Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/06
Update

映画『誰がハマーショルドを殺したか』あらすじ/上映館。日本公開が決定した冷戦最大の陰謀に迫るドキュメンタリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

サンダンス映画祭で監督賞を受賞。
世界史を覆す衝撃の問題作。

国連事務総長事故死の裏に隠された計画の存在に迫り、サンダンス映画祭で監督賞を受賞したドキュメンタリー映画『Cold Case Hammarskjold』。

(C)2019 Wingman Media ApS, Piraya Film AS and Laika Film & Television AB

邦題を『誰がハマーショルドを殺したか』と改め、2020年7月18日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開することが決定。

あわせてポスタービジュアルも解禁されました。

スポンサーリンク

映画『誰がハマーショルドを殺したか』について

(C)2019 Wingman Media ApS, Piraya Film AS and Laika Film & Television AB

本作は、今もなお暗殺説が囁かれる第2代国連事務総長ダグ・ハマーショルド謎の事故死にデンマーク人ジャーナリストで監督のマッツ・ブリュガーが迫ったドキュメンタリーです。

北朝鮮で撮影した『ザ・レッド・チャペル』(2009)で第26回サンダンス映画祭審査員賞を受賞、その後も、アフリカの政治汚職に切り込んだ 『アンバサダー』(2011)と、常に潜入捜査で政治的秘密を暴いてきた監督マッツ・ブリュガー。

マッツ・ブリュガー監督は、暗殺説がありながらも詳しい調査が行われず、未解決だったハマーショルド事故死の真相を追うヨーラン・ビョークダールの調査に参加する形で撮影を開始。

調査の中で暗殺を仄めかす資料の存在が明らかになるも、当時の関係者たちは皆、口をつぐみ、追跡取材が行き詰まりをみせました。そんな時、彼らはハマーショルド暗殺事件にとどまらない、秘密の組織による世界史を覆すような驚愕の“ある絶滅計画”に遭遇します。

第35回サンダンス映画祭ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門で監督賞を受賞、世界78もの映画祭で上映され、各地で議論を巻き起こした本作は、Hollywoodnews.comが選ぶ2019年ベストドキュメンタリーで2位を獲得。

1本の映画が歴史的な新事実を発表するということは珍しく、ワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙でも評価を得るだけでなく、2019年映画祭での上映時には日本でも読売新聞ほか、いくつかの新聞で「新証言により長年のハマーショルド事件の謎が解明した」というニュースが流れました。

映画『誰がハマーショルドを殺したか』の作品情報

(C)2019 Wingman Media ApS, Piraya Film AS and Laika Film & Television AB

【日本公開】
2020年(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・ベルギー合作映画)

【原題】
Cold Case Hammarskjold

【監督・脚本】
マッツ・ブリュガー

【撮影】
トーレ・ヴォーラン

【音楽】
ヨーン・エリック・コーダ

【キャスト】
マッツ・ブリュガー、ヨーラン・ビョークダール

スポンサーリンク

映画『誰がハマーショルドを殺したか』のあらすじ

(C)2019 Wingman Media ApS, Piraya Film AS and Laika Film & Television AB

1961年9月、コンゴ動乱の停戦調停のため、当時の国連事務総長ダグ・ハマーショルドはコンゴに向かいました。

しかし途中、ローデシア(現ザンビア)にてチャーター機は謎の墜落事故を起こし、ハマーショルドを含む乗員すべて死亡。

長らく原因不明の事故とされてきたこの未解決事件にデンマーク人ジャーナリストで監督のマッツ・ブリュガーと調査員のヨーラン・ビョークダールが挑みます。

その後、これは単なる墜落事故ではなく、ハマーショルドの命を狙った暗殺事件であったことを仄めかす資料を発見。

ブリュガー監督とビョークダールは謎を解明すべくアフリカ、ヨーロッパ各地を旅しますが、当時の関係者たちは皆、口をつぐみ追跡取材は行き詰まりを見せます。

しかし彼らは調査を進めるうちに、ハマーショルド暗殺事件の真相だけでなく、想像を絶する驚愕の秘密組織サイマーによる陰謀にぶち当たり…。

まとめ

(C)2019 Wingman Media ApS, Piraya Film AS and Laika Film & Television AB

映画の中で新事実に遭遇した本作は、サンダンス映画祭ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門にて監督賞を受賞、世界78もの映画祭で上映され、各地で議論を巻き起こしています。

マッツ・ブリュガー監督の渾身の取材ルポをまとめた衝撃の陰謀ドキュメンタリー『誰がハマーショルドを殺したか』は2020年7月18日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『デッド・ドント・ダイ』あらすじ。キャストはビルマーレイとアダムドライバーで日本公開日は4月3日!

第72回カンヌ国際映画祭オープニング作品。 アダム・ドライバーからセレーナ・ゴメスまでオールスター・キャストで史上最強のファミリーが結成! Abbot Genser / Focus Features …

新作映画ニュース

映画『悲しき天使(2020)』あらすじ/キャスト/公開日/予告編。水野勝と和田瞳がエロティックなラブストーリーに挑む

美しき遊女と遊郭に流れ着いた青年の悲しき純愛を過激に描く。 『純平、考え直せ』『夜明けまで離さない』など、これまで悲しい男女のエロスを追い求めてきた森岡利行監督。 映画『悲しき天使』 森岡利行監督の最 …

新作映画ニュース

映画『皮膚を売った男』キャスト/上映館。日本劇場公開決定のアカデミー賞話題作は矛盾に満ちた世界の在り様を描く

自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」とは…。 2020年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で男優賞を受賞し、東京国際映画祭でも正式出品され、さらに第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノ …

新作映画ニュース

映画『劇場版HAYABUSA2〜REBORN』公開日。小惑星探査機はやぶさの感動の旅をドキュメンタリーで捉える

2020年12月6日、小惑星探査機はやぶさ2がついに地球へ帰還! 2003年5月に日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星イトカワを探査し2010年に6月に地球に無事帰還を果たし、「はやぶさ」 …

新作映画ニュース

中村倫也が新作映画『人数の町』完成記念会見に登壇!石橋静河と公開記念の大当たり祈願

公開記念大当たり祈願&完成記念会見オフィシャルレポート。 河瀨直美監督を審査員⻑に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品『人数の町』が2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学