Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/06/18
Update

【香取慎吾&白石和彌】『凪待ち』映画ロケ地リポ①。塩釜と石巻で出会った震災の傷痕と縁|凪待つ地をたずね1

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『凪待つ地をたずね』第1回

監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ

それが、2019年6月28日(金)に全国でロードショー公開を迎える映画『凪待ち』です。


©︎Cinemarche

この度、『凪待ち』という映画の背景にあるもの、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものが何なのかを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々への取材を敢行

ロケ地に関する情報や実際に訪れることで感じられたもの、その地に生きる人々の声を連載コラム記事にてお届けします。

連載第1回である本記事では、『凪待ち』はじまりの地と言える塩釜水産物仲卸市場および塩竈市魚市場、石巻市内での撮影時にスタッフ陣が宿泊した「HOTEL HAYASHIYA」をご紹介いたします。

【連載コラム】『凪待つ地をたずね』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

現地リポその1:塩釜水産物仲卸市場&塩竈市魚市場


©︎Cinemarche

『凪待ち』はじまりの地

最初に訪れたのは、映画『凪待ち』のロケスタート地にして、地元関係者の方々に向けての特別試写会も行われた塩釜水産物仲卸市場。

編集部が訪れたのは特別試写会の当日であり、イベントスタッフ陣による会場設営が進められていたため、その日は市場全体がどちらかと言えば「お休み」といった状態。

しかしながら、試写会および映画『凪待ち』を楽しみにしつつも、開始30分前までいつも通りの仕事を続けられていた市場関係者の方々の姿も見ることができました。

「どんなことがあっても、いつもの仕事だけは決して忘れない」。そのような漁港での、市場での仕事に対する思いを感じ取れる、市場での日常風景がそこにありました。

『凪待ち』メイキング画像:郁男役を演じた香取慎吾


©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

また市場内に漂う雰囲気からは、この場所でのロケ撮影を通じて「主人公・郁男の役柄を掴むことができた」という、香取が特別試写会の舞台挨拶にて語った言葉の意味を理解できる「ナニカ」も感じ取れました。

その「何か」が、何なのか。それを言葉によって説明することは非常に難しいです。

「四季と哀しみが滲んだ光」「揺らぐことのない陰影」「匂いは一度流され、されど再びココに」…。

どうあがいても言葉にし難いその「ナニカ」は、やはりそこに訪れ、自らの全身で気づいてもらう以上に良い伝え方が思い浮かびませんでした。

また仲卸市場での取材後はその付近に位置する塩竈市魚市場へと赴き、塩釜、いや、“鹽竈(しおがま)”の海を目にしました。

快晴の青空の下に広がる穏やかな海には、映画『凪待ち』劇中のような、仄暗さが水面に映る海の姿はありませんでした。


©︎Cinemarche

しかしながら、この塩竈市魚市場もまた、2011年3月11日に起きた東日本大震災での津波によって建物が全壊したという過去があります。

大きな被害を被ることはなかった塩釜水産物仲卸市場に比べるとまだまだ真新しい建物の外観は、復興とかつてあった震災の両方を物語っていました。

これほど穏やかで、人々に海の幸という恩恵を与えてくれる海は、人間が作り出したあらゆるものをことごとく破壊した海でもある。

自身の体験と事実の間にある、海というものが持つあまりにも異なる容貌に愕然とする編集部を余所に、西方へと日が進みゆく海は穏やかであり続けました。

香取慎吾が舌鼓を打った海鮮丼


写真提供:(株)塩釜水産振興センター

塩釜水産物仲卸市場の中にある「塩竈市場食堂 只野」では、香取が初めてこの地に訪れた時にご馳走になり、その美味しさに舌鼓を打ったという海鮮丼「塩竈贅沢海鮮丼」を食べることができます。

その具材の豊富さと新鮮さは、漁港の市場だからこそ食べられるものなのだと、その美味しさを体感しました。

お値段は一食2,900円。映画『凪待ち』のロケ地巡りのために塩釜水産物仲卸市場を訪れた際には、食堂の海鮮丼で腹拵えをし、かつての香取と同じように塩釜の海の幸を味わってみてはいかがでしょう。

塩竈市場食堂 只野の詳細情報

【住所】
〒981-0001 宮城県塩竈市新浜町1-20-74

【電話】
022-362-2737

【営業時間】
土・日・祝/6:00〜14:00
月・火・木・金/6:00〜13:00

【定休日】
毎週水曜日

現地リポその2:HOTEL HAYASHIYA(ホテル林屋)


©︎Cinemarche

スタッフ陣が宿泊した理由

塩釜を後にした編集部は、石巻市内での取材のため仙石線で石巻駅へ。そこで宿泊したのが、「HOTEL HAYASHIYA」。

このホテルに宿泊することにしたのは、実は理由があります。

このHOTEL HAYASHIYAは、石巻市内にて映画『凪待ち』のロケ撮影が進められた際、多くのスタッフ陣が宿泊したホテルであり、ホテル付近にある本作のロケ地・小野寺横丁と畑中通りでの撮影の拠点にもなった場所でもあるのです。

ちなみに、この「小野寺」横丁と、本作でリリー・フランキーが演じた人物「小野寺」の間には何か関わりがあるのでしょうか?

もしかしたら、小野寺横丁が人物名の元ネタになっているのかもしれません。


©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

映画『凪待ち』の撮影では、客室の一部がキャスト陣のメイクルームとして利用されていたというHOTEL HAYASHIYA。

スタッフ陣はどのようなホテルで休息を取っていたのか。それを確かめるために、編集部もこのホテルに宿泊することにしました。

チェックインを済ませて借りた部屋に入ってみた瞬間、HOTEL HYASHIYAがどのようなホテルなのかが一目で分かりました。

見事に整えられたベッド。小さなゴミや埃が一つも落ちていない床。綺麗に洗われたタオル類。

「ロケ地に近いから」という理由だけではない。旅の道中で疲れた人々を出迎える場所としての、質と格の高さ。

「連日続く長時間の撮影を乗り切る場所」にこのホテルが選ばれた理由が、客室そのものに残る仕事の徹底ぶりとして表れていました。

陰ながら撮影を支えた“もてなしのプロ”


©︎Cinemarche

チェックイン時にホテルへの宿泊理由を説明したことで、HOTEL HAYASHIYAを創業以来10年もの間繁盛させてきた二人であり、ホテルに宿泊したスタッフ陣への接客を担った女将さんと社長さん御夫妻のお話をお聞きすることができました。

13代に渡って豆腐屋を営んできた家系の生まれである社長さんは、白石和彌監督の気さくさやサッパリとした性格に驚かされ、長年抱いてきた監督のイメージとは全く違う「監督らしくない監督」な白石監督の魅力を知ることができたと語られました。

また、「スタッフ・キャスト陣は映画撮影に集中しているのだから、物珍しさにチラチラと視線を向けてしまうと、その集中を乱してしまうかもしれない」「撮影の邪魔になるようなことだけは絶対にしてはいけない」と、ホテルで働く従業員たちには強く注意を促していたという女将さん。

撮影期間中は、撮影に支障を来さぬよう、映画『凪待ち』のロケ撮影が付近で行われること、ホテルにスタッフ・キャスト陣が出入りしていることを近所の人々には決して話さなかったそうです。

『凪待ち』メイキング画像:自らカメラをかまえる白石和彌監督


©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

しかしながら、さくらんぼやかまぼこなどを撮影現場へと差し入れする、長時間の撮影の中でイライラが溜まっていたスタッフの話し相手になるなど、時にはホテルでの業務以上のことをして撮影現場の人々を労わっていたと言います。

その理由として、女将さんは「この不景気な時代の中で石巻で映画を撮ってくださること、映画によって石巻を活気づけてくださることはとても素晴らしいお仕事」であり、「そのようなお仕事をしてくださっているからこそ、“石巻に住む人間の一人として、自分には何ができるのだろうか”と思い立った」と語られました。

「映画『凪待ち』は、白石組と地元の方々との間に結ばれた無数の“縁”のおかげでできたんでしょうね」という言葉で締めくくった女将さんと社長さんからは、その言葉に納得できうる「もてなしのプロ」としての佇まいがありました。

翌朝に食べた朝食も、薄過ぎず濃過ぎず、胃袋から疲れを解してくれるかのような優しい味。

映画『凪待ち』の取材抜きで、石巻にあるこのホテルに泊まれたこと、ホテルを営む女将さんと社長さん御夫妻との“縁”を結べたことを心から感謝しました。


©︎Cinemarche

HOTEL HAYASHIYA(ホテル林屋)の詳細情報

【住所】
〒986-0824宮城県石巻市立町2丁目4-28

【電話】
0225-22-0401
0225-22-8848

【受付時間】
6:30~22:00
チェックイン:15:00〜/チェックアウト:〜10:00

【部屋数】
28室

【料金】
シングルルーム(禁煙)/¥6,200~
シングルルーム(喫煙)/¥6,250~
DXシングルルーム(喫煙)/¥6,500~
ダブルルーム(禁煙)/¥12,000~
ツインルーム(禁煙)/¥12,200~
※全て朝食付き

【駐車場】
18台収容可能 一泊/¥500円

スポンサーリンク

まとめ


©︎Cinemarche

映画『凪待ち』の塩釜水産物仲卸市場での特別試写会をきっかけに始まった、今回の取材。

仲卸市場では、主演を務めた香取慎吾さんの感性によって深く感じ取った「ナニカ」に微かながら触れ、塩竈市魚市場では無視しようがない震災の痕跡と海の貌を目の当たりにしました。

香取慎吾さんは、特別試写会後の囲み取材で撮影当時を振り返った際、ビニール袋にペットボトル飲料をいっぱい詰めて差し入れをしてくださったある女性のことを感慨深く思い出していました。

「ありがとうございます、お母さん。こんなにたくさんいいんですか?」と香取がお礼をすると、その女性は「私、家族親類、みんな津波で亡くなってしまったから」と返答されたそうです。

映画『凪待ち』について知るには、決して避けることのできない東日本大震災。あるいは、2011年3月11日14時46分18秒。あるいは、“傷痕”。

編集部の自分たちは「どこ」で「何」を取材しているのか。そして、「何のため」に取材をしているのか。大きな動揺と衝撃をその心中に受けながらも、それらを再確認することができました。

そしてHOTEL HAYASHIYAでは、女将さん・社長さん御夫妻の言葉から、一本の映画を完成させるためには不可欠な条件の一つを知ることができました。

“縁”を結べるという喜び。そこには、香取慎吾さんや白石和彌監督が映画『凪待ち』でロケ撮影に訪れた地に取材をする意味と価値がありました。。

この記事を読まれたあなたも、『凪待ち』撮影の地・宮城県に訪ねてみませんか?

取材協力:せんだい・宮城フィルムコミッション

【住所】
宮城県仙台市青葉区一番町3丁目3-20
東日本不動産仙台一番町ビル6階(公益財団法人 仙台観光国際協会内)
【電話】
022-393-841

次回の『凪待つ地をたずね』は…


©︎Cinemarche

次回からは、石巻市内の取材を本格的に開始。そして第2回では、ことぶき町通り、そしてHOTEL HAYASHIYA付近にある畑中通りと、小野寺横丁の一角にある「美容まつのや」をご紹介いたします。

決して遠くはない地に凪が訪れることを祈りながら、今後の記事をお待ちください。(続く)

【連載コラム】『凪待つ地をたずね』記事一覧はこちら

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

映画『凪待ち』のあらすじ


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

ギャンブル依存症を抱えながら、その人生をフラフラと過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)。

彼は恋人の亜弓(西田尚美)が故郷である石巻に戻ることをきっかけに、ギャンブルから足を洗い、石巻で働き暮らすことを決心します。

郁男は亜弓やその娘・美波(恒松祐里)と共に石巻にある家へと向かいますが、そこには末期ガンを宣告されてからも漁師の仕事を続ける亜弓の父・勝美(吉澤健)が暮らしていました。

郁男は小野寺(リリー・フランキー)の紹介で印刷工の仕事を。亜弓は美容院を開業。美波は定時制の学校へ。それぞれが、石巻で新たな生活をスタートさせました。

けれども、郁男は仕事先の同僚に誘われたのがきっかけとなり、再びギャンブルに、それも違法なギャンブルに手を染めてしまいました。

やがて些細な揉め事から、美波は亜弓と衝突してしまい、家を出て行ってしまいます。

その後、夜になっても戻らない彼女を郁男と亜弓は探しに行くものの、二人はその車中で口論となってしまい、郁男は車から亜弓を降ろしてそのままどこかへと去ってしまいました。

そして、ある重大な事件が起こります…。




関連記事

連載コラム

『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』映画考察と評価感想。有名サッカー選手の伝説の頂点と底辺の7年間をたどる|だからドキュメンタリー映画は面白い50

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第50回 その男は英雄か神か。それとも悪魔かペテン師か――。 今回取り上げるのは、2021年2月5日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋 …

連載コラム

『機界戦隊ゼンカイジャー』キャスト/声優の感想評価。ロボの元ネタなど過去戦隊シリーズとの比較も|邦画特撮大全81

連載コラム「邦画特撮大全」第81章 今回の邦画特撮大全は2021年3月7日から放送が開始される、スーパー戦隊シリーズ最新作『機界戦隊ゼンカイジャー』を紹介します。 2021年1月15日に行われた製作発 …

連載コラム

映画『クイーンズ・オブ・フィールド』あらすじ感想と解説評価。サッカーを通じてユーモアたっぷりに社会における男女のあり方を描く|銀幕の月光遊戯 71

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第71回 解散の危機にひんした伝統ある町のサッカーチームを救うため、立ち上がった女性たちの奮闘を描くフランス映画『クイーンズ・オブ・フィールド』が、2021年3月19日より …

連載コラム

映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想と評価解説。韓国らしい泣ける感動にアツい家族節が炸裂!|コリアンムービーおすすめ指南11

死後に待つ7つの地獄と3人の使者! 韓国の人気ウェブ漫画を映画化。韓国で大ヒットを記録したファンタジー・アクション『神と共に 第一章:罪と罰』が、5月24日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されま …

連載コラム

映画『歩けない僕らは』あらすじと感想レビュー。短編37分の間に描かれた人間の成長と絆というドラマ|蟹江まりの映画ともしび研究部5

蟹江まりの映画ともしび研究部 第5回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第5回目に取り上げるのは、2019年11月23日公開の映画『歩けない僕らは』です。 脳卒中 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学