Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

『ブルーサーマル』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アニメ青春ものとして大空を舞うグライダーの魅力を描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

大空を舞う青春の物語

競技かるたを題材とした「ちはやふる」や薙刀を題材とした「あさひなぐ」など、深く知られてはいなかったスポーツを取り扱う作品によって新たな世界を知ることが出来る創作と言う世界。

国内であってもまだまだ深く知られていないスポーツは多く、その世界を除き見ることが出来るのは漫画や小説、そして映画の特権とも言えます。

今回はグライダーで空を飛ぶ技術を競う「航空部」の活動を描いた映画『ブルーサーマル』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ『ブルーサーマル』の作品情報


(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
橘正紀

【脚本】
橘正紀、高橋ナツコ

【キャスト】
堀田真由、榎木淳弥、島﨑信長、古川慎、小野大輔、小松未可子、河西健吾

【作品概要】
小沢かなによる漫画「ブルーサーマル -青凪大学体育会航空部-」をアニメ「プリンセス・プリンシパル 」シリーズを手掛ける橘正紀が劇場アニメ化した作品。

ライアー×ライアー』(2021)や『ハニーレモンソーダ』(2021)に出演する堀田真由が主人公たまきの声を演じました。

アニメ『ブルーサーマル』のあらすじとネタバレ


(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

長崎から東京へと上京した都留たまきは「青凪大学」へと入学。

恋に憧れるたまきは出会いの場としてテニスサークルへと体験入部しますが、よそ見しながら返球した球がフェンスを越え、歩いていた2年生の空知に当たってしまいます。

球が当たったことでバランスを崩した空知は牽引していたグライダーに倒れ込んでしまい、グライダーの翼を破損。

150万円もの修理費をたまきに求める空知でしたが、ショックで気を失ったたまきを「体育会航空部」の部室で介抱します。

その場に航空部の主将である4年生の倉持が現れ、たまきの言動を気に入った倉持は休日に行われるグライダーの体験試乗会に誘いました。

たまきは高校時代はバレー部に所属していましたが、背の低い自分が「体育会系」の部活に所属することに対し「気持ち悪い」と陰口を叩かれたことをトラウマとしており、試乗会への参加を逡巡します。

しかし、弁償費用の件もあり、試乗会の場所となる妻沼を訪れたたまきは、彼女を気に入らない空知に雑用を押し付けられる最中に倉持の操縦するグライダーへの同乗を誘われます。

グライダー自体に動力は存在せず、専用のウィンチで空に引っ張り上げる形で飛び出したグライダーに乗るたまきは空から見る世界に一目惚れします。

グライダーから降り、空の世界に魅了されてもなお「体育会系」のサークルに所属することに迷うたまきでしたが、倉持は大会に優勝すれば300万の賞金が出ると言い弁償費用に困るたまきは所属を決めました。

健康診断を受け許可証が発行されたたまきは同期となるゆかり、綾子、映太の3人と共に航空部の合宿に参加。

合宿の最中、倉持が学生でありながら教官としての資格も持ち、個人戦で1位を取り続ける優秀選手であることを聞いたたまきは、倉持のフライトに同乗します。

初のフライトの際に視認不可の上昇気流「ブルーサーマル」を見抜いたたまきに興味をもっていた倉持は、2度目のフライトで彼女の持つ平衡感覚と空間認識能力に驚きます。

倉持がたまきを評価する一方で倉持に憧れる空知は彼女を敵視し、たまきの自分勝手な振る舞いを叱責。

その日、たまきの些細なミスから部員総出でのドライバーの捜索活動が行われると、たまきは空回りする自身の性格を悔み泣き始めます。

その様子を目撃した空知は自身の言動や行動を謝罪し、たまきのミスを慰め一緒に捜索活動に加わり、ドライバーを発見。

合宿から月日が流れ、長野に遠征した航空部はそこで関西の強豪校「阪南館大学」との練習試合を行ないます。

しかし、その場に阪南館の主将として現れた矢野ちづるは腹違いのたまきの姉であり、再会を喜ぶどころか矢野はたまきを嫌っていることを周囲にも吐き捨てます。

倉持の取り仕切りで練習試合は終わりますが、矢野はたまきと和解することなく去って行きました。

たまきの実力は上達し、青凪大学の新人戦への参加権を空知とともに勝ち取り、新人戦へと参加します。

新人戦には最年少で飛行資格を得た阪南館の有力選手羽鳥が参加しており、たまきは闘士を滾らせますが、落し物を届けたことでテスト飛行の時間を失ってしまいます。

新人戦初日、規定の高度に至らず、上昇気流の目安となる雲も見つからないたまきでしたが、「ブルーサーマル」を探し当て羽鳥の記録を抜き1位を取ります。

落ち込む羽鳥を発破し焚き付けたたまきは2日目、指導員として矢野が同乗する中、羽鳥と同時にフライトが始まります。

羽鳥はたまきに上昇気流を探させた上で自身の操作技術でたまきを圧倒。

しかし、たまきは無謀とも言える舵取りで羽鳥を越え、その技量に同乗していた矢野は驚愕。

数日間に及ぶ総合スコアでたまきは1位を逃しますが、空知や羽鳥、そして他の参加者と仲を深めます。

そんなたまきを見る矢野は倉持に「たまきを見ていると自身の惨めさが目立つから嫌いだった」と言い、準優勝したたまきに近寄ると祝辞を述べ和解しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブルーサーマル』のネタバレ・結末の記載がございます。『ブルーサーマル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

新人戦が終わり、いつものように妻沼で練習を続ける倉持の前に大学OBの朝比奈が現れます。

意識不明の母親を持ち、朝比奈に逆らうことの出来ない倉持は朝比奈にドイツへと留学することを決められました。

普通の大学生活に憧れるたまきのもとにゆかりからニュースが寄せられます。

それは空知が飛行機のパイロットとしての授業に専念するために航空部を辞めるというものであり、空知を問い詰める1年生たちでしたが彼の決意は固く戻ることはありませんでした。

長い間倉持が捕まらないことに疑問を抱いていたたまきは上級生から倉持が大学を辞めたことを聞かされます。

主力2人を失い、全国大会のための練習に身の入らない航空部の前に朝比奈が現れました。

足の不自由な朝比奈は倉持に大きな貸しがあり、自身の叶えられなくなった夢を倉持に託すためにパトロンをしていると話します。

航空部の資金源は朝比奈であり、倉持を失い腑抜けた練習を行う航空部から手を引こうと言い出す朝比奈に対し、たまきは倉持抜きで全国大会を優勝することを宣言。

朝比奈はその条件を受け入れ、優勝したら「倉持の解放」と「航空部への資金提供の継続」、そして「たまきの願いを叶える」ことを約束します。

その後、順調に勝ち進んだ航空部は矢野と羽鳥を含む阪南館や強豪「榮桜大学」の参加する全国大会の決勝戦に参加します。

たまきを心配しピンチヒッターとして空知が選手として参加し、決勝戦の1日目が始まります。

その頃、ドイツの倉持のもとに母親が病院で息を引き取ったと言う連絡が入り、グライダーを辞めたいと考えていた倉持の心は完全に折れてしまいます。

決勝戦の初日は榮桜が1位を取りながらも、青凪は阪南館を抑え2位を維持していました。

2日目、試合を見ていた朝比奈にドイツで倉持の機体が墜落し生死不明という連絡が入り、そのことでたまきを含めた航空部に動揺が広まります。

最終日、実は朝比奈の厳しい発言は発破をかけるためのものであり、倉持の件で動揺を見せる航空部の面々の命を守るために朝比奈は試合の棄権を提案。

しかし、倉持が死んでいないことを信じるたまきと空知は参加を懇願し、朝比奈は平常心を条件に試合への参加を認めます。

空知がアンカーのたまきにバトンを繋ぐと、たまきは「ブルーサーマル」を捕まえる圧巻の操縦で矢野の操縦する阪南館の機体と榮桜の機体に追いつきます。

3機が並んでゴールする異例の展開となった決勝戦は青凪大学が優勝を手にしました。

喜び合う部員たちでしたが、たまきは朝比奈に駆け寄り彼の提案した「たまきの願いを叶える」として自身をドイツに連れて行くように求めます。

ドイツに着いたたまきは朝比奈の手引きでグライダーの航空許可を取り付け、大空へと飛び立ちます。

しかし、「ブルーサーマル」を捕まえ大空を舞うたまきの機体は想定コースを大幅に逸れ、朝比奈はたまきの精神状態を心配します。

ドイツの街中で空飛ぶたまきの機体を目撃した倉持は走り出し、町外れの草原に佇む朝比奈のもとへ向かいます。

倉持が生きていればきっと自分を見つけてくれると信じ、朝比奈の無線を無視し操縦するたまきのもとに朝比奈の無線から倉持の声が聞こえました。

「ずっと一緒に空を飛んでください」と言うたまきに対し倉持は「二度と逃げない」と誓うのでした。

スポンサーリンク

アニメ『ブルーサーマル』の感想と評価


(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

たまきの人生を変える「上昇気流」

「鳥人間コンテスト」等で用いられる自主設計の機体とは異なり、航空部で用いられるグライダーは決められた規格のものを用います。

それ故にグライダーでの航空速度は「気流」を見極められる操縦者の腕にかかっており、センスが直接実力に関わっているスポーツと言えます。

本作では主人公のたまきは恋や普通の大学生活に憧れる中で、あるトラブルから「体育会航空部」へと入部することになってしまいます。

しかし、そのことがたまきの中に秘められた圧倒的な航空センスを開花させるきっかけとなり、彼女の人生を変えていくことになりました。

航空部への入部が彼女にとっての「ブルーサーマル(目に見えない上昇気流)」であったように、出会いと言う奇跡の存在を教えてくれる作品となっています。

実在の地名と空の美しさを描く青春アニメ


(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

本作では埼玉県熊谷市に実在する「妻沼滑空場」を舞台としており、グライダーを曳航するウィンチも実在するものと同型のものが登場します。

さらに作中における新人戦は現実同様に岐阜県の「木曽川滑空場」で開催されるなど、本作はとことんまで現実と同じロケーションでの物語を意識しており、未経験者でもグライダーの世界に引き込まれるような作り込みが成されていました。

大空を飛ぶ鳥のように「上昇気流」をに乗って大きく羽ばたくグライダーというスポーツ。

日本の物流を支える企業「鈴与」が正式にCMコラボレートを行った初の映画となる『ブルーサーマル』は、空の美しさを感じることのできる作品でした。

まとめ


(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

過去のトラウマと腹違いの姉との険悪な関係を抱える主人公のたまき。

流されるように所属した航空部で自身の弱さに打ち勝ち、複雑な人間関係を持ち前の明るさで解していく物語は青春映画としても良質なクオリティとなっています。

大空を舞うグライダーに人生を賭ける「航空部」の青春を味わえる映画『ブルーサーマル』は、スポーツ系映画好きにも必見の作品です。

関連記事

アニメーション

『コードギアス総集編Ⅰ興道』あらすじと来場者特典!【谷口悟朗監督】

谷口悟朗監督の代表作として名高い、あのアニメが遂に再始動… 一大ムーブメントを築き上げた「コードギアス」シリーズの原点!劇場にて括目せよ! スポンサーリンク CONTENTS1.劇場アニメ『コードギア …

アニメーション

『スパイダーマン:スパイダーバース』感想と評価解説。スタン・リーへ僕らは目の前いる困った人を見かけたら助けるよ⁉︎

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国ロードショー。 全米公開時には初登場で1位を獲得、多くのメディアから“スパイダーマン映画史上最高傑作”と賞賛を受けた作品。 映画『 …

アニメーション

【ネタバレ】ドラゴンボール超 スーパーヒーロー|あらすじ感想と結末の解説評価。ラスボスの脅威に悟飯とピッコロの師弟コンビが挑む

悪の組織「レッドリボン軍」が放つ、新たな人造人間との戦い! かつて「世界最悪の軍隊」と呼ばれ、世界征服を企んでいた悪の組織「レッドリボン軍」。 孫悟空に、世界征服の企みは阻止されたものの、実は復活する …

アニメーション

高畑勲映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』の宮崎駿作品の原点とは

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。 代表作『パンダコパンダ』、続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』が、新文芸坐にて5月1日~5月3日、ユジク阿佐ヶ谷にて5 …

アニメーション

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学