Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/27
Update

『愛してるって言っておくね』ネタバレあらすじと感想。実話結末の解説でアカデミー賞最優秀短編賞受賞作が描いた“家族の愛”とは|Netflix映画おすすめ35

  • Writer :
  • 滝澤令央

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第35回

トイ・ストーリー4』(2019)の共作者でもあった俳優ウィル・マコーマックが手掛けたNetflixオリジナル短編映画『愛してるって言っておくね』。

今なお続く学校での銃乱射事件の凄惨な現実をほぼセリフのない12分間で描いた本作は、2021年、第93回アカデミー賞最優秀短編映画賞を受賞しました。

今回は、学校で起こった銃乱射事件に子どもが巻き込まれてしまった両親の悲劇を描いたNetflix短編映画『愛してるって言っておくね』をご紹介します。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『愛してるって言っておくね』の作品情報


Netflix 愛してるって言っておくね

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【原作】
If Anything Happens I Love You

【監督】
ウィル・マコーマック、マイケル・ゴヴィア

【作品概要】
学校で銃乱射事件が発生し、突然の悲劇で我が子を失った悲しみと虚無感にさいなまれる両親の心のうつろいを描いたNetflix配信のショートアニメ。

2018年にフロリダ州、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高等学校で発生し、生徒教職員あわせて17名の死者を出した銃乱射事件をモデルとしたとされる本作は、2021年アカデミー賞最優秀短編映画賞にノミネートされました。

なおアメリカのNetflixでは、本作は、世界子どもの日である11月20日に配信されました。

映画『愛してるって言っておくね』のあらすじとネタバレ


Netflix 愛してるって言っておくね

2人の夫婦が向かい合う長テーブルで会話もせずに夕食を取っています。

言葉のない彼らの間に、彼らの感情を表す影が立ち込めました。2人の影は、言葉を交わさない2人の代わりに激しい口論を繰り広げます。

皿にのったミートボールを見て、妻は夫に何か語り掛けようとしますが、彼は黙って席を立ち去りました。

夫は外に出て、壁に塗られた青いペンキに目をやり涙します。彼の影が、ペンキ跡を優しく包み込みます。

洗濯物を取り込む妻。半開きになった子供部屋のドアをさみしそうに閉じます。

ビールを飲みながらぼんやりとテレビを観る夫。

洗濯機から子供服を取り出した妻は、それを抱えたまま泣き崩れてしまいます。

棚の上にあったサッカーボールが転がっていき、それがレコードにぶつかり曲がかかります。

音楽がかかった子ども部屋で飼い猫が丸まって寝ていました。

壁に飾られた3人家族の写真を、2人の影が抱きしめます。

レコードから飛び出した娘の影が、猫とじゃれ合い始めました。そんな娘の影を2人の影が優しく抱きしめます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『愛してるって言っておくね』ネタバレ・結末の記載がございます。『愛してるって言っておくね』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix 愛してるって言っておくね

家族3人でのドライブ。家族3人の影が、家族の歴史を辿ります。

夫婦が結ばれたとき。娘が生まれたとき。好物のミートボールをほおばる娘の様子が順番に映し出されます。

娘が習いたてのサッカーを庭で練習していたとき。壁を壊してしまい、青いペンキを塗って補修しました。

10歳の誕生日に男の子からプレゼントをもらったとき。初々しい様子を陰から夫婦で見守っていました。

中学校に上がり、娘はひとりで登校するようになります。

彼女の後を2人の影が、必死に追いかけます。何度も引き留めようとしても戻らない娘。

学校へ行ってしまいました。

アメリカ国旗を掲げる学校で、銃声と子供たちの悲鳴が響き渡ります。

「愛してると言っておくね」

娘のメールに返信することが出来ないまま、夫婦は深い悲しみに暮れ、2人の心は離れ離れに。

やがて娘の影は大きな太陽となり2人の影を包み込みます。

身を寄せ合った夫婦は初めて悲しみを共有することが出来ました。

スポンサーリンク

映画『愛してるって言っておくね』の感想と評価


Netflix 愛してるって言っておくね

喪失の痛み

最初のカットが映し出したのは画面の左右、テーブルの端と端に座る夫婦の姿です。

ふたりの心が離れている様子を視覚的に表現している光景は、映画では度々見受けられますが、目の向いている方向、同じ家に住んでいるのにも関わらず、お互いに顔も見合わせずに、関心すら示さない様子を柔らかな絵のタッチで表現しています。

テーブルを照らすライトは丸みを帯びた優しい光で辺りを照らしますが、同時にうつむくふたりの憔悴しきった心の灯の弱々しさをも表現しています。

ふたりの間に立ち込めたお互いの影が、ふたりの代わりに激しい口論を繰り広げます。

ふたりは微動だにせず、うつむいたまま、全身に虚無感が漂っています。

ふたりの様子とは対照的に、影はお互いを激しく罵り合います。

ふたりの間に何が起こったのかを理解してから見ると、一連のシーンがエリザベス・キュブラー=ロスの提唱した死の受容プロセスが複雑に対応していることが分かります。

何も出来ないほどの抑うつ状態にあるふたりに対して、その影はお互いの行動を顧みて罵り合うほどの怒りを抱えているのです。

そして洗濯機の中から娘のTシャツを見つけ、母親が泣き崩れるシーン、娘を直接思い出させるTシャツのみが、モノトーンで描かれてきたアニメーションの中で鮮やかな青色で印象的に映し出されます。

そこから始まる回想シーンでは、3人家族だった頃の様子が順に描かれていき、現在の喜怒哀楽を失った姿とのギャップに痛ましさを覚えます。

そしてこの夫婦に起こった悲劇が明らかになる次のシーン。

娘が中学校に上がり、ひとりで登校するようになったある日のこと。

両親は変わらず、娘を送り出しますが、過去を回想しに来たふたりの影は、その後に起こる悲劇を知っているため、娘の後を必死に追いかけます。

何度も何度も、必死に引き留めようとしても娘は影を通り抜けてしまいます。

「あの時」への深い後悔がひしひしと伝わるこのシーンには、大切な人と望まぬ形で別れてしまった誰しもがする「たられば」を抒情的に描いています。

本作は、実際に銃撃が起こった様子を直接的な描写として描いていませんが、銃声と子供たちの悲鳴と共に、画面に映し出されるアメリカ国旗が、銃社会アメリカを痛烈に表現しています。

個人の銃保有を、建国の理念として保障するアメリカに対するメッセージとして、銃の直接的描写ではなく、銃保有の権利が、文字通り引き金となって起こる悲劇を想起させた秀逸な描写でした。

しかし、本作がテーマとして伝えたかったのは、政治的メッセージではなく、残された家族の再生の物語。

悲劇により親族を失った者は笑うことが許されないのかという葛藤に対する答えが、本作のエンディングを通して描かれていました。

個人的なドラマに普遍性のある短編アニメ

参考動画:『Grab My Hand:A Letter to My Dad』(2019)

亡くなった家族への喪失感を描いた短編アニメとして、本作との共通点も多いのが、現在放送中のドラマ「バットウーマン」でレギュラー出演中の俳優キャムラス・ジョンソンが手掛けたショートアニメ『Grab My Hand:A Letter to My Dad』(2019)。

昨年各地の映画祭りにて19部門の映画賞を受賞したこの作品は、彼の父親が親友を亡くした時の様子を5分間で描いたショートアニメです。

大切な人を失った父親へ宛てたメッセージの中で、その人と過ごした思い出を誰かと共有することで喪失感、寂しさが和らいでいく様子を見事に表現しています。

両作品とも心寂しい作品でありながら、悲しみから立ち直る人間の強さを讃えるような陳腐な感動ドラマに収斂されないところに、作り手の志の高さを感じます。

どちらも、個人が見舞われた悲劇を描いており、それゆれ観客の同情を誘っているのだとも考えられますが、作品が個人的な喪失感にフォーカスしたことで、誰しもに当てはまる普遍的な訴求力を有しているのです。

まとめ


Netflix 愛してるって言っておくね

ほぼセリフのない短編アニメーションの中で、銃社会アメリカで起こった悲劇と残された家族の深い悲しみ、そこから立ち直るささやかな希望を見せるエンディングまで、見事12分間に凝縮された傑作でした。

娘を失った現実に、始めは目を背けていた両親が、様々な葛藤を越えて立ち直りを見せるまでのプロセスをモノトーンの影や回想といった抽象的な演出で見せたのは、アニメーションならではの技法です。

表現されるものの純度の高さゆえに辛さ、痛ましさがダイレクトに伝わってくる作品です。

直ぐに視聴できるとはいえ、気軽に観られるような内容ではありませんが、鑑賞後には、喪失感や後悔がほんの少し和らぐことでしょう。

『愛してるって言っておくね』は、現在Netflixにて配信中。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『お嬢ちゃん』感想レビューと評価。荻原みのりの演技力で魅せたリアルさと脱力感のユーモア|銀幕の月光遊戯41

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第41回 映画『お嬢ちゃん』が、2019年9月28日(土)より、新宿K’s cinema他にて全国順次公開されます。 初監督作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭に日 …

連載コラム

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想評価と解説。筑豊炭鉱の名もなき坑夫が遺した絵画が記す日本の底|だからドキュメンタリー映画は面白い19

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第19回 一人の炭坑画家の絵画を通して見た、日本最大の産炭地の栄枯盛衰。 今回取り上げるのは、2019年5月25日より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公 …

連載コラム

洋画ホラー映画歴代おすすめベストランキング5選!ドラキュラから怪物・人造人間まで《1950年以前編》|増田健ホラーセレクション1

おすすめの1950年代以前のホラー映画5選。 怪奇を映像で表現する試行錯誤の試みと怪奇スター映画の時代が1950年代以前にありました。それは映画誕生と共に生まれ、人々を楽しませてきたのがホラー映画とい …

連載コラム

中国映画『陰陽師 二つの世界』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【RPGゲームおすすめ実写化で新解釈された安倍晴明とは】|Netflix映画おすすめ24

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第24回 今回ご紹介する映画『陰陽師: 二つの世界』は、中国のオンラインゲーム会社が開発した、大ヒットモバイルゲーム「陰陽師本格幻想RPG」 …

連載コラム

ペドロ・アルモドバルの新作映画『ペインアンドグローリー』インタビュー【Pain&Gloryは個人的な記憶】FILMINK-vol.20

FILMINK-vol.20「Pedro Almodovar Gets Personal With Pain And Glory」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学