Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2023/03/01
Update

映画『碁盤斬り』あらすじ/キャスト。主演の草彅剛と白石和彌監督で本格的時代劇の製作決定!コメントも到着

  • Writer :
  • 大塚まき

主演・草彅剛×監督・白石和彌×脚本・加藤正人による映画『碁盤斬り』製作が決定!

ミッドナイトスワン』(2020)『台風家族』(2019)の草彅剛を主演に、時代劇を初めて手掛けることとなった『孤狼の血』(2018)『死刑にいたる病』(2022)の白石和彌監督によるすばらしいタッグが実現

古典落語をベースにした本格時代劇映画『碁盤斬り』(ごばんぎり)の製作が決定し、京都、関西近郊を中心に撮影が始まります。


(C)『碁盤斬り』

本格時代劇映画『碁盤斬り』が、2024年より全国公開となります。

さらにこの度、主演の草彅剛と、白石和彌監督、脚本の加藤正人からコメントが届きましたのでご紹介いたします。

映画『碁盤斬り』について

白石和彌監督といえば、第42回日本アカデミー賞優秀監督賞受賞の『孤狼の血』(2018)、第60回ブルーリボン賞監督賞受賞の『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)など、映画界で高い評価を受けてきました。

そんな白石和彌監督が、自身初の時代劇の主役にと熱望したのは草彅剛

ミッドナイトスワン』(2020)で、第44回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した唯一無二の存在感を放つ草彅剛と奇跡のタッグを組みます。

さらに脚本は加藤正人。『日本沈没』(2006)では草彅剛と、香取慎吾主演の『凪待ち』(2019)では白石和彌監督と、それぞれ再タッグとなります。

本作は、古典落語をベースにオリジナル脚本で描く本格時代劇

草彅剛は、落ちぶれても武士としての誇りを捨てずに生きていく浪人・柳田格之進を演じます。

柳田格之進役・草彅剛のコメント


(C)『碁盤斬り』

未だ嘗て感じた事のない世界観で胸がとても熱くなりました。
古き良き物に宿る色褪せることない魂を演じてみたいです。
白石監督は、慎吾ちゃんと仲良しなので、僕も、仲良くできそうです。
白石監督は僕自身ファンでもあるので、ご一緒できて幸せです。目一杯楽しみます。
また新しい世界を見に、フルスロットルで行きたいと思います!

白石和彌監督のコメント


(C)『碁盤斬り』

私にとって初めての時代劇を草彅剛さんと共に作れることに興奮しています。ずっと時代劇を作りたかった。

その想いがようやく叶います。加藤さんが書いてくれた実直な浪人柳田格之進が選択する未来に、少しだけ今の時代に必要なものが見えた気がしました。

純度の高い映画の血が流れ続ける京都で、魂を静かに震わせながら作品に向き合います。

脚本:加藤正人のコメント


(C)『碁盤斬り』

『碁盤斬り』は、囲碁を巡る人情話として根強い人気のある『柳田格之進』という落語を元にした物語だ。白石和彌監督とは、『凪待ち』(2019)に続いて 2 度目のコンビとなる。この脚本は、監督とプロデューサーと話し合い、3年半にわたって改訂を重ねて練り上げた。

白石監督は『凪待ち』ではギャンブル依存症という難役の香取慎吾さんを見事に演出しきって素晴らしい作品に仕上げてくれた。今回は草彅剛さんに出演してもらえることになった。草彅さんとは『日本沈没』(2006)以来2度目の仕事となる。初めて会ったのは東宝撮影所だった。

草彅さんは、薄暗いセットの片隅で、ひとり熱心に台本を読み込んでいた。役に打ち込むストイックなたたずまいが神々しかった。今日まで、俳優として大きな賞を受賞し、めざましい活躍を続けているのも当然だ。その草彅さんが柳田格之進を演じるということで、期待に胸が膨らんでいる。

この脚本は私の代表作だ。必ずやいい作品になると信じている。

映画『碁盤斬り』の作品情報

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督】
白石和彌

【脚本】
加藤正人

【キャスト】
草彅剛

映画『碁盤斬り』のあらすじ

浪人・柳田格之進は、謂れのない嫌疑をかけられ藩を離れ、亡き妻の忘れ形見の娘とともに貧乏長屋で今日の米にも困る暮らしをしています。

落ちぶれても武士の誇りを捨てておらず、とりわけ嗜む囲碁にもその実直な人柄が表れ、正々堂々と嘘偽りない勝負を心掛けています。

あるきっかけで隠されていた真実が明かされたことにより、娘のために命を賭けた仇討ちを誓います。

疑心と陰謀渦巻く中、愛する者を守り誇り高く生きる武士の尊厳と、親子の情愛を描く軌跡の物語。

まとめ

格之進を演じることになった草彅剛はこの度、「また新しい世界を見に、フルスロットルで行きたいと思います」と意気込みを見せると同時に、「未だ嘗て感じた事のない世界観で胸がとても熱くなりました。古き良き物に宿る色褪せることない魂を演じてみたいです」とこの作品にかける思いを力強く語りました。

白石和彌監督も「私にとって初めての時代劇を草彅剛さんと共に作れることに興奮しています」と草彅の快諾を喜び、本作は本格時代劇であると同時に普遍的な人間ドラマであると語り、「加藤さんが書いてくれた実直な浪人柳田格之進が選択する未来に、少しだけ今の時代に必要なものが見えた気がしました」と話しました。

草彅剛主演で贈る本格時代劇映画『碁盤斬り』は、2024年より全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。 その名を知らない者はいない …

新作映画ニュース

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』公開日は12月20日。ドキュメンタリーでハリウッドの異端児の半生をたどる

映画監督にしてアーティスト、デニス・ホッパーの実像に迫るドキュメンタリー 映画監督、写真家、そしてアートコレクターと、多彩な顔を持っていた俳優デニス・ホッパー(1936~2010)。 ALONG FO …

新作映画ニュース

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』劇場情報。特報とティザービジュアル解禁

『お嬢さん』のキム・テリと『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルの共演で贈るヒューマンドラマ。 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の2019年初夏日本公開が決定しました。 五十嵐大介 …

新作映画ニュース

アニメ映画『音楽』あらすじと声優キャスト。竹中直人らが不良を演じた特報映像も解禁!

映像化不可能と言われた漫画を自主制作で長編アニメーション化! 2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しているアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。 ©大橋裕之・ …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学