Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『スピリッツ・オブ・ジ・エア』名作映画が30年ぶり日本劇場公開!デジタルリマスター版予告解禁

  • Writer :
  • 大塚まき

30年の時を経て、孤高のファンタジーが蘇る!

本作は、1990年開催の第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映され、審査員特別賞を受賞。

翌年には日本でも劇場公開され、レイトショーで12週間のロングランとなるヒットを記録するも、その後長年に渡って観る事が難しい<失われた作品>として存在感を高めてきました。


©1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

監督自身の手によるデジタル・リマスター版として30年の時を越えスクリーンに帰ってくる映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』が2020年2月8日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次公開されます。

また、本作の予告編と場面写真があわせて解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の見どころ


(C)1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

本作は『荒野の千鳥足』(1971)の舞台となり、『マッドマックス2』(1981)や『プリシラ』(1994)の撮影地でもある豪州ブロークン・ヒルにて撮影され、たった3人のみの登場人物が物語を紡ぎます。

また予告編でも流れる、心にこびりつくような印象的なサウンドトラックは、エンニオ・モリコーネやアンジェロ・バダラメンティ、さらにはミニマルミュージックで有名なフィリップ・グラスを想起させる仕上がりとなっており、見どころの一つです。

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の予告編

今回解禁となる予告編では、巨大な十字架が立ち並ぶ墓地や、地面に突き刺さった廃車がそびえ立つ異様な景色の中を、ゆっくりと人影が横切るシーンから始まります。

冒頭から流れる音楽からは哀愁が漂い、荒廃した近未来を想起させる美術と衣裳によって独特の世界へと観るものを誘う仕上がりとなっており、たちまち物語の世界に引き込まれます。

ベティは「大変よ!誰か砂漠から来るわ、悪魔よ」とスミスが現れたのを不吉な前兆かのように取り乱します。

一方の兄・フェリックスは奇妙な訪問者に空を飛ぶ話をしたくてたまらないといった様子が映し出され、2人だけの静かな日常は一変していく様子が伺えます。

抜け出すことの出来ない荒野の中心で、空を飛ぶことを夢見るフェリックス、この土地に執着するベティ、謎の逃亡者スミスの3人がどう関わっていくのか、その先が気になる予告編となっています。

さらに終盤に、窓の外に紙飛行機を投げたフェリックスとスミスの姿に、ポスタービジュアルのキャッチコピーにも書かれている“まだ見ぬ景色を求めて、夢の着地点を知った”という言葉が重なります。

それぞれの思いを秘めた男女3人が交わる時、その先にあるのは希望の光かそれとも絶望なのでしょうか。そして、どんな“着地点”なのでしょうか…。

ぜひその問いをスクリーンでご覧ください。

スポンサーリンク

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の前売り券情報


(C)1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

【発売開始】
11/22(金)より

【価格】
1,400円(税込み)

【購入特典】
数量限定のB4サイズのポスターと紙飛行機キットが一体化した「飛行ポスター」が付属

【販売場所】
公開劇場の窓口とオンラインにて発売

※詳細は『スピリッツ・オブ・ジ・エア』公式HPにてご確認下さい。 

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の作品情報


(C)1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

【製作】
1988年(オーストラリア映画)

【日本公開】
2020年

【原題】
SPIRITS OF THE AIR, GREMLINS OF THE CLOUDS

【監督・脚本】
アレックス・プロヤス

【キャスト】
マイケル・レイク、ザ・ノーム、ライズ・デイヴィス

【作品概要】
監督・脚本はこれが処女作となったオーストラリア出身のアレックス・プロヤス。

監督自身がアンドリュー・マクフェイルと共同で自主製作にこぎつけました。

撮影はデイヴィッド・ナウス、音楽をピーター・ミラーが担当。

スポンサーリンク

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』のあらすじ


(C)1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

果てしなく広がる荒野に一軒だけの小さな家に住む足の不自由なフェリックス。

彼は手作りの飛行機によって空を飛ぶという妄想に取り憑かれ、いつかこの場所からの脱出を夢見ていました。

一方、偏執的な気質を持つ妹ベティは、この場所を一生離れてはいけないという父の遺言を忠実に守り、十字架に囲まれて暮らしています。

そんな2人の生活の中に、ある日、スミスと名乗る逃亡者が現れるのですが…。

まとめ


(C)1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

本作は、多くのファンが熱望したアレックス・プロヤス監督の幻の第1作目。

スクリーンで目の当たりにできる貴重なこの機会、ぜひ劇場にお運びください。

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』は2020年2月8日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの田中圭は森宮さん役!演技力の評価とプロフィール

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金 …

新作映画ニュース

映画監督タル・ベーラの『サタンタンゴ』あらすじ。伝説の7時間18分が4Kデジタル・レストア版で初劇場公開!

映画『サタンタンゴ』は、2019年9月より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー! 2011年公開の映画『ニーチェの馬』を最後に、56歳という若さで映画監 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの日雇い仕事の手配師役は諏訪太朗【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

【2019年11月29日〜30日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

ビートルズ映画『ハード・デイズ・ナイト』の公開日は11月22日。アップリンク渋谷・吉祥寺などで上映!

『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』改め『ハード・デイズ・ナイト』が上映決定。 ©Bruce & Martha Karsh 2019年の秋はアルバム『アビイ・ロード』の発売50周年、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学