Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/09/10
Update

『さすらいのボンボンキャンディ』あらすじ感想と評価解説。原作延江浩の短編小説を映画化!心の空白を埋めたいヒロインが彷徨い“たどり着いた場所”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ひとりの女性の焦燥と孤独、抵抗を追う物語

サトウトシキ監督による『さすらいのボンボンキャンディ』が2022年10月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開となります。

主演の影山祐子と原田喧太のほか、飯島大介、辻しのぶ、伊藤洋三郎らが出演します。

孤独を抱えた女性の心の旅を追う本作の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『さすらいのボンボンキャンディ』の作品情報


(C) 映画「さすらいのボンボンキャンディ」製作委員会/延江浩

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
延江浩

【脚本】
十城義弘、竹浪春花

【監督】
サトウトシキ

【編集】
目見田健

【出演】
影山祐子、原田喧太、雅マサキ、足立智充、嶺豪一、飯島大介、辻しのぶ、伊藤洋三郎

【作品概要】
延江浩の短編小説集『7 カラーズ』の一編を、『短篇集さりゆくもの もっとも小さい光』のサトウトシキが企画・監督を務め映画化。『アタシはジュース』(1996)以来のタッグとなります。

愛を探す人びとの愚かで滑稽でちいさな物語が綴られます。

映画初主演を飾るのは『ラストラブレター』(2016)や『激怒』(2022)の影山祐子。原田芳雄を父に持つギタリストの原田喧太が恋人・マサル役を好演しています。

映画『さすらいのボンボンキャンディ』のあらすじ


(C) 映画「さすらいのボンボンキャンディ」製作委員会/延江浩

焼酎を飲みながら街をさすらう34歳の仁絵。ひとりで野球観戦をしながら酒を飲んでいた彼女に、48歳のマサルが話しかけます。

家に誰もいないからぶらぶらして過ごしていると話す仁絵に、マサルは中学生の娘がいることや、電車の運転手になりたかったけれど試験に受からなかったため車掌をしていることを話します。

生まれて初めてバイクの後ろに乗せてもらい、雨の街を走る仁絵。マサルとの会話はとても楽しいものでした。

翌日も約束して会ったふたりはすぐにキスをし、体を重ねるようになります。仁絵の夫は海外に長期出張しており、彼女は寂しさを持て余していました。

既婚者同士でありながら惹かれ合ったふたりは逢瀬を重ねます。しかし、ある日マサルは彼女の前から姿を消してしまい…。

スポンサーリンク

映画『さすらいのボンボンキャンディ』の感想と評価


(C) 映画「さすらいのボンボンキャンディ」製作委員会/延江浩

自堕落さと透明感を併せ持つヒロインの魅力

作家・延江浩自身がどうしても世に出したかったという一編を、サトウトシキ監督が映画化した『さすらいのボンボンキャンディ』。

初の受賞作『アタシはジュース』(1996)でもサトウ監督とタッグを組んだ延江は、そのめぐりあわせに感動したといいます。

本作では、空白を埋めるものを求めてさすらい続けるひとりの女性の心情が細やかに描かれます。

ラストラブレター』(2016)や『サラバ静寂』(2018)、『花束みたいな恋をした』(2021)、『激怒』(2022)など注目作への出演が続く影山祐子が、本作で初主演を飾りました。

彼女が演じる仁絵は、強い焼酎の霧島の瓶をバッグに入れて持ち歩いてところかまわずストレートで飲み、数々の男性と関係を持つ人妻という自堕落な女性です。しかし、彼女は決して酒に飲まれることはなく、また性愛に溺れることもありません。

影山はそんな仁絵を体当たりで演じ、透明感や清潔感さえ感じさせる魅力的なヒロインに息を吹き込みました。

仁絵からは心の空白を埋める難しさとともに、傷を負うことで慰められる心が存在することを教えられます。

仁絵が恋に落ちる男性・マサルを演じるのは、ギタリストの原田喧太です。彼の父・原田芳雄の遺作である『大鹿村騒動記』の原作者でもある延江が、原田喧太の出演と音楽を提案して実現しました。

原田の歯切れのよいセリフや、醸し出す品と孤高の空気感が作品に見事にマッチしています。彼の奏でるエンディングテーマを最後まで鑑賞して作品の世界観を楽しんでください。

仁絵とマサルの並ぶ何気ない情景がとても心地よく映し出されます。二人乗りのバイクは、どこか異世界を旅しているかのようです。

孤独な仁絵の心はマサルの虜になりますが、生まれて初めて乗ったバイクから見た景色がその大きな一因となったことは間違いありません。

まとめ


(C) 映画「さすらいのボンボンキャンディ」製作委員会/延江浩

作家・延江浩と監督・サトウトシキが約25年ぶりにタッグを組んだ作品『さすらいのボンボンキャンディ』。

言葉では表せない感情を映像に浮かび上がらせるサトウトシキならではの演出が光る一作です。

影山祐子が圧倒的な存在感と大胆な演技で映画初主演を鮮やかに飾っています。

原田芳雄を父に持つギタリストの原田喧太がヒロインの心を奪う男性を好演。本作の音楽も手がけ、映画の世界観を彩ります。

『さすらいのボンボンキャンディ』は2022年10月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開予定です。




関連記事

ラブストーリー映画

映画『紳士は金髪がお好き』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。マリリン・モンロー代表作おすすめ!ミュージカル・コメディで“玉の輿”をねらえ

マリリン・モンローとジェーン・ラッセル共演、 ショウガールの恋模様をコミカルに描くミュージカル 『紳士は金髪がお好き』は、1925年に女性作家アニタ・ルースが発表した小説は1928年にも映画化されてい …

ラブストーリー映画

映画パーフェクトレボリューション清野菜名(ミツ)評価と演技力は?

リリー・フランキーを主演に、ヒロイン役に清野菜名を抜擢して、障がい者の恋と性をポップに描いた映画『パーフェクト・レボリューション』が、2017年9月29日(金)に公開されることが決定しました。 ヒロイ …

ラブストーリー映画

映画『パームスプリングス』ネタバレ感想解説とラスト結末の評価。繰り返すタイムスリップの恋愛の行く末

同じ日常を繰り返す男女の恋模様を描くハートフルコメディ 映画『パーム・スプリングス』が、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。 2021年のゴールデングローブ賞で作品賞 …

ラブストーリー映画

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』原作小説ネタバレあらすじと結末の感想評価。道枝駿佑が泣けるラブストーリーで演じる“忘れられない愛の記憶”

小説『今夜、世界からこの恋が消えても』が映画化され、2022年7月29日(金)より全国公開! 一条岬の『今夜、世界からこの恋が消えても』は、お互いに「本気にならないこと」を条件につき合い出した2人が徐 …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『男と女』の作品情報 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学