Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映!

デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユーロスペースにて上映となります。


『アメリカン・ドリーマー』(C)Palaris Communications.inc

また、デニス・ホッパー監督第2作『ラストムービー』の編集中のデニス・ホッパーをとらえたドキュメンタリー『アメリカン・ドリーマー』も日本初公開として同時上映

つきまして、両作品のメインビジュアル、そして『アメリカン・ドリーマー』の予告編が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『イージー★ライダー』について


(C)Sony Pictures Entertainment (Japan) inc.

ステッペンウルフの『ワイルドで行こう!』が派手に鳴り響き、自由と平和を求めてハーレー・ダヴィッドソンでアメリカ横断の旅に出た若者たちが、アメリカ南部で偏見・恐怖・憎しみに直面する…。

カンヌ映画祭新人監督賞獲得米アカデミー賞で助演男優賞(ジャック・ニコルソン)と脚本賞にノミネートされた、デニス・ホッパー監督・脚本・主演、ピーター・フォンダ製作・脚本・主演による低予算映画『イージー★ライダー』。

アメリカのみならず世界的に大ヒットを記録して製作費の200倍の収益をあげ、カウンターカルチャーの代表にしてアメリカン・ニューシネマの象徴となりました。

また、ステッペンウルフ、ザ・バーズ 、ザ・バンド、ジミ・ヘンドリックスなど既成のロック音楽をサントラに採用したことも革命的

1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されました。

日本初公開は1970年1月。公開50周年を記念する特別上映としてお披露目されたメインビジュアルは、ピーター・フォンダ演じるワイアット、デニス・ホッパー演じるビリーがハーレー・ダビッドソンにまたがり走る姿が採用されています。

映画『イージー★ライダー』の作品情報


(C)Sony Pictures Entertainment (Japan) inc.

【製作】
1969年(アメリカ映画)

【監督】
デニス・ホッパー

【脚本】
デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、テリー・サザーン

【キャスト】
ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン

映画『イージー★ライダー』のあらすじ


(C)Sony Pictures Entertainment (Japan) inc.

1960年代、アメリカ。

ドラッグ密輸で大金を手にしたワイアットとビリーは、ハーレーダビッドソンにまたがって旅に出ます。

ロサンゼルスから謝肉祭の行われるニューオーリンズを目指す2人は、農家で食事をご馳走になったり、ヒッピーのコミューンに滞在したりと気ままな旅を続けますが…。

スポンサーリンク

映画『アメリカン・ドリーマー』について


(C)Palaris Communications.inc

『イージー★ライダー』と同時に公開となる『アメリカン・ドリーマー』は、『イージー★ライダー』の成功後に、デニス・ホッパーが取り組んだ大問題作にして過激な芸術映画『ラストムービー』編集中のホッパーの姿を捉えたドキュメンタリー

ペルーの山村で撮影したフィルムをニューメキシコ州のD・H・ロレンスの元別荘に持ち込んだホッパーは、1年以上かけて編集作業に没頭していました。

そこへドキュメンタリー映画を撮りたいと現れたのが、監督のローレンス・シラーとL.M.キット・カーソンでした。

シラーとカーソンを迎えたデニス・ホッパーは、「ドキュメンタリー映画を作ることを拒否」、代わりに「『ラストムービー』を作っているデニス・ホッパーを、デニス・ホッパー自身が演じる映画」を提案します。

こんな破天荒な映画ドキュメンタリーがかつてあったでしょうか。

映画『アメリカン・ドリーマー』の予告編


解禁された予告編には、デニス・ホッパーがカメラの前で語っている姿、ホッパーを取り囲む女性たち、そして射撃の練習をしている姿などがホッパー自身のナレーションと共に捉えられています。

またメインビジュアルは、髭を蓄えたホッパーが、マシンガンを片手に歩いている姿を採用していますが、このメインビジュアルは、海外のみで販売されていたサウンドトラックのジャケットに使用されたもの。

ビーチボーイズからルー・ロウルズまでを手掛けたニック・ベネットがプロデューサーとして制作されたこのサウンドトラックは、ジーン・クラークやジョン・バック・ウィルキン、ジョン・マニングなどが参加。

ファンの間では、高価取引されていた幻のサウンドトラックでしたが、この度、初CD化され劇場での販売も決定しています。

スポンサーリンク

映画『アメリカン・ドリーマー』の作品情報


(C)Palaris Communications.inc

【製作】
1971年(アメリカ映画)

【監督】
ローレンス・シラー、L.M.キット・カーソン

【キャスト】
デニス・ホッパー、ローレンス・シラー、L.M.キット・カーソン

映画『アメリカン・ドリーマー』のあらすじ

(C)Palaris Communications.inc

チャールズ・マンソンのような長髪&髭スタイルのデニス・ホッパーが、砂漠で哲学を語り、編集作業に悩み議論し、カメラの前でマリファナたばこを巻き、ライフルや拳銃を撃ちまくり、バスタブで3Pを繰り広げ、住宅街を全裸で闊歩します。

そこに描かれているのは、果たして本当のデニス・ホッパーなのか、演じられている虚飾のデニス・ホッパーなのか…。

まとめ


『アメリカン・ドリーマー』(C)Palaris Communications.inc

日本公開50周年を記念してますます加速する『イージー★ライダー』が劇場に帰ってきます。

デニス・ホッパーを巡る過激なドキュメンタリー映画『アメリカン・ドリーマー』も同時公開され、サウンドトラックも販売決定。

『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』は2020年2月1日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開です。


関連記事

新作映画ニュース

【のむコレ2019】映画『ビッグ・ショット』あらすじとキャスト。公開日は11月19日!

一人の刑事が巨悪を倒せるのか!? 手に汗握る予告映像とポスタービジュアルが到着。 悪事の限りを尽くす権力者に正義の鉄拳を喰らわせろ! この度、中国映画『ビッグ・ショット』の公開が、シネマート新宿・シネ …

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

新作映画ニュース

映画『あのこは貴族』原作文庫ネタバレあらすじと感想。結末ラストとキャスト配役も山内マリコの小説から解説

映画『あのこは貴族』は2021年2月26日より公開。 同じ都会に暮らしながら全く異なる生き方をする2人の女性が自分の人生を切り開こうとする姿を描いた山内マリコの著書『あのこは貴族』。 本著を原作とした …

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

新作映画ニュース

映画『jam』キャストの劇団EXILE。青柳翔×町田啓太×鈴木伸之らメンバーの舞台挨拶リポート

SABU監督、劇団EXILE全員登壇!EXILE HIROよりサプライズもありました! 2018年12月1日(土)初日を迎えた映画『jam』の舞台挨拶が、新宿バルト9で行われました。 スポンサーリンク …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学