Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ザ・プレデター』新作映画の続編ブームはなぜか?ハロウィン2018版も紹介|SF恐怖映画という名の観覧車7

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile007

チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(1974)をブルース・ウィルス主演でリメイクした『デス・ウィッシュ』(2018)や、海外での人気ドラマ『ザ・シークレット・ハンター』を映画化した『イコライザー』(2014)の続編『イコライザー2』(2018)の公開日が決まるなど、今年は例年にも増して過去作品のリメイクや続編作品の情報を良く見かけます。

この流れは「スラッシャー」や「モンスターパニック」といったジャンルでも顕著で、ファンの中でも期待されている作品がいくつも待ち構えています。

今回はその中でも特に伝説級の作品である2作の最新作をピックアップして、「なぜ今この作品の最新作が出るのか」を考えていきたいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ザ・プレデター』(2018)

公開日を9月14日に控えたシリーズ最新作『ザ・プレデター』。

「プレデター」と言えば、1987年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『プレデター』以降、続編やスピンオフ作品が幾度となく作られてきた、大人気のシリーズです。

このシリーズは人間側の登場人物が続けて次作に出ることはほとんどなく、基本的に物語として独立しているのですが、シリーズを通しての敵である宇宙生物「プレデター」は、当然ながら毎回登場します。

厳密に言えば、作品ごとにプレデター側も同じ個体ではないのですが、光学迷彩やプラズマ砲と言った「SF」的な装備と、戦闘の意志のないものや弱者を攻撃しない「戦士」としてのプレデターの性格が高い人気を持っています。

今回の最新作には初代に俳優として参加したシェーン・ブラックが監督として携わっていて、初代との繋がりが期待されています。

『Halloween』(日本公開日未定)

1978年に公開されて以降、殺人鬼が人を殺して回る「スラッシャー」と言ったジャンルの先駆けとして長く愛されるようになった『ハロウィン』の最新作の予告編が公開され、全世界で話題となっています。

世界3大ホラーとすら呼ばれるようになった今シリーズの特徴は、何と言ってもブギーマンことマイケル・マイヤーズによる殺戮の数々で、ハロウィンマスクを被り、自分の血縁者をどこまでも追いまわす執念と狂気は様々な類似作品の中でも抜きんでた恐怖性があります。

最新作では初代でマイケル・マイヤーズを演じたニック・キャッスルと、同じく初代に登場して以降、マイケルとの攻防を繰り返すローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスがそれぞれ同役で出演することが分かっていて、初代ファンの熱気が吹き返すことが確実視されています。

スポンサーリンク

「リブート」ではなく「続編」


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

前述させていただいた『ザ・プレデター』と『Halloween』。

実はこの2作は、設定を新たに作り直し、1から物語を始める「リブート」作品ではなく、それぞれ初代から物語の続いた、「続編」と言う立ち位置で映画が作られています。

「スラッシャー」や「モンスターパニック」と言ったジャンルの作品は、内容以上に「敵」のデザインやキャラクター性がなによりも重要視されていたため、その敵が暴れていれば物語の辻褄はないがしろにされていた風潮がありました。

その結果、シリーズを長く続けすぎ、致命的な設定の矛盾を抱えることになり、「リブート」と言う形でまた1から物語を作り直した作品も多くあります。

『ハロウィン』(2007)や海外ドラマ『SUPERNATURAL』で人気の出たジャレッド・パダレッキを主演にした『13日の金曜日』(2009)などのリブート作品は、興行的には成功しましたが、旧作のファンや批評家からは厳しい意見を受けることになりました。

なぜ今「続編」なのか

「SF」では2009年の『スター・トレック』や2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』など、旧作ファンへのサービスを多く入れた「続編」が興行的にも批評的にも成功し、再度シリーズ化を成功させています、

ゲームへの登場や、様々なコラボのおかげで、新規のファンも多くなりはじめましたが、やはり「スラッシャー」や「モンスターパニック」のファンも旧作を愛するファンが多いと言う印象があり、そのファンの多くが「物語の続き」を待ち望んでいます。

そんな声に答え、旧作ファンへのサービスと新規ファンの獲得に意欲を燃やし始めたのが『ザ・プレデター』と『Halloween』なのではないでしょうか。

シュワルツェネッガー自身の出演も噂されていたように、旧作とのリンクを意識している『ザ・プレデター』と、実際に旧作の登場人物が出演する『Halloween』。

最新作自体も期待ですが、今後の展開も見逃せないところです。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile008では、地上波初放送の『オデッセイ』(2015年)から、今より少し技術が進んだ宇宙を描いた映画の数々と、人類の惑星移住の夢を検証します。

8月1日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点』感想と評価。画家の知られざる人生とは|映画と美流百科14

連載コラム「映画と美流百科」第14回 こんにちは、篠原です。 毎回、新作映画を取り上げ、その映画で扱われているカルチャーも紹介している本コラムですが、第1回目で取り上げたのが芸術家の人生と作品を約90 …

連載コラム

SF映画おすすめ5選!洋画邦画ランキング(1970年代)の名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車89

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile089 過去のSF映画の傑作をご紹介するこの企画も、遂に1970年代へと入りました。 この時代のSF映画は特撮技術も大幅に進歩し、現在でもシリー …

連載コラム

映画『ある船頭の話』感想レビューと評価解説。オダギリジョー×柄本明の問題作を“風”によって見つめる|シニンは映画に生かされて16

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第16回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第16回にてご紹介させていただく作品は、俳優として世 …

連載コラム

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』感想と解説。人間の内面にある後悔とは|SF恐怖映画という名の観覧車14

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile014 以前のコラムで紹介させていただいた『サマータイムマシン・ブルース』(2005)のように、評判の良い舞台を原作に使い、演出効果に自由のある …

連載コラム

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじと感想レビュー。スノーマンで知られるレイモンド・ブリッグズが両親を描いた心温まるストーリー|銀幕の月光遊戯 40

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第40回 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開されます。 『スノーマン』、『風が吹くとき』などの名作が世 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP