Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『明け方の若者たち』あらすじネタバレ結末と感想評価。キャスト北村匠海x黒島結菜が「終わり」を見つめながら青春を駆け抜ける

  • Writer :
  • 谷川裕美子

現実と夢の狭間でもがく恋人たち

君の膵臓をたべたい』(2017)『東京リベンジャーズ』(2020)の北村匠海主演で描く若者の恋と葛藤を描く青春ストーリー。監督を松本花奈が務めます。

共演は黒島結菜、井上祐貴。

若者たちの苦く切ない、けれどもキラキラと光る時間と恋がリアルに映し出されます。

明け方まで笑い合い、語り合った頃の輝きが、観る者すべての胸に切なく蘇る作品です。

映画『明け方の若者たち』の作品情報


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
カツセマサヒコ

【監督】
松本花奈

【脚本】
小寺和久

【編集】
高良真秀

【出演】
北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、山中崇、楽駆、菅原健、佐津川愛美、高橋ひとみ、濱田マリ

【作品概要】
WEBライターのカツセマサヒコによる長編小説デビュー作を、自身も俳優として活動するほか『ホリミヤ』(2021)、『脱脱脱脱17』(2017)などを手掛ける若手監督・松本花奈が映画化。

主演は『君の膵臓をたべたい』(2017)『東京リベンジャーズ』(2020)の北村匠海。

主人公が恋に落ちる女性を、NHK朝ドラ『ちむどんどん』でヒロインを務めた、『カツベン!』(2019)の黒島結菜、親友の尚人を井上祐貴が演じます。

映画『明け方の若者たち』のあらすじとネタバレ


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

2012年4月。就職が内定し、明大前の沖縄料理屋で退屈な飲み会に参加した僕は、彼女と出会いました。携帯がみつからないという彼女のために、僕が番号を鳴らしてやると、携帯はすぐにみつかります。彼女はそのままひとり先に店を出ました。

その後、僕の携帯に彼女から「私と飲んだ方が、楽しいかもよ?」という誘いの連絡が入ります。

指定されたクジラ公園で待っていた彼女。誘い方があざといと言った僕に、彼女は笑って飲みかけのハイボール缶を渡しました。公園で飲みながら話すうち、彼女が院生で、年上だとわかります。

「俺といたらきっと楽しいよ」と別れ際に言った僕に、彼女はありがとうと答えました。

下北沢のザ・スズナリに演劇を観に行き、中華を楽しく食べ、帰り道ふたりは手をつないで歩き出します。「少し押していいよ」と言われた僕は、朝まで一緒に過ごそうと彼女を誘ってOKをもらいました。

ホテルのベッドでキスしようとした僕は勢いあまって歯に歯をぶつけてしまいます。ふたりは痛いと言って笑ってから、熱く抱き合いました。

付き合いながら僕は印刷会社に、彼女はアパレルに就職しました。研修後に総務に配属された僕は、夢のある仕事ではないことに落ち込みます。営業になった同期の尚人もまた、体質の古い部署に幻滅していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『明け方の若者たち』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『明け方の若者たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

2013年6月。尚人が住む高円寺に移り、ひとり暮らしを始めた僕。引越しの手伝いをしてくれた彼女と尚人と、夜通し飲んで歌って過ごします。明け方を迎える前、3人は終わってほしくないほど楽しい時間を満喫します。

僕の会社の上司が休みをとってフジロックに行くことを聞いた彼女は、それに対抗して自由気ままな旅に出ようと誘いました。海を目指し、現地で見つけたホテルの部屋をとったふたり。愛し合った後、僕は彼女に「全部好き」と言い、彼女は「ありがとう」と言いました。

翌朝、朝日を浴びて海を見ながら、「魔法みたいな時間だった」と彼女は呟きました。

ある日、工場で作業員が指を落としてしまう大事故が起こります。僕は、落ちた指を氷水に入れて持たされました。

その後、僕は社内のベンチで尚人に、自分にこの仕事に向いていないと語ります。指を持ったときに興奮を覚えてしまった僕は、どれだけ自分が退屈な毎日を送っていたか思い知らされていました。

それからバッティングセンターに行き、僕は旅行以来彼女から連絡がないことを尚人に打ち明けました。「相手が結婚していたらハッピーエンドは望めない」という尚人。僕は、そんなこと最初からわかってたと答えます。

初めて彼女に会った日。彼女は夫が3年間の海外出張に出たことを僕に告白していました。彼女が僕を選んだのも、僕の横顔が夫に似ていたためでした。

2014年12月。久しぶりに会った彼女は、夫が突然帰ってきたことを話します。少しは好きでいてくれたかと聞いた僕に、彼女は「ちゃんとすごく好きだった」と答えました。

会社を休み、僕は抜けがらになったかのように生きていました。怒りでモノに八つ当たりし、叫ばずにはいられませんでした。

いつの間にか眠ってしまい目を覚ますと、心配して尚人が部屋に来ていました。尚人は温かく甘いドリンクを作って僕に飲ませ、この機会にめっちゃいい男になろうと元気づけます。

長い休み明けに出勤した僕を、上司がやさしくいたわってくれました。尚人は同期も交えて僕を飲みに誘います。

誘われて初風俗を体験した僕。デリヘル嬢のミカから好きな人はどんな人だったのかと聞かれ、人生初のひとめぼれだったことを話します。その後、彼女の全部が好きになっていたこと、そして彼女が結婚していたことも。

2016年12月。尚人は退職し、小さな編集プロダクションに移る決心をしました。次に飲むときには新しい彼女の話を聞かせろ、という尚人。互いによいお年をと言い合って別れました。

2017年3月。僕は大学時代の友人・石田に呼び出され、ネズミ講に誘われてあっけにとられます。

久しぶりに僕は明大前の沖縄料理屋で尚人と会い、企画に異動希望を出したことを話します。そして、石田に会ったことを話して笑いました。

こんな遅い時間まで久しぶりに飲んだと言って笑うふたり。明け方までだらだら飲んでいた頃を思い出し、夢はまだあきらめていないと語り合います。

オールで飲んでも出社していたけれど、あれは若いときしかできなかったことだったと言い合うふたり。こんなはずじゃなかったと言って酒を飲んでいたあの頃こそ、人生のマジックアワーだったのではないかと尚人は言いました。

尚人をタクシーに乗せ、僕はひとりで彼女との思い出の歩道橋を歩き、クジラ公園に行きました。ベンチにはハイボールの空き缶がふたつ残されており、僕は自分の携帯がないことに気づいて苦笑いします。

空はまだ暗く、これから新しい朝を迎えようとしていました。

映画『明け方の若者たち』の感想と評価


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

終わりがわかっている恋の魔力

切なさと熱さが入り混じった若き日の青春譚『明け方の若者たち』。恋でも仕事でも、夢と現実の狭間でもがく青年を、人気俳優の北村匠海が演じます。主人公は‟僕”とだけ表現され名前を持たず、私たちすべてを体現する存在として描かれています。

幸せになる恋や、夢を叶える仕事に憧れと希望を持っていたのに、それらすべてを厳しい現実に打ち砕かれる‟僕”。長い年月を経て振り返り、悩み苦しんだその時間もまた愛おしいマジックアワーだったことに気付く姿にも、大きな共感を覚える一作です。平凡な青年の悩みと喜びを北村が繊細に演じています。

主人公の恋の相手を演じるのは若手女優の筆頭・黒島結菜です。彼女もまた‟彼女”という呼び名しか持ちません。

‟僕”と‟彼女”として描かれる恋は、私たちすべての普遍的な物語であると同時に、現実離れしたファンタジックな匂いも醸し出します。

飲み会で‟僕”を誘った‟彼女”は、携帯をなくしたふりをして、探すためにかけてもらって番号をゲットするというあざと女子です。しかし、彼は一瞬で恋に落ち、その晩ふたりはすぐに結ばれます。

実は彼女は出会ってすぐに、自分が既婚者であることを青年にカミングアウトしていることが後半に明かされます。

彼女はあざといながらも純粋な女性でした。愛する夫と心通じ合えないまま遠く離れたことに苦悩し、夫に似た横顔を持つ青年を振り向かせることで寂しさを埋めようとしていたのです。

一方、幼さの残る青年は、彼女が既婚者とわかっても、ひとめぼれした彼女を欲しいという強い思いに逆らえませんでした。目の前のおもちゃやお菓子を欲しがる子どもとさほど変わりません。

スリルある恋を味わいたい気持ちもあったことでしょう。その性格は、工場の事故で切断された指を持って不謹慎ながらも興奮してしまう姿からもうかがい知れます。

終わりがわかっているからこそ、彼女は必死でその時間のきらめきを存分に味わおうとします。冬の花火、夜通し飲んでしゃべって迎える朝、行先を決めずに出かける旅行。それらは「終わってしまうのが寂しい」という思いでさらに輝きを増し、麻薬のようにふたりをとらえて離しませんでした。

火遊びで終わるはずだったのが、思ったより長く続いてしまい、お互い本気になってしまったというのが本当のところでしょう。

これが終わってしまう恋であることは、初めからわかっていました。彼女が本当に愛していたのは最初から夫だけでしたし、青年もまた、奪い取ろうという思いは抱かなかったからです。恋が終わった後、彼はデリヘル嬢に打ち明けます。「2番目でもいいから、会っているときは自分だけを見てほしかった。それだけ。」と。

初めは軽い気持ちで始まった恋も2年もの時を経て熟し、別れは彼の心を深く傷つけることとなりました。しかし、その経験を乗り越えたことで、青年はやっと本当の大人になることができたのです。

過ぎてから気づくマジックアワーの輝き


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

‟僕”と‟彼女”の恋を見守る、尚人という会社の同期の青年が登場します。彼だけは名前を持って描かれます。

尚人も‟僕”もクリエイティブな仕事をするのだという夢を持って入社しましたが、厳しい現実を前にあっけなくその思いは打ち砕かれました。それでも彼らは飲みの席でオールで企画を出し合ったりして、夢を捨てきれずにいます。

尚人は‟彼女”が既婚者だと知っており、ずっと親友を見守ってきました。終わりがくることは必然だったので、尚人はいつも‟僕”を気にかけ続けます。恋が終わり、会社を休んで音信不通になった時には、すぐに友人の家を訪ねてきて元気づけました。

「温かい甘い物を飲むと人間は落ち着く」そう言ってドリンクを作ってやる彼のやさしさは、‟僕”の胃袋と心に深く染み入ります。その後も彼を飲みに連れ出したりして、現実に引き戻してやりました。

その大仕事を終えてから、尚人は別の会社へ移っていきます。風俗嬢に仕事はなにかと聞かれて思わず「企画」と答えた‟僕”もまた、企画の部署への異動願いを出しました。ふたりで夜通し語り合った夢は静かに根付き、確かに芽吹き始めたのです。

そうやって語り合った夜明けを迎えるまでの時間こそが、自分たちのマジックアワーだったことに気づくふたり。そこには確かに‟彼女”も存在していました。

‟彼女”もまた旅が終わる直前、海を見ながら「魔法みたいな時間だった」と呟きます。

私たちがそのかけがえのない時間を見つめるのは、いつも通り過ぎた後です。失った後だからこそ、その魔法のような時間はまぶしいほどに輝き続けるのでしょう。その輝きのかけらは間違いなく胸に残り、その後もそれぞれの人生を照らし続けるに違いありません。

まとめ


(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

既婚者とわかっていて付き合い始めた恋人達の切ない関係を描くラブストーリー『明け方の若者たち』。主人公の青年は、希望を抱いてきた恋や仕事に厳しい現実が待ち受けていることを思い知ります。

大学生にして不倫を経験したり、工場での事故で切断されてしまった指を見てしまうなどという大変な経験をする人は少ないでしょう。しかし、思い通りにいかない現実にもがく主人公の姿は、間違いなく私たちひとりひとりの姿を映し出しています。

まだ大学で青春真っただ中の方、若くこれから新たに社会に出る方には同時進行的な内容が身につまされることでしょう。それらの時間を通り過ぎてから何年も経つ方は、観終えた後に強く郷愁を呼び起こされるに違いありません。

人生の苦さや切なさとともに、その時代にだけ存在する確かな輝きが掬い取られて描かれており、たまらなく胸を引き絞られるのです。

あなたにとってのマジックアワーはいつだったでしょうか?輝いていた時間を大切に取り出して、もう一度眺めてみたくなる作品です。




関連記事

ラブストーリー映画

映画ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ|ネタバレあらすじと感想評価。結末までジェーンバーキンの美しさが4K完全無修正版で蘇る!

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(4K完全無修正版)』は、2021年5月29日(土)にリバイバル公開。 セルジュ・ゲーンズブール没後30年を記念して公開された『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ( …

ラブストーリー映画

【ネタバレ】映画『天上の花』結末あらすじと感想評価の考察。曼殊沙華(まんじゅしゃげ)と三好達治を通じて“愛の意味”を解く

戦争の時代に翻弄され、詩と愛に生きた詩人の生涯。 萩原朔太郎の娘・萩原葉子が1966年に発表した小説『天上の花 三好達治抄』を『いぬむこいり』(2017)の片嶋一貴監督が手がけた文芸映画『天上の花』。 …

ラブストーリー映画

『ビクター/ビクトリア』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ミュージカルでジュリー・アンドリュースとブレイク・エドワーズが魅せるゲイの恋の行方

ジュリー・アンドリュース主演の『ビクター/ビクトリア』 『ティファニーで朝食を』(1961)や「ピンク・パンサー」シリーズの監督ブレイク・エドワーズのミュージカル映画、『ビクター/ビクトリア』。 ビク …

ラブストーリー映画

映画『ある貴婦人の肖像』ネタバレあらすじ考察と感想評価の解説。イザベル役を女優ニコール・キッドマンが見事に演じきったジェーン・カンピオン作品!

19世紀のイギリスとイタリアを舞台に、自由に生きようとした令嬢の運命と真実の愛とは・・・ 今回ご紹介する映画『ある貴婦人の肖像』は、ヘンリー・ジェイムズの小説『ある婦人の肖像』が原作です。「真実の愛に …

ラブストーリー映画

映画『エマ、愛の罠』ネタバレ感想と考察評価。マリアーナ・ディ・ジローラモ(チリ女優)が演じる美しく情熱的な愛情

美しく情熱的なエマに誰もが魅了されてしまう。そんなエマが仕掛ける“愛の罠” 一人の奔放な女性の愛を描く『エマ、愛の罠』は10月2日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラスト …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学