Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

  • Writer :
  • もりのちこ

世界がアンナに恋をした。
伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。

『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。

主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ』などゴダール作品のミューズとして活躍。その名は、ココ・シャネルにより命名されています。

日本では1998年に幻のフィルムとして劇場公開され、パリのおしゃれとポップな音楽に、東京の渋谷系ブームが合わさり、それはもう「痛快ウキウキ通り」でした。

そして2019年、デジタルリマスター版で21年ぶりに『アンナ』が帰ってきました。今の時代にも色あせず、キラキラ輝き続けるアンナ・カリーナ。

ポップでおしゃれなドリーミング・ミュージカル『アンナ-デジタルリマスター版-』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『アンナ-デジタルリマスター版-』の作品情報


(C)INA – 1966

【公開】
1996年製作・日本公開:1998年
4Kデジタルリマスター版:2019年(フランス)

【監督】
ピエール・コラルニック

【キャスト】
アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ、セルジュ・ゲンズブール、マリアンヌ・フェイスフル

【作品概要】
21年ぶりに、4Kでリマスター作業された『アンナ-デジタルリマスター版-』が公開となりました。

伝説の女優アンナ・カリーナの魅力が満載のこの作品は、その後のポップカルチャーに多大な影響をもたらしています。

また、劇中のポップなミュージカル音楽を手掛けたのは、出演も果たしているセルジュ・ゲンズブールが担当しています。

映画『アンナ-デジタルリマスター版-』のあらすじとネタバレ


(C)INA – 1966

スケルトンの上着を羽織り、壁にペイントしながら踊るパフォーマンス集団。その姿はとてもエネルギッシュです。

ここはパリ。斬新でお洒落なデザインが溢れる街。風刺のきいた広告撮影が行われています。

広告代理店の社長セルジュは、駅での広告撮影に来ていました。カメラの後ろに列車が到着します。

テンポ良く続く撮影は、ホームに降り立つ一般女性をも巻き込み、シャッターが切られました。

駅に降り立ったその女性はアンナです。田舎からパリに夢を抱きやってきました。

無造作にまとめられた髪に黒縁の丸型眼鏡のアンナは、ホームに降り立った瞬間、撮影クルーにぶつかり眼鏡を外していました。

事務所に戻り写真現像に入ったセルジュは、駅の構内で撮影したポスターに映り込んだ一人の女性に魅せられます。

一目で恋に落ちたセルジュは、町のいたる所にポスターを張り、あらゆる資金を使いパリ中を探し回ります。

一方アンナは、パリでの職も決まり新たな道を歩み出していました。アンナの就職先は、なんとセルジュの会社の色彩部でした。

セルジュの噂は会社中に広がります。「プレイボーイの社長が、見ず知らずのポスターの女性に恋をし狂っている」。

以下、『アンナ-デジタルリマスター版-』ネタバレ・結末の記載がございます。『アンナ-デジタルリマスター版-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)INA – 1966
アンナは、町中に張られたポスターは自分だと気付いていました。そして、セルジュの思いにも。

しかし、セルジュの方は、アンナの存在に気付きません。こんなに側にいるのに。

アンナは孤独で憂鬱でした。「私の恋はだまし絵の中、彼は何に惚れているの?私は一人。何も起こりはしない」。

諦めの悪いセルジュを心配し、叔母たちはテレビ広告を打ち、大々的に意中の女性を探しに乗り出します。

すると、「あれは私よ!」と、パリ中のオシャレ女性たちがセルジュの元へ押し寄せます。以前ならモテることに喜びを感じていたセルジュでしたが、意中の彼女に会えなければ意味がありません。

アンナと偶然、町で会うセルジュ。「確か、イラスト係の子だよね」。「まだ、バカなこと続けているの?知り合わない方が良いかも」。

アンナの真の姿を見ようとしないセルジュ。「先はわからないけど、今は彼女に夢中なんだ」。

町で別れる2人。セルジュは焦っていました。酒に溺れ、夢にまで見ます。目を閉じた先には、アンナの姿がありました。

セルジュはその日、会社の写真に写り込んだアンナを見つけます。眼鏡を外したアンナの写真に恋焦がれた彼女の姿を見たセルジュは、確信します。

アンナを探し、会社にやってくるセルジュ。しかし、彼女は去った後でした。

彼女と初めてあった場所、駅に向かいます。「なぜ、言ってくれなかったんだ。僕は別の女性を探していた。なんてバカなんだ」。

アンナはすでに列車に乗り込んでいました。駅のホームを探し回るセルジュ。走り出す列車。2人の再会は叶いませんでした。

走る列車の中でアンナは呟きます。「彼に一言、言いたかった。ジュテーム」。眼鏡を外し、涙を浮かべたアンナは微笑みます。

スポンサーリンク

映画『アンナ-デジタルリマスター版-』の感想と評価


(C)INA – 1966
製作時から53年経った現在でも、観るものを魅了し続ける映画『アンナ』。その魅力は何と言っても、伝説の女優アンナ・カリーナの可愛らしさです。

当時のフランス映画ヌーヴォルヴァーグ時代に、ジャン=リュック・ゴダール監督の『気狂いピエロ』などミューズとして君臨したアンナ・カリーナ。

そのチャーミングな風貌と身軽な演技が、日本でもファッション・アイコンとして大人気となりました。

女性が憧れる往年のファッション・アイコンと言えば、永遠の妖精オードリー・ヘプバーンを思い浮かべる方も多いと思います。

そしてカトリーヌ・ドヌーグ、イングリッド・バーグマンなど、女優とファッションは時を経てもなお、アートの世界にインスピレーションを与え続けています。

映画では、随所にちりばめられた、レトロでおしゃれな60年代カルチャーも見どころとなっています。お馴染み、映画で使用されている目と口がドアップとなった「アンナポスター」は、今でも美しく新鮮です。

また、おしゃれなフレンチ映画に欠かせないのが音楽です。フランス語で歌われるミュージカルが、こんなにポップでおしゃれだとは!改めて大発見となりました。

台詞のような歌詞に気持ちをのせて、時に激しくそしてアバンギャルドに歌って踊るアンナ・カリーナに釘付けです。

アンナとセルジュ、それぞれの心情を交互に歌い上げるシーンは、こんなに側にいるのに気付かないもどかしさ、切ない気持ちが盛り上がります。

アンナはセルジュに恋をするにも関わらず、最後までポスターの女性が自分だとは名乗りません。

こんなに側にいるのに、本当の自分を見てくれない孤独感。セルジュの中で勝手に作り上げられた理想の女性に嫉妬していたのかもしれません。

列車の窓から吹き込む風に髪をなびかせ、眼鏡のつるを口に咥え、涙を浮かべ微笑むアンナのラストシーンは極上に美しく好きなシーンとなりました。

まとめ


(C)INA – 1966
日本で1998年に劇場公開されてから、21年。4Kでリマスター作業され再公開となった映画『アンナ-デジタルリマスター版-』を紹介しました。

いつまでも色あせない、ポップでおしゃれなドリーミング・ミュージカル映画。ファッション・アイコンとして多くの女性の憧れ的存在、アンナ・カリーナの魅力が大いに詰まった作品です。

写真に写り込んだ見知らぬ女性に恋をするセルジュのように、あなたも「アンナ」に恋をするかもしれません。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『月極オトコトモダチ』あらすじとキャスト。徳永えりと若き女優たちの演技力が見どころ

選出された第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門のチケットが即刻完売した、映画『月極オトコトモダチ』。 女優・徳永えりが長編映画で初めて単独主演を務め、「男女の友情はあるのか」をテーマに、夢と …

ラブストーリー映画

黒島結菜映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』あらすじとキャスト紹介

2018年2018年3月3日(土)よりTOHOシネマズほか全国ロードショー中の『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』。 いくえみ綾による人気少女漫画『プリンシパル』が遂に待望の実写化! 「好き」 …

ラブストーリー映画

映画『きみへの距離、1万キロ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

カナダ映画『きみへの距離、1万キロ』の原題は『Eye on Juliet』。 “ジュリエットの瞳”とは、文字通りイギりスの劇作家シェークスピアの『ロミオとジュリエット』から得た引用です。 しかも、本作 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』内容解説とストーリー。夫婦生活とふたりの夜の関係、喧嘩を交えた円満はいつまで続くかを問う

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 クリストフ・オノレ監督が手掛ける大人のためのマジカルなラブストーリー『今宵、 …

ラブストーリー映画

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』ネタバレ解説と結末の内容考察。コミック実写版で描いた大倉忠義×成田凌共演の“男性同士の恋愛”

追い詰められて行き場を失ったネズミ君。 さぁ、本気の恋をしよう。 セクシャリティを超え、恋愛の喜びと切なさを描き出した、水城せとなの人気漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、行定勲 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学