Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『任侠学園』ネタバレ感想と評価レビュー。西島秀俊が演技の新境地で「自分の好きな事で勝負」する大切さを見せる

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

義理と人情の阿岐本組長は社会奉仕に目がなく、ついには経営不振の高校の建て直しまでやる⁈

人気俳優・西島秀俊とベテラン俳優・西田敏行がダブル主演を務め、今野敏の小説「任侠」シリーズを映画化。

「義理と人情」を重んじるヤクザが、「普通である事」を重視する学校の、経営再建に立ち上がった姿を描いたコメディ映画『任侠学園』。

西島秀俊が、新境地とも言える役柄に挑んだ、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『任侠学園』の作品情報


(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
今野敏

【監督】
木村ひさし

【脚本】
酒井雅秋

【キャスト】
西島秀俊、西田敏行、伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、戸田昌宏、猪野学、加治将樹、川島潤哉、福山翔大、高木ブー、佐藤蛾次郎、桜井日奈子、白竜、光石研、中尾彬、生瀬勝久

【作品概要】
今野敏の人気小説「任侠」シリーズの第2作目『任侠学園』を、『ATARU』や『99.9 刑事専門弁護士』などの数々の人気ドラマを手掛けた、木村ひさしが映像化。

西島秀俊と西田敏行のW主演に加え、伊藤淳史や池田鉄洋、生瀬勝久などの個性派俳優が出演。

映画『任侠学園』あらすじ


(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
ヤクザではありますが、指定暴力団ではない小さな組「阿岐本組」。

義理人情を重んじる「阿岐本組」は、以下の3箇条を厳守しています。

1.カタギに手を出さない
2.勝負は正々堂々
3.出された食事は残さず食べる

「阿岐本組」のNO.2である日村誠司は、サポート役で元高校球児の二之宮稔、大卒で料理が得意な三橋健一、チャラ男風の志村真吉、ネットワーク系に強い市村徹と、義理人情を重んじながら、商店街の平和を守っていました。

「阿岐本組」の組長、阿岐本雄蔵はヤクザながら、社会貢献に力を入れており、兄弟分の永神から潰れかけの事業を買い取っては、再生させる為に尽力しています。

今回、永神が持ち掛けたのは経営不振に陥った高校「仁徳京和学園高校」でした。

「最近の若い奴は、心にバネが無い」と嘆く雄蔵は、日村達が止めるのも聞かず、「仁徳京和学園高校」の経営権を買い取ってしまい、日村を理事にし学校の再建を託します。

学生時代から問題児で、学校に良い思い出の無い日村は、嫌々ながら「仁徳京和学園高校」に出向きます。

「仁徳京和学園高校」の校長、綾小路は事なかれ主義で、学校の学力を平均に保つ為、全ての部活を廃止し「何の特色も無い高校」に作り変えていました。

綾小路は「ずば抜けた生徒もいないが、問題児もいない」と主張しますが、学園内で騒動が起きます。

日村と稔が駆け付けると、「学校一の問題児」と呼ばれる沢田ちひろと、学校一の優等生、小日向美咲が揉めていました。

「問題児がいない」という綾小路の言葉が、早速嘘であった事を感じる日村は、雄蔵から「花が咲けば人が寄って来る」というアドバイスを受け、学校に特徴を作る事を考えます。

次の日、「阿岐本組」の構成員と「仁徳京和学園高校」を訪れた日村は、学校のガラスが全部割られている事に気付きます。

商店街のガラス屋、西潟の好意で、格安でガラスを入れ替える事ができた日村は、稔とガラスを割った犯人の捜索を始め、「夜中に忍び込んでいた」という目撃情報から、ちひろを捕まえます。

日村は、稔とちひろを、使用されていない教室へ連れて行き「好きなだけガラスを割ってよい」と伝えます。

日村の提案を、最初は馬鹿らしく思っていたちひろですが、日村と稔が、楽しそうにガラスを割り始めた事をキッカケに、ちひろも一緒にガラスを割り始めます。

ちひろは「ガラスを割ったのは自分では無い」と日村に告白、日村も「知っていた」と答えます。

日村は「誰も信じてくれなくても、本当の事を伝える大切さ」を、ちひろに伝えます。

その時、何者かが日村達を盗撮していました。

盗撮に気付いた日村は、犯人を追いかけて捕まえます。

盗撮犯は、ちひろと同じクラスの黒谷祐樹でした。

黒谷は、ちひろのファンで、持っていたカメラには、多数のちひろの写真が残されています。

日村は、この写真の中の一枚を、商店街の写真コンクールに応募して、「仁徳京和学園高校」をPRする事を考えます。

その日の夜、「阿岐本組」は、ガラスを割っている犯人を捕まえる為に、学校内に待機していました。

監視をしていた市村が、怪しい人影に気付き、日村が捕まえると、それは学校に潜入したちひろでした。

「何となく学校に潜入した」と言うちひろと、日村は学校に花を咲かせる為に、球根を植えていきます。

作業が、ひと段落した時、学校にマスク姿の五人組が侵入し、金属バットでガラスを割ろうとします。

「阿岐本組」の構成員は、五人組を取り押さえますが、その中の1人は、生徒会に所属する江守太一でした。

太一以外の4人も「仁徳京和学園高校」の生徒で、ストレス解消の為に、ガラスを割った事を日村に伝えます。

日村は「落とし前をつける」事を求めます。

次の日、学校に潜入していた生徒たちは、「落とし前」の為、朝から学校の掃除をしています。

ですが、太一の姿だけがありません。

そこへ、慌てた様子の綾小路が日村を校長室へ連れて行きます。

校長室には、太一と太一の母親、父兄会の会長を務める小日向泰造の姿がありました。

日村は、名目上は理事長となっている雄蔵と同席します。

太一の母親は「息子が脅された」と主張し、泰造は「理事会が暴力団の噂がある」と伝えます。

雄蔵は「阿岐本組」はヤクザではあるが、暴力団ではない事を説明し「今回の件を訴える」と主張する泰造に、「逃げも隠れもしない」と正面から対峙します。

ですが、裁判になると、太一が夜中に学校へ忍び込んでいた映像を提出する事になる為、太一の母親の希望で、裁判沙汰になる事は回避されました。

雄蔵は泰造が「カタギの人間では無い」と見抜き、周辺を探るように指示を出します。

商店街の写真コンテストに応募する写真を選ぶ、「阿岐本組」の構成員と生徒たち。

黒谷が撮影した、多数のちひろの写真の中から、日村はある写真を気にします。

それは、夜の学校でダンスの練習をしていたちひろの姿で、ちひろは黒谷以外には秘密にしていました。

日村は、ちひろに学校のPRの為に、ダンスコンテストへ出場する事を勧めます。

黒谷の、写真に燃やす情熱に感化され、他の生徒たちも自主的に部活を始めるようになります。

生徒たちは、太一を野球部に誘いますが、太一は断ります。

実は、太一は元野球部で、去年野球部が問題を起こした事で、野球だけではなく、全ての部活が廃止になった過去がありました。

その事実を知った日村は、部活復活にノリ気ではない綾小路を説得しようとします。

また、泰造の周辺を探っていた市村から「泰造の経営する企業が、暴力団の準勇会と関りがある」事を知ります。

そして、その夜、太一が何者かに暴行を受けるという事件が発生します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『任侠学園』ネタバレ・結末の記載がございます。『任侠学園』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

太一を暴行した犯人が自首をし「自分は暴力団である」事を告白します。

日村は、広域指定暴力団を扱う「マル暴」の刑事、甘糟に警察署へ連行されます。

そこで、今回の事件は「準勇会」の構成員が起こした事を聞かされ、甘糟は日村に探りを入れる為に、連行した事を聞かされます。

太一の見舞いに訪れた日村は、病院内で美咲に会います。

日村の指示で、太一が入院するほどの怪我を負ったと考えている美咲は、日村を責めます。

日村は「自分ではない」と言いますが、美咲は日村の言葉を受け入れず、父親である泰造に、日村への復讐を望みます。

学園内でトラブルが渦巻く中、ダンスの練習を続けるちひろは、町内会の写真コンテストから、黒谷の写真が落選した事を知ります。

ちひろは「何の意味も無かった」と言いますが、日村は「何も残らないのは、戦わなかった時だけ」と答え、ちひろは、その言葉に突き動かされます。

ダンスコンテスト当日、会場に向かったちひろは、何者かに誘拐されます。

ちひろを誘拐した者を追跡し、日村に報告した黒谷も捕まり、日村は犯人に場所を教えられます。

ちひろと黒谷を救出に向かった「阿岐本組」。

そこにいたのは美咲と「準勇会」の構成員、定岡でした。

定岡は、フリーター達を雇い、日村達を襲わせます。

「カタギに手を出さない」という「阿岐本組」の第一条がありますが、日村は「人を誘拐する奴はカタギじゃない」と叫び、「阿岐本組」はフリーター達を次々と倒していきます。

劣勢になった美咲は、ちひろに刃物を向けます。

刃物を取り上げようとした日村は、背後から定岡に殴られ、美咲の持っていた刃物が刺さります。

日村は、美咲とちひろを逃がし、定岡を殴り倒します。

日村は、夜の公園で落ち込んでいた美咲を探し出し、自身の過去を語り出します。

喧嘩に明け暮れていた学生時代の日村は、ヤクザと喧嘩になった際に、ヤクザの持っていた刃物を取り上げ、振り回しながら逃げようとしました。

その時に、行く手を塞いだ雄蔵を刺してしまいますが、その時に雄蔵は避けようとしませんでした。

後から、雄蔵は、日村の抱えた心の膿を全て出す為に、あえて刺された事を知り、日村も同じ事をした為「気にするな」と美咲に伝え、そのまま病院に向かいます。

残された美咲とちひろは、元々幼馴染だった事から仲直りをします。

次の日、雄蔵は泰造の経営する企業を訪れます。

そこへ「準勇会」の組長、唐沢が同席します。

「仁徳京和学園高校」は、8年後に高速道路が通る計画となっており、数年後に地価が高騰する可能性があります。

泰造の狙いは「仁徳京和学園高校」を買収し、学校を潰して土地を売却する事でした。

「素人の考える事じゃない」と、唐沢の関与を疑う雄蔵。

唐沢は雄蔵を不快に感じ、組同士の抗争になりかねない緊張状態となります。

ですが、雄蔵は唐沢に「泰造が『準勇会』の資金、二千万を着服していた」というデータを見せます。

素人に着服されていた事が分かれば「準勇会」の恥、さらに雄蔵はこの件から手を引けば、着服された二千万を保証する事を持ち掛けます。

唐沢はこれを了承、泰造と手を切ります。

計画が潰れ取り乱す泰造は、心配して様子を見に来た美咲に殴り飛ばされます。

「仁徳京和学園高校」は、日村が理事になって以降、部活も復活し活気を取り戻しました。

ですが、理事会がヤクザである事を問題視した保護者の顔を立てる為、「阿岐本組」は「仁徳京和学園高校」から去る事になりました。

生徒に見送られ、ちひろと植えた球根から花が咲いている事に感動した日村に、市村から連絡があります。

それは「今度は雄蔵が、経営不振の温泉宿を買い取った」という内容でした。

スポンサーリンク

『任侠学園』感想と評価


(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
義理と人情を重んじるヤクザが、経営不振の学校を再建させるという本作。

なかなか皮肉の利いたコメディ作品となっています。

破天荒な人物が、学校を立て直すというと、近年では『GTO』や『ルーキーズ』などがありますが、本作の特徴は、生徒個人に向き合うのではなく、学校の本質そのものを変えていく部分です。

平均を重視するあまり、部活さえも潰してしまった「仁徳京和学園高校」は、「普通」という事が重視される、現代の世の中を反映させたような学校です。

そんな「仁徳京和学園高校」の理事を任された日村は、時代に取り残されたような男で、時代錯誤とも言える判断基準だけで、学校を変えていきます。

本作はエンターテインメント性の強い作品なので、現実に日村のような人間がいたら、本当に学校が良い方向に変わるかは疑問ですが、ただ「普通である事」「人と同じである事」を教える教育より、「自分の好きな事で勝負」させようとする、日村の方針は、胸を打つものがあります。

そして、勝負する事で初めて見える事もあり「負ける事の価値」も、本作では語られています。

下手をすると、無気力、無関心な若者に向けた、説教くさい映画になりがちな本作ですが、監督の木村ひさしはドラマ『99.9 刑事専門弁護士』などに代表されるようなコミカルな演出を得意としています。

本作でも、シリアスで重いシーンが続いた後には、必ず「オチ」となるようなコメディシーンが入っており、最後まで楽しい映画となっています。

まとめ


(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会
本作は、実に豪華なキャストが集まっています。

主演の西島秀俊が、純粋で昔気質な日村を好演しており、本人も「これまで演じた事が無いキャラクター」という、新境地を見せています。

そして「阿岐本組」の組長、阿岐本雄蔵を演じる西田敏行は、お人好し過ぎず、時には恐ろしい一面を見せる雄蔵を見事に演じており、特にクライマックスで、白竜が演じる唐沢との一触即発状態での交渉は、手に汗握る緊迫のシーンとなっています。

本作では、「Vシネ」世代の日村と、「Vシネ」を知らない世代の高校生との「世代間ギャップ」をネタにした笑いが多いのですが、その最後に、数々の「Vシネ」に出演してきた、白竜を出してくる辺り、なかなか心憎い演出ですね。

「善人のヤクザが学校を救う」という、ある意味ファンタジーな展開を、豪華なキャストで説得力のある物語にした本作。

善い事と悪い事の境界線が曖昧になった昨今で「人に迷惑をかける事が、一番の悪である」という、最も単純ですが、忘れがちな事を「阿岐本組」は教えてくれます。

最後まで楽しめて、いろいろ考えさせられるテーマもある、エンターテイメント作品となっています。

関連記事

コメディ映画

映画『引っ越し大名!』ネタバレ感想レビューと評価。高橋一生がこれまでにないキャラで演じた鷹村源右衛門に感服!

映画『引っ越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国公開! 「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の小説『引っ越し大名三千里』を、主演に星野源を迎え、高橋一生と高畑充希を共演。 また『の …

コメディ映画

『パディントン』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

自分の家を求めてロンドンにやって来た子グマのパディントン。持ち前の鈍臭さと純真さをフル回転させながら様々な問題に出くわします。 ご家族で見るもよし恋人同士で見るもよし、誰と見ても盛り上がること間違いな …

コメディ映画

『ホームアローン2』ネタバレ感想。結末までのあらすじ映画解説【子役マコーレー・カルキン作品】

映画『ホーム・アローン2』は、1991年に公開された『ホーム・アローン』の続編として製作された作品です。 本作では、2人組の泥棒とニューヨークで再会。ケヴィンの計算的な罠が再びお楽しみ頂けます。 今回 …

コメディ映画

映画『ニューヨーク最高の訳あり物件』あらすじネタバレと感想。結末は爽やかに今を生きる女性たちにエールを送る

ニューヨーク・マンハッタンの高級アパートメントに同じ男に捨てられた女が2人。奇妙な共同生活の行方は如何に!? 映画『ニューヨーク最高の訳あり物件』がシネスイッチ銀座他にて全国順次公開されています。 『 …

コメディ映画

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』ネタバレ感想。サルマン・カーン主演のインドとパキスタンを繋ぐエンタメ作品

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、『ダンガル きっと、つよくなる』(2009)『バーフバリ 王の凱旋』(2017)に次ぐ、インド映画の世界興収歴代No.3を継続中と大ヒット作品です。 熱い …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP