Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

実写映画『君は放課後インソムニア』あらすじ結末感想と評価解説。悩みを抱える少年少女を池田千尋監督が描いたラブストーリー

  • Writer :
  • 糸魚川悟

同じ悩みを抱える2人が出会う放課後青春劇

生命活動を維持し、心身ともに健康を保つために必須である「睡眠」。

しかし、時にさまざまな悩みや環境の問題によって眠りに着くことが出来ないこともあります。

今回は、寝るべき時間に眠れない「不眠症(インソムニア)」を抱える高校生の男女が、同じ悩みを持つ人間に出会い眠れない放課後を繰り返していく映画『放課後インソムニア』(2023)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『君は放課後インソムニア』の作品情報


(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
池田千尋

【脚本】
髙橋泉、池田千尋

【キャスト】
森七菜、奥平大兼、桜井ユキ、萩原みのり、工藤遥、田畑智子、斉藤陽一郎、上村海成、安斉星来、永瀬莉子、川﨑帆々花、でんでん、MEGUMI、萩原聖人

【作品概要】
オジロマコトによる同名漫画を『スタートアップ・ガールズ』(2019)の池田千尋が実写映画化した作品。

主人公の中見丸太を『MOTHER マザー』(2020)の奥平大兼が演じ、もう一人の主人公となる曲伊咲を『ライアー×ライアー』(2021)の森七菜が演じました。

映画『君は放課後インソムニア』のあらすじとネタバレ


(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

九曜高校に通う中見丸太は夜に眠ることのできない「不眠症」を患っていました。

夜に眠れない反動で昼間に睡魔が襲うため、常にイライラしている丸太はクラスに馴染むことができず、幼馴染であり丸太の不眠症を知る受川を除いて友人と言える相手はいませんでした。

中でも同じクラスのモトコは丸太を嫌っており、隅で寝て掃除をサボる丸太にモトコは屋上にある「天文台」から脚立を取ってくるように命じます。

幽霊が出ると噂され誰も近寄らない「天文台」に足を踏み入れた丸太は、隠れ家のような場所に惹かれると同時に横になっていた同じクラスの曲伊咲と遭遇。

明るく友人の多い伊咲でしたが、実は丸太と同じく不眠症を患っており、昼休みや空き時間に「天文台」に忍び込み寝るのを習慣としていて、幽霊の噂も彼女が流したものでした。

鍵のトラブルから外に出られなくなった2人は話しているうちに少しの間寝てしまい、同じ悩みを抱える丸太と伊咲は親近感を覚えました。

伊咲に誘われ数日後に「天文台」を訪れた丸太は眠れない日々を有意義に過ごすために、2人で「天文台」を根城にして楽しい夜を過ごすことを計画し実行に移します。

しかし、「天文台」の設備を稼働させていることを養護教諭の倉敷に見咎められた丸太は、倉敷に自分たちの不眠症を打ち明け逃げ場を求めていることを告げると、5年前に廃部となった「天文部」を復活させることで「天文台」の使用許可を得る提案をされます。

居場所を守るために提案を受け入れた2人は「天文部」としての実績を作るために、5年前にたったひとりで「天文部」を存続させたOGの白丸を訪ねました。

白丸は実績として認められやすい、学生や一般人を招く「観望会」や「星の写真コンテスト」を紹介し、丸太にカメラを勉強するように勧めます。

丸太は父親に買ってもらいながらも全く使用していなかったカメラを使い、夜の寝れない時間に勉強を続け徐々にカメラの知識をつけていきました。

同時に丸太と伊咲は8月の「ペルセウス流星群」の鑑賞を目的とした「観望会」を開催することに決め、丸太は自身が先導して受川や自身を嫌うモトコを始めとした伊咲の友人たちに頭を下げて「観望会」への協力を要請。

丸太の熱意によって協力を受け入れたモトコたちは「観望会」に向けて準備を進めますが、「観望会」の当日は大雨となり「観望会」は中止になってしまいます。

大雨の中、傘も刺さずに街中に配ったポスターを回収する丸太に寄り添う伊咲は自身の不眠症の理由を話しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『君は放課後インソムニア』ネタバレ・結末の記載がございます。『君は放課後インソムニア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

伊咲は生まれつき心臓の心室がひとつしか存在せず、いつ死んでもおかしくない身体と言われていました。

伊咲は手術によって改善はしたものの、寝ている間に心臓が止まることを恐れ眠れなくなってしまったと丸太に話します。

その日の夜から、丸太はリスナーが伊咲ひとりの一方通行のラジオを始め、逆に伊咲も丸太に対しての配信を始めました。

「天文部」の実績のために、「星の写真コンテスト」に入賞する無謀な目的を定めたふたりは、石川県能登町にある伊咲の親の所有する空家に合宿する計画を倉敷と建てます。

ふたりの親から了承を得るため倉敷は丸太の家を訪ねると、丸太がシングルファザーのもとで育ったことと丸太の母親が彼の寝ている間に出て行ったことが不眠症の起点になっていることを知ります。

伊咲の両親は伊咲の姉である早矢が同行することを条件に合宿を認め、ふたりは早矢の運転する車で空家に到着。

早矢は丸太が伊咲の心臓の件を知っていることに驚くと、可哀想な人生を歩む伊咲から手を引いたほうが良いと言いますが、丸太は彼女を「格好良い」と言い切りました。

翌日、実は早矢が同行したのは両親に内緒で彼氏との宿泊旅行に行くためであると分かり、早矢は丸太に伊咲を託すと空家を出て行ってしまいます。

しかし、早矢の行動は両親に早々に露見してしまい、ふたりは帰宅を命じられますが、どうしても「真脇遺跡」で星空の写真を撮りたい丸太は伊咲を連れて、1日の無断外泊を行うことを決意。

その日の夜、「真脇遺跡」に着いた丸太は星空の写真を撮る中、伊咲に告白します。

伊咲は「人生で一番嬉しい瞬間」だと言い、丸太はそんな彼女を写真に収めました。

翌日、帰路に着く途中で伊咲が体調を崩し、駆けつけた両親に保護され連れて行かれました。

精密検査の結果、再度の入院が必要だと分かり、伊咲の両親から叱責を受けた丸太は「天文部」を辞めることを伝えられます。

夏休みが終わり、体調の悪化によって伊咲が学校に現れなくなったことで、またしてもひとりで眠れない日々を過ごす丸太の前に白丸が現れます。

白丸は丸太が真脇遺跡で撮った写真が入選していたことを伝え、丸太はある決意をしました。

休日、家を出る前にほとんど口を聞いてこなかった父親に、幼少期にカメラを買ってくれたことを感謝した丸太は、モトコたちを喫茶店に集めて10月に「観望会」を開きたいと協力を求めます。

モトコは丸太の伊咲に対する気持ちを受け入れ協力を了承しました。

その日の夜、伊咲のラジオで翌日に入院が決まった旨を聞いた丸太は伊咲の家に駆けつけると、星空の写真が入選したことを話し「全部伊咲のおかげだ」と伝えます。

そんな丸太を見た伊咲は丸太のことが好きだと言いました。

その後、「観望会」は無事開催され、丸太はふたたび学校に通えるようになった伊咲と共に「世界にはやりたことがたくさんある」と言い合いました。

映画『君は放課後インソムニア』の感想と評価


(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

「普通じゃない」と思われることを恐れるふたり

夜の仕事や早朝の仕事など、社会人になると自身の生活スタイルに合わせてある程度の自由が効くようになります。

その一方で、特殊な事情がない限り学生時代は最も周囲と同じであることを強制される期間であり、それぞれの事情によって学校生活は苦しいものとなってしまうこともあります。

「不眠症(インソムニア)」を患う少年少女の物語を描いた本作は、「周囲の人間と違う」と思われることを恐れ自分を苦しめながら生きているふたりを主人公にしていました。

奇異な目で見られることを嫌い事情をさらけ出すことが出来ないふたりが出会う、同じ悩みを持った人間。

世界に絶望するふたりが希望を見出していく心境の変化が繊細に描かれている作品でした。

「眠る」が先にある恋愛物語


(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

常にイライラしているため同級生の中でも浮いた存在である丸太は、「天文台」で出会った友達の多い陽気な伊咲に気に入られ、恐るべき速さで距離を縮めていきます。

物語だけを追うと違和感もあるほどの展開ではありますが、ふたりが「不眠症」持ちでありながら「うたた寝」をしてしまったシーンがこの展開に説得力を持たせていました。

それぞれの「不眠症」はある不安によって生まれたものであり、どんなことをしてもその不安は解消することが出来ていません。

しかし、「不眠症」を告白したお互いの存在によって一瞬だけでも「眠れた」ふたりが距離を縮めていくことは何の違和感もなく、「眠る」が先にあることで展開される独特な恋愛物語となっていました。

まとめ


(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

暗く怖いイメージのある「夜」と言う時間が、「星」の存在によって希望に溢れた時間へと変わっていく。

夜に眠れない「不眠症」の持つマイナスの点が、徐々に夜に眠れないことが武器になっていく。

そんな見方の変化を物語の随所に散りばめた映画『君は放課後インソムニア』。

本作は見方を変えることの大切さや、悩みを共有できる相手の大切さを再確認させられる心温まる作品でした。



関連記事

ラブストーリー映画

『同感 時が交差する初恋』感想考察。韓流ラブストーリーとしてリメイク“時を超えて交信する男女の初恋”

映画『同感〜時が交差する初恋〜』は2024年2月9日(金)よりシネマート新宿ほかで全国順次公開 2000年に製作された『リメンバー・ミー』を、時代設定を新たにして描いた韓国ラブストーリー『同感〜時が交 …

ラブストーリー映画

『傲慢と善良』映画化原作ネタバレあらすじ感想と評価解説。辻村深月の恋愛ミステリー小説を藤ヶ谷太輔と奈緒が演じる

辻村深月の小説『傲慢と善良』が待望の映画化! 『朝が来る』(2021)『かがみの孤城』(2022)などが映像化されたことで知られる辻村深月。 このたび執筆されたさまざまな作品から、恋愛ミステリー『傲慢 …

ラブストーリー映画

映画『honeyハニー』キンプリ平野紫耀(大雅役)のあらすじと感想レビュー

映画『honey』は3月31日(土)より鬼キュン♡ロードショー! 目黒あむの同名コミックを、新ユニット「Mr.King vs Mr.Prince(キンプリ)」でメジャーデビューする平野紫耀と、『未成年 …

ラブストーリー映画

映画『イースター・パレード』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ミュージカル名作傑作でフレッド・アステアとジュディ・ガーランドが恋のダンスバトルで舞う!

ダンスバトルのミュージカル映画『イースター・パレード』 『イースター・パレード』は、『オズの魔法使い』(1939)でドロシー役を務めたジュディ・ガーランドとブロードウェイのダンサー出身フレッド・アステ …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。宮本亮監督の「うわさのわれわれ」は噂話とそれに関わる男女を描いた群像劇

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学