Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/06
Update

映画『鉄道運転士の花束』あらすじとキャスト。アカデミー賞セルビア代表作が8月に公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作!

モスクワ国際映画祭他での4つの観客賞、マンハイム‐ハイデルベルグ国際映画祭における映画館主賞を含む13の国際映画祭で受賞し、アカデミー賞外国語映画部門セルビア代表作品でもある『鉄道運転士の花束』が、2019年8月17日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開することが決定致しました。

ポスタービジュアルと場面写真が解禁されましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『鉄道運転士の花束』について


©ZILLION FILM ©INTERFILM

脚本・監督は、カンヌ映画祭短編部門で審査員賞受賞経験もあるミロシュ・ラドヴィッチ

キャストには、カンヌ映画祭パルムドールにて2度受賞したエミール・クストリッツア監督作品への出演でも知られる、バルカン地域の2大スター、ラザル・リストフスキーとミリャナ・カラノヴィッチを迎えました。

鉄道運転士は現役時代に、故意でなくとも何人もの人を殺してしまうといいます。実際、電車は少なくとも数百メートルなければ停止することはできません。

だから鉄道運転士は運転時に人を殺してしまっても、どのような責任も負わずにすむんです。

しかしたとえ無罪でも、彼らの心に刻まれた罪の意識は消えません。

本作は、そうした「無実の殺人者」たちの悲哀と誇りを、深い愛情を持ってユーモラスに描いた珠玉の作品です。

映画『鉄道運転士の花束』への海外コメント

世界各国の映画祭で称賛を浴びた本作。そのコメントの一部をご紹介します。

レインダンス映画祭では、「とても面白い。ジョークは不気味だけど不快ではなく、対立は感情的であってもメロドラマのようにはならない。物語はスムーズに進行し、愛おしく感動的な結末にたどり着く」と、本作を絶賛。

また、バッファロー映画祭のジェイアード・モバークは、「抱腹絶倒のコメディではないはずなのに、私は一度ならず大笑いをしてしまった」と、本作の持つおかしみを褒め称えました。

The Panopticも、「最も胸を打ち、最も面白い映画の一つ」と、唯一無二の映画であることを強調。

人生における苦渋の選択を、温かさと笑いで包み込んだ本作への期待がさらに高まるコメントですね。

映画『鉄道運転士の花束』のポスタービジュアル

©ZILLION FILM ©INTERFILM

花束を持った男性ふたりの背中と、抱き合った男女の姿が印象的なビジュアル。

男性たちが佇むのは、美しい自然風景に囲まれた墓地。

彼らの表情はどのようなものなのかわかりませんが、光に満ちた風景から希望を感じ取れます。

また、女性に抱きしめられた男性も顔はわからず、映っているのは背中だけ。

幸せに満ちた彼女の面持ちから、人生の喜びがこぼれ出します。

スポンサーリンク

映画『鉄道運転士の花束』作品情報

©ZILLION FILM ©INTERFILM

【日本公開】
2019年(セルビア・クロアチア合作映画)

【原題】
Train Driver’s Diary

【監督・脚本】
ロシュ・ラドヴィッチ

【プロデューサー】
ラザル・リストフスキー、ペータル・リストフスキー

【キャスト】
ラザル・リストフスキー、ペータル・コラッチ、ミリャナ・カラノヴィッチ、ヤスナ・デュリチッチ、ムラデン・ネレヴィッチ、ニーナ・ヤンコヴィッチ、ダニカ・リストフスキー

映画『鉄道運転士の花束』あらすじ

©ZILLION FILM ©INTERFILM

60歳のイリヤは定年間近の鉄道運転士。

現役中に28人を殺してしまったという不名誉な記録を持っています。

イリヤが養子として迎えた19歳になる息子シーマは、家業である義父の仕事の後を継ぐ準備をしていました。

そんな息子にイリヤは、事故は避けて通れないものだと折に触れて話します。

シーマは人殺しになりたくないという恐怖を抱きながらも、初乗務から初殺人に至るまでどれくらいの時間がかかるのか気になって仕方がありません。

イリヤは「一週間のうちに一瞬で終わる」と励まします。

運転士の業務についたシーマは、不安を抱き、汗をかき、夜も眠れなくなってしまいました。

1週、2週、3週間と過ぎ、無事故を続けるものの、ついにはその緊張感に耐えられなくなるシーマ。

そんな息子を助けるため、イリヤは自殺志願者の人々を探し出し、高層ビルや橋から飛び降りる代わりに電車に轢かれてほしいと交渉します。

「理解してくれ、青年の命がかかってるんだ!」と説得にかかりますが、ぴったりだと思われた自殺志願者は生きる選択をしてしまうんです。

他に良い方法が見つからないイリヤは、一人息子のために線路に横たわります。

定刻よりかなり遅れ、ようやくシーマの運転する列車がやってきて…。

スポンサーリンク

まとめ

限りない悲しみを花束に変え、誇りをもって引退するはずだった運転士に、線路は幸せを運んできます。

本作には『アンダーグラウンド』(1995)のラザル・リストフスキーとミリャナ・カラノヴィッチが出演

カンヌ国際映画祭短編部門で審査員賞を獲得したことのあるミロシュ・ラドヴィッチが監督・脚本を担当し、ときに“無実の殺人者”となってしまう鉄道運転士の悲哀と誇りをユーモラスに描きました。

映画『鉄道運転士の花束』は2019年8月17日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

実写映画『喝 風太郎!!』あらすじとキャスト。主題歌提供のMY FIRST STORYが市原隼人を光らせる!

『サラリーマン金太郎』の本宮ひろ志原作待望の映画化。 悩み迷う人々に喝を入れる修行エンタテイメント。 『サラリーマン金太郎』『俺の空』等の人気漫画家本宮ひろ志の伝説の傑作漫画の映画化『喝 風太郎!!』 …

新作映画ニュース

【劇場版Fate[HF]第3章】あらすじとキャスト声優のコメント。劇場公開に向け第1弾特典付き共通前売券の発売も

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring song キービジュアル&特報第1弾公開! 手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめ …

新作映画ニュース

映画『銃2020』あらすじ/キャスト。日南響子を主演に奥山和由と武正晴が創る第二弾とは?

全員がクレイジー!? 最強タッグによる新たな作品がお目見え。 作家・中村文則のデビュー作『銃』(河出書房新社)の映画化で、村上虹郎を主演に迎え2018年に公開された『銃』。 (C)吉本興業 その企画・ …

新作映画ニュース

【2019年10月11日〜12日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』主演の藤田恵名さん(C)Cinemarche 映画 …

新作映画ニュース

映画『はりぼて』劇場公開決定と上映館。腐敗した地方政治を富山のテレビ局がドキュメンタリーで暴く

虚飾を剥がせ!この映画こそ日本の縮図だ!! 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 この度、映画『はり …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP