Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/08/26
Update

『サマリタン』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。スタローンが演じる新ヒーローのスタイルを確立させた⁉︎|Amazonプライムおすすめ映画館14

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第14回

人は時に見えている部分だけで物事を判断し、関わった人間の善悪を決めつけてしまいます。

2022年、自分の願望を含んだ思い込みが他者への評価へと繋がり、やがてそれが真実として拡散されてしまう昨今にふさわしい「ヒーロー映画」が「Amazon Prime Video」から配信されました

今回は「思い込み」による人々の暴走を描いた映画『サマリタン』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『サマリタン』の作品情報


(C)2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

【配信】
2022年8月26日(アメリカ映画)

【原題】
Samaritan

【監督】
ジュリアス・エイヴァリー

【キャスト】
シルヴェスター・スタローン、ジャヴォン・“ワナ”・ウォルトン、マーティン・スター、モイセス・アリアス、ダーシャ・ポランコ、ナターシャ・カラム、ピルウ・アスベック、ジャレッド・オドリック

【作品概要】
ブラギ・F・シャットが執筆した脚本を『ガンズ&ゴールド』(2014)や『オーヴァーロード』(2019)を手掛けたジュリアス・エイヴァリーが映像化した作品。

「ロッキー」や「ランボー」などのシリーズで高い人気を得ただけでなく、『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)での演技が絶賛されたジュリアス・エイヴァリーが主演を務め話題となりました。

映画『サマリタン』のあらすじとネタバレ

スーパーパワー持つ双子「サマリタン」と「ネメシス」はその異能ゆえに人に忌み嫌われ、両親を放火によって亡くします。

その後、サマリタンは善に目覚め弱き人々を救い、ネメシスは悪に染まり迫害した人々への復讐を開始。

2人は何度もぶつかり合い、ネメシスはサマリタンを殺害するためのハンマーを作り、発電所にサマリタンを誘い出し最終決戦に挑みました。

戦いはハンマーを持っているネメシスに有利に運びましたが、誰も意図しない発電所の爆発によって2人は生死不明のまま消息が途絶えます。

数十年後、グラニットシティでは格差社会が広がり、街には職を失った浮浪者が多く居ました。

世の中ではサマリタンが生きているとも死んでいるとも言われる中、シングルマザーの息子サムは貧困ゆえにネメシス信者のギャング、サイラスの裏仕事である銅線の窃盗に手を染めます。

サイラスの部下であるレザによって強盗に加担した夜、サムはサイラスに度胸を認められ、目を付けられます。

サイラスはサムがサマリタンのファンであることを知ると「ネメシスは権力者に対してだけ悪を働いていた」とネメシスのもう一つの顔を語りました。

翌日、サムはサイラスに気に入られたことを妬むレザからリンチを受けますが、その場に隣りのアパートに住むゴミの収集業者のジョーが現れ、驚異的な力でレザたちを一蹴しサムを救います。

サムはジョーこそがサマリタンであると確信し、長年サマリタンの足取りを追う記者のアーサーにジョーのことを話しますが、人より優れた人間を見る度にアーサーに報告しに行くサムの日頃の行いから冗談半分に話しを済まされてしまいます。

一方、サイラスは警察の保管庫を襲撃し、ネメシスのハンマーとマスクを盗み出すと「ネメシスの使命を果たす」ために行動を始めます。

ジョーの不在時に彼の部屋に忍び込んだサムはサマリタンの新聞記事を収集したスクラップブックを見つけ盗み出しますが、サムが自身を監視していることに気づいていたジョーはサムの部屋を訪ねスクラップブックを取り返しました。

ジョーは自身がサマリタンであることを否定し歩き去ろうとしますが、彼を恨むレザがジョーを車で跳ね飛ばします。

ジョーは起き上がるとサムを連れ自分の部屋に連れて行き、シャワーとアイスで身体に受けた損傷を凄まじい速度で修復したためにオーバーヒート仕掛けた体を冷やします。

サムの父親は悪事を働きながらもサマリタンに救われた過去があり、サムはジョーに感謝を述べますが彼はなおもサマリタンであることを否定。

その頃、ネメシスのマスクとハンマーを手に入れたサイラスは貧困に喘ぐ街の住民の暴動を扇動し、街を混乱に陥れていました。

しつこく付き纏うサムに気を許し始めたジョーは自身がパワーを持っていることを自白し、サムに身を守るためのコツを教えます。

しかし、サムがネメシスの悪性についてジョーに話を聞こうとすると、気分を害したジョーはサムを追い出しました。

EMPを使い街に停電を起こしながら銀行を襲うサイラスをニュースでは「ネメシス」の再来と言い、ジョーはそのニュースを見て憤慨しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サマリタン』のネタバレ・結末の記載がございます。『サマリタン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

100ドルの報酬に惹かれサイラスの仕事を手伝うことにしたサムは、サイラスによる発電所の爆破計画と警察官の殺害を知ってしまいます。

さらにサムはレザにリンチされている人を救うためレザに挑みかかりますが、逆に腕を折られる怪我を負わされてしまいます。

レザはサムを家へと運ぼうとする最中にジョーを目撃。

レザは轢き殺したはずのジョーが生きていることをサイラスに報告すると興味を持ったサイラスはジョーのもとに手下を送り込みました。

街中で襲われたジョーは銃で武装するサイラスの手下全員を返り討ちにしますが、手榴弾に巻き込まれそうになった民間人を助けるために脅威的な力を大衆の面前で披露してしまいます。

「サマリタン復活」のニュースが流れるとネメシスを信奉するサイラスは激怒し、ジョーの住むアパートに配下全員を連れて襲撃を仕掛けます。

騒ぎが大きくなる前にジョーはアパートを離れていましたが、ジョーとサムの関係に気づいたサイラスはサムを拉致しました。

街を離れようとしていたジョーはサムの父親の形見である腕時計を預かっていたことを思い出しサムの部屋を訪れると、彼の母親からサイラスがサムを連れ去ったことを聞きます。

ジョーはゴミ収集車で、発電所の襲撃計画を実行に移そうとするサイラスのアジトへ突入。

しかし、サイラスはサムを人質に取り、反撃出来ないジョーをネメシスのハンマーでいたぶります。

ジョーはハンマーを手で受け止めると自分がサマリタンではなくネメシスであると言い、トラックに仕込んでいた爆薬を起動させハンマーを奪い取ります。

爆薬による部下の死を見て動揺するサイラスはサムを連れてアジトの奥へと逃げると、ネメシスのマスクを被り街中を停電させました。

戦いの連続で身体がオーバーヒートしかける中でサムのもとに辿り着いたジョーはサイラスをハンマーの柄で固定し、燃え盛る下層階へと突き落とし殺害。

サムが水道管を破壊し一時的に体力を取り戻したジョーは燃え盛る建物からサムを抱えて脱出します。

サムに正体を問われたジョーは自身がネメシスであることを告白し、「悪事を働くのは悪党だけではない」ことや「人の中には善と悪の両方の心が備わっていて、選ぶのはその人次第である」ことを話します。

ジョーはサムに「君なら大丈夫」と告げると、彼の前から姿を消しました。

報道陣に囲まれたサムはジョーこそがサマリタンであると話すと、動かなくなっていたはずの形見の腕時計が直った状態で自分のもとにあることに気づきます。

サマリタンとネメシスの復活に熱狂する市民の中にジョーの姿を見つけたサムを見てジョーは頷くと静かにその場を去って行きました。

スポンサーリンク

映画『サマリタン』の感想と評価


(C)2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

「その後」を描いた異色のヒーロー映画

2022年に76歳となったシルヴェスター・スタローンがヒーローを演じた映画『サマリタン』。

生死不明のまま行方不明となった状態を利用し毎日をただ静かに暮らすジョーは、「サマリタン」の大ファンである少年サムを助けてしまったことで新たな戦いに巻き込まれることになってしまいます。

本作はさまざまなヒーロー映画の中でも、主題となるヒーローの「全盛期」や「誕生」が描かれた作品ではなく、活動から身を離し老体となったヒーローの「その後」を描いています

スタローンによる年齢を感じさせないアクションは本作でも健在であり、何かを抱え孤独に生きる老人としての姿と圧倒的なパワーを持ち悪人を次々と倒していくヒーローとしての姿が混じり合うジョーが違和感なく映し出され、ヒーローの「その後」を描いた作品としての魅力が俳優によって引き出されていました。

ジョーは「正義」なのか「悪」なのか


(C)2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

物語の最終盤、ジョーが実は正義のヒーロー「サマリタン」ではなく、復讐に身を落とした「ネメシス」であることが判明します。

作中ではニュースや新聞記事によって「悪」と断定されているネメシスでしたが、本当にネメシスが「悪」だったかどうかは実は最後まで明らかになっていません。

ネメシスによる数々の破壊活動があった一方でネメシスの信奉者であるサイラスは彼のことを「不当な権力者しかターゲットにしない」と語っています。

最終決戦の日に落下しそうになるサマリタンを救おうとしていたと言うジョーのフラッシュバックのような回想シーンも挿入されており、サムが考えていたような純粋な「悪」ではなかったことが伺えました。

しかしその一方で、悪人と断定した相手は許しを請うていても容赦なく殺害している苛烈さも存在し、ネメシスと言う存在を善と悪で区別することの難しさを感じさせます。

「悪事を働くのは悪党だけではない」と言う言葉や壊れた物を直すことに執着しているジョーの現在から、彼が悪を裁くダークヒーローであったこと考察することも可能な異色なヒーロー映画でした。

まとめ


(C)2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

悪を打ち倒す力を持った大人と環境ゆえに悪に染まりかける子供と言う『レオン』(1994)を彷彿とさせる作品でもあり、舐めてかかった相手がとてつもなく強い相手だったと言う『イコライザー』(2014)のような作品も彷彿とさせる本作。

両親を失った悲しみから復讐に墜ちたネメシスと、彼の信奉者であり不遇な人間に居場所を与えていたサイラス。

世間から見れば「悪」と一括りにされてしまう彼等が純粋な「悪」であったのか。

画面を楽しむアクション映画としても、はっきりと善と悪のボーダーを引かずに鑑賞者に問いかけるヒューマンドラマとしても、映画『サマリタン』は一見の価値のヒーロー映画としてオススメできる作品です。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『ストレンジ・フィーリング』ネタバレ感想と考察評価。 “アリスのエッチな青春白書”でナタリアダイアーが遭遇する未知の世界とは|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録19

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第19回 様々な事情で日本劇場公開が危ぶまれた、埋もれかけた貴重な映画を紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見 …

連載コラム

映画『日本沈没』1973森谷版と2006樋口版の比較解説と考察。特撮の視点を踏まえ新旧の名作の違いとは|おすすめ新作・名作見比べてみた5

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第5回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第5回のテーマは小松左京・ …

連載コラム

映画『スキンウォーカー|寄生体XXX』あらすじネタバレと感想。最後までラストの意味を掘り下げた監督ジャスティン・マクコーネルの秀作とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第38回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第38回で紹介するのは、恐るべき生態を持つ、謎の怪物を描いたSFスリラー映画『スキンウォーカー(寄 …

連載コラム

映画『北風アウトサイダー』あらすじ感想と評価解説。崔哲浩が在日朝鮮人兄妹の絆を描く|銀幕の月光遊戯 86

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第86回 映画『北風アウトサイダー』は2022年2月11日(金)よりシネマート新宿他にて全国順次ロードショー! 劇団野良犬弾の主宰者で俳優の崔哲浩が自身の半生を基に監督・脚 …

連載コラム

クローネンバーグの名作『戦慄の絆』ラストの考察。実話をもとに悲しくも美しいハッピーエンド|偏愛洋画劇場4

連載コラム「偏愛洋画劇場」第4幕 2人の登場人物の片方がもう1人の隠れた自我であり、最後は1人に統合されるといった物語はよく映画、小説で見受けられます。 自分とは完璧に違うもう1人の自分、異なる存在無 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学