Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/10/31
Update

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレ感想【白石和彌監督】

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『ユリゴコロ』などで知られる沼田まほかるのベストセラー小説を、映画『凶悪』の白石和彌監督が映画化。主演は蒼井優と阿部サダヲ、共演に松坂桃李、竹野内豊。

第22回釜山国際映画祭に正式出品された本作は、かつての恋人の失踪を知ったことから、意外な秘密の扉が開いていく…。

スポンサーリンク

1.映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の作品情報


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

【公開】
2017年(日本)

【原作】
沼田まほかる

【監督】
白石和彌

【キャスト】
蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊

【作品概要】
人気作家沼田まほかるのミステリー小説を『オーバー・フェンス』や『東京喰種トーキョーグール』で知られる蒼井優と、『謝罪の王様』や『殿、利息でござる!』の阿部サダヲによる共演で映画化。

演出は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などで異彩を放つ白石和彌監督。本作は韓国で開催された第22回釜山国際映画祭に正式出品されました。

2.映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のあらすじとネタバレ


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

下品で汚らしい男、陣治と暮らす十和子。

仕事もしないで怠慢な生活を送る十和子は、デパートの時計販売コーナーに電話でクレームを入れますが、店員の応対に理不尽に腹を立て、一方的に電話を切り、外出します。

そこへ同棲している年上の男、陣治から電話がありますが、十和子は「用が無いなら電話してくんな」と冷たくあしらいます。

レンタルDVD店でクレームを入れていた十和子は、昔の恋人である黒崎に似た男を見かけて店を出ます。

陣治と生活している現在も、十和子は黒崎の事が忘れられないのでした。

夜になり帰宅した陣治は、十和子の為に夕飯を作り、マッサージまでします。

十和子の事をいつも考えて、尽くしてくれる陣治ですが、見た目が汚く下品な陣治を、十和子は毛嫌いして突き放します。

それでも陣治は十和子の事を考え、遊ぶお金を与えるなどして、優しく接するのでした。

妻子持ちの男、水島との出会い

クレームを入れたデパートの、時計販売係の主任である水島から、十和子に電話がかかってきます。

十和子が使用していた、壊れた腕時計の代わりに「何本か腕時計を持参してお詫びしたい」と提案する水島。

ですが、十和子は水島の提案を拒否し、電話を一方的に切ってしまいます。

しかし、十和子は水島が働くデパートに出かけ、その姿を確認。

陣治とは真逆のお洒落な容姿が気に入り、一度は断った時計の交換を受け入れて、自宅に水島を訪問させます。

時計を何点か提案する水島ですが、それらの時計は水島が選んだ物では無く、業者に選ばせた事を知り、十和子は泣き出してしまいます。

水島は目の前で泣き出した十和子の唇を突然奪い「申し訳ありません、こうするしか無いように思いまして」と謝罪をしますが、十和子が水島を男性として受け入れ、更に激しい接吻を強要します。

その時、陣治から電話がかかり、水島は逃げるように立ち去るのでした。

水島との関係を深める十和子

十和子は、デパートで働く水島を訪ね、そこで水島が選んだという時計をプレゼントされます。

水島には妻子がいる事を知りながら、男女の関係を深める十和子。

水島と別れ、帰宅途中の十和子の前に、帰りが遅い十和子を心配して自転車で探し回っていた陣治が現れます。

しかし十和子は、またも陣治を突き放すのでした。

次の日、十和子の帰りが遅い事を心配した陣治から連絡を受けた、十和子の姉の美鈴が、2人が住んでいるマンションを訪問します。

美鈴は、十和子が黒崎に会っていたのではないかと疑いますが、陣治は「それだけは無い」と否定します。

美鈴の問いかけに逆上した十和子は、部屋に閉じこもってしまい、呆れた美鈴は帰宅します。

再び黒崎への思いが強くなった十和子は、黒崎に電話をしますが、すぐに切ってしまいます。

垣間見える陣治の凶暴性、行方不明になった黒崎

ビデオ映像を見ながら、黒崎との思い出に浸り、眠ってしまった十和子。

そこに陣治が帰宅し、ビデオを停止させ、十和子に外食を提案します。

食事をしながら、働いている建設現場の上司の悪口や、「いつか小説を書いてお金持ちになる」等の妄想話をする陣治に、十和子はうんざりした様子を見せます。

その帰り道、十和子と陣治が乗車した満員電車で、後から駆け込んで来た男性客に、陣治は車内の奥に弾き飛ばされます。

男性客は、陣治を弾き飛ばした事に謝罪もせず、十和子を笑顔で見つめています。

電車が発車するその瞬間、突如陣治が男性客をホームに突き飛ばし、倒れた男性客を冷たい視線で見つめ続けるのでした。

その異常な行動に、十和子は恐怖を感じます。

十和子を付け回す陣治、黒崎殺害を疑う十和子

水島との不倫を続ける十和子、陣治はその事に気付いた様子で、十和子の外出を止めようとしますが、十和子は陣治を振り払います。

水島と会い、タクシーに乗って帰宅する十和子は、車内から自転車に乗った陣治の姿を目撃、明らかに2人の様子を監視して追いかけて来ている事を確信します。

十和子は家には帰らず、美鈴の家に宿泊します。

その際に、黒崎が行方不明になった事を知った美鈴は、陣治が「十和子と黒崎が会う事は絶対に無い」と言っていた事を思い出し、陣治は、黒崎が行方不明になった事を知っているのではないかと十和子に伝えます。

十和子は「陣治が黒崎を殺害したのではないか」と疑いを持ちますが、十和子を迎えに来た陣治により、連れ戻されてしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレ・結末の記載がございます。『彼女がその名を知らない鳥たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

陣治が黒崎を殺害した事を疑う十和子、そこに水島から電話があり、水島の妻に嫌がらせがあった事、会社の顧客データが掲載された書類が無くなった事を告げられます。

陣治を疑っている水島は、十和子に書類を探す事と、しばらく会わない方が良いと提案しますが、水島に会いたい気持ちが抑えられない十和子は、水島の働くデパートへ向かいます。

ですが、そこで目撃したのは別の女性と楽しくデートをしている水島。

そして、水島から十和子へ送られた時計は、安物の時計だった事が発覚します。

それでも水島と会う事を懇願した十和子は、水島のいいなりとなるのでした。

陣治が黒崎を殺害した事を調べる為に、十和子は黒崎の妻、国枝カヨを訪れます。

カヨから、誰かに尾行された事がある事や、嫌がらせを受けていた事、黒崎は闇金融に多額の借金があった事を聞かされます。

そこにカヨの叔父、国枝が現れ「自分も話がしたい」と十和子との会話を要求、カヨは逃げるように外出をします。

「お前の事は忘れない」と近付く国枝から、十和子は逃げ出します。

十和子は黒崎の為に、実力者である国枝と、強制的に一晩を共にさせられた過去がありました。

しかし、その十和子を裏切り、黒崎はカヨと結婚する事を十和子に報告、逆上した十和子に暴力を振るい、一方的に別れを告げられたのです。

カヨを訪れた帰り道に、十和子を待っていた陣治に遭遇、帰宅後に陣治が黒崎を殺した事実を認めます。

陣治が黒崎を殺害した事で、二度と会えなくなってしまった事に逆上し、陣治を責める十和子。

ですが、陣治は「そんな話は、もういい」と十和子をなだめるのでした。

次の日、包丁を購入し、美鈴に「遠い所に行く」と電話をした十和子。

水島にも電話をしますが、会社の書類が見つからない事を責められながらも、会う約束を取り付けます。

水島と会った十和子は、遠くに行くかもしれない事を伝え、書類が見つからない事を水島に謝罪しますが、水島は書類が見つかった事を十和子に報告します。

書類が見つかった事を軽い調子で、謝罪もなく十和子に伝え、体を求めて来る水島に逆上し、十和子は水島を包丁で刺します。

しかし、そこに陣治が現れ十和子を止めて「お前を刺したのは俺だ、警察にはそう伝えろ」と水島に伝えます。

そして十和子は思い出すのです「黒崎を殺したのは自分だ」と。

黒崎と別れた5年後に、十和子は黒崎に呼び出されて会いに行きます。

そこで告げられたのは、1千万の為にもう一度、国枝と寝て欲しいという事。

「必ず幸せにする」という黒崎に逆上し、十和子は黒崎を刺し殺します。

そして、十和子からの電話を受けた陣治が、死体を処理して全て自分がやった事にして、十和子に全てを忘れさせていたのです。

全てを思い出した十和子に、陣治は十和子の苦しみを全て自分が背負うと伝えて、「まともな男に出会って、幸せになれ!お前が身籠ったら、その子は俺が入ったと思ってな」と告げて、ビルから飛び降りてしまいます。

陣治が飛び降りた後、名前も分からない鳥の群衆が空を飛んでいるのでした。

スポンサーリンク

3.映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の感想と評価


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

共感度0%、不快度100%」のキャッチコピーの通り、登場キャラクター全員、ろくでもないというこの作品。

松坂桃李や竹野内豊が、よくキャスティングのオファーを受けたなという程、最低な男を演じています。

映画の冒頭にさまざまな会社にクレームを入れまくる十和子の嫌な女ぶりや、音を食べながら食事をし、食べている途中で抜けた歯を平気で食卓に置く陣治の下品さなど、駄目っぷりを見せつけられ、「宣伝文句通りの映画なんだ」と思いながら見ていました。

しかし、それはラストに近付くにつれて、大きく覆されます。

映画の初見はサスペンス色の強い映画として楽しめ、2度目以降は、拒絶され続けても十和子を守り続ける陣治の悲しいドラマとして楽しめる、2017年は邦画の純愛映画が多いですが、本作も“純愛映画”と言って過言ではないでしょう。

また、十和子と陣治だけではなく、登場キャラクター全員が、最初の印象と180度違う顔を見せるようになり、ことごとく人物の第一印象が覆されるのも特徴

参考映像:カーティス・ハンソン監督(脚本・製作)『LAコンフィデンシャル』

例えば、1997年にカーティス・ハンソン監督が制作した映画『LAコンフィデンシャル』と同様に、登場キャラクターの第一印象が映画が進むにつれて覆されていく、脚本と演出が見事な作品でした。

本作『彼女がその名を知らない鳥たち』は、同じぐらいの完成度の高さを感じました。

前述のキャッチコピーで観客を選ぶ映画のように思われるかもしれませんが、万人にお薦め。

特に誰かを本気で好きになったけど、振り向いてもらえなかった経験のある男性は号泣必死

サスペンス、どんでん返し、感動、映画の面白さが全て詰まった傑作です!

まとめ


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

2013年に『凶悪』、2016年には『日本で一番悪い奴ら』で、人の道を外れてしまった人達の生き様をエネルギッシュに描いてきた白石和彌監督

これまでの実録映画とは違うテイストですが、白石監督自身が原作小説にほれ込んだ事でこの作品は完成しました。

全くの知識なしで観賞すれば、観客の第一印象をことごとく裏切り(いい意味で)観客を振り回すストーリー展開に感心し、陣治の行動、セリフ全てが観賞中と観賞後では印象が変わってしまう、緻密な構成に驚かされる事でしょう。

R15指定映画で、人を選ぶ印象を持たれてしまうかもしれませんが、万人に共通する“誰かを強く思う心”を描いた本当に素晴らしい映画です。

不快感は必ず共感に変わります、本当にオススメ作品です。



関連記事

ラブストーリー映画

『ばるぼら』ネタバレ考察と解説。映画ラストの原作漫画との違いと小説を“死なせなかった”意味とは⁈

映画『ばるぼら』は2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、渋谷ユーロスペースほかにて全国ロードショー公開! 「漫画の神様」こと漫画家・手塚治虫の数々の代表作の中でも「異色の名作」「映像化は不可 …

ラブストーリー映画

『フォルトゥナの瞳』ネタバレ感想。映画と原作本(百田尚樹)の違いを徹底解説

人の運命は最初から決まっているのでしょうか? ローマ神話に伝わる運命の女神「フォルトゥナ」その瞳を持ってしまった者には、死を目前にした人間が透けて見えるという。 あなたは、目の前の人が死ぬ運命にあるこ …

ラブストーリー映画

Netflix映画『ブルージェイ』ネタバレ感想と考察解説。大人のラブストーリーをアレックス・レーマン×マーク・デュプラスが描く

ロマンス映画『ブルージェイ』はNetflixで配信中! 映画『ブルージェイ』は、2016年に米国で限定公開されました。かつての恋人同士が偶然の再会を果たし、過去の思い出を振り返りながら互いの消せない記 …

ラブストーリー映画

綾瀬はるか映画『今夜、ロマンス劇場で』あらすじ!原作はある?

女優の綾瀬はるかとモデルで俳優の坂口健太郎の初共演を果たす映画『今夜、ロマンス劇場で』。 武内組の映画撮影の現場が2017年6月にクランクアップ。これから撮影を終えた映像の編集作業やポスプロなど行う予 …

ラブストーリー映画

海辺の生と死ネタバレと感想!ラスト結末も【満島ひかり主演映画】

プロデューサーとして『かぞくのくに』や『夏の終り』などを手掛け、2015年に『アレノ』で監督デビューを飾った越川道夫監督の第2作目『海辺の生と死』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学