Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。香取慎吾が髭をたくわえて臨む“新しい境地”

  • Writer :
  • 星野しげみ

白石和彌監督が描き香取慎吾が演じる、あるギャンブラーの転落と再生のドラマ

映画『凪待ち』は『孤狼の血』の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描いたヒューマンサスペンス映画。

ギャンブルをやめられない男が再生をかけて恋人とともに彼女の故郷石巻へ。そこで待っているのは天国か地獄か……。落ちぶれかけた人生を歩む男の喪失と再生ドラマが展開します。

脚本は『クライマーズ・ハイ』の加藤正人。主役の香取慎吾に加え、『万引き家族』のリリー・フランキーや『ナビィの恋』の西田尚美ら豪華キャストが勢揃いしています。

スポンサーリンク

映画『凪待ち』の作品情報

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本】
加藤正人

【監督】
白石和彌

【キャスト】
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、三浦誠己、寺十吾、佐久本宝

【作品概要】

映画『凶悪』(2013)『日本で一番悪い奴ら』(2016)『孤狼の血』(2018)の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。『クライマーズ・ハイ』(2008)の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描きます。

『くちびるに歌を』(2014)の恒松祐里が美波、『ナビィの恋』(1999)の西田尚美が亜弓、『万引き家族』(2018)のリリー・フランキーが小野寺を演じています。

映画『凪待ち』のあらすじ

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

川崎競輪場へ向かって一台の自転車が走っています。乗っているのは、木野元郁男。失業中の身ながらも、競輪場へ出掛けて、有り金をかけるギャンブラーです。

同僚の渡辺と同等の割合で負け越し、お互いに金銭面で苦労していました。今日も負けた渡辺に郁男は、「就職が決まったから、石巻へ行く」と告げました。

郁男は競輪にお金をつぎ込むような生活から逃れようと、一緒に暮らしていた恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことにしたのです。

美波は高校生ですが、石巻から転校していじめにあって不登校となり、学校へ行っていません。石巻に帰ったら、地元の夜間高校に通うことになっています。

亜弓の実家には、末期がんに冒された亜弓の父・勝美がいました。亜弓の母は東日本大震災の津波で亡くなり、漁に出ていた勝美は母を見殺しにしたと悔み、以来偏屈になっています。

そんなところへ亜弓の彼氏として一緒に来た郁男は、肩身の狭い思いをしますが、近所に住む面倒見の良い小野寺にいろいろ助けられました。仕事にも就き、新生活が始まりました。

美波も夜間高校へ通い出し、そこで小学校で一緒だった男子と再会して仲良くなりました。

ある日美波と亜弓と郁男と3人で食事をしていると、以前小野寺と飲みに行った時に声を掛けて来た村上という男に出会いました。

「ひどい女だな。もう養育費は払わないからな」と亜弓に向かって言う村上。彼こそ亜弓の別れた元夫で美波の父親だったのです。

村上はもう再婚していて身重の妻がいる身でしたが、籍をいれていない郁男はただあ然とするしかありませんでした。

だんだんと日が経つにつれ、印刷所のスタッフとも打ち解け始めた郁男は、その仲間から誘われて、賭け競輪をする店へ行きました。

もうギャンブルはやらないと亜弓にも約束したのに、意志が弱いのか、根っからの競輪好きなのか、郁男は、だんだんと元のように賭け競輪にはまっていきました。

そんなある日、美波は友人と遊びに行くと出かけて行き、夜になっても帰って来ません。携帯電話にも出ないし、連絡もないので、心配した亜弓は郁男と車で探しに行きますが、途中で口論になります。

「もう少し自由にさせてやったら」という郁男に、亜弓は「美波が犯罪にでも巻き込まれたらどうするの。本当の子じゃないからそんなに呑気にしていられるのよ」と反論。

「じゃ、自分で探せよ。車から降りろよ」。珍しく声高々に怒鳴る郁男に驚き、亜弓は車から降りて一人で来た道を戻り始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『凪待ち』ネタバレ・結末の記載がございます。『凪待ち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

亜弓と別れた郁男はあちこち探し回り、やっとボウリング場の隅っこにいる美波を見つけました。

「お母さんが心配しているから電話しろ」と美波に電話をさせましたが、その電話に出たのは亜弓ではなく、警察でした。亜弓は草原で何者かに殺されていたのです。

亜弓のお葬式がすみ、すっかり気落ちした勝美と美波と郁男。

美波は自分が遊び歩いていて連絡しなかったから、亜弓があんなことになったとふさぎ込み、郁男は喧嘩して途中で車から降ろしたことをとても後悔していました。

美波にそのことを言うと、美波はとても傷つき「今まで黙っていて、苦しむ私を見ていたの?」と怒り出します。

「そんなつもりはない」と弁解する郁男ですが、所詮はなさぬ仲で、上手く話ができません。勝美も全く話そうとはしません。

傷心の郁男が出勤して仕事をしていると、警察が事件のことを聞きにきました。車中で喧嘩をしたことから、亜弓殺しの犯人と疑われたのです。

悪い噂はあっという間に広がり、ギャンブルにはまっていることまでも大袈裟な噂になっていて、郁男は噂の主と思われる仕事仲間と職場で大喧嘩をします。

喧嘩がもとで職場をクビになり、機械の修理代を請求され、返すあてのない郁男の肩代わりをしたのは小野寺でした。

なんとか小野寺にお金を返そうとして郁男はますますギャンブルにのめり込んでいきました。

とうとう賭け競輪の店からツケでお金を借りるようになり、その金額は200万を超えてしまいます。

一方、美波は家を出て実父と住むと言い出します。美波を止めることができず落ち込み郁男を、勝美は誘って舟で海へ出ました。

震災の津波で妻を亡くしても、この舟で漁ができればいいと言う勝美でしたが、こっそりと舟を売ってお金をつくり、郁男に渡しました。

「この金で身をきれいにしろ」。泣きたい思いで賭け競輪の店に借金を返しに来た郁男。

借金を返してまだお釣りがあると知ったとき、一世一代の大勝負をかけることにします。

負ければすべてがパー。勝てば借金に払った全額を戻してもらえるのです。そしてレース開始。郁男がかけた競輪選手がゴールテープを斬ります。

優勝。「やったー、賭けに勝った」と、大喜びの郁男の後ろでは、店員たち、すなわりヤクザが渋い顔をしています。

ところが、その一位選手が他の選手の進路妨害をしたのではないかと、物言いがつき、審議になります。「えー」という思いで沈む郁男。反対にニヤニヤする店員のヤクザたち。そしてアナウンス。

「審議の結果、1位の選手は妨害にはならず、優勝が確定しました」。大喜びの郁男。再びがっかりするヤクザたち。

必死の思いの賭け勝負は勝ちでしたが、店のオーナーはお金を払ってくれません。それどころか、暴力を振るわれ、ボロボロに痛めつけられました。

郁男はやり場のない怒りを抱え、祭りの雑踏の中を歩き、不良にけんかを吹っかけては叩きのめされたところを、小野寺が助けました。

小野寺の紹介で小野寺がいる製氷工場で働くことになった郁男。

市場に製氷を運ぶと元気そうに市場でアルバイトをしている美波と出会ったところへ、美波の実父村上の後妻が産気づき、郁男は出産準備に奔走することになりました。

そんなある日、製氷工場に刑事たちがやって来て、小野寺を逮捕しました。

亜弓の殺害現場近くの防犯カメラに小野寺が写っていて、死体に残されたDNAも小野寺のものと一致したのです。

亜弓殺しの犯人がわかり、愕然とする勝美と郁男、それに美波。一夜があけ、3人で亜弓の殺害現場に花を添えました。

「俺のせいだ。俺のせいで美波を独りぼっちにさせてしまった」という郁男に対して「私はやっぱり父親と暮らす。郁男の重荷になりたくない」という美波。

「亜弓のことを思ったら、やっぱり美波と一緒にいてくれ。せめて俺が死ぬまで」と勝美は郁男に言いました。

悩みぬきやっぱり家を出ようと郁男が準備をしているところへ、川崎で同僚だった渡辺から電話が入ります。

調子はどう? みたいな話をして電話を切った郁男ですが、その後身支度して出かけた駅の待合室に置かれたテレビで、渡辺がリストラにあって回顧された逆恨みで職場に殴り込みをかけて逮捕されたニュースを見ます。

どうにもならない怒りがこみ上げ、郁男はそのまま引き返すと、賭け競輪の店へ行き「金を返せ」と大暴れします。しかし多勢に無勢。取り押さえられて、組事務所に攫われてしまいました。

事情を知った勝美は病気の身体一つで店へ出向きました。実は店の社長のヤクザの親分と勝美は懇意の中。昔、大取締役の命を救ったことがあったのです。

「なぜこんな奴を助けるんだ?」ヤクザの親分の問いかけに、勝美は言います。「郁男は大事な俺のせがれだ」。

勝美の顔をたてて、監禁されていた郁男は開放されましたが、ドアの前で郁男は再びヤクザにしがみつき、「ちゃんと金返せ。あれは勝美さんが大切な舟を売って作った金なんだ」と叫びました。

勝美に促され、事務所の外に出た郁男に駆け寄ったのは、やはり郁男のことが気になって実家に戻っていた美波でした。

「なんで約束したのに、勝手に出ていっちゃうの」と郁男にしがみつき、「一緒に居よう」と言います。

満身創痍の郁男は傷の痛みよりも優しい心遣いに、子どものようにワンワン泣き出していました。

翌朝、ヤクザたちが郁男のお金を持ってきました。賭けに勝ったお金を返してくれたのです。

その夜勝美が取り出したのは、亜弓が用意していた結婚届です。亜弓の署名入りでした。郁男もサインをし、ヤクザが返してくれたお金で勝美の舟を買い戻したことを告げました。

次の日、勝美と美波と郁男の3人は舟で海に出ました。海に亜弓と郁男の結婚届を流し、それぞれの心の中で新しい生活を誓いました。

スポンサーリンク

映画『凪待ち』の感想と評価

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

映画『凪待ち』は、『日本で一番悪い奴ら』や『孤狼の血』などの作品を手掛けた白石監督が、主役に香取慎吾を迎えて臨んだオリジナル作品です。

主人公の木野元郁男は、優しいだけが取り柄のギャンブラー。手元にお金があれば競輪につぎ込んでしまうような奴です。

当然、お金持ちになれるわけでなく、恋人と同居して彼女の稼ぎで食べているような毎日です。

心機一転をはかって彼女の生まれ故郷へ行っても、そこで起きた不運な殺人事件で彼女を喪い、自分も犯人扱いされ……という、最悪の疫病神人生を歩む郁男。

そんな郁男を演じる香取慎吾。髭をはやしたワイルドな風貌はまるで別人のようです。

“慎吾ママ”のキャラなどで明るいイメージの香取が、全てを拒絶するような暗い目と凍り付いたような表情で、人生に諦めきった郁男になりきっていました。このギャップは必見です。

絶望の淵に立ち心を許した人達の前から消えようとしていた郁男が、ニュースで知った川崎の元同僚が起こした殴り込み事件。

この事件が引き金となって、それまでの無表情から突然目が覚めたかのような張り詰めた顔にと変貌。

「俺もやってやろう」とそんな決意がこもった香取の演技が、映画『凪待ち』全体の重苦しい雰囲気を一層深みのあるものへと変えています。

郁男はまた事件をおこしてしまうのではないか。下手をすれば命までも落としてしまうのでは……。一瞬の表情の変化から、不安や心配をあおられました。

そしてその後に待っていた郁男の号泣するシーンでも、感情を爆発させたかのようなダイナミックな泣き方に、役者としてひと回りもふた回りも成長した香取の姿が見られます。

また『凪待ち』では、ギャンブルの面白味もさらりと演出されていました。郁男が全財産をかけてのぞむ一世一代の大勝負。

勝つか負けるかの審判判定は、傍観者までもが手に汗握るハラハラドキドキシーンで、白石監督の遊び心に思わず笑みもこぼれますが、やはりギャンブルは良くありません。

憎むべきは、慎ましやかな生活を破壊するギャンブルという病気。賭けで大負けしても反省するどころか、取り戻そうとしてかえって借金を繰り返し、ますます深みにはまる蟻地獄のような業病です。

現代社会の闇を取り扱う白石監督がこの病気に目を付けたのも、流石としか言いようがありません。『凪待ち』では、ギャンブラーの成れの果てのみじめさが良く表されていました。

まとめ

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

映画『凪待ち』の見どころは香取慎吾のキャスティングでしょうが、物語の舞台を石巻市としたのにも意味がありました。

亜弓と美波が川崎へ出てきたのも、美波が川崎で不登校になったのも、亜弓の父・勝美が今なお一人で海に出ているのも、理由を突き止めれば、東日本大震災にあたります。

中でも、東日本大震災の津波で妻を失った漁師・亜弓の父である勝美の存在が光りました。勝美は震災の痛手を今でも引きずり自身も余命少ない病気と闘いながら、残り少ない人生を「息子」と認めた郁男と一緒に過ごしたいと言います。

それは、暗いサスペンスストーリーに宿ったひと筋の希望。何回も再生を誓いながらそのたびに決意を崩されて同じ過ちを繰り返す郁男は「挫折人生」そのものでしょう。

挫折を繰り返しても今度こそ立ち直ろうとする姿は、再生への力強いエールともとれます。

東日本大震災の被災地である石巻を舞台にしたのも、意識して震災からの復興と郁男の人生を重ね合わせるような意図があったのかもしれません。

香取慎吾が体当たりで演じた郁男は、震災を生き抜き今なお闘っている人の象徴であり、香取自身の新境地を開いたキャスティング、とも思えます。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『あゝ、荒野 』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

寺山ワールドという独特の世界観で演劇、映画、文学などマルチな才能を発揮して、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 寺山が1966年に唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』。歌人である彼が書いた小説は言葉の全 …

ヒューマンドラマ映画

ロシア映画『ラブレス』あらすじとキャスト。公開日と上映館も

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の『ラブレス』は、4月7日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。 カンヌ国際 …

ヒューマンドラマ映画

映画『いちごの唄』ネタバレ感想とあらすじ。銀杏BOYZの歌詞のように愛にあふれた温かな世界観

恋に落ちてメタモルフォーゼ。 だいじょばないけど、だいじょうぶだよ。 『雪の華』「ひよっこ」の人気脚本家・岡田惠和と、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した小説『いちごの唄』が映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『夜明け』あらすじと広瀬奈々子監督のプロフィール。上映館情報の紹介も

映画『夜明け』は、1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 『万引き家族』の是枝裕和、『ゆれる』の西川美和らが立ち上げた制作者集団”分福”に所属する広瀬奈々子の監督デビュー作です。 是 …

ヒューマンドラマ映画

イッセー尾形映画『漫画誕生』のあらすじとキャスト。篠原ともえとの共演で見せる魅力とは

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに選出されたイッセー尾形主演『漫画誕生』。 “近代漫画の父”と呼ばれ、いま現在に至る漫画を職業として確立し、歴史から忘れられていった男・北沢樂天。 新進気鋭 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP