現在も全貌が明らかになっていません

イギリスの名優ベン・キングズレー


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「石油・食料交換計画」の裏で起きた汚職事件の鍵を握る重要な役を演じるのは、『ガンジー』(1982)で第55回アカデミー賞主演男優賞受賞したベン・キングズレー

その後も『シンドラーのリスト』(1993)『砂と霧の家』(2003)などの数々の名作に出演しています。

最近は、オスカー・アイザックと共に主演の実録スリラー『Operation Finale(原題)』(2018)も本国でヒットし、主演映画『セクシー・ビースト』(2000)が、米PramountTVで前日譚シリーズとして甦ることでも話題です。

待機作には、スペインの画家サルバドール・ダリの伝記映画『Dali Land(原題)』に主演のダリ役での出演も決まっています。

本作では、部下マイケル(テオ・ジェームズ)を見守るよき上司の一面もありながら、事件の真相を知る疑惑の人物という難しい役どころを存在感たっぷりに演じています。

また、キプロス出身の役柄に合わせて、アラブ訛りの英語で演じ切りました。

スポンサーリンク

ベン・キングズレーが激怒!圧巻の本編映像

パシャ(ベン・キングズレー)を中心に国連のバグダッド支部で職員や関係者たちと「石油・食料交換計画」についての会議が行われている場面。

パシャが「皆さん」と呼びかけるも、皆好き勝手に発言し、誰も聞く耳を持ちません。

その状況に呆れているマイケル(テオ・ジェームズ)。

我慢の限界に達したパシャは、おもむろに自分の靴を手に持ち、机を強く叩き「うるさい!」と激怒

「サダムの操り人形か!計画を継続できなければイラク国民がどうなるか…いい加減、目を覚ませ!安保理決議に反対する立場にいない。それが嫌なら資格を返上して国に帰れ!」と一喝して席を後にします。

近年、『スポットライト 世紀の大スクープ』(2015)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)など、社会派ドラマが話題を呼んでいるなか、本作も実話を基に国連の存在意義を問う重厚な作品となっています。

映画『バグダッド・スキャンダル』の作品情報


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(デンマーク、カナダ、アメリカ合作映画)

【原作】
マイケル・スーサン『Backstabbing for Beginners』

【原題】
Backstabbing for Beginners

【監督】
ペール・フライ

【脚本】
ペール・フライ、ダニエル・パイン

【キャスト】
テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、ベルシム・ビルギン

【作品概要】
国連史上最悪のスキャンダルとなった「石油・食料交換プログラム」国連職員として働いた経験のあるマイケル・スーサンが、自身の体験を基に書いた2008年の小説『Backstabbing for Beginners』を映画化。

監督は、『ストックホルムでワルツを』(2013)でスウェーデン映画界最高の栄誉である第49回ゴールデン・ビートル賞で監督賞を受賞し、劇場でもヒットを記録したペール・フライ。

「ダイバージェント」シリーズ(2014-16)や『アンダーワールド』(2003-17)で知られる英国の若手スター、テオ・ジェームズが主演を務めた。

スポンサーリンク

映画『バグダッド・スキャンダル』のあらすじ


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになりました。

「石油・食料交換プログラム」とは、イラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響を受け貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画であり、国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトです。

一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトですが、実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明します。

やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していき…。


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス映画『バグダッド・スキャンダル』。

元国連職員が自らの体験を基に執筆したベストセラー小説を映画化した本作。

200億ドル(約2兆2000億円)が消えた汚職事件の疑惑の人物、国連事務次長パシャ役を演じたのはイギリスの名優ベン・キングズレー

公開された本編映像では、「石油・食料交換計画」の会議に参加する国連職員らを「うるさい!」と一喝する様子が収められています。

続く予告編では、部下のマイケル(テオ・ジェームズ)から手渡された賄賂を疑う書類をシュレッダーにかける姿も。

外交官だった父の跡を継ぐため国連に入り、熱い想いで人道支援に取り組む若き青年マイケルが目にした汚職の実態とは…。

映画『バグダッド・スキャンダル』は、11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開です。


©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

新作映画ニュース

豊川悦司×エメリッヒ映画『ミッドウェイ』あらすじとキャスト。日本公開は2020年秋でイベントレポートも!

巨匠ローランド・エメリッヒ×日米豪華キャスト競演! 巨匠ローランド・エメリッヒが構想20年・製作費120億をかけて、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描いたスペクタクル超大作『MIDWA …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ちの父親役はイ・ソンギュン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』あらすじとキャスト。モノクロ映像で描き出した美しいラブストーリー

ポーランドの映画監督パヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作『COLD WAR あの歌、2つの心』は6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。 ポー …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥の可愛い小顔のネコ耳姿!『あの頃、君を追いかけた』の画像解禁

誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。 多感な10代を送った全ての人にささげる、可笑しくて切ない恋の記憶の物語。 『あの頃、君を追いかけ …

新作映画ニュース

母僕公開記念!感動のコミックエッセイ実写映画特集『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ほか3選

歌川たいじのコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を、注目の若手俳優太賀が主演を務め、吉田羊と共演で実写映画化。 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP