Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ニューミュータント』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。X-MEN映画の最後は初ホラーにてシリーズとの関係性を描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー27

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第27回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第27回は、20世紀スタジオが製作した大人気アメコミ映画「X-MEN」シリーズの最終作となる『ニュー・ミュータント』(2021)。

度重なる製作期間の延長と公開日の延期を経て公開された『ニュー・ミュータント』は、日本では劇場公開されることなく配信スルーとなりました。

しかし、能力を目覚めさせた少年少女が己のトラウマと対峙し、2度と大切な人を失わないために奮闘する物語は「X-MEN」シリーズのファンでなくとも心打たれるような作品となっていました。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『ニュー・ミュータント』の作品情報


(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.

【原題】
The New Mutants

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
ジョシュ・ブーン

【キャスト】
ブルー・ハント、アニャ・テイラー=ジョイ、メイジー・ウィリアムズ、チャーリー・ヒートン、ヘンリー・ザーガ、アリシー・ブラガ

【作品概要】
20世紀フォックスがマーベル・コミックスの人気ヒーローチームを映画化した「X-MEN」シリーズの13作目となる作品。

映画『スプリット』(2016)で主演を務めたアニャ・テイラー=ジョイを始め、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のメイジー・ウィリアムズや、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートンなど若手有名俳優が出演しています。


映画『ニュー・ミュータント』のあらすじとネタバレ


(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.

ある日、街に異変が襲いかかり、少女のダニの父親が彼女の目の前で死亡してしまいます。

気を失ったダニは見覚えのない部屋に右腕をベッドに拘束された状態で目を覚ましました。

部屋に現れた医師のレイエスはダニの拘束を解くと、ダニの街を台風が襲い彼女以外の全員が死亡したと告げます。

ダニは竜巻ではなく熊のような雄叫びをあげる何かが街を襲ったと反論しますが、レイエスはトラウマが別の記憶を植え付けたと彼女の記憶を否定しました。

レイエスはダニが突然変異し人間では持ち得ぬ能力を手に入れた「ミュータント」であり、自分自身と周囲の人間に対する危険が去るまでの間、この施設の管理下に置くと話します。

この施設は若い「ミュータント」の管理と育成を行う施設であり、ダニの他にはレイン、ロベルト、イリアナ、サムの4人の少年少女が暮らしていました。

レイエスを嫌うイリアナに脱走するように吹聴されたダニは施設から敷地外に向かって走りますが、敷地の外には「フォースフィールド」が張られており、全速力で「フォースフィールド」にぶつかったダニは怪我をしてしまいます。

ダニは「フォースフィールド」のことを知っていたイリアナに怒りをぶつけようとしますが、イリアナは能力を使いその場から消えます。

この日以降、ダニとイリアナは事あるごとに喧嘩するようになり、イリアナがダニを殺害しようとした際には、レイエスが「フォースフィールド」を出現させる能力を使い2人の喧嘩を仲裁。

ここに至ってもダニの能力は未だに分からず、レイエスは能力が判明し制御出来るようになるまで隔離する事が、この施設の目的であり、退所後は「X-MEN」の組織に加入することも可能であるとダニを励まします。

高速で空を飛ぶ能力を持つサムは、父の働く鉱山での作業中に能力が目覚めてしまい、結果として父を殺害してしまった過去のトラウマに苦しめられていました。

心に蓋をしていたはずの鉱山での悪夢を再び見るようになったサムは、施設からの退所を求めますがレイエスは聞き入れません。

その日の夜、富豪の息子でありながら施設に入れられたロベルトはイリアナと性行為に及ぼうとしますが、興奮すると体温が加熱する能力で恋人を殺してしまった過去から行為に及ぶことができませんでした。

イリアナにその過去を吐露するとイリアナはロベルトに燃えた女性の幻覚を見せ、動揺したロベルトは能力を暴走させます。

警報で目を覚ましたレイエスはロベルトをプールに落とし解熱させます。

ロベルトは自身を暴走に追い込んだイリアナと共に暮らすことを拒否し施設から出ようとしますが、監視カメラの映像から実際はイリアナは部屋に留まっており、ロベルトの見たイリアナは幻覚だったことが分かりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ニュー・ミュータント』のネタバレ・結末の記載がございます。『ニュー・ミュータント』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.

レイエスがダニの能力を調べるため彼女の記憶を呼び起こそうとすると、ダニの頭の中に能力を持った少年少女が非人道的扱いを受ける記憶が流れ込みます。

その時、レインの前にかつて彼女が犬に変身する能力を発現させたことを告白した際に彼女を手酷く虐待した神父が現れ、レイエスの前には、彼女が過去に殺害した仮面を被った男たちが現れます。

過去のトラウマを目前としたレインが暴走し、レイエスを含めた全員が駆けつけると、イリアナはダニの能力が「他人に幻覚を見せる能力」であることに勘付き殺害を試みますが、レイエスがイリアナを眠らせ拘束。

監視室に戻るレイエスは「エセックス・コーポレーション」本部から、ダニの能力が危険であることを理由に殺害を命じられます。

ダニは目を覚ましたイリアナとレインに謝罪すると、読み取ったレイエスの記憶からこの施設が危険な施設であることを話します。

レイエスに呼び出されたダニは検査室へと運ばれ、眠らされた上に毒物を付与され殺害されそうになります。

その時、ダニの力が暴走しサムとイリアナ、ロベルトがイリアナの過去のトラウマを象った怪物に襲われます。

ダニを殺害しようとするレイエスを襲撃したレインは、レイエスに深手を負わせダニを救出。

能力を駆使し怪物を倒した3人と合流したダニとレインはレイエスの事務所のファイルから、この施設がトラウマを抱えた若いミュータントたちを「X-MEN」ではなく、殺し屋に育てるための施設であることを知ります。

施設からの脱出のために力を合わせレイエスを殺害し、「フォースフィールド」を解くことを決めた5人は逃げたレイエスと対峙。

しかし、彼女の圧倒的なパワーの能力に拘束されダニが殺害されそうになります。

その時、ダニの作り出した熊の怪物が現れレイエスを喰い殺します。

熊の怪物は暴走し、気を失ったダニを殺すため施設内を徘徊。

イリアナは4人を守るため能力を最大限に使い熊の怪物にたった1人で立ち向かいます。

レインとサム、ロベルトはダニを背負い教会へと避難。

執拗にダニを追いかける熊の怪物はイリアナを負傷させ教会を襲撃しますが、自身の能力を信じたサムとロベルト、そしてダニのために命を賭けるレインによって阻まれます。

しかし、4人の力を熊の怪物は遥かに上回り、窮地に陥ります。

自身の精神内で竜巻ではなく自身の能力の暴走で死んだ父と再会したダニは、父から恐怖に立ち向かうようにと諭されます。

目を覚ましたダニは熊の怪物を手懐けることに成功しました。

崩壊した教会と施設を出て、敷地に張られた「フォースフィールド」が消失していることを確認した5人は共に敷地の外へと歩いて行きました。

映画『ニュー・ミュータント』の感想と評価


(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.

シリーズ初の青春ホラー

自分の持つ超能力を理解した上で力に溺れ始める納涼者の恐怖を描いた作品と言えば『ブライトバーン 恐怖の拡散者』(2019)が記憶に新しく、超能力とホラーの組み合わせは決して珍しいものではありません。

映画『ニュー・ミュータント』では、物語のメインとなる5人の少年少女は自身の能力の暴走によって大切な人を殺害してしまった過去を持っています。

そのため本作での恐怖の対象は「自分自身の能力」であり、悪に堕ちた明確なヴィランが恐怖の対象となる『ブライトバーン 恐怖の拡散者』などの作品とは一線を画する映画になっていると言えます。

さらに本作にはもうひとつの恐怖要素が存在します。

医師のレイエスが5人を管理下に置く施設の中で物語が展開していきますが、「能力に目覚めた少年少女の隔離」と言う施設の目的はレイエスの口から語られるのみであり、真の目的は終盤まで明らかになりません。

施設とレイエスは5人に取って味方となる存在なのか、それとも自分たちは何かの目的を持って集められたのか。

『約束のネバーランド』(2020)を彷彿とさせる「世界に対する疑心暗鬼」と言うジャンルのホラー要素も持ち合わせた作品です。


「X-MEN」シリーズとの繋がりとは

本作は直接的に他の「X-MEN」シリーズからのキャラクターの参加はなく、「X-MEN」と言う単語のみが登場する比較的シリーズ色の薄い作品。

しかし、作中にたった1度だけ「エセックス・コーポレーション」と言う企業名が映ります。

「エセックス・コーポレーション」は「ミュータント」たちが死に絶えた絶望の未来を題材とした映画『LOGAN/ローガン』(2017)に登場。

実は遺伝子操作の研究を中心とする「エセックス・コーポレーション」こそが「ミュータント」の絶滅を引き起こした企業であり、「人間」の私利私欲のために「ミュータント」の命を使うシリーズ屈指の悪の組織。

「X-MEN」そのものは登場せずとも、本作は「エセックス・コーポレーション」と「ミュータント」の戦いを描いたシリーズの骨子を引き継いでいます。

まとめ


(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.

20世紀スタジオによる「X-MEN」シリーズには、人知を遥かに越えた能力を持つ「ミュータント」と「人間」の対立が物語の根底に常に存在し、それぞれのエゴによる差別と戦争の始まりが繰り返し描かれてきました。

他者を傷つけかねない危険な能力を持った相手に暴力で立ち向かうのではなく、相手を理解し信頼を寄せることで共に困難に立ち向かう……。

バラバラの境遇ゆえに対立しながらも徐々にお互いを知り、自身たちを襲う「恐怖」に挑む5人を描いた映画『ニュー・ミュータント』。

映画『ニュー・ミュータント』は、実力派若手俳優を集めた結果として出来上がった魅力的なキャラクターたちと、「X-MEN」シリーズらしい迫力満点の戦闘シーンも楽しむことのできる、全く新しい形の青春ホラーヒーロームービーです。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。



関連記事

連載コラム

『ロングデイズ・ジャーニー』感想とレビュー評価。映画監督ビー・ガンが記憶の迷宮を描く【この夜の涯てへ】|銀幕の月光遊戯 55

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第55回 映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』が2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。 2015年の『凱里ブルース …

連載コラム

映画『リトルモンスターズ』あらすじネタバレと感想。ゾンビだらけの遠足旅行にルピタ・ニョンゴ先生と出かけよう|未体験ゾーンの映画たち2020見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第16回 多様なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。いよいよ2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

『続世界残酷物語』ネタバレ感想と内容解説。前作の成功が生んだモンド映画第2弾|未体験ゾーンの映画たち2021見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第22回 最新作だけでなく歴史的怪作映画も紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第22回は『続・世界残酷物語』。 世界各地の奇習・風習を記 …

連載コラム

リティ・パン映画『照射(Irradiated)』内容解説と考察。監督はドキュメンタリーとして「人類史上の三大悲劇」より“人間の罪”を問う|2020広島国際映画祭リポート2

広島国際映画祭2020 「ヒロシマEYE」招待作品『照射(lrradiated)』 ナチスのユダヤ人大虐殺、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺、広島・長崎の原爆投下という「人類史上の三大悲劇」を、独自 …

連載コラム

映画『ベイウォーク』あらすじ感想と評価解説。“なれのはて”続編的ドキュメンタリーでフィリピンを生きる“二人の老日本人”を描く|映画という星空を知るひとよ130

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第130回 第3回東京ドキュメンタリー映画祭でグランプリ&観客賞を受賞し、2021年12月に公開された『なれのはて』の続編的作品と言えるドキュメンタリー『ベイウ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学