Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/10/03
Update

映画『エマ、愛の罠』ネタバレ感想と考察評価。マリアーナ・ディ・ジローラモ(チリ女優)が演じる美しく情熱的な愛情

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

美しく情熱的なエマに誰もが魅了されてしまう。そんなエマが仕掛ける“愛の罠”

一人の奔放な女性の愛を描く『エマ、愛の罠』は10月2日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラスト有楽町ほかにてロードショー。

官能的でエモーショナルなダンスで人々を魅了し、火炎放射器を構えた姿は中性的な魅力を感じる、新時代のヒロイン、エマ。チリの名監督パブロ・ララインが手掛けた奔放な愛が展開します。

突然養子縁組した息子を奪われ、仕事も奪われてしまったエマが人々を魅了し、手玉にとりながら虎視淡々と計画を実行していく……そのきわめて不道徳な“愛の罠”を知ったとき、観客は衝撃をうけ、エマに魅了されてしまいます。

スポンサーリンク

映画『エマ、愛の罠』の作品情報


(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

【日本公開】
2020年(チリ映画)

【原題】
Ema

【監督】
パブロ・ラライン

【製作】
フアン・デ・ディオス・ラライン

【脚本】
ギレルモ・カルデロン、パブロ・ラライン、アレハンドロ・モレノ

【撮影】
セルヒオ・アームストロング

【編集】
セバスティアン・セプルベダ

【音楽】
ニコラス・ジャー

【キャスト】
マリアーナ・ディ・ジローラモ、ガエル・ガルシア・ベルナル、パオラ・ジャンニーニ、サンティアゴ・カブレラ、クリスティアン・スアレス

【作品概要】
監督を努めたのは『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』(2017)、『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』(2017)などで知られるチリの名監督パブロ・ラライン。本作で初めて現代のチリを舞台に描き、新たな時代のヒロインエマの奔放な愛を描くドラマ。

そんな主演エマを演じたのはチリの新鋭女優、マリアーナ・ディ・ジローラモ。パブロ・ラライン監督が出会って10分後にはこの映画の主演をオファーしていたというほど、魅力に溢れた女優だったそうです。エマの夫である振付師のガストンを演じるのは『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004)、『バッド・エデュケーション』(2004)などで知られるメキシコの俳優ガエル·ガルシア·ベルナル。

映画『エマ、愛の罠』のあらすじとネタバレ


(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

燃える信号機、火炎放射器を持つエマの姿。センセーショナルなシーンが映し出された後、場面が切り替わります。

若く美しいダンサー・エマ(マリアーナ・ディ・ジローラモ)は、振付師の夫・ガストン(ガエル·ガルシア·ベルナル)との間に子供はなく、養子縁組で移民の子ポロを息子として迎え入れますが、ポロが火をつけエマの姉に火傷をさせたことにより、ポロは施設に返されてしまいます。

ポロを奪われた上に、エマは金髪の派手な姿やポロの問題が原因で仕事先も止めることになってしまいます。

そして、エマは夫が性的に不能であることを責め、夫はエマがポロを捨てたと責め、2人の結婚生活は次第に破綻していきます。

また、夫が振付師を務めるダンサーグループでも、エマを中心とした友人らと、夫との間で対立が生じ、エマは友人らとそのダンスグループすらやめてしまいます。

一方でエマは女の友人らと“ある計画”について話し、その計画を実行し始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エマ、愛の罠』ネタバレ・結末の記載がございます。『エマ、愛の罠』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

エマは弁護士の女に近づき、子供のことを相談しながら弁護士の女の心に取り入ります。蠱惑的なエマに弁護士は次第に惹かれていき、体の関係を持つように。

一方でエマは、自身の車を火炎放射器で焼き、通報して誰かに車を焼かれたと駆けつけた消防士に言います。

その消防士は弁護士の夫でした。火災をきっかけに、消防士と知り合ったエマは消防士が働いているバーにも友人らと出かけます。

挑戦的な瞳で消防士を見つめ、誰が一番かと問いかけます。そんなエマに消防士も惹かれていきます。感情の赴くまま自由奔放に踊り、飲み、性別関係なく欲望のまま関係を持つエマ。果たして彼女の狙いは何なのか。

終盤に向かうにつれ、次第にエマの狙いが明らかになっていきます。エマは新しく子供たちにダンスの教師の職を得ます。そしてその教室にはエマの養子であったポロの姿が。

ポロの新たな養子先は弁護士と消防士の夫婦の家だったのです。エマの狙いとは再びポロに出会い家族となること。

エマのお腹には消防士との子供がいます。それを伝えたのかは定かではないが、エマは振付師の夫と弁護士と消防士の夫婦の前で自らの計画を明かし始めます。

何とも異様な空気の中、困惑しつつもエマに魅了された人々は、彼女の異常とも言える行動を避難することもなくただ困惑して聞いてます。

新たな子とポロと共に歪ながらも家族の形を取り戻し、満足そうなエマを捉え物語は終わっていきます。

スポンサーリンク

映画『エマ、愛の罠』感想と評価


(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

火炎放射器で火を吹き放ち、エモーショナルで官能的なダンス。何を考えているかわからず、何かを狙っているような目つき。まさに新しい時代のヒロインにぴったりな、ジェンダーレスで魅力的なエマ。

燃えている信号機から始まるこの映画。危険を警告する役割を持つ信号機が燃やされているということは、この映画が描こうとしている愛の形、ヒロインであるエマのあり方に対して観客に警告の象徴と捉えることもできるのではないでしょうか。

そんなシーンから始まる本作はまさに固定概念を覆す規格外の映画と言えるかもしれません。

養子の息子ポロが事件を起こし、施設に返されてしまいます。児童福祉局にポロの行き先をたずねに行っても教えてもらず、外見などを理由に仕事もなくなってしまいます。

そんなエマは取り戻されたものを取り返すかのように、緻密に計画を実行していきます。児童福祉局の知り合いなどを伝ってポロの現在の養子縁組先を聞き出し、その夫婦にそれぞれ取り入り、自身の魅力にしてしまう。

その人の求めるものを与えるエマの天性の魅力。自由奔放で性別などお構いなく関係をもち、不適に笑う。

2人を虜にしたエマは性的に不能な夫の代わりにポロの養子縁組先である消防士の子を授かります。

そしてポロのいる学校に就職することで、ポロとの再会も果たし、いよいよ夫婦の前に妊婦として姿を表すのです。

自由奔放に行動していたかのように見えたエマの行動が全て繋がりその計画の全貌が見えた時、観客はショックと驚きと、様々な感情を覚え、エマの虜になってしまうでしょう。

そしてエマの大胆な行動の奥には、家族というものに対する固執・愛ではないでしょうか。

計画を実行し、自身の子供とポロと再会を果たし、かつてのようにやや歪ながら家族になれたエマは心なしか幸福そうに見えます。

彼女の行動の奥にある“愛”は新たなヒロイン像と共に印象強く残ります。

まとめ


(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

チリの映画、『エマ、愛の罠』について紹介してきました。

昨今、今までの固定概念を覆す、ボーダーレスな映画、考え方が広まっています。そんな中公開された本作は、刺激的でありながらも観客自身の固定概念をも覆し、新たな視点で新たなヒロイン像を打ち出した画期的な映画と言えるでしょう。

この映画、そしてヒロイン・エマを象徴ともいうべきエモーショナルなレゲトンダンスも魅力の一つです。

魂の開放を象徴し、官能的で、大胆で美しいダンス。そして世界観を彩るエモーショナルな音楽と映像美をぜひ堪能してみてください

関連記事

ラブストーリー映画

ブリジット・ジョーンズの日記|ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。レニー・ゼルウィガーが等身大の独身女性をキュートに演じる

ぽっちゃり女子ブリジットの魅力にはまる女性が続出! 恋に仕事に奮闘する32歳の独身女性を等身大に描いたヘレン・フィールディングによるベストセラーを映画化した大ヒットコメディ『ブリジット・ジョーンズの日 …

ラブストーリー映画

映画『ガーデンアパート』感想と評価解説。石原海監督の悪夢ともファンタジーとも感じられる世界観

愛が崩壊しかけているカップルと、愛が欠落した女性の、一晩の出来事を描いた映画『ガーデンアパート』。 6月7日から、テアトル新宿ほか全国で順次公開される作品をご紹介します。 スポンサーリンク CONTE …

ラブストーリー映画

小説『ホテル・アイリス』ネタバレあらすじと解説評価。小川洋子原作で少女と初老の男の究極のエロを追求

映画化された小川洋子の小説『ホテル・アイリス』 『妊娠カレンダー』で1991年の芥川賞を受賞した小川洋子。 その作品は、美しい世界観と繊細な文章表現、弱者に寄り添う温かなまなざしが魅力ですが、作品の中 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』感想評価と考察レビュー。大人のラブストーリーを監督クリストフ・オノレがコケティッシュに描く

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 映画『今宵212号室で』は、50代を迎えた結婚20年の夫婦が陥る危機を描いた …

ラブストーリー映画

アニメ映画『あさがおと加瀬さん。』あらすじとキャスト。劇場情報も

アニメ映画『あさがおと加瀬さん。』は、6月9日より、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズほかにて公開。 高嶋ひろみによる人気コミックの「加瀬さん。」シリーズは、女子高生同士のピュアな恋と青春を描いたス …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学