Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/06/12
Update

映画『ガラスの城の約束』あらすじと感想。原作ジャネット・ウォールズの小説を監督デスティン・ダニエル・クレットンが描く|銀幕の月光遊戯 35

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第35回

映画『ガラスの城の約束』が2019年6月14日(金)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて、全国順次ロードショーされます。

ホームレスの両親に育てられた女性の衝撃の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化。

『ショート・ターム』(2013)でコンビを組み、互いにブレイクスルーのきっかけとなった監督のデスティン・ダニエル・クレットンと主演女優のブリー・ラーソンが再度タッグを組んだヒューマンドラマです。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』のあらすじ


(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1989年、ニューヨーク。

ジャネット・ウォールズは「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニストです。マンハッタン、パークアベニューの高級アパートメントに、金融アドバイザーである恋人、デヴィッドと暮らしています。

しばしばジャネットは、デヴィッドが顧客を接待する食事会に同席していました。ジャネットの両親について質問が及ぶと、「母はアーティストで、父は起業家です。質の悪い漂青炭を効率よく燃やす技術を開発しています」とジャネットは応え、軽妙なトークで、顧客の心を掴み、契約を成立させました。

デヴィッドは「次も頼むよ」とご機嫌ですが、父母の話はまったくのでたらめでした。レストランからの帰り道、ジャネットは父と母がゴミ漁りをしている光景を目にしますが、知らないふりをして通り過ぎてしまいます。

ジャネットは、家族と暮らしていた幼い頃を思い出していました。

アリゾナ州南部。ジャネットの父親レックスはいつか家族のために「ガラスの城を建てる」というのが口癖でしたが、仕事をしても長続きせず、母親ローズマリーは毎日絵を描くばかり。家族は、空き家をみつけてはそこを住処にし、借金がたまると逃げ出してあちらこちらを渡り歩く生活を続けていました。

しかし、父は物知りで、愉快な人で、幼いジャネットたち兄弟は、その自由な世界を満喫し、楽しく暮らしていました。特にジャネットは父と気があい、「チビヤギ」と呼ばれ、愛されていました。

ジャネットが3歳の時、母親が食事を作ってくれないので自分でソーセージを茹でていると、スカートにコンロの火が燃え移り、腹部にひどい火傷を負ってしまいます。

ジャネットは入院しますが、お金がない父はジャネットの弟に演技をさせて病院の人々をひきつけている間に、ジャネットを病院から担ぎ出して車で走り去りました。

そんな生活が続く中、次第に父の酒の量が増えていきます。わずかなお金も父の酒代に消え、子どもたちは食べるものにも不自由するようになっていきました。

ジャネットに説得され一大決心をして酒を断った父は真面目に働きに出かけますが、しばらくすると、ジャネットとの約束を破り、また酒を飲みに出ていってしまいます。

空き家を転々とする暮らしも限界で、母は父を説得して父の生まれ故郷であるヴァージニア州ウェルチに移り住むことにします。

祖母は、父と同じように大変な物知りで頭のいい人でしたが、ある日、祖母が幼い弟ブライアンにセクシャルハラスメントをしているところをジャネットら子供たちがみつけ、大騒ぎになります。

子どもたちにおされてひっくり返った祖母を見て、駆けつけた父は子どもたちを睨みつけますが、ブライアンに向かって「男なら自分で解決しろ!」と怒鳴るだけでした。

あとになって、ジャネットは父も同じようにハラスメントを受けていたのではないかと考えるようになります。

高校生になったジャネットは、学校新聞の記者として活躍し、周りからも注目される存在になっていました。しかし、父と母との生活はますます悪化するばかり。

この両親に頼っていては生きていけないと確信したジャネットは、兄弟たちに「守られないなら自立しよう」と呼びかけ、この家を出ていこうと決心するのでした・・・。

映画『ガラスの城の約束』の解説と評価

人気コラムニスト・ジャネット・ウォールズの自叙伝を映画化


(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ジャネット・ウォールズの自叙伝『The Glass Castle』は、2005年にスクリプナーから刊行され、一躍ベストセラーに。ニューヨーク在住の洗練されたコラムニストとして知られる彼女の、極貧で破天荒な子供時代は人々を大いに驚かせました。

遊牧民のような生活をやめない両親と一緒の暮らしから脱出し、現在の地位をひとりで一から築いたジャネット。にもかかわらず、ジャネットは父母への愛を根底に持ち続けました。

自叙伝は多くの人の心を捉え、7年もの間、ベストセラーリストに君臨し続けました。

映画化にあたって監督に抜擢されたのは、『ショート・ターム』(2013)で知られるデスティン・ダニエル・クレットンです。問題を抱えた10代の少年少女を対象とした短期保護施設を舞台に人と人の関わり方を希望を込めて描いた作品は、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭でプレミア上映され、審査員特別賞を受賞するなど、高く評価されました。

『ショート・ターム』で主人公のケアテイカーを演じたのがブリー・ラーソンです。この作品がブレイクスルーのきっかけとなり、『ルーム』(2015/レニー・アブラハムソン)ではアカデミー賞主演女優賞を受賞。今回、再びデスティン・ダニエル・クレットン監督と組み、複雑な環境で育った女性を繊細に演じています。

守られない“約束”


(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

タイトルにある「ガラスの城」とは、技術者の父が、家族のために建てたいと何年にも渡って構想を練ってきたものです。太陽エネルギーを利用した構造で、その準備のため、父は家族に家の前の土地に穴を掘らせています。

まともに住む家もない家族にとって、「ガラスの城」は、ロマンチックな夢そのものであり生きていく上での希望の象徴です。しかし、その一方、それは現在の生活を我慢させる誤魔化しの手段でもあります。

父が真剣にそれに取り組んでいたことに嘘はありませんが、どう考えても実現可能な計画にはみえず、具体的なことにことごとく欠けているのです。この“ガラスの城計画”こそ、この父親の相反する2つの側面を象徴しているのです。

本作において、「約束」という言葉はまったくただの言葉に過ぎません。子供に食べるものも与えず、僅かな金を持ち出しては酒に浸る父に、まだ幼いジャネットは、お父さんならお酒をやめることができると粘り強く説得します。彼女は父を信じており、4人の子供の中でも特に父とうまくいっているという自負もあります。

父は、一度はかわした約束を守りますが、やがてすぐに約束は反故されてしまいます。

「約束を破るの?」という少女の言葉が切なく響きます。「約束」がまったく機能しないという状況の困難な様が浮き彫りにされ、そのことが大きな原因となって、ジャネットの父との関係は悪しく変容していくのです。

幼い頃のジャネットを演じるチャンドラー・ヘッド、12歳ころのジャネットを演じるエラ・アンダーソンという二人の子役が素晴らしい演技を見せてくれます。

如何に映画は愛へと帰結するのか?


(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ジャネットの過去のエピソードの多くは、例え親に自覚がなかったとしても明らかなネグレクトです。

子供に食事を用意しない、3歳くらいの子供にコンロを使わせ一人にして結果大火傷を負わせる、学校に通わせない、何日も食事をとらせないなど、両親は、保護者の役割を果たしていません。

子供時代は、冒険のような毎日で(実際、母親は「これも冒険よ」と何度か口にしています)、多少の不自由は子供にとっては我慢できるものでもあり、また、父が底抜けに明るく悪気がないことも相まって父は彼女たちにとってはヒーローでした。

しかし、子どもたちが成長するに連れ、また、父が酒に溺れるに連れ、これは普通ではない、ここにいてはいけないということに彼女たちは気が付き始めます。その過程が丁寧に描かれています。

どんなひどい親でも子は親を求めるものだとはよく言われますが、この物語がどのようにして、「許し」や「愛」へと帰結していくのかが、多少不安でした。世の中には、悪気の無い“毒親”に苦しむ人も少なくありません。安易な解決策ではとても納得できないでしょう。

しかし、デスティン・ダニエル・クレットン監督とブリー・ラーソンのコンビは、その不安を払拭してくれます。母が絵を描いて幸せそうだったのも、ジャネットがコラムニストになれたのも、こうした背景があったのだ、と強く心撃たれます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

父親に扮したのは、ウディ・ハレルソンです。『スリー・ビルボード』(2017/マーティン・マクドナー)では警察署長役、『LBJ ケネディの意志を継いだ男』(2016/ロブ・ライナー)では、第36代米大統領リンドン・ジョンソンを演じ、同じくロブ・ライナー監督の『記者たち衝撃と畏怖の真実』(2018)ではイラク戦争の真実を追求する記者を演じ、それぞれ強烈な印象を残しました。

本作では外見も実際のジャネット・ウォールズの父親に似せ、聡明で愉快な男でありながら破滅的なアルコール中毒者という破天荒な役柄を演じきっています。

また、絵を書くことに没入すると他が見えなくなる母親を『マルホランド・ドライブ』(2001/デビッド・リンチ)、『アバウト・レイ 16歳の決断』(2015/ゲイビー・デラル)などのナオミ・ワッツが演じています。

この二人が両親を演じることによって、不思議な絆で結ばれた奇異な人物に大いなる説得力を与えています。

ヒロインを演じたブリー・ラーソンは、近年、『キャプテン・マーベル』(2019)でマーベルヒーローを演じるなど目覚ましい活躍を見せていますが、次回作として三度、デスティン・ダニエル・クレットン監督と組むことが決まっているそうです。

映画『ガラスの城の約束』は、2019年6月14日(金)から新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて、全国順次公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)2019「いちごの唄」製作委員会

2019年7月5日公開の日本映画『いちごの唄』をお送りする予定です。

お楽しみに!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』感想と内容解説。平成最後の戦隊シリーズの鑑賞ポイントを紹介|邦画特撮大全38

連載コラム「邦画特撮大全」第38章 先日2019年3月17日から平成最後の戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送が開始されました。 あなたは第1話をご覧になられましたか。王道的な展開と新たな …

連載コラム

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』原作者・押見修造さんからのメッセージ|映画道シカミミ見聞録2

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第2回 森田です。第2回目は新作映画をご紹介します!映画の大学で働いていると、卒業生がかかわる作品が公開されるといううれしいニュースが、毎日のように入ってきます。 7 …

連載コラム

映画『Mr.&Mrs.フォックス』あらすじネタバレと感想。「ピンクパンサー」シリーズを彷彿させたコメディ作品|未体験ゾーンの映画たち2019見破録50

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第50回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は豪華キャストで描く、ブラックなコメディ映 …

連載コラム

『シンプル・フェイバー』感想評価レビュー。映画の結末まで対極的な女性が繰り広げる失踪事件の真相とは|サスペンスの神様の鼓動12

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、2019年3月8日から公開となる、 …

連載コラム

ネタバレ感想『トラウマゲーム 恐怖体験アトラクション』西村喜廣が参加のハイテンションホラーを解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第14回 ヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。ジャンルと国籍を問わない貴重な映画計58本が …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP