Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/17
Update

映画『TECHNOLOGY』感想レビューと評価。遠藤麻衣子監督が手掛ける新次元の映像体験|SF恐怖映画という名の観覧車107

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile107

物語や脚本、そして俳優は映画にとって重要な要素であり、映画の評価の多くはこの部分に集中されています。

しかし、物語や脚本より最初に目に入る「映像」や「音楽」は、映画にとっての骨子であると言えます。

今回は映像作家の遠藤麻衣子が手掛けた「映像作品」であり、そして「映画」でもある『TECHNOLOGY』(2016)をその魅力と共に紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『TECHNOLOGY』の作品情報

(C)A FOOL, the cup of tea

【公開】
2020年(日本・フランス合作映画)

【監督】
遠藤麻衣子

【キャスト】
ボビー・サルボア・メネズ、トリスタン・レジナート、スレンダー

映画『TECHNOLOGY』のあらすじ


(C)A FOOL, the cup of tea

名前も正体も分からない月から地球へと降り立った少女(ボビー・サルボア・メネズ)。

暴力の絶えない地球で彼女は様々な男性と出会いその運命を変えていく…。

スポンサーリンク

「セリフが殆ど無いから」こそ感性が試される


(C)A FOOL, the cup of tea

『TECHNOLOGY』には一部を除きセリフらしいセリフは存在せず、登場人物の精神描写は全て「映像」と「効果音」によって表現されています。

絶えず争いの続く地球と、争いを知らないような少女の出会いと交流は一切の会話がなく、だからこそ神秘的で、尊さすら感じます。

本作の「セリフの不在」は映画にとっての重要な要素を排していると同時に、どうしても取り払うことの出来ない映画上での「国境」を取り払うことに成功しています。

翻訳や吹き替えによる言語の変換は、存在しない言葉の存在や複数の意味の取捨選択を迫られることとなり、作り手の100%の意味は原語を理解している人しか受取ことが出来ません。

しかし、本作はセリフをあえて取り除くことで、言葉による「国境」を破壊することを可能とし、鑑賞者に100%の意味を届けようと試みていました。

「表現の違い」の意味とは


(C)A FOOL, the cup of tea

映像作家の遠藤麻衣子が作り出した『TECHNOLOGY』の世界では様々な映像が眼前に広がり、その映像に対する理解は映画を鑑賞する各々に託されています。

例えば「モノクロ」と「カラー」で差別化されているシーンでは、「モノクロ」の部分では水を被りつくように飲んでいたり、暴力をにおわせるシーンを描写しています。

一方で「カラー」のシーンでは少女と男性の交流や、街を歩くシーンなどが鮮やかに映し出されています。

2つの表現には意味を感じ、例えば「モノクロ」では欲求に身を任せる「動物的部分」を描き、「カラー」では精神面やコミュニティなどの「人間的部分」を描いています。

この2つの描写の受け取り方は鑑賞者によって違うものの、様々な受け取り方を些細な表現方法の違い方からも受け取れる先鋭的な映像作品です。

透明性の高さが映える俳優たち


(C)A FOOL, the cup of tea

主人公の少女を演じたボビー・サルボア・メネズ(2019年1月にインディア・メネズより改名)は、エイミー・アダムスやジェイク・ギレンホールが出演した『ノクターナル・アニマルズ』(2017)にも出演する実力派の俳優であり、ボビーの持つ独特の雰囲気が本作を形成したとも言えます。

ボビーの持つ透明性はまさしく「絵画のような神秘性」であり、作中の少女は「水」との共演が多くその姿はジョン・エヴァレット・ミレーによる有名な絵画「オフィーリア」のようにさえ映ります。

少女が交流を持つ男性を演じたトリスタン・レジナートやスレンダーもそれぞれが真逆の「現代人っぽさ」を持ってはいるものの、所作や表情によって心の中にある彼らの「透明度」を受け取ることが出来ます。

セリフが殆ど無い映画だからこそ、その俳優の持つそのものの雰囲気が引き出された上で重要な意味を持つ、俳優の魅力が作品の一部となっているような感覚を味わえる経験です。

スポンサーリンク

遠藤麻衣子監督による『TOKYO TELEPATH 2020』


(C)A FOOL, the cup of tea

インドとアイスランドを舞台に制作され、その街並みの魅力を映像作家らしい表現で引き出しており、鑑賞後はインドやアイスランドに足を運んでみたくなること間違いなしの本作。

俳優だけでなく街の魅力も引き出すことにも長けた遠藤麻衣子監督の新作映画は、2018年の東京を舞台とした『TOKYO TELEPATH 2020』(2020)。

残念ながらオリンピックは延期となってしまったものの、遠藤麻衣子監督が2018年の東京が持つ「映像」としての魅力を最大限に引き出す最新作は必見の作品であること間違いなし。

主演に起用された女優の夏子の持つ独特な雰囲気が『TECHNOLOGY』と同じく作品に奇妙な神秘性を与えてくれることを楽しみにしたい作品です。

まとめ


(C)A FOOL, the cup of tea

劇中全体を通し淡い光のような映像に満ちている本作は、雄大な自然の音やクラシックギターの音声と合わせ鑑賞者にリラックス効果を与えてくれます。

目や耳など全身を使って味わって欲しい映画ではあるものの、同時に映画を観ることが「癒し」ともなり、エンターテイメントとしてのあるべき姿を体感することが出来ます。

そんな本作『TECHNOLOGY』は、遠藤麻衣子監督による『TOKYO TELEPATH 2020』と合わせシアター・イメージフォーラムほか全国で2020年10月に公開予定。

映画は「映像」と「音」が骨子にあることによって成り立つものである、と言うことを再度教えてくれるような本作をぜひ劇場で鑑賞してみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

(C)THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

いかがでしたか。

次回のprofile107では、ワンシチュエーションサメホラーの秀作『海底47m』(2017)のまさかの続編『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020)の魅力をご紹介させていただきます。

6月24日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

【未体験ゾーンの映画たち2020ベスト10】Wiki情報より詳細に内容考察。ラインナップ54本+1本を全て見たシネマダイバー《増田健セレクション》

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第55回 さまざまな理由から日本公開が見送られていた映画を紹介する、恒例となった上映企画”未体験ゾーンの映画たち”。今回の「未体験ゾーンの映画たち 2 …

連載コラム

大泉洋映画『騙し絵の牙』感想評価と考察。原作との違いが生む衝撃の結末と“面白い”の修羅場|シニンは映画に生かされて24

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第24回 2021年3月26日(金)より全国ロードショー公開予定の映画『騙し絵の牙』。 『罪の声』の小説家・塩田武士が人気俳優・大泉洋をイメージし主人公を「あてが …

連載コラム

特撮映画『竹取物語』『帝都物語』の比較考察。バブル期80年末に見られた特徴とは|邦画特撮大全4

連載コラム「邦画特撮大全」第4章 来年2019年(平成31年)4月末、平成が終わりを迎えます。 それにあやかり、今回は平成の前・昭和末期に公開された2つの特撮映画『竹取物語』(1987)と『帝都物語』 …

連載コラム

『13人の命』ネタバレあらすじ結末と感想解説の評価。実際に起きた遭難事故で13人の命を救った人々の物語|Amazonプライムおすすめ映画館13

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第13回 実際の遭難事故を題材とした手に汗握る救出劇『13人の命』。自然災害は時と場所、そして被害を受ける人間の状況や善悪を選ばず突然人々を襲います。 …

連載コラム

映画『マヤの秘密』あらすじ感想と評価解説。ノオミ・ラパスが密室サスペンスの極限に挑む|映画という星空を知るひとよ89

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第89回 ノオミ・ラパス主演映画『マヤの秘密』が、2022年2月18日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。 「ミレニアム」シリーズ、『プロメテウス』(2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学