Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人たち』ネタバレ感想とレビュー評価。大人のラブストーリーはヌーヴェル・ヴァーグの香り

  • Writer :
  • こたきもえか

ホットワインやココアが似合う季節になると、夏よりもなんだか心がそわそわするように感じられるのは気のせいでしょうか。

愛の言葉が似合う言語の国、誰もが恋をする街パリからロマンティックでビターな大人の愛の物語が到着。

フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた映画『パリの恋人たち』

青年アベルの戸惑いを軸に、マリアンヌの幼い息子の不思議な態度、ポールの妹エヴのアベルへの想いなど、様々な感情の往来がテンポよく、そしてユーモアを交えた小粋なロマンティック・コメディです。

スポンサーリンク

映画『パリの恋人たち』の作品情報


(C)2018 Why Not Production

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
L’homme fidele

【監督】
ルイ・ガレル

【キャスト】
ルイ・ガレル、レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップ、ジョゼフ・エンゲル

【作品概要】

監督はフランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、『ドリーマーズ』(2003)や『SAINT LAURENT/サンローラン』(2014)、また『グッバイ・ゴダール!』(2017)に出演してルイ・ガレル。

ルイ監督は以前より短編映画を制作しており、長編映画を手がけるのは本作が初めて。脚本に参加しているのは『存在の耐えられない軽さ』(1988)『つかの間の愛人』(2018)、またルイス・ブニュエルとも仕事経験があるジャン=クロード・カリエール。

共演はルイ・ガレルの実の妻で『歓楽通り』(2002)や『ゲンズブールと女たち』(2010)、『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』(2019)に出演するレティシア・カスタ。

また、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘、シャネルをはじめ数々のファッションブランドでモデルを務め、俳優業では『プラネタリウム』(2016)でナタリー・ポートマンと共演したリリー=ローズ・デップも出演しています。本作は第66回サンセバスチャン国際映画祭で脚本賞を受賞しました。

映画『パリの恋人たち』あらすじとネタバレ


(C)2018 Why Not Production

ジャーナリストの青年アベルは恋人のマリアンヌと三年間同棲中。ある日マリアンヌから妊娠を告げられますが、アベルではなく共通の友人ポールとの子供だと言い出します。

1年半ほど前から関係を持っていたというマリアンヌ。彼女はポールと結婚するといい、アベルは家から出ていくことを余儀なくされます。

それから数年が経ち、アベルがマリアンヌと再会したのはポールの葬式でした。睡眠中に心臓麻痺をおこしたのだと言いました。

アベルはマリアンヌと9歳の息子ジョゼフを家まで送りました。そんなアベルを見つめるのはポールの妹エヴ。

エヴは幼い時からずっとアベルに恋をしていて、彼に気付かれないようにいつも追いかけまわし、写真もこっそりたくさん撮っているほどでした。

アベルがまだマリアンヌが好きだと感じ取ったエヴはマリアンヌを憎たらしく思っています。

不動産の仕事をしているエヴは、ある時道でアベルとばったり再会。アベルもポールの妹の成長に驚き、彼女も女性になったことを知ります。

数週間たち、アベルとマリアンヌは一緒に食事をし、アベルは久しぶりにかつて一緒に住んでいた家を訪れました。

9歳の息子ジョゼフはアベルにこっそり、パパを殺したのはママだと言います。

普通は死んだら、解剖や検査をするからわからないはずがないと言うと、マリアンヌは医者と寝ているとジョゼフ。

アベルはその医者に会いに行きますが、医者は自分はゲイだと言い、マリアンヌとの関係は分からなくなってしまいました。

マリアンヌは、息子が自分が夫を殺したというのは、ミステリードラマのファンで、またアベルを怖がらせて出て行って欲しいからだと言います。

アベルとマリアンヌは再び一緒に住むようになりました。

ある日、エヴはアベルとマリアンヌの様子をうかがうために、道端で遊ぶジョゼフに声をかけました。

ジョゼフはアベルが来てから母親は、彼にばかり世話を焼いているためアベルが嫌いだと言い、また「ママとアベルはセックスの回数が少ないからカップルではない」と言います。

彼はこっそりベッドの下に携帯を仕掛けて盗聴していました。

以下、『パリの恋人たち』ネタバレ・結末の記載がございます。『パリの恋人たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Why Not Production

ある日、アベルはジョゼフを学校まで送りますが、彼はアベルのことを嫌いだと言います。

アベルは誰でもいつまでも子供でいるわけではなく、思春期になれば母親離れもするとさとします。

アベルはマリアンヌに、なぜポールの子供だと分かったのか質問します。マリアンヌは検査もしたわけではなく、コインを投げて偶然に任せたと言います。

一方でエヴは、アベルを自分にくれないかとマリアンヌに直接言い、またアベルのもとへも告白しに行きます。

戸惑うアベルにマリアンヌはエヴを満足させるため、何度か彼女と寝ることを提案します。

最初は拒みますがマリアンヌの提案ということで受け入れるアベル。マリアンヌに家も追い出されたためアベルはエヴの家で生活を始めます。

ところが何年もの間望んだものを手に入れると誰でも冷めていってしまうもの。エヴとアベルは一見平穏に、でも違和感を抱えながら過ごします。

マリアンヌも職場の男性と関係を持ちつつもアベルのことを忘れられないでいました。

そんなある時、エヴはジョゼフと再会。そこでジョゼフは例の盗聴した音声を聞かせ、アベルがエヴのところにいるのはマリアンヌが勧めたからだとバラしてしまいます。

その日アベルが家に戻ると、既に荷物が全部出されていました。

アベルはやはりマリアンヌしかいないと思い、彼女が仕事中にもかかわらずあちこち探し回って会いに行きます。ところが、マリアンヌのところに学校から電話があり、ジョゼフが学校に来ていないと言います。

いつも訪れる交番や家にも姿はありません。マリアンヌがエヴに居場所を知らないか電話をかけると、エヴはある場所を提案します。

父親のポールの墓の前でジョゼフは佇んでいました。アベルとマリアンヌが近寄ると、ジョゼフはアベルの手を握りました。

エヴも到着し、三人の姿をそっと後ろから見守ていました

スポンサーリンク

映画『パリの恋人たち』の感想と評価


(C)2018 Why Not Production

三角関係やおかしな大人の恋模様は、何度も何度もいろいろな映画で描かれてきました

特にフランス映画では、男女の恋愛関係にフォーカスを当て続けたエリック・ロメール監督や、本作の監督ルイ・ガレルの父フィリップ・ガレルの作品など、決して特別なものではありません

一般の人々の日常を描いた恋愛映画の魅力とも言えるでしょう。

本作には青年アベルらのモノローグの語りや、彼をとりまく奇妙な三角関係と、ルイ・ガレルが憧れてきたヌーヴェル・ヴァーグの騎手として知られるフランソワ・トリュフォーの影響が強く見られます。

『夜霧の恋人たち』(1968)のジャン=ピエール・レオが演じる青年のように、何だか曖昧で、原題でもある“誠実な男”そのままなのに弱々しく憎めない男であるガレルのキャラクター、アベルに愛おしさがこみ上げます。

本作の魅力を倍増させている要因のひとつは、アベルを翻弄する女性ふたりのキャラクター

リリー=ローズ・デップが演じる女の子エヴは、小悪魔というよりも恋に盲目であることを楽しみ経験が少ないゆえ、突進力を持っている若さが弾けんばかりのキュートな女の子

ストーカーまがいの行動でアベルを追い続け、彼を手に入れることができますが、それから淡々と冷めていく様子に女性の単純で複雑、アンビバレンツな恋心が見えておかしくてたまりません。

エヴとは対照的に成熟した女性、マリアンヌを演じるのはガレルの実のパートナーであるレティシア・カスタ

マリアンヌはずっとアベルの他に愛人と呼べる男がおり、子供の父親をコインで決めてしまうようなある意味での無邪気さ、奔放さを持つファム・ファタールと言える女性

エヴと同居することに関しても、最初から最後までアベルはエヴに翻弄されっぱなし、彼女の本当の愛や心はどこにあるか分からないミステリアスな女性ですが、モノローグで彼女自身の心情が吐露されているのが本作のキャラクター全員に感情移入できる理由のひとつ。

“浮気心”“誠実”そんな言葉を知りながらもその通りには生きられない、また既存の概念に属して生きるなんて叶うか分からない、またそれで恋愛を享受できるかなど分からない…自由で不思議に恋多き男/女である喜びを軽やかに本作は描き出しています。

ミステリアスな女として振る舞うこと、ちょっぴり弱い男であること、時に不格好でも心の赴くままに流れていくことの人間的なあり方の魅力を運び、エネルギーをあたえてくれるラブストーリーです。

まとめ


(C)2018 Why Not Production

絶対に分かり合えることは無いのかもしれない、女と男の不可思議で危険な関係。そして“愛という曖昧な賭け”の物語をヌーヴェル・ヴァーグの輝きを持ってアップデートしたルイ・ガレル。

これからは俳優としてだけではなく俳優としても要注目の存在です。

楽しくも心を乱す出来事である“恋愛”ですが、本作が新しい見方と彩りをプレゼントしてくれるかもしれません。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『ポルト』あらすじネタバレと感想【アントン・イェルチン出演】

ジム・ジャームッシュが製作総指揮を務め、ポルトガル第2の都市ポルトを舞台に、異国の地で巡り合った男女を描いたゲイブ・クリンガー監督の『ポルト』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS映画『 …

ラブストーリー映画

映画『パドマーワト女神の誕生』ネタバレ感想と評価解説。インド史上最大規模で伝説の王妃が描かれる

インドで敬愛され続ける伝説の王妃パドマーワティの物語が完全映画化! インド映画史上最大の規模で描かれる圧巻の映像絵巻。 演技、演出、美術、音楽、すべてが美しく気高い一大叙事詩が完成しました。 映画『パ …

ラブストーリー映画

映画『劇場版おっさんずラブ』ネタバレ感想とレビュー評価。BLにとどまらない人間讃歌と愛すべき人たちの物語

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が2019年8月23日(金)に公開! 2018年新語・流行語大賞トップ10に選ばれ、Twitterトレンド第1位になるなど旋風を巻き起こした「お …

ラブストーリー映画

映画『ライアー×ライアー』ネタバレあらすじと感想評価。結末ラストで漫画タイトルの意味が判明する禁断のラブストーリー

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日より公開。 ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ、金田一蓮十郎によるコミック『ライアー×ライアー』。 クールでイケメン …

ラブストーリー映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ感想と解説。今泉監督だからこその平凡な人々の恋愛話が実に生き生きと爽やか

10年の時を超えてつながる恋と出逢いの物語 映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで公開されています。 人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学