Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/06
Update

映画『パリの恋人たち』あらすじとキャスト。ローズ・デップのラブストーリー公開日は12月13日!

  • Writer :
  • 石井夏子

1人の男と2人の女。
揺れる恋の結末は。

フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた「A Faithful Man」。

© 2018 Why Not Production

邦題『パリの恋人たち』として2019年12月13日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開することが決定いたしました。

あわせて、パリの日常を切り取った場面写真も解禁され、ルイ・ガレルのコメントも発表されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『パリの恋人たち』について

© 2018 Why Not Production

本作『パリの恋人たち』は、普段着のパリを舞台に、本当の気持ちを素直に表せない、不器用な男と女の揺れる関係を短編小説のように描いた大人のラブストーリー

2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」にて上映され(上映時タイトル「ある誠実な男」)、第66回サンセバスチャン国際映画祭ではコンペティション部門で脚本賞を受賞しています。

ルイ・ガレル監督曰く「ひとの気持ちはあてにならない」というシンプルなアイディアから出発したという本作。

「文学には短編小説と長編小説があります。わたしは本映画を短編小説のように組み立てたいと考えました。気張らなくて、サプライズがあり、みずみずしい短編小説であり、重苦しい心理ドラマのアンチテーゼでもあります。」と語っています。

魅力的なキャストたち

© 2018 Why Not Production

監督兼主演のアベル役には、『グッバイ・ゴダール!』(2017)のルイ・ガレル。監督としては『ふたりの友人』(2015)以来の2作目となりました。

父・フィリップのほか、ベルナルド・ベルトルッチ、ジェーン・バーキン、クリストフ・オノレやジャック・ドワイヨンらに愛されてきた名実ともにフランス映画界きってのサラブレッドであるルイ・ガレル

2人の女性たちの間で右往左往するアベルを「何度も生まれ変わる“いたいけな人”をイメージしました。降りかかる災難をすべて楽しんでしまう人」と解釈し、どこかくすっと笑ってしまうような愛すべき主人公が出来上がりました。

© 2018 Why Not Production

マリアンヌ役には、実生活でもルイのパートナーでもあるレティシア・カスタ

ヴィクトリアズ・シークレットはじめ80以上の雑誌のカヴァー、ラルフ・ローレンやイヴ・サンローランのモデルとして絶大な人気を誇り、フランス全土の市庁舎に飾られるマリアンヌ像のモデルにもなっている人物です。

© 2018 Why Not Production

また、大人の女性であるマリアンヌに対し、小悪魔的魅力でアベルを翻弄するイヴには、今や世界の若者たちのオピニオンリーダーとなりつつあるリリー=ローズ・デップ

いわずと知れたジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘でシャネルのモデルとしても活躍中のリリーは、2014年『Mr.タスク』で女優デビュー後、着実にキャリアを積み重ねています。

本作では初恋のときめきを鮮やかに演じている彼女の、パリジェンヌらしいファッションの着こなしにも要注目です。

スポンサーリンク

映画『パリの恋人たち』の作品情報

© 2018 Why Not Production

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
A Faithful Man

【監督】
ルイ・ガレル

【字幕翻訳】
松岡葉子

【字幕協力】
東京国際映画祭

【キャスト】
ルイ・ガレル、レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップ、ジョゼフ・エンゲル

【作品概要】
主演も兼ねるルイ・ガレルの2本目の監督作で、前作に続き自身の役名はアベル。

アベルの戸惑いを軸に、マリアンヌの幼い息子の不思議な態度、ポールの妹エヴのアベルへの想いなど、様々な感情の往来がテンポよく、そしてユーモアを交えて描かれる珠玉のロマンティック・コメディです。

マリアンヌに扮するレティシア・カスタの悪女ぶり、エヴを演じるリリー=ローズ・デップの一途なキュートさ、そして子役も必見。

サン・セバスチャン映画祭脚本賞受賞作で、2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」にて上映(上映時タイトルは「ある誠実な男」)されました。

映画『パリの恋人たち』のあらすじ

© 2018 Why Not Production

ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲したマリアンヌから妊娠を告げられ喜ぶのもつかの間、父親は友人のポールであることから別れを切り出されてしまいます。

数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会、同時にポールの妹イヴからも想いを告白され…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:リリー=ローズ・デップの公式インスタグラム

この投稿をInstagramで見る

L’homme Fidèle family ❤️

Lily-Rose Deppさん(@lilyrose_depp)がシェアした投稿 –

ルイ・ガレルが捉えた、クラシカルなパリの街並の様子や語り口のセンスには、トリュフォーをはじめとしたフランス映画の伝統が詰まっています。

レティシア・カスタとリリー=ローズ・デップという、異なる魅力のふたりに翻弄される男を演じたルイ。

監督として、俳優として、彼の非凡な才能を感じられる一作です。

映画『パリの恋人たち』は2019年12月13日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開


関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る松林うららインタビュー》映画女優から撮影現場を動かすプロデューサーに至った経緯とその裏舞台【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る松林うららインタビュー取材 松林うらら出演・プロデュースを務める連作長編映画『蒲田前奏曲』は、中川龍太郎監督、穐山茉由監督、安川有果監督、渡辺紘文監督による連作スタイルの長編映 …

新作映画ニュース

韓国映画『バーニング劇場版』日本公開を前にNHK地上波放送で「短縮版」が見られる!

世界中に“ハルキスト”と言われる熱狂的なファンを持つ、日本が誇る翻訳家でもある小説家・村上春樹。 彼の短編小説「納屋を焼く」を原作とした『バーニング劇場版』が、2019年2月1日にTOHOシネマズ シ …

新作映画ニュース

映画『100日間生きたワニ』あらすじ/公開日。声優キャスト神木隆之介×中村倫也がSNSで話題のアニメに命を吹き込む

『100日後に死ぬワニ』の映画がついに公開決定! 公開まであと100日のお知らせ。 2020年、社会現象を巻き起こした4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』(著:きくちゆうき)。 (C)2021「100日 …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映レポート!オダギリジョー監督作に確かな手ごたえ

満席&鳴り止まぬ拍手。 『ある船頭の話』ヴェネチアでついにお披露目! 2019年9月13日(金)より公開されるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が、第76回ヴェネチア国際映画祭の“ …

新作映画ニュース

映画『シリアにて』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。内戦で子供を守るために母親たちは決断を下す

戦地シリアの今を、ある女性の視点で描く、生き残るための24時間の密室劇。 戦地シリアを舞台に自らの住むアパートの一室をシェルターにし、身を寄せる家族と隣人一家の緊迫の24時間を描いた密室劇『Insyr …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学