Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/29
Update

映画『仮面病棟』の監督は木村ひさし【作品評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開!

『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国公開されます。

ピエロの仮面を被った凶悪犯に占拠された病院。鉄格子で閉ざされた空間からの脱出を試みる医師・速水と、女子大生・瞳の決死の脱出劇が描かれます。

この記事では、監督を務める木村ひさしについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』の作品情報


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
知念実希人

【監督】
木村ひさし

【キャスト】

坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、朝倉あき、丸山智己、笠松将、永井大、佐野岳、藤本泉、小野武彦、鈴木浩介、大谷亮平、高嶋政伸

【作品概要】
現役の医師でもある人気ミステリー作家・知念実希人の累計発行部数100万部を突破した「病棟シリーズ」から、『仮面病棟』が、坂口健太郎を主演に映画化。

監督は、昨年公開したばかりの『屍人荘の殺人』をはじめ、ドラマ「99.9刑事専門弁護士」などスピード感あふれる演出を得意とする木村ひさし。

ピエロの仮面を被る凶悪犯に占拠された病院を舞台に、当直医・速水(坂口健太郎)と、怪我を負った女子大生・瞳(永野芽郁)が、危険な密室と化した病院からの脱出劇を繰り広げます。

ピエロの正体、犯行の真の目的とは。そして、病院に隠された秘密とは。

究極のノンストップ脱出医療ミステリーです。

映画『仮面病棟』のあらすじ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

先輩医師から頼まれて一夜限りの当直をすることになった速水秀悟。婚約者を事故で亡くした過去を持ちます。

その夜、ピエロの仮面をつけた凶悪犯が、鉄格子で閉ざされた病院を占拠し、身元不明の入院患者64人と職員たちと共に速水は閉じ込められてしまいます。

犯人に銃で撃たれて傷を負った女子大生・瞳を治療する速水。

瞳と共に脱出を試みるものの、かたくなに通報を拒む院長や、院長とともに何かを隠している様子の看護師、さらには身元不明の入院患者や隠された最新鋭の手術室など、次々と不可解な事態に直面し…。

スポンサーリンク

映画『仮面病棟』監督は木村ひさし

参考映像:『屍人荘の殺人』(2019)

映画『仮面病棟』で監督を務める木村ひさしは1967年生まれの演出家、映画監督。東京都出身。

日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、演出家・堤幸彦の作品に助監督などで参加。演出にも関わっています。

作品エンドロールなどでは、姓と名の間にスマイリーフェイスマークを入れて表記されることがあります。

『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』で映画初監督を務めました。

大人気ドラマ『TRICK』シリーズでセカンド演出を務め、スピンオフドラマ『警部補 矢部謙三』で初めてチーフ演出を担当。

そのほか映画『任侠学園』『屍人荘の殺人』や、ドラマ『民王』『99.9-刑事専門弁護士-』シリーズなど数々のヒット作を手がけて高く評価され、ドラマ賞も受賞しています。

木村ひさし作品の評価は

参考映像:『任侠学園』(2019)

数多くの話題作に携わってきたヒットメーカー・木村ひさし監督。

『TRICK』シリーズ、『ATARU』『民王』『IQ246~華麗なる事件簿~』など数々の話題作を手がけてきました。

2000年『TRICK』と、2015年『民王』でザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞しています。

松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-』も大ヒット。木村の代表作となりました。

木村作品の特色は、登場人物の個性・クセが強く、ダジャレや小ネタが多く仕込まれた演出にあります。

松ジュンがダジャレやおやじギャグを言うという設定に当初視聴者は困惑していましたが、最後には作品にとって外せない肝となるポイントとなっていきました。

大のプロレスファンで知られ、榮倉奈々演じる立花弁護士が熱狂的なプロレス女子という設定でプロレスネタを数多く盛り込んだり、オカダカズチカなど現役プロレスラーが本人役で出演したことでも話題を呼びました。

仮面ライダーも大好きで、ドラマ『民王』では、『仮面ライダーW』にフィリップ役で出演した菅田将暉に、「検索を始めよう」「さあ、お前の罪を数えろ!」などフィリップの決めゼリフを言わせています。

こだわった細かい演出が光る木村作品。「小ネタのオンパレード」とも呼ばれるほどの個性で常に注目を集め、観る者の心をひきつけてやみません。

本作で本格ミステリという初めてのジャンルに挑戦。坂口健太郎、永野芽郁は一緒に仕事をしたかった俳優で、チャレンジにあたりとても良い環境が整ったと話しています。

自身にとって間違いなく新境地を開く作品になると語る木村ひさしの言葉に、本作への期待がさらに大きく高まります。

スポンサーリンク

木村ひさしの公式SNSの紹介

木村ひさしの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

現役医師でもある知念実希人の人気ミステリー小説『仮面病棟』が、坂口健太郎と永野芽郁の共演で映画化。

こだわりある細かな独特の演出で、観る者を常にやみつきにさせる作品を生み出してきた鬼才・木村ひさし。本格ミステリという新境地で新たな輝きを放つに違いありません。

繋がらない携帯電話、病院の鉄格子、秘密の倉庫、7人のカルテ、2つの手術台、65人の入院患者、撃たれた美少女。

散りばめられたピースがはまり、そしていくつかの仮面が剥がされた時、衝撃の真実が明らかとなります。

究極のノンストップ脱出ミステリー『仮面病棟』は、いよいよ3月6日公開です。





関連記事

新作映画ニュース

渋谷ユーロライブにて映画同時公開決定!いまおかしんじ監督『こえをきかせて』&髙原秀和監督『焦燥』『グラグラ』

2019年4月6日(土)~8日(月)渋谷ユーロライブにて限定公開決定!! いまおかしんじが監督した映画『こえをきかせて』、髙原秀和の監督映画『焦燥』と『グラグラ』が、2019年4月6日(土)~8日(月 …

新作映画ニュース

ワン・シャオシュアイ映画『在りし日の歌』あらすじとキャスト。ベルリン国際映画祭で2冠達成の作品とは

第69回ベルリン国際映画祭にて最優秀男優賞と女優賞を受賞。 第69回ベルリン国際映画祭にて最優秀男優賞と女優賞の2冠に輝いたワン・シャオシュアイ監督最新作『SO LONG, MY SON(英題)』。 …

新作映画ニュース

ザ・スミス映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』予告編と日本版ポスター解禁

“毒舌モリッシー”も最初はただのスティーヴンだった © 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED 2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画 …

新作映画ニュース

映画『愛のまなざしを』あらすじ/キャスト。仲村トオル×杉野希妃×斎藤工の愛の復讐劇が2021年公開!

『接吻』で各賞を受賞した鬼才・万田邦敏監督 待望の新作。 これまでも強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、亡き妻への思いを捨てきれない男とその男に恋をする女の嫉 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学