Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『ザ・ルーム』ネタバレあらすじと感想。“最高で最低のラブストーリー”として男女の裏切りと別れを描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

全ての素性が不明の謎の金持ち、トミー・ウィゾーが製作したラブストーリー『ザ・ルーム』。

2003年に公開されて以降、世界中のどこかで常に上映され続けているという、映画ファンに愛された駄作が「未体験ゾーンの映画たち2020」のクロージング作品として、日本初上映されています。

「駄作界の市民ケーン」「最高の最低映画」と評される、ラブストーリー映画『ザ・ルーム』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ザ・ルーム』の作品情報


(C)WISEAU-FILMS

【公開】
2003年(アメリカ映画)

【原題】
The Room

【監督・脚本・製作・製作総指揮】
トミー・ウィゾー

【キャスト】
トミー・ウィゾー、ジュリエット・ダニエル、グレッグ・セステロ、フィリップ・ハルディマン、キャロリン・ミノット

【作品概要】
映画作りの知識も技術も持ち合わせていない謎の人物トミー・ウィゾーが、監督と脚本、主演を務め、6億円とも呼ばれる製作費をかけて作られたラブストーリー。

男女の裏切りと別れを描いた作品ですが、映画の完成度が低すぎて、アメリカでは、初公開時から観客が爆笑した事で話題になりました。

評判が評判を呼び、結果的にツッコミを入れながら鑑賞する事が定番になったカルト的な作品です。

映画『ザ・ルーム』あらすじ


(C)WISEAU-FILMS

サンフランシスコの銀行員ジョニーは、同棲している恋人のリサとの結婚を控え、幸せな毎日を送っていました。

ジョニーは、貧乏な学生・デニーを本当の子供のように可愛がる優しい性格の男ですが、リサは、ジョニーとの毎日に退屈さを感じ、ジョニーの部屋を訪れたリサの母親クローデットに「彼と別れたい」と相談します。

クローデットは、銀行員であるジョニーの職業に魅力を感じ、リサの意見を聞きません。そして、リサに「自分は乳がんである」と告げ、ジョニーの部屋を出て行きます。

リサは、自身を操り人形のように考えている母親にも不満を持っていました。

リサは、ジョニーの留守中、同じマンションに住んでいるジョニーの親友・マークを呼び出し、浮気をしていました。

マークは、ジョニーを裏切る行為に走っている自分を恥じますが、リサの誘惑に勝てずに悩んでいました。

リサは「ジョニーが銀行内で昇進すれば贅沢な暮らしが出来る」と考えるようになりますが、ジョニーは昇進できす、落ち込んだ状態で帰宅します。

昇進しなかったジョニーに失望したリサは、ジョニーを元気づけるように見せかけ、お酒を飲んで酔わせます。

その後、リサは周囲の人間に「酔っぱらったジョニーに、乱暴された」と触れ回りますが、ジョニーの事を知る人たちは「繊細なジョニーが、そんな事をしない」と信じません。

ジョニーから離れたいリサは、クローデットに、マークと浮気をしている事を告げます。その話を、偶然聞いていたジョニーは、ショックを受け、電話に盗聴器を仕掛けました。


(C)WISEAU-FILMS

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・ルーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ルーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある日、ジョニーは、デニーが屋上で麻薬の売人のクリス-Rに脅されている所を目撃し、マークと救出します。デニーは麻薬を買う為、借金をしてしまい、クリス-Rに追いかけられていました。

その際、ジョニーはデニーから「リサに惹かれている」事を伝えられますが、リサの強い愛を信じているジョニーは、全く動じません。

ジョニーは、親友のピーターを自宅に招き雑談を楽しんでいると、そこにマークが加わります。マークは「人妻と付き合っており、近くに引っ越す」と伝え、ジョニーを驚かせます。

しかし、ピーターはマークとリサの関係に勘付いており、マンションの屋上でマークを責めます。逆上したマークは、ピーターを屋上から落とそうとして正気に戻り、自身の行動を詫びた後、また近くのテーブルを蹴飛ばして立ち去ります。

結婚式の日にちが近付き、タキシード姿でジョニーの自宅に集まったジョニーとマークとピーター、そしてデニーは、唐突に外でフットボールを始めますが、転んだピーターが逆上し止めてしまいます。

ジョニーが昇進しなかった事への失望が抑えられないリサは、ジョニーのサプライスパーティーの準備をしますが、気持ちが乗らず、全く準備が進みません。

それでも、リサはジョニーの誕生パーティーを開催しますが、そこで全員の目を盗み、マークと愛し合います。

その光景を目の当たりにしたジョニーは、マークと一度喧嘩しますが、仲直りの握手をした後にまたマークを殴ります。

そこでパーティーは終わり、傷ついたジョニーはバスルームに閉じこもりますが、リサは、ジョニーのドア越しにマークに電話をし「今から、そっちに行く」と伝えます。

バスルームから出たジョニーは、電話の相手をリサに問いただしますが、リサは何も言いません。ジョニーは、リサの目の前で、盗聴器を再生し、マークへの電話の内容を聞きます。

ショックを受けたジョニーに、リサは一方的に別れを告げジョニーの部屋を出て行きます。

残されたジョニーは、恋人と親友に裏切られたショックから立ち直れず、拳銃で自らの頭を撃ち抜きます。銃声に気付き、ジョニーの部屋に戻ったリサとマーク。

リサは「これで自由になった」と喜びますが、マークはリサに嫌悪感を抱きます。そこへ、デニーが現れ、ジョニーの死を悲しむのでした。

スポンサーリンク

映画『ザ・ルーム』感想と評価


(C)WISEAU-FILMS

男女の裏切りと別れを描いた、ラブストーリー『ザ・ルーム』。ですが、あらすじを読んでいただいた方は、気付くかもしれませんが「クローデットの乳がん」や「麻薬に手を出したデニー」など、その後、全く作品内で触れられない、その場面だけのエピソードが存在し、意味不明の展開が続きます。

また、クライマックスとなるジョニーの誕生会で、マークとリサの浮気を最初に目撃するのが、それまで全く登場していない、名前も関係性も分からない男だったり、外の背景が何故か合成処理されており、不思議な光景になっているなど、全てにおいて奇妙な作品となっています。

作品内で、時間経過を伝える、街の映像が挿入されるのですが、物語が進むにつれて、一体どこの風景なのか分からない場所が映し出されるようになり、こういった奇妙な演出の積み重ねが、結果的に笑わずにはいられない作品に仕上がっています。

もちろん、監督と脚本、主演を担当したトミー・ウィゾーは、笑いが起こる作品など狙っていなかったのですが、何故、こうなったのでしょうか?

それは『ザ・ルーム』の裏側に迫った、2017年の映画『ディザスター・アーティスト』で描かれています。

俳優を目指し、友人のグレッグ・セステロとロサンゼルスへ移住したトミー・ウィゾーは、俳優として全く仕事が無い状況に絶望し、自身で映画を作る事を決めます。

そして、製作されたのが『ザ・ルーム』です。

ですが、トミー・ウィゾーは、周囲には理解できないこだわりを持つ男で、前述した、外の風景を合成した場面では「外で撮影すれば良い」と、忠告するスタッフに「手は抜けない」と謎の回答をしています。

トミー・ウィゾーに付いて行けなくなったスタッフ達は、険悪なムードになっていきますが、その中でも撮影は続けられ、次第にトミー・ウィゾー1人になっていく様子が描かれています。

『ディザスター・アーティスト』は、コメディ作品でドキュメンタリーではありませんが、『ザ・ルーム』の裏側に迫った本作は、ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にもノミネートされるほど話題になり、『ザ・ルーム』が再び注目されるキッカケになった作品です。

トミー・ウィゾーは実在する人物ですが、無尽蔵にお金を持っている以外は、全てが謎です。けれども『ザ・ルーム』には、観客を楽しませようとするトミー・ウィゾーの情熱が込められている事は間違いなく、唐突に始まるサスペンス展開などは、観客を飽きさせないようにした配慮でしょう。

『ザ・ルーム』に登場する人物の会話は要領を得ず、情緒不安定な印象ですが、中には「活きた台詞」が光っている部分もあり、特にラストにジョニーとリサが交わす最後の会話は、胸を掴まれました。

トミー・ウィゾーは、全てにおいて謎の男ですが、『ザ・ルーム』には、映画を愛した1人の男の本気が詰まっている事は、間違いない作品です。

まとめ


(C)WISEAU-FILMS

映画作りの知識も技術も無い、トミー・ウィゾーが作り出した映画『ザ・ルーム』ですが、奇妙な演出の数々で、別の意味で見どころが多く、鑑賞していて飽きない作品でした。

もちろん、事前に「どういう映画か?」を知っていたから、という部分はありますが、何も知らない状態だと、怒りすら覚えるかもしれませんね。

海外では、作中の酷い演出に、ツッコミを入れながら鑑賞する文化が定着していて、それが本作が愛される要因の1つとなっています。

トミー・ウィゾーの、意図したようにはいかなかったかもしれませんが、作品がファンの間で独り歩きし、結果愛されてしまうというのも、映画という文化の面白い部分ですね。

関連記事

ラブストーリー映画

韓国映画チーズ・イン・ザ・トラップ|あらすじとキャスト。パク・へジン再び主演へ

映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキドキの胸 …

ラブストーリー映画

映画『生きてるだけで、愛。』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『生きてるだけで、愛。』は、11月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 劇作家で芥川賞作家の本谷有希子の初期の代表作『生きてるだけで、愛。』の映画化。 主演は映画・舞台と幅広く活躍 …

ラブストーリー映画

映画『男と女(2020)人生最良の日々』ネタバレ感想とレビュー評価。ロケ地ドーヴィルの海辺を舞台に撮影10日間で描く

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。 “愛の伝道師”クロード・ルルーシュ監督が紡ぐあの恋愛映画 …

ラブストーリー映画

映画『アンモナイトの目覚め』ネタバレあらすじ感想ラスト結末の評価。大人の恋愛譚をウィンスレットとローナンで描く

19世紀・イギリスの海辺の町を舞台に、実在の古生物学者の人生を大胆にアレンジ。ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演を果たした愛の物語 長編監督デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』で …

ラブストーリー映画

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年1月24日に第89回米国アカデミー賞はノミネート作品を発表されました。予想通りの作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞など、13部門に14ノミネートは、『ラ・ラ・ランド』は他の追随を許さない …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学