Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/24
Update

ミッション:インポッシブル/フォールアウト|最新作のあらすじと4DX体験映像公開

  • Writer :
  • かりごめあき

トム・クルーズ主演、シリーズ第6弾となる映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』が2018年8月3日(金)に公開

待望の4DX上映が決定し、モーションチェアの究極な最大レベル“4DXエクストリーム版”の体験映像が公開されました。

シリーズ最大&最難関のミッションに挑む、トム・クルーズのリアルアクションをダイレクトに体験するなら4DX上映がオススメです!!

スポンサーリンク

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』4DX予告編体験映像公開

スパイ組織IMFチームと、最強のスパイ、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が、不可能なミッションに挑む大人気アクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の4DX上映が決定し、その体験映像が公開されました。

本作の4DX上映では、『マッドマックス 怒りのデスロード』や『ワイルド・スピード ICE BREAK』で採用され話題となった、モーションチェアの究極な最大レベル、“4DXエクストリーム”版が再び4DXシアターに登場。

前後・左右・上下に動く4DXモーションチェアの動作レベル1~9の中で最も高いレベル9に設定され、ライディングアクションに特化したバージョンです。


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズが、骨折して話題となった、「陸上選手さながらのビルジャンプ」、「ヘリコプターにしがみつき、落下までするアクション」、「2000時間の飛行訓練を経たヘリコプター操縦」、そして「成層圏寸前!高度7620mからのヘイロージャンプ」と、見る者の度肝を抜く「全て、本物」の超絶スタントを最もダイレクトに実感できる4DX版上映で、レベルMAXのモーションチェアなら異次元の興奮と楽しさとスリル、迫力と爽快感を最大限体感できます!!

体験映像を観ることで、本作の落下アクションやカーアクション、バイクアクションなど、限りない迫力超絶クライマックスシーンを、エアー効果や激しく揺れるモーションチェア効果が加わり、もっとも激しく楽しめる“4DXエクストリーム版”で鑑賞している観客のリアクションが確認でき、本作を楽しむ自分の姿も想像できますね!

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

SNS上では、「ミッションインポッシブルは是非4DX上映を検討してほしい~~絶対楽しいよ~~」、「ミッションインポッシブルを4DXで見たら最高やろな」など、4DX上映を待ちわびる声が続々!

海外の映画批評家たちからは「『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』以来最高のアクション映画」、「今年の夏の最高のアクション映画」、と絶賛ツイートが多数投稿されています。


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の作品情報


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Mission: Impossible – Fallout

【監督】
クリストファー・マッカリー

【キャスト】
トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レヴェッカ・ファガーソン、ショーン・ハリス、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、アンジェラ・バセット、ショーン・ブルック、ウェス・ベントリー

【作品概要】
映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』は、トム・クルーズの代表作として知られている『ミッション:インポッシブル』のシリーズ6作目となる作品で、トム演じるイーサン・ハントとスパイ組織IMFに所属するチームが、過酷なミッションに挑むスパイアクション映画です。

トム・クルーズが身体を張った華麗かつ度肝を抜くアクションや爆破シーンなど、CGを使わないド派手な演出はシリーズの魅力であり最大の見どころ。本作の制作陣には、シリーズ3作目『M:i:III 』が出世作となったJ.J.エイブラムスも名を連ねています。

スポンサーリンク

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじ


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていました。

ところが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまいます。

イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受けました。

この事件の裏側には、シンジケートの生き残り勢力が結成したアポストル(神の使徒)が関連していて、手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前と彼が接触する“ホワイト・ウィドウ”と呼ばれる謎めいた女の存在のみです。

しかし今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを監視役に同行させることを条件とします。


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸しますが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”と対立してしまいます。

一方、同行するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、二人はやがて対決の時を迎えます。

やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかり…。

まとめ


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の大人気アクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の4DX上映が決定し、その体験映像が公開されました。

本作の4DX上映は、モーションチェアの究極な最大レベル“4DXエクストリーム版”が採用され、本作の限りない迫力超絶クライマックスシーンを、もっとも激しく楽しめる4DX演出となっています。

この夏、史上最大のミッションにふさわしい4DX演出を、ぜひ体験してみてください。

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』は2018年8月3日(金)に公開です。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX上映劇場


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

ユナイテッド・シネマ(18劇場)
シネマサンシャイン(6劇場)
USシネマ(5劇場)
フォーラム那須塩原 
109シネマズ (8劇場)
コロナシネマワールド (9劇場)
イオンシネマ (7劇場)
アースシネマズ姫路 

*上記に記載した情報は7月24日現在のものです。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

『メビウスの悪女』『ワーニング』あらすじ/キャスト/予告編動画。夏のホラー秘宝まつり2020も日本や韓国の話題作そろい踏み!

「観客参加型のホラー映画祭」が2020年も開催。 夏の風物詩となりつつある「ホラー秘宝まつり」。 2020年も東京、名古屋、大阪の3都市で『夏のホラー秘宝まつり2020』同時開催されます。 このたび、 …

新作映画ニュース

映画『芳華(ほうか)Youth』あらすじとキャスト。監督フォン・シャオガンのヒット作が日本公開日決定!

中国では公開1ヶ月で約230億円突破の大ヒット! 映画『芳華(ほうか)-Youth-』が2019年4月12日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINE …

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

新作映画ニュース

映画『ヌンチャクソウル』あらすじとキャスト。11月9日より池袋シネマ・ロサにて限定公開

ソウルミュージックとヌンチャクがコラボレーション!? 異色のダンスエンターテイメント。 2019年の大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映され、好評を博した映画『ヌンチャクソウル』。 80 …

新作映画ニュース

劇場版『本気のしるし』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌ映画祭2020に選出されたドラマが上映決定!

メ~テレほかで放送されて大反響を呼んだドラマが再編集され劇場公開。 この度、『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ『本気のしるし』(星里もちる/小学館、英題: …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学